現在地

平岡 孝浩(ヒラオカ タカヒロ; Hiraoka, Takahiro)

所属
医学医療系
職名
講師
研究分野
眼科学
研究キーワード
角膜
オルソケラトロジー
波面収差
不正乱視
コントラスト感度
視覚の質
コンタクトレンズ
抗緑内障点眼薬
眼軟膏
散乱
研究課題
角膜形状と近視進行抑制2009-01 -- 2011-12/
薄暮時実用視力計の開発とその臨床的有効性の評価2012 -- 2014日本学術振興会/基盤研究(C)2600000
サル近視モデルを用いたオルソケラトロジーの近視進行抑制効果の検討2009 -- 2011日本学術振興会/基盤研究(C)4940000
オルソケラトロジーが角膜上皮、涙液成分、角膜知覚に及ぼす影響に関する基礎研究  2005 -- 2006日本学術振興会/若手研究(B)4020000
所属学協会
1993 -- (現在)日本眼科学会
1993 -- (現在)茨城県眼科医会
1995 -- (現在)日本眼科手術学会
2002 -- (現在)Association for Research in Vision and Ophthalmology
2003 -- (現在)日本網膜硝子体学会
2004 -- (現在)日本角膜学会
2005 -- (現在)日本コンタクトレンズ学会
2007 -- (現在)日本眼内レンズ屈折手術学会
論文
  • 他分野の最新情報 iPhoneを用いた前眼部、眼底撮影
    平岡 孝浩
    IOL & RS/29(3)/pp.419-425, 2015-09
  • 【眼鏡とコンタクトレンズの実際的処方】 実際的コンタクトレンズ処方 特殊なコンタクトレンズの処方 オルソケラトロジーコンタクトレンズの処方
    平岡 孝浩
    あたらしい眼科/32(臨時増刊)/pp.181-188, 2015-12
  • 【眼鏡とコンタクトレンズの実際的処方】 実際的コンタクトレンズ処方 コンタクトレンズによる近視抑制効果 オルソケラトロジーコンタクトレンズの近視抑制
    平岡 孝浩
    あたらしい眼科/32(臨時増刊)/pp.232-235, 2015-12
  • 【こどもの近視進行予防】 オルソケラトロジーによる予防
    平岡 孝浩
    眼科グラフィック/5(2)/pp.170-174, 2016-04
  • ドライアイと関連疾患 コンタクトレンズとドライアイ
    平岡 孝浩
    Frontiers in Dry Eye: 涙液から見たオキュラーサーフェス/11(1)/pp.48-52, 2016-04
  • 外傷を契機に著しい眼動静脈循環障害をきたした眼窩内動静脈瘻の一例
    宮崎 真希; 板垣 秀夫; 平岡 孝浩; 大鹿 哲郎
    眼科臨床紀要/9(6)/pp.505-510, 2016-06
  • 【屈折矯正を見直す!】 オルソケラトロジーによる近視抑制
    平岡 孝浩
    あたらしい眼科/33(6)/pp.795-800, 2016-06
  • 【学童の近視進行予防アップデート】 コンタクトレンズによる近視進行予防
    平岡 孝浩
    あたらしい眼科/33(10)/pp.1435-1441, 2016-10
  • 【小児眼科Q&A】 学童近視・近視検査・屈折異常など 近視進行に対する光学的治療について教えてください
    平岡 孝浩
    あたらしい眼科/33(臨時増刊)/pp.65-71, 2016-11
  • 実用視力検査の意義と臨床応用
    平岡 孝浩
    視覚の科学/37(3)/pp.75-82, 2016-10
  • The Effect of Ocular Surface Regularity on Contrast Sensitivity and Straylight in Dry Eye
    Koh Shizuka; Maeda Naoyuki; Ikeda Chikako; Asonuma Sanae;...
    Investigative ophthalmology & visual science/58(5)/pp.2647-2651, 2017-05
  • Time course of changes in ocular wavefront aberration after administration of eye ointment
    Hiraoka T; Yamamoto T; Okamoto F; Oshika T
    Eye (London, England)/26(10)/pp.1310-1317, 2012-10
  • Aniseikonia in various retinal disorders
    Okamoto Fumiki; Sugiura Yoshimi; Okamoto Yoshifumi; Hirao...
    Graefe's archive for clinical and experimental ophthalmology = Albrecht von Graefes Archiv fur klinische und experimentelle Ophthalmologie/255(6)/pp.1063-1071, 2017-01
  • Functional visual acuity in patients with successfully treated amblyopia: a pilot study
    Hoshi Sujin; Hiraoka Takahiro; Kotsuka Junko; Sato Yumiko...
    Graefe's archive for clinical and experimental ophthalmology = Albrecht von Graefes Archiv fur klinische und experimentelle Ophthalmologie/255(6)/pp.1245-1250, 2017-02
  • Evaluation of longitudinal chromatic aberration with a multiwavelength wavefront sensor in pseudophakic eyes
    Takagi Seiu; Nakajima Masashi; Yamamoto Toshiya; Hirohara...
    INVESTIGATIVE OPHTHALMOLOGY & VISUAL SCIENCE/57(12), 2016-09
  • Imaging of crystalline lens using a new anterior segment optical coherence tomography
    Mori Haruhiro; Ueno Yuta; Terauchi Akari; Hiraoka Takahir...
    INVESTIGATIVE OPHTHALMOLOGY & VISUAL SCIENCE/57(12), 2016-09
  • Measurements of corneal astigmatism axis with anterior segment swept source optical coherent tomography versus auto refractokearatometer
    Nakano Shinichiro; Iida Masaharu; Hiraoka Takahiro; Oshik...
    INVESTIGATIVE OPHTHALMOLOGY & VISUAL SCIENCE/57(12), 2016-09
  • Influence of intraocular lens subsurface nanoglistenings on functional visual acuity
    Hiraoka Takahiro; Miyata Kazunori; Hayashidera Takeshi; I...
    PloS one/12(3), 2017-04
  • CHANGES IN METAMORPHOPSIA AND OPTICAL COHERENCE TOMOGRAPHY FINDINGS AFTER SUCCESSFUL RETINAL DETACHMENT SURGERY
    Murakami Tomoya; Okamoto Fumiki; Sugiura Yoshimi; Okamoto...
    Retina (Philadelphia, Pa.)/Epub, 2017-03
  • 実用視力検査による弱視治療眼の視機能の検討
    小塚 淳子; 星 崇仁; 平岡 孝浩; 佐藤 友光子; 加藤 篤子; 福...
    日本視能訓練士協会誌/45/pp.129-133, 2016
  • 高次収差の波長による違いおよびその年齢依存:3波長波面センサーを用いた検討
    中島 将; 平岡 孝浩; 山本 敏哉; 広原 陽子; 大鹿 哲郎; 三橋...
    視覚の科学/37(2)/pp.45-54, 2016
  • 実用視力検査の意義と臨床応用
    平岡 孝浩
    視覚の科学/37(3)/pp.75-82, 2016
  • Influence of posterior corneal astigmatism on postoperative refractive astigmatism in pseudophakic eyes after cataract surgery
    Sano Maki; Hiraoka Takahiro; Ueno Yuta; Itagaki Hideo; Og...
    BMC OPHTHALMOLOGY/16(1), 2016-12
  • Relationship between metamorphopsia and foveal microstructure in patients with branch retinal vein occlusion and cystoid macular edema
    Murakami Tomoya; Okamoto Fumiki; Iida Masaharu; Sugiura Y...
    GRAEFES ARCHIVE FOR CLINICAL AND EXPERIMENTAL OPHTHALMOLOGY/254(11)/pp.2191-2196, 2016-11
  • Longitudinal chromatic aberration between in visible and near-infrared region in eyes with intraocular lens
    Nakajima Masashi; Hiraoka Takahiro; Mihashi Toshifumi; Hi...
    INVESTIGATIVE OPHTHALMOLOGY & VISUAL SCIENCE/56(7), 2015-06
著書
  • オルソケラトロジーレンズの適応
    平岡 孝浩
    眼科臨床エキスパート「知っておきたい屈折矯正手術」, 2014-11
  • 波面収差測定装置で白内障の手術適応を決めることができますか?
    平岡 孝浩
    専門医のための眼科診療クオリファイ24「前眼部の画像診断」, 2014-10
  • オルソケラトロジーのための画像診断
    平岡 孝浩
    専門医のための眼科診療クオリファイ24「前眼部の画像診断」, 2014-10
  • Hartmann波面収差測定装置/角膜形状測定装置複合機
    平岡 孝浩
    専門医のための眼科診療クオリファイ24「前眼部の画像診断」, 2014-10
  • Quantitative evaluation of regular and irregular corneal astigmatism in patients having overnight orthokeratology.
    平岡 孝浩
    2004-11
  • 【眼科診療:5年前の常識は,現在の非常識!】屈折・調節の異常,白内障検査 コントラスト感度・コントラスト視力・実用視力
    平岡孝浩
    2011-01
  • 屈折矯正の新しい流れ】検査法および非観血的治療法 [屈折矯正の基礎] コントラスト
    平岡孝浩
    2011-01
  • オルソケラトロジー
    平岡孝浩
    2011-01
  • 義眼
    平岡孝浩
    2011-01
  • オルソケラトロジーに挑戦する.処方の実際
    平岡孝浩
    2011-01
  • オルソケラトロジーで近視の進行は抑制できますか?
    平岡孝浩
    2011-01
  • 生活習慣病と眼 蛋白質の翻訳後修飾がもたらす眼疾患
    1.加治優一; 大鹿哲郎; 岡本史樹; 平岡孝浩; 天野史郎; 臼井...
    2009-03
  • オルソケラトロジー・ガイドライン
    2.大橋裕一; 金井淳; 糸井素純; 木下茂; 澤充; 下村嘉一; 西...
    2009-09
  • オルソケラトロジー・ガイドライン
    1.大橋裕一; 金井淳; 糸井素純; 木下茂; 澤充; 下村嘉一; 西...
    2009-06
  • 眼科プラクティス27巻「標準コンタクトレンズ診療」コンタクトレンズ診療をより深く理解する
    坪田一男; 編; +平岡 孝浩
    2009-05
  • 眼科インストラクションコース No.19 眼科診療のスキルアップ 前眼部編
    前田直之; 編; +平岡 孝浩
    2009-05
  • 眼科プラクティス24巻「見た目が大事!眼腫瘍」眼窩腫瘍に対する標準的術式.
    後藤 浩; 編; +平岡 孝浩
    2008-11
  • 眼科プラクティス19巻「外眼部手術と処置」眼瞼の手術と処置―眼瞼小腫瘍.
    大鹿哲郎; 編; +平岡 孝浩
    2008-01
  • 眼科プラクティス18巻 前眼部アトラス.オルソケラトロジー.
    大鹿哲郎 編集; +平岡 孝浩
    2007-11
  • あたらしい眼科24 特集【眼の収差を理解する】 点眼薬と高次収差.
    平岡孝浩
    2007-11
  • Text眼科学. 網・脈絡膜腫瘍.
    坪田一男; 大鹿哲郎; 編; +平岡 孝浩
    2007-04
  • 「講義録 眼・視覚学」結膜の腫瘍
    山本修一; 大鹿哲郎; 編; +平岡 孝浩
    2006-03
  • 「講義録 眼・視覚学」眼瞼の腫瘍
    山本修一; 大鹿哲郎; 編; +平岡 孝浩
    2006-03
  • 眼科手術19 【眼窩疾患の診断と治療アップデート】 眼窩腫瘍に対する外科的治療法
    平岡孝浩
    2006-01
  • 眼科プラクティス 1.術後眼内炎
    大鹿哲郎 編集; +平岡 孝浩
    2005-01
会議発表等
  • Evaluation of longitudinal chromatic aberration with a multiwavelength wavefront sensor in pseudophakic eyes
    Takagi Seiu; Nakajima Masashi; Yamamoto Toshiya; Hirohara...
    Annual Meeting of the Association-for-Research-in-Vision-and-Ophthalmology (ARVO)/2016-05-01--2016-05-05
  • Imaging of crystalline lens using a new anterior segment optical coherence tomography
    Mori Haruhiro; Ueno Yuta; Terauchi Akari; Hiraoka Takahir...
    Annual Meeting of the Association-for-Research-in-Vision-and-Ophthalmology (ARVO)/2016-05-01--2016-05-05
  • Measurements of corneal astigmatism axis with anterior segment swept source optical coherent tomography versus auto refractokearatometer
    Nakano Shinichiro; Iida Masaharu; Hiraoka Takahiro; Oshik...
    Annual Meeting of the Association-for-Research-in-Vision-and-Ophthalmology (ARVO)/2016-05-01--2016-05-05
  • Influence on visual function of forward light scattering associated with subsurface nanoglistenings in intraocular lenses
    Beheregaray Simone; Yamamoto Toshiya; Hiraoka Takahiro; O...
    Conference of the Refractive.on-line and Societa-Italiana-Cellule-Staminali-e-Superficie-Oculare/2013-06--2013-06
  • Immumohistochemical localization of advanced glycation end products in pinguecula.
    Kaji Y; Oshika T; Amano S; Hiraoka T; Okamoto F; Horiuchi S
    Annual Meeting of the Association-for-Research-in-Vision-and-Ophthalmology
担当授業科目
2016-10 -- 2017-02臨床研究方法論筑波大学
2016-10 -- 2017-02医学特殊研究筑波大学
2016-10 -- 2017-02医学特別演習筑波大学
2016-04 -- 2016-08臨床研究方法論筑波大学
2016-04 -- 2016-08医学特殊研究筑波大学
2016-04 -- 2016-08医学特別演習筑波大学
2015-04 -- 2015-08医学特殊研究筑波大学
2015-04 -- 2015-08医学特別演習筑波大学
2015-04 -- 2015-08臨床研究方法論筑波大学
2015-10 -- 2016-02医学特殊研究筑波大学
学協会等委員
2008 -- (現在)茨城県眼科医会理事

(最終更新日: 2017-05-22)