現在地

磯部 和正(イソベ カズマサ; Isobe, Kazumasa)

所属
医学医療系
職名
講師
eメール
 
研究室
医学系棟118, 医学系棟430
研究分野
内分泌学
病態検査学
研究キーワード
内分泌学
臨床病理学
カテコールアミン
褐色細胞腫
研究課題
溶血の検査値へ及ぼす影響の定量的評価およびその防止策2015-04 -- 2017-03磯部和正つくば臨床検査教育・研究センター/500000
宅配食の生活習慣病改善効果2014-04 -- (現在)磯部和正つくば医療職研究機構株式会社/
野菜ジュース摂取による抗不安抗抑うつ効果の検討2014-03 -- 2016-03磯部和正(株)伊藤園/
膜タンパク質可溶化剤および膜タンパク質可溶化方法の開発2005-04 -- (現在)片桐祐司/企業からの受託研究
Gene expression analysis in pheochromocytomas2005-12 -- (現在)Eisenhofer G/国際共同研究
うつ病診断におけるepigenetic臨床検査の開発研究2012-12 -- (現在)磯部和正/国内共同研究500000
褐色細胞腫の遺伝子解析研究2008-03 -- 2013-03/
高分子アディポネクチン測定の臨床的有用性の検討2008-12 -- (現在)/
褐色細胞腫診断における遊離メタネフリン測定の有用性の検討2009-01 -- 2012-01/
神経ペプチドPACAPのカテコールアミン合成系に及ぼす効果 -- (現在)/
職歴
1997-04 -- (現在)筑波大学附属病院 検査部 副部長
学歴
-- 1979宇都宮大学 農学部 農芸化学卒業
-- 1993筑波大学 医学研究科 生化系修了
取得学位
博士(医学)筑波大学
農学修士宇都宮大学
免許資格等
2015-08分析機器・試薬アナリスト
2000-09-27人間総合科学研究科設置に係る大学設置審査専門委員会の担当判定 合:博士課程の研究指導教員
2003-06-01平成14年度医学教育ワークショップ
2003-08-23EBLM研修会
2004-12-13第5回医学教育ワークショップ(テューターFD)修了
2006-11-22局所排気装置等定期自主検査者
2009-05-29平成21年度第1回医学教育ワークショップ(医学類教員更新研修)
所属学協会
2015-04 -- (現在)日本未病システム学会
2014-04 -- (現在)生物試料分析科学会
2013-06 -- (現在)日本精神神経医学会
-- (現在)日本臨床化学会
-- (現在)日本臨床検査自動化学会
-- (現在)日本臨床病理学会
受賞
2015-1-23研究奨励助成金臨床検査学の発展への貢献が見込まれたから
2014-12-26ベストプラクティス優秀賞病院における横断的精度管理活動を評価
2008-08-02奨励賞( 日本遺伝子診療学会)
2002公益信託臨床病理学研究振興基金 研究奨励金
1999日本臨床病理学会 学会賞(学術奨励賞)
論文
  • 栄養評価としての臨床検査 葉酸・βカロテン・亜鉛
    Isobe Kazumasa
    日本臨床検査自動化学会会誌/42(3)/pp.227-232, 2017-06
  • Free testosterone and growth hormone levels and association with depression in apparently healthy men and women
    Isobe Kazumasa
    体力・栄養・免疫学雑誌/26(2)/pp.90-93, 2017-02
  • 原因遺伝子 SDHB
    磯部 和正
    日本臨床/73(増刊号6)/pp.327-330, 2015-08
  • 尿中メタネフリン、尿中VMA
    磯部 和正
    medicina/52(4)/pp.376-377, 2015-4
  • 血中・尿中カテコールアミン
    磯部 和正
    medicina/52(4)/pp.374-375, 2015-4
  • Vegetable juices improved depression and anxiety in slightly depressed individuals
    Isobe Kazumasa
    Journal of Family Medicine & Community Health/2(2), 2015-03
  • Correlation between blood biomarkers and depression and anxiety scales in apparently healthy individuals
    Isobe Kazumasa
    Int J Anal Bio-Science/4/pp.163-166, 2014-12
  • Prediction of the presence of atherosclerosis using high-sensitivity C-reactive protein and serotonin in apparently healthy subjects
    磯部 和正
    Int J Anal Bio-Sci/2(3)/pp.1-6, 2014-09
  • PS-116-8 褐色細胞腫診断における血中遊離メタネフリン測定の有用性評価(PS-116 甲状腺・内分泌,ポスターセッション,第112回日本外科学会定期学術集会)
    田中 優子; 磯部 和正; 竹越 一博; 川上 康; 原 尚人
    日本外科学会雑誌/113(臨時増刊号_2)/p.724, 2012-03
  • Juvenile-onset Hereditary Pheochromocytoma-paraganglioma Syndrome
    Sugisawa Chiho; Okada Yosuke; Arao Tadashi; Mori Hiroko; ...
    INTERNAL MEDICINE/52(2)/pp.281-284, 2013-01
  • Expression of mRNA for PACAP and its receptors in intra- and extra-adrenal human pheochromocytomas and their relationship to catecholamine synthesis.
    Isobe K; Tatsuno I; Yashiro T; Nanmoku T; Takekoshi K; Ka...
    Regulatory Peptides/110(3)/p.213-217, 2003-01
  • 酵素アイソトープ法による血中カテコールアミン測定法
    中井利昭; 磯部和正
    産婦人科の世界/35(12)/p.1223-1228, 1983-01
  • An assay for ribonuclease activity, based on ultraviolet absorption of RNA hydrolysate, using phosphotungstic acid
    Isobe K; Uchiyama S; Nagai S
    J Biochem Biophys Methods/(12)/p.299, 1986-01
  • エンケファリン測定法の改良とその応用
    中井利昭; 山田律爾; 磯部和正
    臨床化学/15(3)/p.140-145, 1986-01
  • Properties of the thermo-labile ribonuclease of Dictyosterium discoideum
    Isobe K; Uchiyama S; Nagai S
    Dokkyo J Med Sci/15/p.79-84, 1988-01
  • カテコラミン分泌と膜リン脂質
    磯部和正; 中井利昭; 山田律爾
    臨床化学/17/p.31-35, 1988-01
  • Lack of C-aminoacid oxidase activity causes a specific renal aminoaciduria in the mouse
    Konno R; Isobe K; Niwa A; Yasumura Y
    Biochem Biophys Acta/967/p.382-390, 1988-01
  • マストパランのカテコラミン放出作用機構に関する検討
    磯部和正; 中井利昭
    臨床化学/20/p.133, 1991-01
  • Isozymes of ribonuclease and the changes in their relative levels during development in the cellular slime mould Dictyosterium discoideum
    Uchiyama S; Isobe K; Nagai S
    Biochemistry and Cell Biology/69/p.84-87, 1991-01
  • Mechanism of mastparan-induced catecholamine release from adrenal medullary cells
    K Isobe; T Nakai
    Progress in Clinical Biochemistry, 1992-01
  • Determination of the molecular weight of ribonuclease isozyme in a cell-free crude extract of Dictyosterium discoideum, by activity-staining of gels after SDS-PAGE
    Uchiyama S; Isobe K; Nagai S
    Comp Biochem Physiol/102B/p.343-347, 1992-01
  • 検査室における抗酸菌DNA検査の評価
    磯部 和正
    日本臨床検査自動化学会会誌/18(6)/p.727, 1993-01
  • 人工担体(ポリアミノ酸粒子)凝集法によるHBs抗原測定の検討
    磯部 和正
    機器・試薬/16(2)/p.305, 1993-01
  • 培養ブタ副腎髄質細胞における細胞外ATPのカテラミン分泌に及ぼす影響
    磯部和正; 中井利昭
    日本内分泌学会雑誌/69(2)/p.93, 1993-01
  • Ca2+-Dependent stimulatory effect of pituitary adenylate cyclase-activating polypeptide on catecholamine secretion from cultured porcine adrenal medullary chromaffin cells
    K Isobe; T Nakai; Y Takuwa
    Endocrinology/132(4)/p.1757, 1993-01
著書
  • 生理学実習書
    磯部和正; 中井利昭
    1989-01
  • カテコールアミン測定
    中井利昭; 磯部和正
    1990-01
  • 内分泌検査
    中井利昭; 磯部和正
    1992-01
  • 血漿を用いたカテコールアミン測定の問題点
    中井利昭; 磯部和正
    1992-01
  • カテコールアミン
    中井利昭; 磯部和正
    1993-01
  • PACAP
    磯部和正; 竹越一博; 中井利昭
    1994-01
  • 遺伝子診断実践ガイド
    磯部和正
    1995-01
  • クロマトグラフィー/電気泳動
    磯部和正; 中井利昭
    1998-01
  • ドーパミンβヒドロキシラーゼ
    中井利昭; 磯部和正; 松井良樹
    1999-01
  • 1. 関連学会のあゆみ-3)日本臨床検査自動化学会
    磯部 和正
    2000-01
  • Phenylethanolamine N-methyltransferase
    Isobe K; Takekoshi K; Kawakami Y
    2004-01
  • ドーパミン
    磯部和正; 中井利昭
    2004-01
  • Pathogenesis of pheochromocytoma
    Isobe K; Takekoshi K; Kawakami Y; Nakai T
    2004-01
  • 褐色細胞腫
    磯部 和正
    2005-03
  • 検査値とケアのポイント
    磯部 和正; 川上 康
    2005-06
  • 臨床的検査データのとらえ方
    磯部 和正; 八代 享; 川上 康
    2005-10
  • 血中・尿中カテコールアミン
    磯部 和正
    2005-11
  • 尿中メタネフリン、尿中VMA
    磯部 和正
    2005-11
  • MEN2の遺伝子診断と治療
    竹越一博; 磯部和正
    2005-01
  • 病気のはなし 褐色細胞腫
    磯部 和正
    2006-09
  • Differential expression of GDNF/RET/GFR pathway genes in neuroblastomas and pheochromocytomas
    Y Aita; K Isobe; M Kaneko; G Eisenhofer; S Kaneko; S Niss...
    2007-01
  • 悪性褐色細胞腫と遺伝子診断
    竹越一博; 磯部和正; 川上康
    2009-01
  • ホルモン測定シリーズ・10 副腎系血中・尿中カテコールアミン、尿中メタネフリン、ノルメタネフリン
    磯部和正
    2010-01
  • 尿中メタネフリン、尿中VMA
    磯部和正
    2010-10
  • 血中・尿中カテコールアミン
    磯部和正
    2010-10
会議発表等
  • Pre-collection and collection- Not only analytical but also pre-analytical
    Isobe Kazumasa
    The 32nd World Congress of Biomedical Laboratory Science/2016-08-31--2016-09-04
  • βカロテンと不安・抑うつとの関連について
    磯部 和正
    日本未病システム学会学術総会/2015-10-11--2015-10-12
  • Vegetable juice improved depression and anxiety in slightly depressed individuals
    Isobe Kazumasa
    WPA regional congress/2015-6-4--2015-6-6
  • 抑うつバイオマーカーの健常人における検討
    磯部 和正
    第25回生物試料分析科学年次学術集会/2015-2-14--2015-2-15
  • 健常人における亜鉛値と葉酸値の分布について
    磯部 和正
    第54回日本臨床化学会年次学術集会/2014-9-5--2014-9-7
  • 高感度CRPとセロトニン値の併用は効率的に動脈硬化を検出する
    磯部 和正
    第54回日本臨床化学会年次学術集会/2014-9-5--2014-9-7
  • カテコールアミン研究よもやま話
    磯部 和正
    医学6専攻研究セミナー/2007-01-23
知的財産権
  • 膜タンパク質可溶化剤および膜タンパク質可溶化方法
    石原一彦; 何川; 磯部和正
担当授業科目
2017-04 -- 2017-08Advanced Exercise on Public Health筑波大学
2017-10 -- 2018-02Advanced Exercise on Public Health筑波大学
2017-04 -- 2017-08インターンシップII筑波大学
2017-10 -- 2018-02インターンシップII筑波大学
2017-10 -- 2017-12臨床検査総論筑波大学
2017-10 -- 2018-02基礎医科学演習筑波大学
2017-04 -- 2017-08基礎医科学演習筑波大学
2017-10 -- 2017-12臨床医学概論筑波大学
2017-04 -- 2017-08医科学特別演習筑波大学
2017-10 -- 2018-02医科学特別演習筑波大学
授業以外の教育活動
2008-04 -- (現在)研究英語指導筑波大学
2010-06 -- (現在)フロンティア医科学専攻インターンシップ病院担当世話人筑波大学
一般講演
  • 溶血に伴うインスリン値の変動
    磯部 和正
    第37回茨城県糖尿病診療研究会/2015-7-31
  • プレアナリシス マネジメント
    磯部 和正
    検査室マネジメント研修会/2015-6-27
  • 検体採取と保存方法の注意点
    磯部 和正
    つくばiLab生化学・免疫研修会/2014-10
  • Expression of mRNAs for succinate dehydrogenase subunits and related genes in pheochromocytoma
    Kazumasa Isobe
    First International Symposium on Pheochromocytoma/2005-10-20
学協会等委員
2014-04 -- (現在)生物試料分析科学会一般会員
2000 -- (現在)日本臨床検査自動化学会評議員
1994 -- (現在)日本臨床病理学会評議員
2000-01 -- (現在)日本臨床化学会一般会員
その他の活動
2017-04 -- 2019-03つくば臨床検査教育・研究センター外部評価委員会委員長
2016-07 -- 2018-03附属病院臨床研究倫理審査委員会及び医学医療系医の倫理委員会専門委員
2015-04 -- (現在)つくば臨床検査教育・研究センター研究計画審査委員会委員
2014-04 -- (現在)プレアナリシス精度管理委員会

(最終更新日: 2017-07-25)