現在地

大鹿 哲郎(オオシカ テツロウ; Oshika, Tetsuro)

face
所属
医学医療系
職名
教授
生年月
1960-06
URL
電話
029-853-3148
Fax
029-853-3148
研究分野
眼科学
研究キーワード
眼科学
眼光学
白内障手術
角膜疾患
研究課題
新しい生体画像化技術を用いたマルチコントラスト三次元眼イメージング装置の開発2017 -- 2020大鹿 哲郎日本学術振興会/基盤研究(B)17,290,000円
視覚関連QOL2000 -- (現在)/
眼内炎症 -- (現在)/
眼光学 -- (現在)/
小切開創白内障手術 -- (現在)/
次世代偏光光干渉断層計による高機能光三次元バイオプシーの臨床実用化に関する研究2010 -- 2012日本学術振興会/基盤研究(B)19,630,000円
偏光感受型・前眼部三次元光干渉断層計の開発と臨床応用2009 -- 2010日本学術振興会/挑戦的萌芽研究3,100,000円
高速Swept Source光干渉断層計の開発と前眼部の3次元・定量的解析2007 -- 2009日本学術振興会/基盤研究(B)18,980,000円
眼光学系の波面収差および散乱が視機能に与える影響の検討2004 -- 2006日本学術振興会/基盤研究(B)3,500,000円
高次波面収差および不正乱視の定量的解析ならびに視機能への影響の検討2001 -- 2003日本学術振興会/基盤研究(C)
学歴
-- 1985東京大学 医学部卒業
取得学位
医学博士東京大学
所属学協会
-- (現在)ARVO(Association of Research in Vision and Ophthalmology)
-- (現在)International Society for Eye Research
-- (現在)American Academy of Ophthalmology
-- (現在)American Society of Cataract and Refractive Surgery
-- (現在)屈折調節研究会
-- (現在)日本角膜学会
-- (現在)日本眼炎症学会
-- (現在)日本眼科学会
-- (現在)日本眼科手術学会
-- (現在)日本眼感染症学会
受賞
2007日本眼科学会評議員会賞
2004日本医師会医学研究助成受賞
2004日本眼科学会総会宿題報告
2002財団法人桐仁会設立10周年記念臨床医学研究助成受賞
2000ロートアワード
1992ASCRS Film Festival "Intraocular Lens" second prize
1989平成元年度財団法人日本眼科学会学術奨励賞
論文
著書
  • 生体組織のラベルフリー・マルチカラー非線形光学イメージング
    加納 英明; 秋山 敏宏; 瀬川 尋貴; 加治 優一; 大鹿 哲郎
    オプトロニクス, pp.79-89, 2016-08
  • マルチモーダル多光子分光顕微鏡を用いたラット眼組織の分子イメージング
    加納 英明; 秋山 敏宏; 瀬川 尋貴; 加治 優一; 大鹿 哲郎
    日本レーザー医学会誌, pp.201-209, 2015-02
  • 線維柱帯切除術後の画像診断
    上野 勇太; 大鹿 哲郎
    専門医のための眼科診療クオリファイ「前眼部の画像診断」, pp.331-338, 2014
  • In vivo measurement of aqueous flare in human eyes. Diurnal variation and drug effects
    Araie M; Mori M; Oshika T
    Glaucoma Update IV Glaucoma Update IV Springer-Verlag, 1991-01
  • Potential antiglaucoma agents: development in Japan
    Araie M; Oshika T; Aihara M; Masuda K; Ando Y; Yamamoto T...
    Chivret Int J Ophthalmol Chivret Int J Ophthalmol, 1994-12
  • 小切開創白内障手術
    大鹿哲郎
    医学書院, 1994-01
  • The quality and demand for cataract surgery in the Far East
    Oshika T
    Eur J Implant Refract Surg Eur J Implant Refract Surg, 1995-02
  • Ocular adverse effects of neuropsychiatric agents : Incidence and management
    大鹿 哲郎
    Drug Safety Drug Safety, 1995-04
  • Folding manipulations and optical quality of soft acrylic intraocular lens
    Oshika T; Shiokawa Y
    Phacoemulsification. Principles and Techniques Phacoemulsification. Principles and Techniques Slack, 1997-10
  • Corneal topography in LASIK
    Oshika T; Klyce SD
    Seminars in Ophthalmology Seminars in Ophthalmology, 1998-06
  • Acrylic foldable IOL: Implantation technique, complication, management and clinical results
    Oshika T
    Phacoemulsification, Laser Cataract Surgery and Foldable IOLs Phacoemulsification, Laser Cataract Surgery and Foldable IOLs Jaypee Brothers Medical Publishers, 1998-10
  • Corneal Topography – basic concepts
    Oshika T; Klyce SD
    Corneal Surgery – Theory, Technique and Tissue Corneal Surgery – Theory, Technique and Tissue CV Mosby, 1999-10
  • Quantitative evaluation of corneal irregular astigmatism and wavefront aberrations
    Oshika T
    Cornea Cornea, 2000-11
  • Implantation techniques of acrylic foldable intraocular lens and its clinical results
    Oshika T
    The Art of Phakoemulsification The Art of Phakoemulsification Jaypee Breothers Medical Publishers, 2001-05
  • Acrylic foldable intraocular lens: implantation technique and complication management
    Oshika T
    Phacoemulsification. Principles and Techniques Phacoemulsification. Principles and Techniques Slack, 2003-01
  • Corneal wound healing after excimer laser keratectomy
    Kaji Y; Yamashita H; Oshika T
    Seminars in Ophthalmology Seminars in Ophthalmology, 2003-01
  • Corneal forward shift after excimer laser keratorefractive surgery
    Kamiya K; Oshika T
    Seminars in Ophthalmology Seminars in Ophthalmology, 2003-01
会議発表等
  • Birefringent imaging of limbal region using Jones matrix optical coherence tomography
    Makita Shuichi; Kasaragod Deepa; Fujita Akari; Ueno Yuta;...
    ARVO 2017 Annual Meeting/2017-05-07--2017-05-11
  • Functional visual acuity in patients with age-related macular degeneration
    Hayashidera Takeshi; Okamoto Yoshifumi; Hoshi Sujin; Okam...
    The Association for Research in Vision and Ophthalmology (ARVO)/2014
  • Refractive Change of Nuclear Sclerosis after Vitrectomy for Rhegmatogenous Retinal Detachment
    Okamoto Yoshifumi; Okamoto Fumiki; Hiraoka Takahiro; Oshi...
    The Association for Research in Vision and Ophthalmology (ARVO)/2014
  • Ultrasound Biomicroscopic Morphometric Analysis of Normal Human Ciliary Body
    Okamoto Yoshifumi; Okamoto Fumiki; Nakano Shinichiro; Osh...
    EURETINA/2014
  • 実用視力測定法を用いた散瞳後の視機能
    林寺健; 岡本芳史; 星崇仁; 岡本史樹; 平岡孝浩; 大鹿哲郎
    茨城県眼科医会集談会
  • Refractive Change of Nuclear Sclerosis after Vitrectomy for Rhegmatogenous Retinal Detachment
    Okamoto Yoshifumi; Okamoto Fumiki; Hiraoka Takahiro; Oshi...
    World Ophthalmology Congress (WOC)/2014
  • 硝子体手術を施行した開放性眼外傷88眼の視力予後
    岡本芳史; 岡本史樹; 平岡孝浩; 大鹿哲郎
    茨城医学会分科会・茨城県眼科医会集談会/2012
  • 実用視力測定法を用いた加齢黄斑変性患者の視機能
    岡本芳史; 星崇仁; 岡本史樹; 平岡孝浩; 大鹿哲郎
    第51回日本網膜硝子体学会総会/2012
  • 実用視力測定法を用いた加齢黄斑変性患者の視機能
    岡本芳史; 星崇仁; 岡本史樹; 平岡孝浩; 大鹿哲郎
    厚労省班会議/2012
  • パクリタキセルによる化学療法中に黄斑浮腫を呈した1例
    伊藤泰明; 岡本芳史; 田中優子; 坂東裕子; 原尚人; 大鹿哲郎
    第65回日本臨床眼科学会/2012
  • パクリタキセルによる化学療法中に黄斑浮腫を呈した1例
    伊藤泰明; 岡本芳史; 田中優子; 坂東裕子; 大鹿哲郎
    第43回筑波大学眼科集談会/2012
  • 実用視力の改善がみられた加齢黄斑変性の3症例
    星崇仁; 岡本芳史; 岡本史樹; 平岡孝浩; 大鹿哲郎
    第66回日本臨床眼科学会総会/2013
  • 黄斑下出血に対するSF6ガス注入後に著明な硝子体混濁を来たした1例
    高橋幸輝; 岡本芳史; 長谷川優実; 大鹿哲郎
    茨城医学会分科会・茨城県眼科医会集談会/2011
  • Incidence of Posterior Synechia after Pars Plana Vitrectomy for Vitreoretinal Disorders
    岡本芳史; 岡本史樹; 南川裕香; 大鹿哲郎
    World Ophthalmology Congress (WOC)/2012
  • Incidence of Posterior Synechia after Pars Plana Vitrectomy for Vitreoretinal Disorders
    岡本芳史; 岡本史樹; 加藤篤子; 平岡孝浩; 大鹿哲郎
    World Ophthalmology Congress (WOC)ld
  • Visual outcome and prognostic factors after vitreoretinal surgery for open-globe injury
    岡本芳史; 岡本史樹; 加藤篤子; 平岡孝浩; 大鹿哲郎
    EURETINA/2012
  • Incidence of posterior synechia after pars plana vitrectomy for vitreoretinal disorders
    岡本芳史; 岡本史樹; 南川裕香; 大鹿哲郎
    The Association for Research in Vision and Ophthalmology (ARVO)/2012
  • 網膜硝子体疾患に対する硝子体術後の虹彩後癒着の頻度
    岡本芳史; 岡本史樹; 南川裕香; 大鹿哲郎
    第65回日本臨床眼科学会/2011
  • 液状後発白内障に対するYAGレーザー後に硝子体混濁と視力低下をきたした1例
    南川裕香; 岡本芳史; 高橋幸輝; 木住野源一郎; 岡本史樹; 大...
    第65回日本臨床眼科学会/2011
  • 超音波生体顕微鏡を用いた硝子体注射部位の検討
    岡本芳史; 岡本史樹; 中野伸一郎; 大鹿哲郎
    第45回筑波大学眼科集談会/2014
  • 加齢黄斑変性患者における治療前後の視覚関連QOLの評価
    岡本芳史; 星崇仁; 岡本史樹; 平岡孝浩; 大鹿哲郎
    第67回日本臨床眼科学会総会/2013
  • 茨城医学会分科会・茨城県眼科医会集談会
    林寺健; 岡本 芳史; 星崇仁; 岡本史樹; 平岡孝浩; 大鹿哲郎
    実用視力測定法を用いた散瞳後の視機能/2013
  • 第45回筑波大学眼科集談会
    岡本 芳史; 岡本史樹; 中野伸一郎; 大鹿哲郎
    超音波生体顕微鏡を用いた硝子体注射部位の検討/2014
  • Multimodal nonlinear spectroscopic imaging of acanthamoeba causing keratitis
    Tsubasa Kobayashi; Yu-Rok Cha; Yuichi Kaji; Tetsuro Oshik...
    第15回医用分光学研究会/2017-11-29--2017-11-30
  • Label-free imaging of acanthamoeba using multimodal nonlinear optical microscopy
    Kobayashi Tsubasa; Leproux Philippe; Couderc Vincent; Kaj...
    SPIE BiOS 2018/2018-01-27--2018-01-29
担当授業科目
2018-10 -- 2019-02臨床外科学演習II筑波大学
2018-10 -- 2019-02臨床外科学特論II筑波大学
2018-10 -- 2019-02臨床外科学実験実習II筑波大学
2018-04 -- 2018-08臨床外科学演習I筑波大学
2018-04 -- 2018-08臨床外科学特論I筑波大学
2018-04 -- 2018-08臨床外科学実験実習I筑波大学
2018-10 -- 2019-02医科学特別演習筑波大学
2018-10 -- 2019-02インターンシップI筑波大学
2018-10 -- 2019-02インターンシップII筑波大学
2018-10 -- 2019-02基礎医科学演習筑波大学
学協会等委員
2001 -- (現在)American Society of Cataract and Refractive SurgeryEditorial Board
2000 -- (現在)屈折調節研究会世話人
2003 -- (現在)日本角膜学会理事
2001 -- (現在)日本眼炎症学会理事
2003 -- (現在)日本眼科学会常務理事
2001 -- (現在)日本眼科学会評議員
2004 -- (現在)日本眼感染症学会評議員
2005 -- (現在)日本眼光学学会常任理事
2001 -- (現在)日本眼光学学会理事

(最終更新日: 2018-05-31)