現在地

二宮 治彦(ニノミヤ ハルヒコ; Ninomiya, Haruhiko)

所属
医学医療系
職名
教授
URL
eメール
 
研究分野
血液内科学
研究課題
赤血球膜蛋白 -- (現在)/
血小板と血管内皮細胞 -- (現在)/
発作性夜間血色素尿症 -- (現在)/
学歴
-- 1981筑波大学 医学専門学群 医学卒業
取得学位
1988-09医学博士筑波大学
所属学協会
-- (現在)日本血液学会
1996 -- (現在)日本血栓止血学会
-- (現在)日本検査血液学会
-- (現在)日本内科学会
-- (現在)日本臨床血液学会
-- (現在)American Society of Hematology
論文
  • Establishment of a flow cytometry assay for detecting paroxysmal nocturnal hemoglobinuria-type cells specific to patients with bone marrow failure
    Hosokawa Kohei; Sugimori Chiharu; Ishiyama Ken; Takamatsu...
    Annals of hematology/97(12)/pp.2289-2297, 2018-12
  • CD55欠損、早発性の蛋白漏出性胃腸症と血栓症
    二宮 治彦
    PNHフロンティア/5/pp.61-61, 2018-06
  • 補体を治療ターゲットにすることの意義
    二宮 治彦; 池添隆之; 稲城玲子; 川口辰哉; 木下タロウ; 西村...
    PNHフロンティア/5/pp.4-13, 2018-06
  • Detection of the STAT5B-RARA fusion transcript in acute promyelocytic leukemia with the normal chromosome 17 on G-banding
    Kusakabe Manabu; Suzukawa Kazumi; Nanmoku Toru; Obara Nao...
    EUROPEAN JOURNAL OF HAEMATOLOGY, 2008-01
  • ヘマトネフロロジー:血液・凝固疾患と腎障害 【赤血球と腎障害】発作性夜間血色素尿症
    二宮 治彦
    腎と透析/84(4)/pp.609-613, 2018-04
  • 骨髄不全症候群のなかのPNH -病態研究の進歩と位置づけー
    Ninomiya Haruhiko
    PNHフロンティア/4/pp.4-12, 2017-06
  • エクリズマブ長期投与により腎機能の改善・維持がみとめられたPNH症例
    Ninomiya Haruhiko
    PNHフロンティア/3/pp.64-67., 2016-06
  • 三位一体(医療・行政・患者)で進める難病問題 -さきがけとしてのPNH-
    Ninomiya Haruhiko; 川口辰哉; 金倉 譲; 西村純一; 橋本 岳...
    PNHフロンティア/3/pp.6-17, 2016-05
  • 早期胃癌を合併したPNH症例に対する、周術期におけるエクリズマブの一時的な使用
    Ninomiya Haruhiko
    PNHフロンティア/2/pp.68-71, 2015-05
  • 各国におけるPNH治療指針の比較 -PNH診療の治療指針の最適化に向けてー
    Ninomiya Haruhiko
    PNHフロンティア/2/pp.7-15, 2015-05
  • PNH診療の現状と今後の展望
    Ninomiya Haruhiko
    PNHフロンティア/1/pp.7-14, 2014-05
  • 臨床検査技師を目指す学生が参加する症例検討会をモデルにした専門職連携教育
    會田 雄一; 関本 道治; 磯辺 智範; 二宮 治彦
    臨床検査学教育/10(1)/pp.9-13, 2018-03
  • 臨床検査学教育に客観的臨床能力試験を導入するための筑波大学における取組み
    會田 雄一; 山内 一由; 上妻 行則; 二宮 治彦
    臨床検査学教育/9(2)/pp.188-193, 2017-09
  • 多職種連携医療専門職養成プログラムを通じた理学療法士の育成について
    奥野 裕佳子; 冨田 和秀; 関本 道治; 青山 敏之; 滝澤 恵美; ...
    理学療法学Supplement/2016/p.1670, 2017
  • Interim analysis of post-marketing surveillance of eculizumab for paroxysmal nocturnal hemoglobinuria in Japan.
    Ninomiya Haruhiko; Obara Naoshi; Chiba Shigeru; Usuki Ke...
    Int J Hematol./104(5)/pp.548-558, 2016-11
  • An Interim 4-Year Analysis of Prospective Multicenter Observational Study of PNH-Type Cells in Japanese Patients with Bone Marrow Failure Syndrome (OPTIMA study)
    Shirasugi Yukari; Noji Hideyoshi; Shichishima Tsutomu; Su...
    BLOOD/126(23), 2015-12
  • The proapoptotic BH3-only protein Bim regulates cell cycle progression of hematopoietic progenitors during megakaryopoiesis.
    Kozuma Y; Ninomiya H; Murata S; Kono T; Mukai HY; Kojima ...
    JOURNAL OF THROMBOSIS AND HAEMOSTASIS/8(5)/pp.1088-1097, 2010-05
  • Long-term efficacy and safety of eculizumab in Japanese patients with PNH: AEGIS trial.
    Kanakura Yuzuru; Ohyashiki Kazuma; Shichishima Tsutomu; O...
    International Journal of Hematology/98(4)/pp.406-416, 2013-10
  • Oral eltrombopag for up to three years is safe and well-tolerated in Japanese patients with previously treated chronic immune thrombocytopenia: an open-label, extension study.
    Katsutani Shinya; Tomiyama Yoshiaki; Kimura Akiro; Miyaka...
    International Journal of Hematology/98(3)/pp.323-330, 2013-09
  • Eosinophilic fascilitis with prourinant immunological abnormalities
    Yamane K; Ninomiya H; Shabana M; Kono I; Kabashima T; Sak...
    Jpn J Med/22(1)/p.134-136, 1983-04
  • 心房細動時にのみ副伝導路伝導が疑われた徐脈-頻脈症候群の1例
    鈴木博之; 山口 巌; 東郷利人; 来栖武雄; 野口雄一; 二宮治彦
    臨床心臓電気生理/6(2)/p.95-104, 1983-04
  • Adult Fanconi症候群と骨軟化症を合併したIgG^Bence Jones Protein (GJP)κ型多発性骨髄腫の1例
    今川重彦; 二宮治彦; 王 質琳; 中澤正樹; 中村治雄; 依田安弘...
    臨床血液/25(1)/p.69-74, 1984-01
  • Beta-2-microglobulin in cerebrospinal fluid. Monitoring of malignant lymphoma in the central nervous system
    Imagawa S; Aoki Y; Ninomiya H; Yoda Y; Abe T
    Acta Haematol Jpn/48(7)/p.1059-1064, 1985-07
  • Successful treatment of acute megakaryoblastic leukaemia.
    Ninomiya H; Nakazawa M; Shibuya A; Aoki Y; Nagasawa T; Abe T
    Scand J Haematol/36(2)/p.147-153, 1986-02
  • Identification of neoplastically proliferating megakary oblasts
    Nakazawa M; Ninomiya H; Aoki Y; Hanada T; Nagasawa T; Mor...
    Acta Haematol Jpn/49(1)/p.115-126, 1986-02
著書
  • 早期胃がんの周術期にエクリズマブを一時的に使用したPNHの1例
    栗田尚樹; 二宮 治彦
    PNH症例集, クリエイトアール, pp.65-69, 2018-08
  • PNHに合併したCKDにエクリズマブ長期投与が効果的であった症例
    二宮 治彦
    PNH症例集, クリエイトアール, pp.27-30, 2018-08
  • PNHの疫学~レジストリを中心に~
    二宮 治彦
    医薬ジャーナル, 2015-12
  • PNHの溶血
    二宮 治彦
    医薬ジャーナル, 2015-12
  • 早期胃癌を合併したPNH症例に対する、周術期におけるエクリズマブの一時的な使用
    二宮 治彦
    PNH Fronitier, pp.68-71, 2015-05
  • 真性赤血球増加症(多血症)、二次性赤血球増加症、相対的赤血球増加症
    二宮 治彦
    内科学書 改訂第8版, 中山書店, pp.168-172, 2013-10
  • 若年性悪性貧血
    小原 直; 二宮治彦
    別冊日本臨床 血液症候群(第2版), 2013
  • Imerslund-Grasbeck症候群
    小原 直; 二宮治彦
    別冊日本臨床 血液症候群(第2版), 2013
  • ホルムイミノトランスフェラーゼ欠損症
    小原 直; 二宮治彦
    別冊日本臨床 血液症候群(第2版), 2013
  • 糖尿病性壊疽に対するProstaglandin E1点滴静注の効果とその指標としてのサーモグラフィ
    二宮治彦; 川井紘一; 久貝光夫; 藤田敏郎; 小出義信; 山下亀次郎
    現代医療15(3), 1983-03
  • 発作性夜間血色素尿症(PNH)における溶血抑制の試み
    今川重彦; 青木泰子; 二宮治彦; 影岡武士; 阿部 帥
    薬理と治療13(3), 1985-03
  • 薬剤起因性溶血性貧血
    二宮治彦; 阿部 帥
    臨床成人病16(8), 1986-08
  • 免疫血液疾患の病院論: 発作性夜間血色素尿症
    二宮治彦
    Immunohaematology 12(4), 1990-12
  • 発作性夜間血色素尿症
    二宮治彦; 阿部 帥
    血液・腫瘍科23(2), 1991-02
  • 発作性夜間血色素尿症
    阿部 帥; 二宮治彦
    日本臨床49(3), 1991-03
  • 発作性夜間血色素尿症
    二宮治彦; 小林敏貴; 阿部 帥
    臨床血液32(6), 1991-06
  • 甲状腺疾患と貧血
    三橋彰一; 二宮治彦
    臨床成人病23(2), 1993-02
  • GPI結合蛋白の表出とサイトカイン
    二宮治彦; 阿部 帥
    臨床免疫25(9), 1993-09
  • 発作性夜間ヘモグロビン尿症の臨床病態と診断-GPI膜蛋白欠損との関連-
    二宮治彦
    発作性夜間ヘモグロビン尿症の臨床病態と診断-GPI膜蛋白欠損との関連-, 日本臨床血液学会, pp.352-357, 1994-04
  • 発作性夜間血色素尿症の新しい病態解釈
    二宮治彦
    医学のあゆみ170(3), 1994-07
  • 診断の指針・治療の指針 発作性夜間血色素尿症
    二宮治彦; 阿部 帥
    綜合臨床44(1), 1995-01
  • A scoring system for the diagnosis of hypoplastic myelodysplastic syndrome.
    Sato Y; Nagasawa T; Mitsuhashi S; Hasegawa Y; Kobayashi T...
    Myelodysplastic syndrome. Adavnces in Research and Treatment. Elsevier Science BV (London), 1995-10
  • 鉄欠乏性貧血
    二宮治彦; 阿部 帥
    臨床成人病25(11), 1995-11
  • 巨赤芽球性貧血
    二宮治彦; 阿部 帥
    カレントテラピー14(4), 1996-04
  • 発作性夜間血色素尿症
    二宮治彦
    Pharma Medica 14(7), 1996-07
会議発表等
  • エクリズマブ(ソリリス)製造販売後調査(発作性夜間ヘモグロビン尿症)に関する長期観察の中間報告 
    二宮 治彦; 野地秀義; 小原 直; 神田 善伸; 岡本 真一郎; ...
    第80回日本血液学会学術集会/2018-10-12--2018-10-14
  • 臨地実習後の項目別自己評価:OSLE客観評価との関連性の検討
    服部 圭一朗; 會田 雄一; 真家 紘一郎; 山内 一由; 森川 一也...
    第13回日本臨床検査学教育学会学術大会/2018-08-17--2018-08-19
  • 多職種連携医療を推進するための診療放射線技師教育についてl~多職種連携医療専門職養成プログラムy「CoMSEP]への取り組み~
    大橋ゆかり; 中島絵梨華; 對間博之; 石森佳幸; 中島修一; 田...
    第11回日本保健医療福祉連携教育学会学術集荷/2018-08-11--2018-08-11
  • 3領域の学部生合同で行う生体機能診断ワークショップの試み
    大橋 ゆかり; 瀬高 裕佳子; 青山 敏之; 宮田 一弘; 冨田 和秀...
    第11回日本保健医療福祉連携教育学会学術集会/2018-08-11--2018-08-11
  • 履修証明プログラム「多職種連携メディカルスタッフ教育プログラム」の普及とコンテンツ更新に関する課題
    會田 雄一; 服部 圭一朗; 真家 紘一郎; 関本 道治; 山内 一由...
    第11回日本保健医療福祉連携教育学会学術集会/2018-08-11--2018-08-11
  • 巨核球造血における抗血小板抗体の影響. ―免疫性血小板減少症モデルマウスを用いた検討―
    上妻 行則; 小島 寛; 沼知 奈保子; 二宮 治彦
    第39回日本血栓止血学会学術集会/2017
  • 大学と病院をつなぐ多職種連携医療専門職養成プログラムの成果
    會田 雄一; 山内 一由; 関本 道治; 真家 紘一郎; 二宮 治彦
    第67回日本医学検査学会/2018-05-12--2018-05-13
  • 人工髄液による血小板活性化増強効果 -aspirin添加血小板を用いた検討ー
    Ninomiya Haruhiko
    第12回日本臨床検査学教育学会学術集会/2017-08-23--2017-08-25
  • 症例検討会をモデルにした専門職連携教育に用いるデジタル教材の開発
    Ninomiya Haruhiko
    第12回日本臨床検査学教育学会学術集会/2017-08-23--2017-08-25
  • 巨核球造血における抗血小板抗体の影響ー免疫性血小板減少症モデルマウスを用いた検討ー
    Ninomiya Haruhiko
    第39回日本血栓止血学会学術集会/2017-06-08--2017-06-10
  • Clinical features and QOL evaluation of Japanese PNH patients in the International PNH Registry
    二宮 治彦
    第77回日本血液学会学術集会/2015-10-16--2015-10-18
  • Clinical features and QOL evaluation of Japanese PNH patients in the International PNH Registry
    二宮 治彦
    第77回日本血液学会学術集会/2015-10-16--2015-10-18
  • Clinical features and QOL evaluation of Japanese PNH patients in the International PNH Registry
    二宮 治彦
    第77回日本血液学会学術集会/2015-10-16--2015-10-18
  • Analysis of the data from the 4th year post marketing surveilance (PMS) of eculizumab
    二宮 治彦
    第77回日本血液学会学⑩集会/2015-10-16--2015-10-18
  • The Interim Analysis of the Optima (observation of GPI-anchored protein-deficient [PNH-type]) Cells in Japanese Patients with Bone Marrow Failure Syndrome and in Those Suspected of Having PNH) Study
    Noji Hideyoshi; Shichishima Tsutomu; Sugimori Chiharu; Ob...
    56th Annual Meeting of the American-Society-of-Hematology/2014-12-06--2014-12-09
  • トランスフェリン受容体(CD71)陽性赤血球を用いたフローサイトメトリー測定による骨髄不全症候群のPNH赤血球産生率の推定
    佐藤晶子; 小原 直; 千葉 滋; 二宮治彦
    日本検査血液学会雑誌__13_学術集会_S111/2012-7
  • Detection of PNH-type cells using high-ersolution flow cytometry: Interim analysis of OPTIMA study
    Hosokawa K; Sugimori C; Yamamoto M; Nishimura J; Yonemura...
    臨床血液__53_9_269/2012-9
  • Control of perisurgical hemolysis by temporal induction of eculizumab in a patient with PNH.
    Kurita N; Fukuda K; Nishikii H; Yokoyama Y; Sakata-Yanagi...
    臨床血液__53_9_377/2012-9
  • 網赤血球ゲート法によるPNH(GPI膜蛋白欠損)赤血球の検出の有用性
    佐藤晶子; 長澤俊郎; 二宮治彦
    日本検査血液学会雑誌__6__S65/2005-06
  • Heinz小体生成試験における変性ヘモグロビンのフローサイトメトリーによる検出
    佐藤晶子; 櫻井秀子; 二宮治彦; 長澤俊郎
    日本検査血液学会雑誌__7__S71/2006-06
  • 網赤血球ゲーティングフローサイトメトリーによるPNH赤血球平均寿命の推定
    佐藤晶子; 長谷川雄一; 小島 寛; 長澤俊郎; 二宮治彦
    日本検査血液学会雑誌__8__S58/2007-06
  • 巨核球造血・血小板産生に対する抗血小板抗体の影響
    上妻行則; 沼知奈保子; 二宮治彦; 小島 寛
    第32回日本血栓止血学会学術集会____/2009-06
  • 本邦PNH症例における補体阻害剤(Eculizumab)の安全性と有効性:AEGIS第2相臨床試験
    西村純一; 金倉 譲; 大屋敷一馬; 七島 勉; 岡本真一郎; 安藤 ...
    第4回補体シンポジウム(福岡)____/2009-08
  • 造血幹細胞移植において放射線照射された骨髄環境が造血幹細胞の能力に影響を与える
    鈴木幸恵; 岡部基人; 大津 真; 二宮治彦; 中内啓光
    第71回日本血液学会学術集会(京都)____/2009-10
  • c-MybとCD9による新たな巨核球造血制御機構
    向井陽美; 河野智子; 本橋ほづみ; 上妻行則; 小島 寛; 山本雅...
    第71回日本血液学会学術集会(京都)____/2009-10
担当授業科目
2018-10 -- 2018-11病態検査学筑波大学
2018-04 -- 2018-06病態検査学筑波大学
2018-11 -- 2019-01医学検査学フロンティア筑波大学
2018-10 -- 2018-12臨床医学概論筑波大学
2018-10 -- 2019-02医科学特別演習筑波大学
2018-10 -- 2019-02インターンシップI筑波大学
2018-10 -- 2019-02インターンシップII筑波大学
2018-10 -- 2019-02基礎医科学演習筑波大学
2018-10 -- 2019-02Advanced Exercise on Public Health筑波大学
2018-04 -- 2018-08医科学特別演習筑波大学
学協会等委員
-- (現在)日本血液学会代議員
-- (現在)日本検査血液学会評議員
-- (現在)日本臨床血液学会評議員
2007-04 -- 2015-03茨城大学生命倫理審査委員会委員
学内管理運営業績
2008-04 -- 2014-03医療科学類運営委員会委員
2008-04 -- 2015-03医療科学類企画・評価委員会委員長(2008-2009年度,2014年度), 委員
2004-04 -- 2015-03筑波医療科学 編集委員会委員長(2004-20313年度編集長)、委員(2014年度)
2009-04 -- 2015-03医療科学類FD委員会委員長(2009年度、2014年度)、委員
2009-04 -- 2015-03医療科学類 カリキュラム委員会委員, 委員長(2010-2011年度、2014年度)
2008-04 -- (現在)医学医療系 医の倫理審査委員会委員
2012-04 -- 2014-03医療科学類 情報・広報委員会委員長

(最終更新日: 2018-11-05)