現在地

水口 剛雄(ミナグチ タケオ; Minaguchi, Takeo)

所属
医学医療系
職名
准教授
研究課題
子宮体癌における統合的ゲノム・エピゲノム解析に基づく新規分子標的治療の探索2016 -- 2018水口 剛雄日本学術振興会/基盤研究(C)4,810,000円
婦人科癌における癌遺伝子・癌抑制遺伝子異常の分子病理学的解析と治療戦略への応用2008-03 -- (現在)/
個別化治療を目指した子宮体癌の遺伝子変異プロファイリング2012 -- 2014日本学術振興会/基盤研究(C)1,690,000円
オーダーメード化学療法を目指した抗癌剤感受性検査の判定基準の策定2011 -- 2014日本学術振興会/基盤研究(C)1,560,000円
取得学位
2001-03博士(医学)東京大学
免許資格等
2013-06日本がん治療認定医機構がん治療認定医
1994-06-27医師免許
1999-10日本産科婦人科学会専門医
2009-03-08茨城県指導医養成講習会認定
2011-05-01日本婦人科腫瘍学会専門医
所属学協会
1998 -- (現在)日本癌学会
2000 -- (現在)日本癌治療学会
2008 -- (現在)日本産科婦人科内視鏡学会
1994 -- (現在)日本産科婦人科学会
2001 -- (現在)日本婦人科腫瘍学会
-- (現在)日本臨床細胞学会
受賞
2013-05-10第65回日本産科婦人科学会学術講演会International Session Award
論文
  • Prognostic significance of PIK3CA mutation in stage IIB to IVA cervical cancers treated by concurrent chemoradiotherapy with weekly cisplatin
    Lachkar Bouchra; Minaguchi Takeo; Akiyama Azusa; Liu Shul...
    Medicine/97(31), 2018-08
  • Expression of Tissue Factor in Epithelial Ovarian Carcinoma Is Involved in the Development of Venous Thromboembolism
    Sakurai Manabu; Matsumoto Koji; Gosho Masahiko; Sakata Ak...
    INTERNATIONAL JOURNAL OF GYNECOLOGICAL CANCER, 2017-01
  • Expression of Tissue Factor in Epithelial Ovarian Carcinoma Is Involved in the Development of Venous Thromboembolism
    Sakurai Manabu; Matsumoto Koji; Gosho Masahiko; Sakata Ak...
    INTERNATIONAL JOURNAL OF GYNECOLOGICAL CANCER, 2017-01
  • Separate analysis of human papillomavirus E6 and E7 messenger RNAs to predict cervical neoplasia progression
    Liu Shuling; Minaguchi Takeo; Lachkar Bouchra; Zhang Shua...
    PloS one, 2018-02
  • 抗凝固療法中に腹腔内及び卵巣内に反復性出血を来したLoeys-Dietz症候群の一例
    須藤 麻実; 志鎌 あゆみ; 伊藤 浩子; 飯場 萌絵; 西田 恵...
    関東連合産科婦人科学会誌/55(1)/pp.41-46, 2018-03
  • 婦人科がん治療前の静脈血栓塞栓症発症頻度と周術期抗凝固療法の検討(Group 71 深部静脈血栓・肺塞栓症・脳梗塞,一般演題,公益社団法人日本産科婦人科学会第68回学術講演会)
    須藤 麻実; 櫻井 学; 渡辺 麻紀子; 細川 義彦; 西田 恵子; 中...
    日本産科婦人科學會雜誌/68(2)/p.834, 2016-02
  • 卵巣癌患者における血小板増加症 : 臨床病理象・予後との関連(Group 85 卵巣腫瘍・その他,一般演題,公益社団法人日本産科婦人科学会第68回学術講演会)
    中尾 砂理; 松本 光司; 藤枝 薫; 板垣 博也; 佐々木 怜子; 新...
    日本産科婦人科學會雜誌/68(2)/p.877, 2016-02
  • Proposal for selection criteria of secondary cytoreductive surgery in recurrent epithelial ovarian, tubal, and peritoneal cancers.
    Minaguchi Takeo; Satoh Toyomi; Matsumoto Kouji; Sakurai M...
    Int J Clin Oncol,/21(3)/pp.573-579, 2016-6
  • Clinicopathologic implications of DNA mismatch repair status in endometrial carcinomas
    Shikama Ayumi; Minaguchi Takeo; Matsumoto Koji; Akiyama-A...
    GYNECOLOGIC ONCOLOGY/140(2)/pp.226-233, 2016-02
  • 再発卵巣・卵管・腹膜癌におけるSecondary Cytoreductive Surgeryの対象選択規準(Group 118 卵巣腫瘍 治療2 再発癌 治療,一般演題,第67回学術講演会)
    水口 剛雄; 中村 優子; 櫻井 学; 越智 寛幸; 小貫 麻美子; 松...
    日本産科婦人科學會雜誌/67(2)/p.856, 2015-02
  • Bevacizumabにより著明な腹水減少がみられた再発卵巣癌の3例(Group 120 卵巣腫瘍 治療4 分子標的,一般演題,第67回学術講演会)
    渡辺 麻紀子; 櫻井 学; 高尾 航; 津曲 綾子; 天神林 友梨; 中...
    日本産科婦人科學會雜誌/67(2)/p.863, 2015-02
  • Loss of PTEN expression is an independent predictor of favorable survival in endometrial carcinomas.
    Akiyama-Abe Azusa; Minaguchi Takeo; Nakamura Yuko; Michik...
    British Journal of Cancer/109(6)/pp.1703-1710, 2013
  • PIK3CA overexpression is a possible prognostic factor for favorable survival in ovarian clear cell carcinoma.
    Abe Azusa; Minaguchi Takeo; Ochi Hiroyuki; Onuki Mamiko; ...
    Human Pathology/44(2)/pp.199-207, 2013
  • Safety and efficacy of substituting nedaplatin after carboplatin hypersensitivity reactions in gynecologic malignancies.
    Michikami Hiroo; Minaguchi Takeo; Ochi Hiroyuki; Onuki Ma...
    Journal of Obstetrics and Gynaecology Research/39(1)/pp.330-335, 2013
  • PTEN蛋白発現の欠失は子宮体癌の独立した予後良好因子である
    水口 剛雄; 安倍 梓; 中村 優子; 田坂 暢崇; 中尾 砂理; 越智...
    日本産科婦人科學會雜誌/64(2)/p.420, 2012-02
  • PIK3CA蛋白の高発現は卵巣明細胞腺癌の良好な予後と相関する
    安倍 梓; 水口 剛雄; 中村 優子; 田坂 暢崇; 中尾 砂理; 越智...
    日本産科婦人科學會雜誌/64(2)/p.593, 2012-02
  • 再発上皮性卵巣癌に対する維持化学療法の意義
    岡田 智志; 越智 寛幸; 小貫 麻美子; 水口 剛雄; 松本 光司; ...
    日本産科婦人科學會雜誌/64(2)/p.614, 2012-02
  • 腫瘍崩壊症候群を呈した卵巣癌IV期の一症例
    志鎌 あゆみ; 小貫 麻美子; 松本 光司; 道上 大雄; 野口 里枝...
    日本産科婦人科學會雜誌/64(2)/p.625, 2012-02
  • Tissue factorは卵巣明細胞腺癌患者の静脈血栓塞栓症発生因子である
    櫻井 学; 佐藤 豊実; 道上 大雄; 越智 寛幸; 小貫 麻美子; 岡...
    日本産科婦人科學會雜誌/64(2)/p.640, 2012-02
  • 治療前VTEへの対策と術後低分子量へパリン(LMWH)長期間投与による症候性VTEの予防効果
    道上 大雄; 佐藤 豊実; 前山 哲朗; 中村 優子; 越智 寛幸; 小...
    日本産科婦人科學會雜誌/64(2)/p.643, 2012-02
  • Safety and efficacy of substituting nedaplatin after carboplatin hypersensitivity reactions in gynecologic malignancies
    Michikami Hiroo; Minaguchi Takeo; Ochi Hiroyuki; Onuki Ma...
    JOURNAL OF OBSTETRICS AND GYNAECOLOGY RESEARCH/39(1)/pp.330-335, 2013-01
  • The Influence of Infertility Treatment on the Prognosis of Endometrial Cancer and Atypical Complex Endometrial Hyperplasia
    Ichinose Mari; Fujimoto Akihisa; Osuga Yutaka; Minaguchi ...
    INTERNATIONAL JOURNAL OF GYNECOLOGICAL CANCER/23(2)/pp.288-293, 2013-02
  • PIK3CA overexpression is a possible prognostic factor for favorable survival in ovarian clear cell carcinoma
    Abe Azusa; Minaguchi Takeo; Ochi Hiroyuki; Onuki Mamiko; ...
    HUMAN PATHOLOGY/44(2)/pp.199-207, 2013-02
  • IUDの長期装着後に発生した骨盤放線菌症-国内における最近10年間の骨盤放線菌症報告例の文献的集計を加えて-
    水口剛雄; 菅生元康
    産科と婦人科/63(11)/p.1589-1595, 1996-11
  • Isolation, mapping, and functional analysis of a novel human cDNA (BNIP3L) encoding a protein homologous to human NIP3.
    Matsushima M; Fujiwara T; Takahashi E; Minaguchi T; Eguch...
    Genes Chromosomes Cancer./21(3)/p.230-235, 1998-03
著書
  • ホルモン療法
    水口 剛雄
    プリンシプル産科婦人科学 婦人科編, メジカルビュー社, pp.462-465, 2014-04
  • アデノウイルス・ベクターを用いたPTEN遺伝子のヒト卵巣癌細胞への導入による増殖抑制作用
    水口 剛雄
    2001-03
  • 新全科 家庭の医学
    兼高達貮; 織田敏次; 岡 博; 黒川 清; 木村 哲; 橋本直明; 原...
    社会保険出版社, 1994-03
  • 最新版 家庭医学大全科
    高久史麿; 猿田享男; 北村惣一郎; 福井次矢 監修; +水口 剛雄
    法研, 1994-10
  • Oncogene Proteins: Structure, Functions and Analyses
    Murphy PB; Clarke JR. eds.; +水口 剛雄
    Nova Science Publishers, 2008-06
  • Encyclopedia of Cancer 2nd ed
    Schwab M. ed.; +水口 剛雄
    Springer, 2009-01
  • がんの分子標的と治療薬辞典―卵巣がん・子宮頸がん
    水口剛雄; 吉川裕之
    羊土社, 2010-10
  • がん転移 臨床と研究の羅針盤 ―卵巣がん:原発性卵巣がんの転移様式と転移性卵巣腫瘍
    水口剛雄; 吉川裕之
    秀潤社, 2010-10
会議発表等
  • Analysis of human papillomavirus oncogene E6/E7 spliced transcripts in Liquid Based Cytology samples from patients with cervical neoplastic diseases
    Liu Shuling; Takeo Minaguchi; Lachkar Bouchra; Yuri Tenji...
    69th Annual Congress of the Japan Society of Obstetrics and Gynecology/2017-4-13--2017-4-16
  • Prognostic impact of PIK3CA mutation in stage IIIB or IVA cervical cancers treated by concurrent chemoradiotherapy with weekly cisplatin
    Lachkar Bouchra; Takeo Minaguchi; Liu Shuling; Ayumi Shik...
    69th Annual Congress of the Japan Society of Obstetrics and Gynecology/2017-4-13--2017-4-16
  • Expression of Tissue Factor in Epithelial Ovarian Carcinoma Is Involved in the Development of Venous Thromboembolism
    Wataru Takao; Manabu Sakurai; Masahiko Gosho; Akiko Sakat...
    25th Asian & Oceanic Congress of Obstetrics and Gynaecology (AOCOG)/2017-6-15--2017-6-18
  • 子宮体癌患者の予後からみた必要な経過観察期間の検討
    佐々木怜子; 越智寛幸; 福本あすか; 施 惠子; 須藤麻実; 山...
    第 59 回 日本婦人科腫瘍学会学術講演会/2017-7-27--2017-7-29
  • 開腹術前に静脈血栓塞栓症が発見された婦人科悪性腫瘍患者に対する抗凝固療法の検討
    福本あすか; 櫻井 学; 施 惠子; 須藤麻実; 佐々木怜子; 志...
    第 59 回 日本婦人科腫瘍学会学術講演会/2017-7-27--2017-7-29
  • 当院における子宮体部漿液性腺癌症例の検討
    藤枝 薫; 越智寛幸; 福本あすか; 施 惠子; 須藤麻実; 佐々...
    第 59 回 日本婦人科腫瘍学会学術講演会/2017-7-27--2017-07-29
  • 再発を契機としてエドキサバン内服中に静脈血栓塞栓症が増悪した組織因子高発現な子宮体癌の1例
    施 惠子; 櫻井 学; 鈴木あすか; 藤枝 薫; 高尾 航; 田坂...
    第39回茨城医学会産婦人科分科会/第185回茨城産科婦人科学会/2017-10-28--2017-10-28
  • 再発子宮体癌に対する手術療法選択基準の検討
    施 惠子; 志鎌 あゆみ; 須藤 麻実; 山口 まどか; 佐々木 怜子...
    第59回日本婦人科腫瘍学会学術講演会/2017-07-27--2017-07-29
  • 子宮体部腺肉腫の3症例
    飯島 麻里絵; 志鎌 あゆみ; 鈴木 あすか; 須藤 麻実; 山口 ...
    第59回日本婦人科腫瘍学会学術講演会/2017-07-27--2017-07-29
  • 術前診断により管理した機能性卵巣甲状腺腫の1例
    山口 まどか; 志鎌 あゆみ; 藤枝 薫; 板垣 博也; 細川 義彦;...
    第 134 回 関東連合産科婦人科学会 総会・学術集会/2017-12-09--2017-12-10
  • 再発卵巣癌に血管新生阻害剤Bevacizumabを使用した一例
    道上大雄; 水口剛雄; 田坂暢崇; 中尾砂理; 小貫麻美子; 岡田...
    第160回日本産科婦人科学会茨城地方部会/2008-11-08
  • 維持透析中患者にTC療法を施行した子宮頸部腺癌再発の症例
    田坂暢崇; 水口剛雄; 野口里枝; 人見義郎; 中尾砂理; 岡田智...
    第116回関東連合地方部会/2008-11-30
担当授業科目
2018-10 -- 2019-02臨床腫瘍学(婦人科)講義及び実習筑波大学
2018-04 -- 2018-08臨床腫瘍学(婦人科)講義及び実習筑波大学
2018-10 -- 2019-02医科学特別演習筑波大学
2018-10 -- 2019-02インターンシップI筑波大学
2018-10 -- 2019-02インターンシップII筑波大学
2018-10 -- 2019-02基礎医科学演習筑波大学
2018-10 -- 2019-02Advanced Exercise on Public Health筑波大学
2018-04 -- 2018-08医科学特別演習筑波大学
2018-04 -- 2018-08インターンシップI筑波大学
2018-04 -- 2018-08インターンシップII筑波大学
一般講演
  • PTEN蛋白発現の欠失は子宮体癌の独立した予後良好因子である
    水口剛雄; 安倍 梓; 中村優子; 田坂暢崇; 中尾砂理; 越智寛幸...
    第64回日本産科婦人科学会学術講演会/2012-04-13
  • PIK3CA蛋白の高発現は卵巣明細胞腺癌の良好な予後と相関する
    安倍 梓; 水口剛雄; 中村優子; 田坂暢崇; 中尾砂理; 越智寛幸...
    第64回日本産科婦人科学会学術講演会/2012-04-14
  • 子宮癌肉腫における予後因子の検討
    水口 剛雄
    第48回日本婦人科腫瘍学会学術講演会/2010-07-08
  • PIK3CA expression is associated with prognosis in ovarian clear cell carcinomas
    Azusa Abe; Takeo Minaguchi; Sari Nakao; Hiroyuki Ochi; Ma...
    第69回日本癌学会学術総会/2010-09-24
  • 子宮体癌I期症例における再発危険因子の検討
    安倍 梓; 水口 剛雄; 道上 大雄; 田坂 暢崇; 中村 優子; 中尾...
    第50回日本婦人科腫瘍学会学術講演会/2011-07-24
  • カルボプラチン過敏性反応
    水口 剛雄
    つくば婦人科腫瘍研究会/2011-06-17
  • 子宮体癌発生に関わる疫学的環境因子
    水口剛雄
    公開クリニカル・カンファレンス/2010-05-27
  • 乳癌および悪性黒色腫細胞株におけるPTEN細胞内局在、MVP発現レベル、および細胞周期の解析
    水口剛雄
    第61回日本産科婦人科学会学術講演会/2009-04-05
  • カルボプラチンに過敏反応を示した患者におけるネダプラチン投与の有用性
    道上大雄; 水口剛雄; 中村優子; 田坂暢崇; 安倍梓; 櫻井学; ...
    第62回日本産科婦人科学会学術講演会/2010-04-25
  • 卵巣明細胞腺癌におけるPIK3CAおよびPTEN発現レベルの臨床的意義
    安倍梓; 水口剛雄; 櫻井学; 小貫麻美子; 岡田智志; 松本光司;...
    第62回日本産科婦人科学会学術講演会/2010-04-23

(最終更新日: 2018-06-01)