現在地

平松 祐司(ヒラマツ ユウジ; Hiramatsu, Yuji)

face
所属
医学医療系
職名
教授
性別
男性
研究分野
心臓血管外科学
研究キーワード
先天性心疾患の外科
体外循環
凝固線溶異常
研究課題
MK-7低産生菌、短時間発酵と紫外線加工によるビタミンK低減化納豆開発と性能試験2016 -- 2018平松祐司日本学術振興会/挑戦的萌芽研究3200000
ベトナム・チョーライ病院における短期国際医療交流体験型クリニカル・クラークシップ2014 -- 2015平松祐司日本学生支援機構/海外留学支援制度(短期派遣)1250000
紫外線加工によるMK-7フリー納豆風味食品の開発とワーファリン内服患者への適用2013 -- 2015平松 祐司日本学術振興会/挑戦的萌芽研究3380000
TFPI・アンチトロンビン・トロンボモジュリンによる体外循環中の複合的抗凝固戦略2011 -- 2014平松祐司日本学術振興会/基盤研究(B)6970000
低分子量エポキシ化合物TGA固定自己心膜の心血管補填材料としての適性に関する研究2011 -- 2013後藤行延日本学術振興会/挑戦的萌芽研究3380000
ワーファリン内服患者のためのビタミンKオフ納豆風味食品の開発と臨床効果検定2011 -- 2012平松祐司日本学術振興会/挑戦的萌芽研究2990000
ベトナム医学研究における臨床と基礎をつなぐ橋渡し支援事業2011 -- 2011山田信博日本学術振興会/若手研究者招聘事業9680000
白血球の複合的薬理制御による体外循環後肺傷害に対する新たな予防法の開発2009 -- 2012後藤行延日本学術振興会/基盤研究(B)9360000
可溶性組織因子および単球の薬理制御によるサル体外循環中の外因系凝固遮断法の確立2008 -- 2010平松祐司日本学術振興会/基盤研究(B)7930000
TFPI動員による体外循環中の組織因子阻害はヘパリンに代わる抗凝固戦略となるか?2006 -- 2007平松祐司日本学術振興会/基盤研究(B)4910000
職歴
1986-04 -- 1992-03筑波大学附属病院 外科 レジデント
1990-06 -- 1991-03聖隷浜松総合病院 心臓血管外科 医員
1992-04 -- 1994-06日立総合病院 心臓血管外科 医員
1994-07 -- 1996-04アメリカ合衆国ペンシルパニア大学 胸部外科 研究員
1996-05 -- 1998-03筑波記念病院 心臓血管外科 医師
1998-04 -- 2005-12筑波大学 臨床医学系 講師
2001-06 -- 2001-08アメリカ合衆国フィラデルフィア小児病院 研修
2006-01 -- 2013-10筑波大学 医学医療系 准教授
2013-11 -- (現在)筑波大学 医学医療系 教授
学歴
1980-04 -- 1986-03筑波大学 医学専門学群卒業
取得学位
1997博士(医学)筑波大学
免許資格等
1986-06-18医師免許
1990-12-01外科認定医
1992-07-30胸部外科認定医
2000-08-25胸部外科指導医
2003-12-02心臓血管外科専門医
2004-12-01外科指導医
2013-09-25外国人医師臨床修練指導医
2013-12-06心臓血管外科修練指導医
2016-01-01小児用補助人工心臓実施医
2017-01-01植込型補助人工心臓実施医
所属学協会
1986 -- (現在)日本外科学会
1988 -- (現在)日本胸部外科学会
-- (現在)日本血管外科学会
-- (現在)日本小児外科学会
-- (現在)日本小児循環器学会
-- (現在)日本心臓血管外科学会
-- (現在)日本心臓病学会
-- (現在)日本人工臓器学会
-- (現在)日本静脈学会
-- (現在)日本不整脈学会
受賞
1994-07-01Medtronic Fellowship for Young Japanese Investigator
論文
著書
  • 第3章 小児心臓外科、2;心内修復術が目標となる非チアノーゼ性心疾患(7)先天性大動脈弁疾患
    Hiramatsu Yuji
    新・心臓血管外科テキスト, 2016
  • 続発性上皮小体機能亢進症をともなった透析患者の腹部大動脈瘤. 腹部大動脈瘤のすべて 第1版
    多数; +平松 祐司
    1991-01
  • 循環器系の病理、循環器系の症候と病態生理. 臨床医学のMinimum Essential 第1版.
    多数; +平松 祐司
    2000-01
  • 今日の循環器疾患治療指針 第2版. 先天性心臓疾患
    多数; +平松 祐司
    2001-01
  • 病棟の看護ですぐに役立つ心臓病患者の「循環と呼吸」管理のポイント‐不整脈の管理‐
    平松祐司; 阿部正一
    2006-01
  • 新生児・乳児早期の体外循環と無輸血体外循環. 体外循環と補助循環
    冨澤康子編集; +平松 祐司
    2009-07
会議発表等
  • 筑波大学附属病院における2013年度小児救命救急センター事業の実績
    神保教広; 増本幸二; 岩淵 敦; 加藤愛章; 鴨田 知博; 須磨崎...
    第28回日本小児救急医学会学術集会/2014-06-06--2014-06-07
  • 筑波大学附属病院小児ICU開設と現状
    神保教広; 岩淵敦; 加藤愛章; 嶋田知博; 平松祐司; 杉澤栄; ...
    第37回茨城県救急医学会/2013-09-07
  • Fallot四徴症における新しい右室流出路再建法の提示 自己心膜による弁尖・弁輪拡大法
    平松 祐司; 金本 真也; 阿部 正一; 高橋 実穂; 加藤 愛章; 堀...
    第49回日本小児循環器学会総会・学術集会/2013-07-11--2013-07-13
  • 2.5kg以下の乳児における非開心姑息術の転帰と問題点
    中嶋 智美; 平松 祐司; 金本 真也; 阿部 正一; 加藤 愛章; 高...
    第49回日本小児循環器学会総会・学術集会/2013-07-11--2013-07-13
  • 右室流出路形成術後に巨大仮性心室瘤を生じた、ファロー四徴症、肺動脈閉鎖、主要体肺側副動脈の乳児例
    石川 伸行; 高橋 実穂; 林 立申; 中村 昭宏; 加藤 愛章; 金本...
    第49回日本小児循環器学会総会・学術集会/2013-07-11--2013-07-13
  • 超高齢者に対する冠動脈バイパス術の治療成績
    坂本 裕昭; 徳永千穂; 相川志都; 榎本佳治; 佐藤藤夫; 平松祐...
    第43回日本心臓血管外科学会学術総会/2013-4-1
  • Can Angiography With Synchrotron Radiation And A High Sensitivity Receiver Make Lower Doses Of Contrast Medium Possible?
    Konishi Taisuke; Matsushita Shonosuke; Hyodo Kauyuki; Sug...
    81st Annual Scientific Session of the American-Heart-Association/2011
  • The minimum coronary artery diameter in which coronary spasm can be identified by synchrotron radiation coronary angiography
    Matsushita Shonosuke; Hyodo Kazuyuki; Imazuru Tomohiro; T...
    Conference on Medical Applications of Synchrotron Radiation/2011
担当授業科目
2017-04 -- 2017-08Advanced Exercise on Public Health筑波大学
2017-10 -- 2018-02Advanced Exercise on Public Health筑波大学
2017-04 -- 2017-08インターンシップII筑波大学
2017-10 -- 2018-02インターンシップII筑波大学
2017-10 -- 2018-02基礎医科学演習筑波大学
2017-04 -- 2017-08基礎医科学演習筑波大学
2017-04 -- 2017-08臨床外科学演習I筑波大学
2017-10 -- 2018-02臨床外科学特論II筑波大学
2017-04 -- 2017-08臨床外科学特論I筑波大学
2017-10 -- 2017-12外科学概論筑波大学
授業以外の教育活動
2008-04 -- (現在)つくば国際大学医療保健学部講義学外
2002-11 -- 2007-11きぬ医師会看護学校講義学外
一般講演
  • 新生児・乳児早期の体外循環と無輸血体外循環
    平松 祐司
    第25回日本人工臓器学会教育セミナー「体外循環と補助循環」/2009-07-18
  • Blood anesthesia;心臓外科領域における凝固、線溶および全身性炎症機転の薬理学的制御、血栓の臨床・治療と求められる抗凝固剤の開発
    平松祐司
    技術情報協会セミナー (No. 703120)/2007-03-01
  • 心臓外科手術の最近の動向:複雑先天性心疾患手術から心拍動下冠動脈バイパス術まで
    平松祐司
    第259回真壁医師会筑西支部研修会/2006-10-01
  • 小児心臓外科の現状と将来
    平松祐司
    第15回茨城県小児循環器研究会/2006-03-01
  • Neutrophil anesthesia; 各種プロテアーゼ阻害剤を用いた体外循環における炎症機転の制御.
    平松祐司.
    第3回県南周術期セミナー/2005-03-01
学協会等委員
2017 -- (現在)日本血管外科学会禁煙推進委員会
2015 -- (現在)CHSS東日本世話人
2016 -- (現在)日本血管外科学会評議員
2015 -- (現在)日本心臓血管外科学会評議員
2015 -- (現在)日本外科学会代議員
2006 -- (現在)日本胸部外科学会評議員
2006 -- (現在)日本小児循環器学会評議員
2005 -- (現在)日本人工臓器学会評議員
2005 -- 2015日本不整脈学会評議員
学内管理運営業績
2015 -- 2016大学院疾患制御医学専攻入試委員会委員
2015 -- 2016医学類入試委員会委員
2016 -- (現在)医学類国際交流委員会委員長
2013-04 -- (現在)医学医療系国際連携委員会副委員長
2012-04 -- (現在)附属病院国際連携推進室室員
2013-01 -- (現在)小児集中治療センター副部長
2006 -- 2015輸血部運営会議委員
2007-04 -- 2013-03医薬品審議会委員
2008-12 -- 2014-03注射プロセス管理委員会委員長
2008-12 -- 2010-03総合調整室準備室室長
メッセージ
心臓血管外科、特に小児心臓外科を専門とし、単心室症等の複雑先天性心疾患の外科治療成績の向上を臨床の主眼としている。これに関連して、体外循環(人工心肺)における血液学的な異常の解明とその治療を臨床に直結した研究課題としてとらえ、長年にわたって基礎研究、前臨床研究を継続している。主に臨床診療を通じて一線級の心臓外科医を育て、学生の外科領域への向学心を高めることを教育の中心に据えている。

(最終更新日: 2017-04-22)