現在地

長谷川 雄一(ハセガワ ユウイチ; Hasegawa, Yuichi)

所属
医学医療系
職名
准教授
Fax
0298-53-3127
研究分野
血液内科学
研究キーワード
血液内科学
造血幹細胞
移植
血液腫瘍学
血小板
研究課題
輸血関連新規感染症の実態解明に向けたパイロット研究2018 -- 2020長谷川 雄一日本学術振興会/基盤研究(C)4,420,000円
造血器腫瘍 -- (現在)/
造血幹細胞移植 -- (現在)/
免疫性血小板減少症 -- (現在)/
エリスロポエチン遺伝子発現調節機構:遺伝子治療への応用2002 -- (現在)日本学術振興会/萌芽研究1,700,000円
周期性血小板減少症の病態に関する研究1996 -- (現在)日本学術振興会/奨励研究(A)900,000円
学歴
-- 1986筑波大学 医学専門学群卒業
所属学協会
-- (現在)日本血液学会
-- (現在)日本造血細胞移植学会
-- (現在)日本内科学会
2000 -- (現在)日本輸血・細胞治療学会
-- (現在)日本臨床血液学会
論文
  • A single institutional retrospective evaluation for younger patients with primary central nervous lymphomas on a modified R-MPV regimen followed by radiotherapy and high dose cytarabine
    Hattori Keiichiro; Sakata-Yanagimoto Mamiko; Okoshi Yasus...
    Journal of clinical and experimental hematopathology : JCEH/57(2)/pp.41-46, 2017-10
  • Clinical significance of disease-specific MYD88 mutations in circulating DNA in primary central nervous system lymphoma
    Hattori Keiichiro; Sakata-Yanagimoto Mamiko; Suehara Yasu...
    Cancer science/109(1)/pp.225-230, 2017-11
  • A national survey of premedication for transfusion reactions in Japan
    Fujiwara Shin-Ichiro; Kino Shuichi; Tanaka Asashi; Hasega...
    Transfusion and apheresis science, 2017-09
  • Detection of the STAT5B-RARA fusion transcript in acute promyelocytic leukemia with the normal chromosome 17 on G-banding
    Kusakabe Manabu; Suzukawa Kazumi; Nanmoku Toru; Obara Nao...
    EUROPEAN JOURNAL OF HAEMATOLOGY, 2008-01
  • Clinical significance of disease-specific MYD88 mutations in circulating DNA in primary central nervous system lymphoma
    Hattori Keiichiro; Sakata-Yanagimoto Mamiko; Suehara Yasu...
    Cancer science/109(1)/pp.225-230, 2017-11
  • 科学的根拠に基づいた新鮮凍結血漿(FFP)の使用ガイドライン
    松下 正; 長谷川 雄一; 玉井 佳子; 宮田 茂樹; 安村 敏; 山本...
    日本輸血細胞治療学会誌/63(4)/pp.561-568, 2017
  • 茨城県合同輸血療法委員会発足後5年間の活動
    谷川 道浩; 山口 恭子; 大江 和紀; 羽石 靖浩; 石野 はるみ; ...
    日本輸血細胞治療学会誌/63(4)/pp.630-633, 2017
  • Rh血液型表記に関する問題 本学会関東甲信越支部アンケート調査結果より
    長谷川 雄一; 浅井 隆善; 稲葉 頌一; 岩尾 憲明; 大坂 顯通; ...
    日本輸血細胞治療学会雑誌/61(3)/pp.427-432, 2015-07
  • 自家移植後に小腸多発ポリープで再発した多発性骨髄腫
    大津 和也; 関 正則; 小川 晋一; 宮本 佳奈; 伊藤 由布; 坂田...
    臨床血液/56(4)/pp.400-405, 2015-04
  • Soluble Recombinant Thrombomodulin Is a Potentially Promising Agent without Causing Severe Hemorrhagic Events for Hematological Malignancy-Induced Disseminated Intravascular Coagulation
    Kurita Naoki; Nishikii Hidekazu; Yokoyama Yasuhisa; Sakat...
    BLOOD/120(21), 2012-11
  • 造血器腫瘍患者に対する病名・予後の告知:告知内容の決定過程と告知後の患者の不安変化の解析(共著)
    長谷川 雄一
    癌の臨床/43(1)/p.79-86, 1997-01
  • Interstitial Pneumonitis Related to Granulocyte Colony-Stimulating Factor Administration Following Chemotherapy for Elderly Patients with Non-Hodgkin's Lymphoma
    長谷川 雄一
    Internal Medicine/36(5)/p.360-364, 1997-01
  • Serum thrombopoietin(TPO) levels in patients with amegakaryocytic thrombocytopenia is much higher than those with immune thrombocytopenic purpura. (共著)
    長谷川 雄一
    Thrombosis and Haemostasis/76(5)/p.675-675, 1997-01
  • Perforin and granzyme Expression in cytotoxic T-cell lymphomas. 共著
    長谷川 雄一
    Mod Pathol/11(4)/p.313-323, 1998-01
  • Serum thrombopoietin level is mainly regulated by megakaryocyte mass rather than platelet mass in human subjects(共著)
    長谷川 雄一
    Brit J Haematd/101/p.242-244, 1998-01
  • Aplastic large-cell lymphoma of null-cell type with multiple bone involvement(共著)
    長谷川 雄一
    Annals of Hematology/77/p.287-290, 1998-01
  • Complement-induced procoagulant alteration of blood cell membranes with microvesicle formation in paroxysmal nocturnal haemo-globinuria(PNH) : implication for thrombogenesis in PNH. (共著)
    長谷川 雄一
    Brit. J. Haematol/106/p.224-231, 1999-01
  • Priming with G-CSF effectively enhances low-dose Ara-C induced in vivo apoptosis in myeloid leukemia cells (共著)
    長谷川 雄一
    Experimental Hematology/27(2)/p.259-265, 1999-01
  • High-dose chemotherapy with peripheral blood stem cell rescue in blaotoid natural killer cell lymphoma. (共著)
    長谷川 雄一
    Leukemia and Lymphoma/32(5-6)/p.583-588, 1999-01
  • Hodgkin disease with subsequent transformation to CD 30 positive non Hodgkin lymphoma in six patients. (共著)
    長谷川 雄一
    Cancer/85(4)/p.970-979, 1999-01
  • Non-Hodgkin's Lymphoma followed by plasma cytoma, both arising in a thyroid gland with Hashimoto's disease. (共著)
    長谷川 雄一
    Leukemia and Lymphoma/35(5-6)/p.613-618, 1999-01
  • Priming Effects of macrophage colony-stimulating factor on monocytic leukemia cells in combination with chemotherapy : Induction of programmed cell death in vivo.
    長谷川 雄一
    Leukemia and Lymphoma/36(5-6)/p.589-593, 2000-01
  • Fatal reactivation of hepatitis B virus followingcyotoxic chemotherapy for acute myelogeneous leukemia: fibrosing cholestatic hepatitis
    H.Kojima; M. Abei; N. Takei; Y. Mukai; Y.Hasegawa; T.Iiji...
    Eur J Haematol/69(2)/pp.101-104, 2002-01
  • Rapidly progressive Lennert's lymphoma terminating in fulminant hepatic failure.
    H.Kojima; S.Shimizu; C. Yoshida; Y. Katsura; K. Suzukawa;...
    Leukemia and Lymphoma/44(8)/p.1409-1412, 2003-08
  • Successful treatment of a patient with subcutaneous panniculiti-like T-cell lymphoma with high-dose chemotherapy and total body irradiation
    Harumi Y Mukai; Yasushi Okoshi; Seiichi Shimizu; Yukitaka...
    Eur J Haematol/70/p.413-416, 2003-01
著書
  • 検査と技術
    長谷川雄一 長澤俊郎; +長谷川 雄一
    医学書院, 1993-04
  • 検査と技術
    長谷川雄一 長澤俊郎; +長谷川 雄一
    医学書院, 1994-04
  • Myelodysplastic syndrome. Advances in research and treatment.
    Sato Y; Nagasawa T; Hasegawa Y; Kobayashi T; Kojima H; Ni...
    Elsevier Science B.V., 1995-10
  • 検査と技術
    長谷川雄一 長澤俊郎; +長谷川 雄一
    医学書院, 1995-11
  • 難病の指針
    長谷川雄一; 長澤俊郎; 他87名
    茨城県医師会, 1996-03
  • 別冊日本臨床 領域別症候群シリーズ N0.21
    長谷川雄一 長澤俊郎; +長谷川 雄一
    日本臨床社, 1998-09
  • 内科
    長谷川雄一 長澤俊郎; +長谷川 雄一
    南江堂, 1999-09
  • 臨床医
    伊藤孝美 長谷川雄一 長澤俊郎; +長谷川 雄一
    中外医学社, 2000-05
  • 内科
    長谷川雄一 長澤俊郎; +長谷川 雄一
    南江堂, 2000-06
  • 臨床医学のMinimum Essential
    大塚藤男他163名; +長谷川 雄一
    金原出版, 2000-11
  • 別冊日本臨床 領域別症候群シリーズ N0.31
    長谷川雄一 長澤俊郎; +長谷川 雄一
    日本臨床社, 2000-11
  • 難病の指針 第4版
    深尾 立 他66名; +長谷川 雄一
    茨城県医師会, 2002-01
会議発表等
  • 産科施設で適切に管理された血液製剤の返却・転用の実現性についての調査研究―茨城県合同輸血委員会.
    大越 靖; 石渡勇 小池和彦 米野琢哉 佐藤祐二; 長谷川 雄一; ...
    第65回日本輸血・細胞治療学会総会/2017
  • 産科施設で適正に管理された血液製剤の返却・転用の実現性についての調査研究ー茨城県合同輸血療法委員会
    長谷川 雄一
    第66回日本輸血・細胞治療学会 総会/2017-06-23
  • 末梢血幹細胞採取に携わる学会認定・アフェレーシスナースの活動に関する調査
    長谷川 雄一
    第66回日本輸血・細胞治療学会 総会/2017-06-23
  • 輸血副作用に対する予防薬投与の実態調査
    長谷川 雄一
    第65回日本輸血・細胞治療学会 総会/2017-06-23
  • 慢性好中球性白血病と非定型慢性骨髄性白血病に対する同種造血幹細胞移植
    糸永英弘; 宮崎泰司; 今井陽俊; 長谷川 雄一; 池田宇次; 田地...
    第79回日本血液学会学術集会/2017-10-20--2017-10-22
  • 同種移植後10年以上経過したのちに再発を認めた成人T細胞白血病/リンパ腫
    助川 慎一郎; 横山泰久; 石塚幹太郎; 百瀬春佳; 須摩桜子; 清...
    第8回 日本血液学会関東甲信越地方会/2018-03-03--2018-03-03
  • 造血幹細胞移植を受ける患者の心理社会的要因およびそれが在院日数へ与える影響の解析
    新井 励; 横山泰久; 高村佳幸; 日高響子; 石塚幹太郎; 助川慎...
    第40回日本造血細胞移植学会総会/2018-02-01--2018-02-03
  • 生着不全に対するmodified 1-day regimenを用いた臍帯血移植の検討
    須摩桜子; 横山泰久; 石塚幹太郎; 助川慎一郎; 槇島健一; 清...
    第40回日本造血細胞移植学会総会/2018-02-01--2018-02-03
  • The IPF peak value could be useful as a predictor of platelet recovery after HSCT
    Takayasu Kato; Yosuke Kanazawa; Yuichi Hasegawa; Asami Na...
    第40回日本造血細胞移植学会総会/2018-02-01--2018-02-03
  • 骨髄破壊的前処置を用いたHLA半合致移植の第I/II相研究
    栗田尚樹; 横山泰久; 坂本竜弘; 加藤貴康; 日下部 学; 錦井秀...
    第40回日本造血細胞移植学会総会/2018-02-01--2018-02-03
  • Liquid Biopsy for the Identification of Intravascular Large B-Cell Lymphoma
    Suehara Yasuhito; Sakata-Yanagimoto Mamiko; Hattori Keiic...
    The American Society of Hematology 59th Annual Meeting and Exposition/2017-12-09--2017-12-12
  • 同種造血幹細胞移植における初期入院費用と入院期間の解析
    栗田尚樹; 横山泰久; 加藤貴康; 錦井秀和; 坂田(柳元)麻実子;...
    第79回日本血液学会学術集会/2017-10-20--2017-10-22
  • 網状血小板比率は造血幹細胞移植後の血小板回復のマーカーとなる
    加藤貴康; 長谷川雄一; 内藤麻美; 坂本竜弘; 槇島健一; 須摩...
    第79回日本血液学会学術集会/2017-10-20--2017-10-22
  • Primary CNS lymphoma (PCNSL) における遺伝子変異解析の臨床的意義
    服部圭一朗; 坂田(柳元)麻実子; 末原泰人; 横山泰久; 加藤貴...
    第79回日本血液学会学術集会/2017-10-20--2017-10-22
  • 初発時と全身再発時のPCNSLの遺伝子異常の比較による、com-mon precursor cellの存在の確認
    服部圭一朗; 坂田(柳元) 麻実子; 末原泰人; 横山泰久; 加藤貴...
    第76回日本癌学会学術総会/2017-09-28--2017-09-30
  • Genetic evidence implying the common precursor cells for primary and systemic relapsed tumors in primary central nervous system lymphoma
    Hattori Keiichiro; Sakata-Yanagimoto Mamiko; Suehara Yasu...
    Tsukuba Global Science Week (TGSW) 2017/2017-09-25--2017-09-27
  • 骨髄線維化とDICを伴い,ボルテゾミブが著効した形質芽球性リンパ腫
    清木祐介; 加藤貴康; 須摩桜子; 槇島健一; 馬場直子; 栗田尚...
    第7回 日本血液学会関東甲信越地方会/2017-07-01--2017-07-01
  • Targeted sequencing of primary central nervous system lymphoma (PCNSL)
    服部圭一朗; 坂田(柳元)麻実子; 末原泰人; 横山泰久; 加藤貴...
    第57回日本リンパ網内系学会総会/2017-06-29--2017-07-01
  • Rh標記のリスク管理に関する関東甲信越支部アンケート調査
    長谷川 雄一
    第62回日本輸血・細胞治療学会総会
  • 抗LW抗体が検出された自然気胸の症例
    長谷川 雄一
    第134回日本輸血・細胞治療学会 関東甲信越支部例会
  • PNH-affected RBC's mean life span estimated by reticulocyte-gated flow cytometry reflects in vivo hemolysis in PNH
    Ninomiya Haruhiko; Sato Shoko; Hasegawa Yuichi; Kojima Hi...
    49th Annual Meeting of the American-Society-of-Hematology/2007
  • A Non-Radiation-Containing, Intermediate-Dose Methotrexate (MTX) Regimen Resulted in Favorable Survival without Progression of Dementia in Elderly Patients with Primary Central Nervous System Lymphoma (PCNSL)
    Taoka Kenich; Okoshi Yasushi; Hasegawa Yuichi; Chiba Shigeru
    51st Annual Meeting of the American-Society-of-Hematology/2009-12-06
担当授業科目
2018-10 -- 2019-02医科学特別演習筑波大学
2018-10 -- 2019-02インターンシップI筑波大学
2018-10 -- 2019-02インターンシップII筑波大学
2018-10 -- 2019-02基礎医科学演習筑波大学
2018-10 -- 2019-02Advanced Exercise on Public Health筑波大学
2018-04 -- 2018-08医科学特別演習筑波大学
2018-04 -- 2018-08インターンシップI筑波大学
2018-04 -- 2018-08インターンシップII筑波大学
2018-04 -- 2018-08基礎医科学演習筑波大学
2018-04 -- 2018-08Advanced Exercise on Public Health筑波大学
学協会等委員
1996 -- (現在)日本血液学会指導医
2007-06 -- (現在)茨城輸血細胞治療ネットワーク
学内管理運営業績
2000-12 -- 2009-07附属病院輸血部副部長兼務

(最終更新日: 2018-08-17)