現在地

安部井 誠人(アベイ マサト; Abei, Masato)

所属
医学医療系
職名
准教授
eメール
 
研究分野
消化器内科学
研究キーワード
消化器の遺伝子治療の研究
胆石症の成因と内科的治療
予防法の研究
消化器癌の分子標的治療の研究
研究課題
腫瘍選択的増殖型ウイルスを用いた消化器癌の遺伝子化学療法の有効性と安全性の検証2005-04 -- 2010-03/科学研究費補助金
消化器癌に対する分子標的化遺伝子治療の開発とその実験的有効性の解析2007-04 -- 2011-03/科学研究費補助金
重症肝炎における劇症化予知式に基づいた早期抗ウイルス・抗免疫療法の有効性の検証2005-04 -- 2008-03/
癌選択的増殖型アデノウイルスを用いた胆道癌の遺伝子化学療法の有効性と安全性の評価2010 -- 2012日本学術振興会/基盤研究(C)4,290,000円
ファイバー改変型癌特異的増殖アデノウイルスによる胆道癌遺伝子治療の実験的有効性 2004 -- 2006日本学術振興会/基盤研究(B)9,200,000円
アデノウイルスベクターを用いた胆嚢癌の遺伝子治療の開発とその有効性の実験的解析2003 -- (現在)日本学術振興会/基盤研究(C)3,500,000円
魚油(エイコサペンタエン酸)によるコレステロール胆石溶解:動物実験と臨床効果2000 -- (現在)日本学術振興会/基盤研究(C)2,600,000円
コレステロール胆石生成に対するn-3多価不飽和脂肪酸の抑制効果の実験的解析1997 -- (現在)日本学術振興会/基盤研究(C)2,200,000円
腫瘍融解ワクシニアウイルスの肝癌幹細胞に対する殺細胞効果の評価2013 -- 2015安部井 誠人日本学術振興会/基盤研究(C)4,940,000円
職歴
1983-04 -- 1985-03慶應義塾大学病院 内科 研修医
1989-04 -- 1990-03筑波大学附属病院 医員
1990-04 -- 1990-05住吉クリニック 内科 医師
1990-06 -- 1992-07米国クリーブランド・クリニック 消化器病研究部 客員研究員
1992-08 -- 1994-03尽誠会宮本病院 内科 医師
1994-04 -- 2004-03筑波大学 臨床医学系 講師
2004-04 -- (現在)筑波大学 大学院人間総合科学研究科 講師
学歴
1985-04 -- 1989-03筑波大学大学院 医学研究科 生化系修了
取得学位
1989-03医学博士筑波大学
免許資格等
1983医師免許
所属学協会
1985 -- (現在)日本消化器病学会
1990 -- (現在)日本胆道学会
1985 -- (現在)日本肝臓学会
1992 -- (現在)American Gastroenterological Association
1983 -- (現在)日本内科学会
2000 -- (現在)日本癌学会
2000 -- (現在)日本遺伝子治療学会
2012 -- (現在)American Society of Gene and Cell Therapy
受賞
1992-06米国クリーブランドクリニック 年間最優秀若手研究者賞(Peskind 賞)
1996-07日本消化器病学会研究奨励賞
1996-10上原記念財団研究奨励賞
1996-03総合健康推進財団研究奨励賞
2000-07ウルソ賞
論文
  • 初発肝内胆管癌に対する陽子線治療成績
    清水翔星; 奥村敏之; 福光延吉; 福田邦明; 長谷川直之; 石毛...
    第53回日本肝癌研究会プログラム・抄録集/p.235, 2017-07
  • 胆管空腸吻合術後37年で発症した肝内胆管癌の1切除例
    佐藤雅志; 長谷川直之; 石毛和紀; 福田邦明; 倉田 昌直; 安部...
    胆道 第53回日本胆道学会学術集会プログラム・抄録/31(3)/p.269:579, 2017-09
  • 各種ドレナージを組み合わせた治療が有用であった膵仮性囊胞の1例
    内田 優一; 長谷川 直之; 石毛 和紀; 福田 邦明; 奈良坂 俊明...
    Progress of Digestive Endoscopy/90(1)/pp.156-157, 2017
  • Analysis of repeated proton beam therapy for patients with hepatocellular carcinoma
    Oshiro Yoshiko; Mizumoto Masashi; Okumura Toshiyuki; Fuku...
    Radiotherapy and oncology : journal of the European Society for Therapeutic Radiology and Oncology/123(2)/pp.240-245, 2017-03
  • 血液透析療法中慢性腎不全合併C型肝炎ウイルス感染症に対するOmbitasvir/Paritaprevir/Ritonavir療法の効果
    安部井誠人; 山田 武史; 長谷川直之; 兵頭一之介; 山口巌
    肝臓/57(10)/pp.565-567, 2016
  • Oncolytic Viruses: The Best is Yet to Come.
    CG Lemay; BA Keller; RE Edge; Abei Masato; JC Bell
    Current Cancer Drug Targets/Epub/18(2)/pp.109-123, 2018-02
  • Oncolytic Virotherapy and Gene Therapy Strategies for Hepatobiliary Cancers
    Yamada Takeshi; Hamano Yukako; Hasegawa Naoyuki; Seo Emik...
    Current Cancer Drug Targets/18(2)/pp.188-201, 2018-02
  • 血液透析療法中慢性腎不全合併C型肝炎ウイルス感染症に対するOmbitasvir/Paritaprevir/Ritonavir療法の効果
    安部井 誠人; 山田 武史; 長谷川 直之; 兵頭 一之介; 山口 巌
    肝臓/57(10)/pp.565-567, 2016
  • 陽子線による放射線性十二指腸炎からの出血に対してアルゴンプラズマ凝固法が有用であった1例
    高木 薫子; 長谷川 直之; 新里 悠輔; 山浦 正道; 小松 義希; ...
    Progress of Digestive Endoscopy/89(1)/pp.106-107, 2016
  • Proton beam therapy for unresectable intrahepatic cholangiocarcinoma
    Ohkawa Ayako; Mizumoto Masashi; Ishikawa Hitoshi; Abei Ma...
    JOURNAL OF GASTROENTEROLOGY AND HEPATOLOGY/30(5)/pp.957-963, 2015-05
  • Clinical Features of Hepatitis E Virus Infection in Ibaraki, Japan: Autochthonous Hepatitis E and Acute-on-Chronic Liver Failure
    Inagaki Yuki; Oshiro Yukio; Hasegawa Naoyuki; Fukuda Kuni...
    The Tohoku Journal of Experimental Medicine/235(4)/pp.275-282, 2015
  • Cyclophosphamide enhances antitumor efficacy of oncolytic adenovirus expressing uracil phosphoribosyltransferase (UPRT) in immunocompetent Syrian hamsters.
    Hasegawa Naoyuki; Abei Masato; Yokoyama K Kazunari; Fukud...
    International Journal of Cancer/133(6)/pp.1479-1488, 2013-09
  • Impact of solute carrier family 29 member 1 (SLC29A1) single nucleotide polymorphisms on mRNA expression in peripheral blood mononuclear cells
    Suzuki Yoshiharu; Homma Masato; Abei Masato; Hyodo Ichino...
    Biological and Pharmaceutical Bulletin/36(1)/pp.144-146, 2013-01
  • Efficacy and safety of gene-chemo therapy using oncolytic adenovirus expressing uracil phosphoribosyl transferase (UPRT) followed by 5-fluorouracil administration in syngenic pancreatic and biliary cancers in immunocompetent adenovirus-permissive Syrian hamsters
    Hasegawa Naoyuki; Abei Masato; Fukuda Kuniaki; Kawashima ...
    MOLECULAR THERAPY/20(1)/pp.S83-S83, 2012-05
  • Evaluation of Liver Function After Proton Beam Therapy for Hepatocellular Carcinoma
    Mizumoto Masashi; Okumura Toshiyuki; Hashimoto Takayuki; ...
    INTERNATIONAL JOURNAL OF RADIATION ONCOLOGY BIOLOGY PHYSICS/82(3)/pp.E529-E535, 2012-03
  • 胆石症.
    安部井 誠人; 石毛和紀; 兵頭一之介
    薬局/63(4)/pp.451-454, 2012-02
  • Investigation of the geometric accuracy of proton beam irradiation in the liver.
    Fukumitsu Nobuyoshi; Hashimoto Takayuki; Okumura Toshiyuk...
    International Journal of Radiation Oncology Biology Physics/82(2)/pp.826-833, 2012-02
  • An Optical Diagnosis for Gastric Cancer Using Fluorescence Observation
    Kaneko Tsuyoshi; Matsui Hirofumi; Shimokawa Osamu; Nagano...
    DIGESTION/85(2:::SI)/pp.155-155, 2012-01
  • PROTON BEAM THERAPY FOR HEPATOCELLULAR CARCINOMA: A COMPARISON OF THREE TREATMENT PROTOCOLS
    Mizumoto Masashi; Okumura Toshiyuki; Hashimoto Takayuki; ...
    INTERNATIONAL JOURNAL OF RADIATION ONCOLOGY BIOLOGY PHYSICS/81(4)/pp.1039-1045, 2011-11
  • EpCAM- and EGFR-targeted selective gene therapy for biliary cancers using Z33-fiber-modified adenovirus
    Kawashima Rei; Abei Masato; Fukuda Kuniaki; Nakamura Kimi...
    INTERNATIONAL JOURNAL OF CANCER/129(5)/pp.1244-1253, 2011-09
  • PROTON BEAM THERAPY FOR HEPATOCELLULAR CARCINOMA LOCATED ADJACENT TO THE ALIMENTARY TRACT
    Nakayama Hidetsugu; Sugahara Shinji; Fukuda Kuniaki; Abei...
    INTERNATIONAL JOURNAL OF RADIATION ONCOLOGY BIOLOGY PHYSICS/80(4)/pp.992-995, 2011-07
  • Potent in vitro and in vivo antitumor effects of MDM2 inhibitor nutlin-3 in gastric cancer cells
    Endo Shinji; Yamato Kenji; Hirai Sachiko; Moriwaki Toshik...
    CANCER SCIENCE/102(3)/pp.605-613, 2011-03
  • EFFECTIVE GENE THERAPY FOR BILIARY CANCERS BY Z33 FIBER MODIFIED ADENOVIRUS VECTOR WITH TUMOR SPECIFIC ANTIBODIES
    Kawashima Rei; Abei Masato; Nakamura Kiminori; Fukuda Kun...
    JOURNAL OF GENE MEDICINE/12(12)/pp.1055-1055, 2010-12
  • S-1化学療法が奏効し根治手術が可能となった Stage IVb 進行胆嚢癌の1例
    長谷川 直之; 安部井 誠人; 佐々木 亮孝; 朴 秀吉; 森脇 俊和...
    胆道 = Journal of Japan Biliary Association/24(5)/pp.723-728, 2010-12
  • PROTON BEAM THERAPY FOR LARGE HEPATOCELLULAR CARCINOMA
    Sugahara Shinji; Oshiro Yoshiko; Nakayama Hidetsugu; Fuku...
    INTERNATIONAL JOURNAL OF RADIATION ONCOLOGY BIOLOGY PHYSICS/76(2)/pp.460-466, 2010-02
著書
  • 胆嚢炎,胆管炎
    安部井 誠人
    今日の治療指針2011, 医学書院, pp.504-506, 2011-01
  • 胆道感染症
    石毛和紀; 安部井 誠人
    臨床病態学, ヌーヴェルヒロカワ, pp.169-173, 2013-02
  • 胆道感染症
    安部井 誠人; 兵頭一之介
    消化器疾患の最新治療2013-2014, 南江堂, pp.382-384, 2013-02
  • ヒト肝のGlutathione S-Transferase (GST)アイソザイムに関する基礎的・臨床的研究
    安部井 誠人
    1989-03
  • アルコールと胆汁うっ滞.
    田中直見; 安部井誠人
    消化器科, 1986-01
  • 胆汁うっ滞型肝炎(急性肝内胆汁うっ滞).
    安部井誠人; 田中直見; 大菅俊明
    消化器科, 1988-01
  • 肝予備能の評価.
    安部井誠人; 田中直見; 石川詔雄; 大菅俊明; 田中栄之介
    消化器科, 1990-01
  • 胆石の成因と疫学.
    田中直見; 富田慎二; 吉田正; 本多彰; 安部井誠人; 正田純一;...
    診断と治療, 1992-01
  • Human glutathione S-transferase
    Harada S; Abei M
    Pharmacogenetics of Drug Metabolism・Pergamon Press, 1992-01
  • 胆石症の成因と実験モデル.
    安部井誠人; 田中直見; 大菅俊明
    日本臨床, 1993-01
  • 胆石の生成機序ーコレステロール胆石.
    安部井誠人; 田中直見; 大菅俊明
    肝胆膵, 1993-01
  • コレステロール結石はどうしてできるか
    安部井誠人; 大菅俊明
    消化器内科診療プラクティス(4) 胆嚢疾患・文光堂, 1993-01
  • 胆石の生成機序
    安部井誠人; 大菅俊明
    三和医報, 1994-01
  • 黒色石.
    安部井誠人; 吉田 正; 田中直見
    肝胆膵, 1994-01
  • ヒト胆汁中コレステロール結晶析出促進蛋白の解析(精製, 同定, 定量)とそのコレステロール胆石形成における意義.
    安部井誠人; 田中直見; 大菅俊明:
    薬理と臨床, 1995-01
  • コレステロール胆石症の成因におけるコレステロール結晶析出促進蛋白の意義.
    安部井誠人; 田中直見; 大菅俊明
    胆道疾患研究の進歩・自然科学社, 1995-01
  • CT値を用いた胆石の質的診断法
    田中直見; 富田慎二; 安部井誠人; 正田純一; 松崎靖司; 大菅...
    胆道疾患研究の進歩・自然科学社, 1995-01
  • 胆石
    安部井誠人; 正田純一; 田中直見
    現代医療, 1996-01
  • コレステロール胆石
    安部井誠人; 田中直見
    日本臨床, 1996-01
  • 胆石治療における胆汁酸療法の位置づけ
    田中直見; 安部井誠人; 富田慎二
    肝胆膵, 1997-01
  • GOT(AST), GPT(ALT), mGOT
    安部井誠人
    検査の診断高率とピットフォール・中外医学社, 1997-01
  • 原発性硬化性胆管炎の概念と診断基準
    田中直見; 安部井誠人
    臨床消化器内科, 1998-01
  • 尿ビリルビン
    安部井誠人; 田中直見
    総合臨床, 1998-01
  • 尿ウロビリノーゲン
    安部井誠人; 田中直見
    総合臨床, 1998-01
  • 経口胆石溶解療法の適応
    田中直見; 富田慎二; 安部井誠人
    臨床と研究, 1998-01
会議発表等
  • 初発肝内胆管癌に対する陽子線治療成績
    清水翔星; 奥村敏之; 福光延吉; 福田邦明; 長谷川直之; 石毛...
    第54回日本肝癌研究会/2018-06-28--2018-06-29
  • 初発肝内胆管癌に対する陽子線治療成績
    清水翔星; 奥村敏之; 福光延吉; 福田邦明; 長谷川直之; 石毛...
    第53回日本肝癌研究会/2017-07-06--2017-07-07
  • 胆管空腸吻合術後37年で発症した肝内胆管癌の1切除例
    佐藤雅志; 長谷川直之; 石毛和紀; 福田邦明; 倉田 昌直; 安部...
    第53回日本胆道学会学術集会/2017-09-28--2017-09-29
  • 当科における括約筋間直腸切除術(ISR)の治療成績の検討
    清水翔星; 奥村敏之; 福光延吉; 福田邦明; 石毛和紀; 長谷川...
    第72回日本消化器外科学会総会/2017-07-20--2017-07-22
  • Proton Beam therapy for HCC with vascular invasion
    Toshiyuki Okumura; k Miura; N Fukumitsu; Kuniaki Fukuda; ...
    6th A-PHPBA, 29thJSHBPS /2017-06-07--2017-06-10
  • 尿浸透圧によるトルバプタンの肝性浮腫に対する効果予測
    安部井 誠人; 長谷川直之; 兵頭一之介
    第40回日本肝臓学会東部会 /2014-11-27--2014-11-28
  • Cyclophosphamide enhances the efficacy of oncolytic adenovirus expressing uracil phosphoribosyltransferase (UPRT) for tumor-specific sensitization to 5-fluorouracil in immunocompetent adenovirus- permissive Syrian hamsters.
    Naoyuki Hasegawa; Masato Abei; Kazunari K. Yokoyama; Kuni...
    International Society of Cell and Gene Therapy for Cancer/2012-10-4--2012-10-6
  • ワークショップ15「胆管細胞癌の現状と展開」 胆管細胞癌に対する新規治療法の開発:標的化遺伝子治療と陽子線治療  
    安部井 誠人; 福田邦明; 奥村敏之
    第48回 日本肝臓学会総会/2012-06-15--2012-06-17
  • 良性胆道疾患(胆石症,胆道感染症)の診断と治療
    安部井 誠人
    第22回日本消化器病学会関東支部会教育講演会/2013-6-23--2013-6-23
  • Cyclophosphamide (CP) Enhances Antitumor Efficacy of Oncolytic Adenovirus Expressing Uracil Phosphoribosyltransferase (UPRT) in Immunocompetent Syrian Hamsters
    Hasegawa Naoyuki; Abei Masato; Yokoyama K. Kazunari; Fuku...
    16th Annual Meeting of American Society of Gene and Cell Therapy/2013-5-15--2013-5-18
  • CYCLOPHOSPHAMIDE ENHANCES ANTITUMOR EFFICACY OF ONCOLYTIC ADENOVIRUS EXPRESSING URACIL PHOSPHORIBOSYLTRANSFERASE (UPRT) IN IMMUNOCOMPETENT SYRIAN HAMSTERS.
    Hasegawa Naoyuki; Abei Masato; Fukuda Kuniaki; Seo Emiko;...
    第19回 日本遺伝子治療学会/2013-07-05
  • Efficacy and Safety of Gene-Chemo Therapy Using Oncolytic Adenovirus Expressing Uracil Phosphoribosyl Transferase (UPRT) Followed by 5-Fluorouracil Administration in Syngenic Pancreatic and Biliary Cancers in Immunocompetent Adenovirus-Permissive Syrian Hamsters
    Hasegawa Naoyuki; Abei Masato; Fukuda Kuniaki; Kawashima ...
    15th Annual Meeting of the American-Society-of-Gene-and-Cell-Therapy (ASGCT)/2012-7-6
  • EFFECTIVE GENE THERAPY FOR BILIARY CANCERS BY Z33 FIBER MODIFIED ADENOVIRUS VECTOR WITH TUMOR SPECIFIC ANTIBODIES
    Kawashima Rei; Abei Masato; Nakamura Kiminori; Fukuda Kun...
    第15回 日本遺伝子治療学会/2009-07-09--2009-7-11
  • SELECTIVE GENE DELIVERY TO HEPATO-BILIARY CANCERS USING Z33 FIBER MODIFIED ADENOVIRUS VECTOR AND TUMOR SPECIFIC ANTIBODIES
    Kawashima Rei; Abei Masato; Fukuda Kuniaki; Nakamura Kimi...
    第14回 日本遺伝子治療学会/2008-6-12--2008-6-14
担当授業科目
2018-10 -- 2019-02医科学特別演習筑波大学
2018-10 -- 2019-02インターンシップI筑波大学
2018-10 -- 2019-02インターンシップII筑波大学
2018-10 -- 2019-02基礎医科学演習筑波大学
2018-10 -- 2019-02Advanced Exercise on Public Health筑波大学
2018-04 -- 2018-08医科学特別演習筑波大学
2018-04 -- 2018-08インターンシップI筑波大学
2018-04 -- 2018-08インターンシップII筑波大学
2018-04 -- 2018-08基礎医科学演習筑波大学
2018-04 -- 2018-08Advanced Exercise on Public Health筑波大学
授業以外の教育活動
2007-04 -- (現在)東京理科大学・大学院薬学系研究科・薬学部「臨床医学特論」学外
2006-04 -- (現在)筑波大学医学専門学群看護・医療科学類「病態検査学」筑波大学
一般講演
  • 急速な黄疸の進行を認めた一例.
    廣島良規; 安部井誠人; 山田武史; 廣瀬充明; 平井祥子; 福田...
    県南県西肝疾患研究会/2009-02-01
  • Cholesterol Gallstone: Pathogenesis, Clinical Management and Prevention.
    安部井誠人
    韓国Yonsei大学Wonju 校消化器病センター開所記念特別招待講演/2002-06-01
  • 慢性腎不全透析患者に合併したC型肝炎の治療.
    安部井誠人
    水戸透析肝炎研究会/2006-10-01
  • 胆嚢結石症に対する長期ウルソ療法の新しいエビデンスー胆石溶解効果と胆道痛発作・急性胆嚢炎の予防効果ー
    安部井誠人
    つくば市医師会学術講演会/2007-01-01
  • 慢性C型肝炎の治療ガイドライン2007とウルソ療法の位置づけ.
    安部井誠人
    取手市医師会学術講演会/2007-01-01
  • 慢性腎不全透析患者に合併したC型肝炎の治療.
    安部井誠人
    県南透析肝炎治療研究会/2007-03-01
  • 肝癌治療における陽子線の役割.
    福田邦明; 安部井誠人; 菅原信二
    第37回日本肝臓学会東部会,ワークショップ「肝癌治療における内科・外科・放射線科の役割と連携」/2008-12-01
  • UFT,放射線治療が著効した巨大進行肝細胞癌の治療経験.
    長谷川直之; 福田邦明; 安部井誠人; 正田純一; 兵頭一之介
    第50回日本消化器病学会大会/2008-10-01
  • S-1化学療法が奏功し根治手術が可能となったStage IVb 進行胆嚢癌の一例.
    長谷川直之; 安部井誠人; 平山祥子; 佐々木亮孝; 福田邦明; ...
    第44回日本胆道学会/2008-09-01
  • 併存疾患のために手術非適応となった肝細胞癌患者に対する陽子線治療の長期予後.
    福田邦明; 安部井誠人; 菅原信二; 正田純一; 徳植公一; 兵頭...
    第44回日本肝臓学会総会/2008-06-01
  • SPIOを用いた肝癌に対するRFA焼灼マージン描出法の開発と有用性の検討.
    福田邦明; 森 健作; 福永 潔; 安部井誠人; 正田純一; 兵頭一...
    第44回日本肝癌研究会/2008-05-01
  • 重症肝炎における劇症化予知式に基づいた早期抗ウイルス・抗免疫療法の有効性の検証. シンポジウム「急性肝不全における内科治療と肝移植の進歩」,第44回腹部救急医学会,2008年3月横浜
    安部井誠人; 福田邦明; 正田純一; 兵頭一之介
    第44回腹部救急医学会/2008-03-01
  • Preclinical Gene Therapy Study of Cancer-Selectively Replicating Adenoviruses (CRAds) for Biliary Cancers.
    Abei M; Wakayama M; Seo E; Kawashima R; Fukuda K; Murata ...
    第17回アジア太平洋肝臓学会/2007-03-01
  • Selective gene delivery to hepato-biliary cancers using Z33 fiber modified adenovirus vector and tumor specific antibodies.
    Kawashima R; Abei M; Fukuda K; Nakamura K; Wakayama M; Mu...
    第14回日本遺伝子治療学会/2008-06-01
  • 自己免疫性膵炎関連硬化性胆管炎(AIP-SC)と原発性硬化性胆管炎(PSC)の鑑別,治療選択における血中IgG4値,UDCA/ステロイド反応性の意義および再発と発癌.
    安部井誠人; 正田純一; 田中直見
    第44回日本胆道学会,ワークショップ「自己免疫関連胆管炎の病態と治療」/2008-09-01
  • 自己免疫性膵炎関連硬化性胆管炎と原発性硬化性胆管炎の鑑別,治療選択における血中IgG4値,UDCA/ステロイド反応性の意義および長期予後の検討.
    安部井誠人; 兵頭一之介; 田中直見
    第50回日本消化器病学会大会,パネルディスカッション「硬化性胆管病変の診断と治療」/2008-10-01
  • Combination virotherapy with E1A, E1B-double restricted oncolytic adenovirus greatly augments tumor-specific suicide gene therapy for gallbladder cancer.
    Abei M; Fukuda K; Kawashima R; Seo E; Hyodo I; Hamada H; ...
    第5回国際腫瘍融解ウイルス治療会議/2009-03-20
  • 筑波大学附属病院における重症肝炎の劇症化予知と早期治療の有効性,第一回つくば肝疾患ネットワーク研究会,2008年7月,つくば
    安部井 誠人
    第一回つくば肝疾患ネットワーク研究会/2008-07-31
  • 重症肝炎における劇症化予知式に基づいた早期抗ウイルス・抗免疫療法の有効性
    安部井誠人; 福田邦明; 兵頭一之介
    JDDW 2007ワークショップ「奨励から学ぶ急性肝不全」/2007-10-18
  • 胆嚢結石症に対する長期ウルソ療法の新しいエビデンス:胆石溶解効果と胆道通発作・急性胆嚢炎の予防効果
    安部井誠人
    県南地区医師会学術連絡会講演会/2007-06-19
  • 胆道癌における腫瘍選択的増殖型アデノウイルスベクターのRGDファイバー修飾による治療効果の改善.
    若山真理子; 安部井誠人; 瀬尾恵美子; 福田邦明
    第91回日本消化器病学会総会/2005-04-14
  • Efficacy and safety of conditionally replicative adenovirus with RGD-fiber modification for biliary cancer.
    Wakawama M; Abei M; Seo E; Kawashima R; Murata T; Hamad...
    第11回日本遺伝子治療学会 11th Annual Meeting of Japan Society of Gene Therapy/2005-07-28
  • ファイバー修飾制限増殖型アデノウイルスの胆道癌に対する実験的有効性と安全性.
    若山真理子; 安部井誠人; 川島玲; 瀬尾恵美子; 潘建治; 村田...
    第64回日本癌学会総会/2005-09-15
  • 自己免疫性膵炎(AIP)関連硬化性胆管炎(SPC)とPSCの鑑別,治療選択における血中IgG4の意義および長期予後の検討。
    安部井誠人; 田中直見.
    第41回日本胆道学会総会パネルディスカッション「わが国のPSC診療を見直す:自己免疫性膵炎(AIP)との異同」/2005-09-29
  • 進行胆嚢癌に対する腫瘍選択的増殖型アデノウイルスを用いた遺伝子治療の前臨床試験.
    安部井誠人; 若山真理子; 田中直見.
    第41回日本胆道学会総会シンポジウム「Stage IV胆嚢癌治療のstrategy」/2005-09-30
学協会等委員
1996 -- (現在)日本消化器病学会評議員
2004 -- (現在)日本胆道学会評議員
1996 -- (現在)日本肝臓学会東部会評議員
1995 -- (現在)American Gastroenterological Association国際会員
2008 -- (現在)日本遺伝子治療学会評議員
2009-04 -- (現在)東関東東京5大学連携高度医療人養成プログラム委員
学内管理運営業績
2009-04 -- 2010-03附属病院11階病棟医長
2009-04 -- (現在)附属病院診療協議会委員

(最終更新日: 2018-08-23)