現在地

長谷川 聖修(ハセガワ キヨナオ; Hasegawa, Kiyonao)

face
所属
体育系
職名
教授
生年月
1956-04
URL
eメール
 
研究分野
身体教育学
研究キーワード
体操 指導方法 被災地支援 Gボール リズム体操
研究課題
帰還困難地域の避難者へ地域交流を促す身体運動の効果と方法2015-04 -- 2018-03長谷川 聖修日本学術振興会/挑戦的萌芽研究3380000
東日本被災地に対する「動き豊かな学校づくり」の試み2012 -- 2014日本学術振興会/挑戦的萌芽研究2400000
転ばぬ先の杖は「転ぶ」こと?2008 -- 2010日本学術振興会/基盤研究(B)8840000
児童生徒が自ら取り組む体力向上プログラム開発2005 -- 2006日本学術振興会/基盤研究(B)7858000
学歴
-- 1979筑波大学 体育専門学群 運動学
-- 1981筑波大学 体育研究科 体育方法学
取得学位
体育学修士
所属学協会
-- (現在)日本コーチング学会
-- (現在)日本スポーツ運動学会
-- (現在)日本体育学会
-- (現在)日本体操学会
論文
  • スモールボールを用いた親子体操の試案— 素材の特性に応じた動きの体系化—
    新海萌子; 田丸由紀子; 長谷川 聖修
    日本体操学会第16回大会号, 2016-09
  • バランスボール
    長谷川 聖修
    Number Do/24/pp.110-111, 2016-1
  • 子どもが自ら運動に取り組むプログラム
    長谷川 聖修
    健康教室/67(16)/pp.13-15, 2016-12
  • 組(立)体操を体育の学習指導要領に位置づける
    長谷川 聖修
    体育科教育/64(8)/pp.54-56, 2016-08
  • 震災避難者の体操教室参加に伴う心理プロセスの一事例
    古屋 朝映子; 高橋 靖彦; 新海 萌子; 長谷川 聖修
    日本体育学会大会予稿集/67/pp.243_2-243_2, 2016
  • 「体力を高める運動」のねらいを複合化
    大塚 隆; 檜皮 貴子; 長谷川 聖修; 高橋 靖彦
    日本体育学会大会予稿集/67/pp.273_2-273_2, 2016
  • 東日本大震災・支援活動としての 「交流型」体操指導の事例 〜つくば市在住の福島県双葉 町避難者との活動実践から〜
    古屋朝映子; 檜皮貴子; 鈴木王香; 高橋靖彦; 長谷川聖修
    コーチング学研究, 2016-03
  • PTSD及びうつ病等の環境要因等の分析及び介入手法の開発と向上に資する研究
    長谷川聖修
    分担研究報告書「PTSD及びうつ病等の環境要因等の分析及び介入手法の開発と向上に資する研究」/pp.163-173, 2014-3
  • 低学年からのGボールエクササイズ
    長谷川聖修
    小二教育技術/67(15)/pp.3-6, 2015-01
  • 提案趣旨(大学体育における合気道の指導実践,ワークショップ,09 体育方法,専門領域企画)
    長谷川 聖修
    日本体育学会大会予稿集/(65)/p.50, 2014-08
  • 体力向上と体ほぐしの運動を融合させた「体つくり運動」教材の可能性 : 実技指導書等の文献調査をもとに(11 体育科教育学,一般研究発表抄録)
    檜皮 貴子; 長谷川 聖修; 田村 元延; 鈴木 王香; 武井 嘉恵
    日本体育学会大会予稿集/(65)/p.299, 2014-08
  • 武道必修化に伴う、柔道の授業における安全性を考える
    今村 修; 長谷川 聖修
    日本体育学会大会予稿集/(63)/p.27, 2012-08
  • 「頑張れ(`ヘ´)」から「顔晴朗(^O^)」へ(3.11震災後に体操でしてきたこと、これからできること)
    長谷川 聖修
    日本体育学会大会予稿集/(63)/p.60, 2012-08
  • バランスボードを用いた転倒予防体操によるステップ動作の変容について
    檜皮 貴子; 田村 元延; 長谷川 聖修
    日本体育学会大会予稿集/(63)/p.243, 2012-08
  • 「頑張れ」から「顔晴朗」へ
    長谷川聖修; 後藤洋子
    コーチング学研究/pp.247-250, 2013-03
  • 311震災後に体操でしてきたこと,これからできること
    長谷川聖修; 田村元延
    コーチング学研究/pp.239-240, 2013-03
  • 乗る・弾む・ころがる Gボールを用いた姿勢づくり
    長谷川聖修
    実践障害児教育/pp.10-13, 2013-06
  • バランスボードを用いた女性高齢者向け転倒予防体操の考案
    檜皮貴子; 長谷川 聖修
    体育學研究/58(2)/pp.707-720, 2013-12
  • ドイツとスイスにおける「動きのある学校」の理念の拡がりとその事例について
    近藤 智靖; 岡出美則; 長谷川 聖修; 田附 俊一; 丸山 真司
    体育學研究/58(1)/pp.343-360, 2013-06
  • 日本体育学会茨城支部シンポジウム助成事業報告「BAMIS International Symposium: ボディワークと心身統合」
    征矢 英昭; 西保 岳; 坂入洋右; 清水 諭; 酒井利信; 遠藤卓...
    いばらき健康・スポーツ科学/(30)/pp.77-81, 2013
  • Forschungsbericht über Bewegte Schule in Deutschland und der Schweiz
    長谷川 聖修
    7th German-Japanese Gymposium of Sport Science/pp.121-134, 2012-03
  • 女性高齢者における動的バランス能力の測定方法に関する試案―ファンクショナルリーチ後に踏み出し動作を加えて―
    檜皮貴子(駿河台大学); 長谷川 聖修
    コーチング学研究/25(2)/pp.167-176, 2012-03
  • 私の考えるコーチング論:競わないスポーツ領域におけるコーチングの可能性
    長谷川 聖修
    コーチング学研究/25(2)/pp.121-126, 2012
  • Forschungsbericht über Bewegte Schule in Deutschland und der Schweiz
    Tomoyasu Kondoh; Yoshinori Okade; Kiyonao Hasegawa; Shuni...
    7th German-Japanese Gymposium of Sport Science/7/p.121-134, 2012
  • 電子アンケートを利用したラートの傷害に関する調査研究
    本谷 聡; 檜皮 貴子; 大塚 隆; 鞠子 佳香; 長谷川 聖修
    スポーツコーチング研究/2(2), 2004-02
著書
  • 新しい体育実技
    長谷川 聖修
    2011-01
  • 体つくり運動、ACTUS DVD.1 中学校・スポーツ教育指導法講座 ニチブン
    長谷川 聖修
    2008-05
  • つまずきのない授業の考え方,ACTUSCD-ROM.1中学校・スポーツ教育指導法講座理論編、ニチブン
    長谷川 聖修
    2008-05
  • 楽しみながら技能の定着を図る授業の考え方,ACTUSCD-ROM.1中学校・スポーツ教育指導法講座理論編、ニチブン
    長谷川 聖修
    2008-05
  • 未来を拓くために
    長谷川 聖修
    2012
  • Gボールでプレーニング第1回
    長谷川 聖修
    2012-10
  • Gボールでプレーニング第2回
    長谷川 聖修
    2012-11
  • Gボールでプレーニング第3回
    長谷川 聖修
    2012-12
  • ころべ 子どもたち! -体操ボールの理論と実際-
    長谷川 聖修
    1998-01
  • Fall down! Children. -Theory and practice of Gymnastics Ball-
    長谷川 聖修
    1998-01
  • これは簡単!表現運動・体つくり運動(共著)
    長谷川 聖修
    1999-01
  • That's Simple! Dance・Gymnastics
    長谷川 聖修
    1999-01
  • 乗って、弾んで、転がって!ちゃれんGボール―楽しく・なかよく・動きの基礎を身につける体育の授業
    池田 延行; 長谷川 聖修
    2010-01
  • 脳活体育 動くことは喜びーこれが基本(FUNだMENTAL)です
    長谷川 聖修
    2011-11
  • 「動き泥棒」が見えますか
    長谷川 聖修
    2012-06
会議発表等
  • 趣旨(スポーツパフォーマンスが変わる身体の使い方)
    長谷川 聖修; 後藤 洋子
    ワークショップ,09 体育方法,専門領域企画,2020東京オリンピック・パラリンピックと体育・スポーツ科学研究
  • Pla(y+tra)iningのすゝめ  福島からつくばへ
    長谷川 聖修
    BAMIS国際フォーラム「たくましいこころを育むスポーツ科学」への挑戦/2014-3--2014-3
  • Gボールを用いたプレ(イ+トレ)−ニングの試み−ジュニアサッカークラブチームを事例として−
    鈴木王香; 三浦茉莉; 長谷川 聖修; 亀田まゆ子; 高橋靖彦
    日本体操学会第13回大会/2013-09-14--2013-09-15
  • 小・中学校における体つくり運動の実践と評価に基づく改善
    大塚隆; 大島林子; 小出高義; 関野智史; 住本純; 長谷川 聖修...
    日本体操学会第13回大会/2013-09-14--2013-09-15
  • 小・中学校における体つくり運動の実践と評価に基づく改善
    大塚隆; 大島林子; 小出高義; 関野智史; 住本純; 長谷川 聖修...
    日本体操学会第12回大会/2012-09-29--2012-09-30
  • 人が物と関わる体操
    長谷川 聖修
    日本体操学会第13回大会/2013-09-14--2013-09-15
  • 3.11震災後に体操でしてきたこと,これからできること
    長谷川 聖修
    日本体育学会第63回大会/2012-08-22--2012-08-24
  • 「頑張れ(`ヘ´)」から「顔晴朗(^_^)」へ
    長谷川 聖修
    日本体育学会第63回大会/2012-08-22--2012-08-24
  • ドイツとスイスにおける「動きのある学校」の理念の拡がりとその事例について
    近藤智靖; 長谷川 聖修
    日本体育学会第63回大会/2012-08-22--2012-08-24
  • 幼児を対象とした体操の指導法について ーロディヨガの運動効果に関する研究ー
    長谷川 聖修; 高橋靖彦(筑波大学人間総合科学研究科)
    日本体操学会第12回大会/2012-09-29--2012-09-30
  • 動的・静的加重によるGボールの扁平率比較
    長谷川 聖修; 高橋靖彦(筑波大学人間総合科学研究科)
    日本体操学会第12回大会/2012-09-29--2012-09-30
  • GUT「ぐらぐら(GURAGURA)トントン(TONTON)」体操における内省調査と転倒不安感尺度の変化について
    檜皮貴子(駿河台大学); 長谷川 聖修; 古屋朝映子
    日本体操学会第12回大会/2012-09-29--2012-09-30
  • 子どもの自発的な動きを引き出す遊具「ビリボ」に関する事例研究 ービリボにより誘発される運動内容を男女別に比較してー
    長谷川 聖修; 古屋朝映子
    日本体操学会第12回大会/2012-09-29--2012-09-30
  • 身体動揺から見た体操の振りの熟練
    長谷川 聖修
    日本体操学会第12回大会/2012-09-29--2012-09-30
  • 地域と一緒になってみんなで動こう
    長谷川 聖修
    日本体操学会第12回大会/2012-09-29--2012-09-30
  • 小・中学校における体つくり運動の教材開発と動画配信
    長谷川 聖修
    日本体操学会第12回大会/2012-09-29--2012-09-30
  • G-ball
    長谷川 聖修
    2008 International Sports Teaching Symposium/2008-08-21
  • Let's Play challenG-ball!
    長谷川 聖修
    AIESEP 2008 World Congress/2008-01-21
作品
  • 遊び+トレーニング=プレーニング
    長谷川 聖修
担当授業科目
2017-10 -- 2018-02コーチング学研究法III筑波大学
2017-04 -- 2017-08コーチング学研究法III筑波大学
2017-10 -- 2018-02体操コーチング論演習II筑波大学
2017-04 -- 2017-08体操コーチング論演習II筑波大学
2017-10 -- 2018-02体操コーチング論演習I筑波大学
2017-04 -- 2017-06体操コーチング論演習I筑波大学
2018-01 -- 2018-02種目別コーチング演習I筑波大学
2017-10 -- 2017-12応用体育リフレッシュ体操(秋)筑波大学
2017-04 -- 2017-06身体技法論実習筑波大学
2017-10 -- 2017-12種目別コーチング演習III筑波大学
授業以外の教育活動
2012-04 -- 2016-07筑波大学体操部 部長
2012-01 -- 2016-07TSUKUBA FOR 3.11顧問
一般講演
  • Gボールを使った体つくり運動
    Hasegawa Kiyonao
    東京都オリンピック推進校/2017-02-23--2017-02-23
  • 身体活動を通じた交流と文化の生成
    Hasegawa Kiyonao
    福島県大熊町職員向け体験セミナー/2016-11-08--2016-11-08
  • Gボール指導
    Hasegawa Kiyonao
    つくばスポーツフェスティバル2016/2016-09-17--2016-09-17
  • スパイラルGボール〜“座る”ことから始めよう!アクティブライフへの好循環〜
    Hasegawa Kiyonao
    第30回フィトネスセッション/2016-05-03--2016-05-03
  • 「体操の特性」「体操の分類と各種体操」「対象別指導法」
    長谷川 聖修
    (公財)日本体操協会:一般体操指導者養成講習会/2016-08-12--2016-08-14
  • ウォーミングアップとクーリングダウン
    長谷川 聖修
    厚労省・健康運動実践指導者養成講習会/2015-07-23--2015-07-23
  • 高齢者および中高年の健康・体力づくり
    長谷川 聖修
    茨城県教育委員会・生涯スポーツ指導員兼茨城県スポーツリーダーバンク登録指導者講習会/2014-07-19--2014-07-19
  • ウォーミングアップとクーリングダウン
    長谷川 聖修
    厚労省・健康運動実践指導者養成講習会/2014-7-24--2014-7-24
  • 「体操の特性」「体操の分類と各種体操」「対象別指導法」
    長谷川 聖修
    一般体操指導者講習会/2013-08-10--2013-08-12
  • ウォーミングアップとクーリングダウン
    長谷川 聖修
    厚労省・健康運動実践指導者養成講習会/2013-09-03--2013-09-03
  • 高齢者および中高年の健康・体力づくり
    長谷川 聖修
    茨城県教育委員会・生涯スポーツ指導員兼茨城県スポーツリーダーバンク登録指導者講習会/2013-07-21--2013-07-21
  • 高萩市「生涯現役」の実現に向けた「生活型体育」の提案
    長谷川 聖修
    平成24年度防災・日本再生シンポジウム/2012-11-25--2012-11-25
  • Innovation on Swiss Ball
    HASEGAWA KIYONAO
    Educational Forum,14th WORLD GYMNAESTRADA/2011-07-12
  • gymnastics games
    Hasegawa Kiyonao
    2010 International Sports Teaching Symposium,taipei/2010-08-20
学協会等委員
2012-04 -- (現在)日本体育学会体育方法専門領域代議員
1990-04 -- (現在)日本ラート協会理事
2003-04 -- (現在)(NPO法人)日本Gボール協会理事長
1995-04 -- (現在)(公財)日本体操協会一般体操委員会普及部
2001-04 -- (現在)日本コーチング学会理事/庶務委員長
2002 -- (現在)日本体操学会副会長
学内管理運営業績
2015-04 -- (現在)学位論文審査実施委員会委員長
2011-04 -- (現在)広報委員会委員
2011-04 -- (現在)体育ギャラリー等管理運営委員会委員長
その他の活動
2015-01 -- (現在)北茨城市大津コミュニティーセンター 復興支援体操教室
2014-01 -- (現在)筑波大学社会貢献プロジェクト「う・つく(ば+ふく)しま体操教室」
2014-11 -- 2014-12北茨城市・筑波大学:「第4回元気アップ教室」
2014-09 -- 2014-09被災地在住高齢者の健康づくり指導者講習会,宮城県石巻市、名取市,
2013-10 -- 2013-11つくば市スポーツ振興課の主催による 運動を苦手とする「子供の運動教室」の指導
2013-07 -- 2013-07北茨城市・筑波大学が主催する「第3回元気アップ教室」において、高齢者向けの体操指導
2013-10 -- 2013-11筑波大学重点公開講座「つく(ば+ふく)しま体操教室」の企画・運営・指導 
2012-03 -- 2012-11「生活型体育」の提案—高萩市における避難訓練と健康運動の融合—
2012-01 -- 2012-12茨城県県北地域における小学校・中学校を対象とした体操教室の開催
2012-01 -- 2013-12つくしま体操教室の企画・開催:「つくしま」とは、「つくば」と「ふくしま」の合成語である。現在,つくば市には福島県より原発事故の影響で500名を超える方々が生活をされている.そこで,つくば市民と福島の方達を対象として、だれでも簡単に取り組めて、笑顔溢れる体操教室を開催し、地域住民の健康づくりに役立てると共に、地域交流の場としても活用し、復興支援の一助とする

(最終更新日: 2017-08-25)