現在地

尾縣 貢(オガタ ミツギ; Ogata, Mitsugi)

所属
体育系
職名
教授
eメール
 
研究室
東京キャンパス 534
研究分野
スポーツ科学
研究キーワード
スポーツマネジメント
体力
トレーニング
動作
陸上競技
研究課題
アスリートのバネを評価する新指標の開発−コンディショニングへの活用を目指して−2016 -- 2018尾縣 貢日本学術振興会/基盤研究(C)4,550,000円
高地の低圧環境を利用した新トレーニング法の開発2014 -- 2015尾縣 貢日本学術振興会/挑戦的萌芽研究3,770,000円
超回復とパフォーマンス -- (現在)/
トレーニング疲労の回復促進を目的に使用されている手段が超回復の過程に及ぼす影響2009 -- 2011日本学術振興会/基盤研究(B)7,150,000円
トレーニング休息の設定の仕方がトレーニング効果に及ぼす影響:超回復の観点から  2003 -- 2006日本学術振興会/基盤研究(B)16,100,000円
子どもの運動能力および運動技能低下の原因の検討:主として環境的側面から2002 -- (現在)日本学術振興会/基盤研究(C)3,600,000円
職歴
2009-11 -- (現在)国立大学法人筑波大学大学院人間総合科学研究科 教授
1985-04 -- 1990-03大阪府立大阪女子大学 学芸学部 助手
1990-04 -- 1994-03奈良教育大学 教育学部 助教授
1994-04 -- 1998-10筑波大学 体育科学系 講師
1998-11 -- 2004-03筑波大学 体育科学系 助教授
2004-04 -- 2007-03国立大学法人筑波大学 大学院人間総合科学研究科 助教授
2007-04 -- 2009-11国立大学法人筑波大学 大学院人間総合科学研究科 准教授
取得学位
体育学修士
博士(体育科学)
免許資格等
1984-03-25高等学校教諭一級普通免許状保健体育科
1989-03-31日本体育協会コーチC級
2009-04-01JOCナショナルコーチ
所属学協会
-- (現在)日本スポーツ運動学会
-- (現在)日本スポーツ教育学会
-- (現在)日本体育学会
2002 -- (現在)日本陸上競技学会
論文
  • ジャンプ運動における個人の反動動作特性を評価する方法の開発
    梶谷亮輔; 前村公彦; 山元康平; 関慶太郎; 尾縣貢; 木越 清信
    体育学研究, 2018-06
  • Chacteristics of strength and power for the rate of force devewlopment during leg extension
    Zushi Kodayu; Kariyama Yasushi; Zushi Amane; Yoshida Taku...
    Proceedings of the 36th Congress of the International Society of Biomechanics in Sports, 2018-9
  • コーチの学びと発達:若手日本人陸上競技コーチのパラグアイでのコーチング経験を通して
    水島 淳; 大山 卞 圭悟; 尾縣 貢
    陸上競技研究/111/pp.18-29, 2017-12
  • 男子円盤投における記録と形態及び体力要因との関係 –記録に応じた体力基準の推定−
    前田 奎; 大山 卞 圭悟; 広瀬健一; 尾縣 貢
    コーチング学研究/31(2)/pp.175-184, 2018-03
  • ジャンプ運動における個人の反動動作特性を評価する方法の開発
    梶谷亮輔; 前村公彦; 山元康平; 関慶太郎; 尾縣貢; 木越 清信
    体育学研究/63(1)/pp.139-149, 2018-01
  • 短時間高強度運動における運動強度とエネルギー供給比率との関係
    白木駿佑; 尾縣貢; 木越 清信
    体育学研究, 2018-03
  • 一流走高跳選手のパフォーマンス向上過程における事例研究
    戸邊直人; 林陵平; 木越 清信; 尾縣貢
    コーチング学研究, 2018-03
  • 一流走高跳選手のパフォーマンス向上過程における事例研究
    尾縣 貢
    コーチング学研究/31/pp.239-252, 2018-03
  • 男子円盤投における記録と形態および体力要因との関係
    尾縣 貢
    コーチング学研究/31/pp.175-184, 2018-03
  • コーチの学びと発達:若手日本人陸上競技コーチのパ ラグアイでのコーチング経験を通して
    尾縣 貢
    陸上競技研究/(111)/pp.18-29, 2017-12
  • 110mハードル走における7歩アプローチと8歩アプローチの特徴−スプリント走との比較から−
    尾縣 貢
    陸上競技研究/(110)/pp.22-27, 2017-09
  • ハンマー投における高重量ハンマーを使用したトレーニングが投てき距離および技術に及ぼす影響の検討
    尾縣 貢
    体育学研究/pp.215-226, 2017-06
  • 短距離競技者における加速局面の疾走動態の変化が疾走速度に及ぼす影響
    尾縣 貢
    陸上競技研究/(109)/pp.12-18, 2017-06
  • 円盤投における並進運動に関するパラメータと円盤の初速度との関係
    尾縣 貢
    陸上競技学会誌/15/pp.35-46, 2107
  • トップレベルの高校野球選手におけるトランスファーの可能性
    清野 隼; 村越 智行; 淺井 大一郎; 尾縣 貢
    Training Journal, 2017-08
  • トップスポーツ現場が求めるスポーツ栄養士の資質・能力
    清野 隼; 尾縣 貢
    Strength & conditioning journal, 2016-07
  • トップスポーツ現場における栄養サポートの必要性
    清野 隼; 尾縣 貢
    日本スポーツ栄養研究誌, 2016-01
  • トレーニングの基礎・原理を考える
    Ogata Mitsugi
    陸上競技学会誌, 2014-3
  • オリンピック・世界選手権代表選手における青少 年期の競技レベル-日本代表選手に対する軌跡調査-
    渡辺 将司; 森丘保典 伊藤静夫 三宅 聡 森 泰夫 繁田 進 尾...
    陸上競技紀要, 2014-3
  • ハンマー投におけるレジスティッドトレーニングの負荷特性—高重量ハンマーによる投てきに着目して−
    広瀬 健一; 大山卞圭悟 藤井宏明 青木和浩 尾縣 貢
    スポーツコーチング研究, 2015-3
  • 陸上競技女子ロングスプリント競技者のパフォーマンス変化に伴うレースパターンおよび技術・体力的要因の変化に関する実践的事例研究
    山元 康平; 内藤 景 木越清信 尾縣 貢
    コーチング学研究, 2015-7
  • 生涯スポーツにつなぐ持久走・長距離走の未来図
    尾縣 貢
    体育科教育, 2015-12
  • 2020東京オリンピック・パラリンピックを契機とする日本陸上競技界のグランドデザイン
    尾縣 貢
    陸上競技学会誌, 2015-3
  • コーチングのツールとしてのスポーツ科学の活用
    尾縣 貢
    陸上競技研究紀要, 2015-3
  • コーチの資質,能力の向上に関する政策動向
    尾縣 貢
    陸上競技学会誌, 2016-3
著書
  • 体力トレーニング
    Ogata Mitsugi
    コーチングへの招待, 2017-3
  • マラソン,駅伝(競走),競歩,クロスカントリー(競走)
    Ogata Mitsugi
    21世紀スポーツ大辞典, 2015-3
  • 中学体育実技(副読本)
    尾縣 貢
    1995-04
  • みんなの体育1~6年(小学校副読本)
    尾縣 貢
    2004-04
  • 最新スポーツルール(高校副読本)
    尾縣 貢
    2006-04
  • 混成競技
    尾縣 貢
    1989-01
  • 混成競技(共著)
    尾縣 貢
    1989-01
  • 陸上競技の方法
    尾縣 貢
    1990-01
  • 陸上競技Q&A
    尾縣 貢
    1990-01
  • 陸上競技の方法(共著)
    尾縣 貢
    1990-01
  • 実践陸上競技フィールド(共著)
    尾縣 貢
    1991-01
  • 中学校体育実践指導全集
    尾縣 貢
    1992-01
  • 中学体育実技指導全集(共著)
    尾縣 貢
    1992-01
  • これは簡単! 陸上運動(共著)
    尾縣 貢
    1998-01
  • 陸上競技を科学する
    尾縣 貢
    1999-01
  • 新学習指導要領による中学校体育の授業 上巻
    尾縣 貢
    2001-01
  • PGA ADMISSION SEMINAR TEXT BOOK
    尾縣 貢
    社団法人日本プロゴルフ協会, 2002-01
  • バイオメカニクス身体運動の科学的基礎
    尾縣 貢
    杏林書院, 2004-01
  • ジュニアのためのトレーニングブック
    尾縣 貢
    ベースボールマガジン, 2005-01
  • 新版絵でわかるジュニアスポーツ陸上競技・水泳競技ルールと技術
    尾縣 貢
    学研, 2005-01
  • 公認スポーツプログラマー専門科目テキスト
    尾縣 貢
    日本体育施設協会, 2005-01
  • 公認スポーツ指導者養成テキスト共通科目
    尾縣 貢
    日本体育協会, 2005-01
  • 高校トレーニング方式第6版 ジュニア陸上競技マニュアル
    尾縣 貢
    全国高等学校体育連盟陸上競技部, 2006-01
  • :デジタル版 新しい小学校体育授業の展開. DVD解説書2,DVD.3「陸上運動」
    尾縣 貢
    ニチブン, 2006-01
  • デジタル版 新しい小学校体育授業の展開,理論書2,「陸上運動」の考え方
    尾縣 貢
    ニチブン, 2006-01
会議発表等
  • 疲労困憊に至るランニングにおける大腿部筋群の動員様相
    渡邉信晃; 前村 公彦; 衣笠竜太; 久野譜也; 宮下 憲; 尾縣 貢
    日本スプリント学会第12回大会/2001-11
  • ジャンプ運動によって評価されたばね特性とスプリント走の疾走動作との関係
    梶谷亮輔; 前村 公彦; 前田 奎; 尾縣 貢; 木越清信
    日本体育学会第69回大会/2018-09
  • 下肢における大きな力発揮を目的とした個人の反動動作特性
    梶谷亮輔; 木越清信; 前村 公彦; 山元康平; 関 慶太郎; 前田 ...
    日本体育学会第67回大会/2016-08
  • ジャンプ運動における各種スポーツ種目の特性の検討〜スプリント走に着目して〜
    梶谷亮輔; 前村 公彦; 木越清信; 尾縣 貢
    日本体育学会第68回大会/2017-08
  • 男子円盤投における高い初速度獲得のための動作要因間の因果構造
    前田 奎; 大山 卞 圭悟; 水島 淳; 関慶太郎; 広瀬健一; 梶...
    日本陸上競技学会第16回大会/2017-12-16--2017-12-17
  • Chacteristics of strength and power for the rate of force devewlopment during leg extension
    Zushi Kodayu; Kariyama Yasushi; Zushi Amane; Yoshida Taku...
    36th Congress of the International Society of Biomechanics in Sports
  • リバウンドジャンプにおけるパフォーマンス変数および下肢関節力学量の縦断的変化とその対応関係
    図子 あまね; 図子 浩太佑; 吉田 拓矢; 苅山 靖; 木越 清信; ...
    日本体育学会第69回大会
  • 力の立ち上がり率からみた筋力・パワー発揮のアセスメント
    図子 浩太佑; 苅山 靖; 図子 あまね; 吉田 拓矢; 高橋 和孝; ...
    日本体育学会第69回大会
  • トップスポーツ現場が求めるスポーツ栄養士の資質・能力
    清野 隼; 尾縣 貢
    ストレングス&コンディショニングカンファランス2014/2014-12
  • トップスポーツ現場における栄養サポートの必要性
    清野 隼; 尾縣 貢
    日本スポーツ栄養学会 第2回大会/2015-07
  • 短距離競技者における高いパフォーマンスを獲得するために必要とされる力・パワー発揮能力−ジャンプ運動に着目して−
    梶谷亮輔; 木越清信; 前村 公彦; 山元康平; 前田 奎; 広瀬健...
    日本陸上競技学会第15回大会/2016-11
担当授業科目
2018-10 -- 2018-11スポーツ健康研究方法論I筑波大学
2018-10 -- 2018-11スポーツ健康研究方法論II筑波大学
2018-07 -- 2018-08スポーツ・ヘルスプロモーション方法論筑波大学
2018-04 -- 2018-06スポーツ・ヘルスプロモーション論概論筑波大学
2018-04 -- 2018-08スポーツ健康研究方法論I筑波大学
2018-04 -- 2018-05スポーツ健康研究方法論III筑波大学
2018-10 -- 2019-02コーチング学研究法III筑波大学
2018-04 -- 2018-08コーチング学研究法III筑波大学
2018-10 -- 2019-02スポーツマネジメント論実習筑波大学
2018-10 -- 2018-12スポーツマネジメント論演習2筑波大学
学協会等委員
2017-04 -- (現在)国立スポーツ科学センター業績評価委員会
2011-06 -- (現在)公益財団法人日本体育協会指導者育成委員会委員
2012-06 -- (現在)一般財団法人日本スポーツマンクラブ評議員
2011-04 -- (現在)安藤食文化・スポーツ振興財団理事
2013-06 -- (現在)公益財団法人日本オリンピック委員会理事
2000 -- (現在)日本スポーツ運動学会理事
2002 -- (現在)日本陸上競技学会会長
2002-04 -- (現在)公益社団法人日本プロゴルフ協会学術委員
2002-04 -- (現在)公益財団法人日本陸上競技連盟専務理事
学内管理運営業績
2016-04 -- (現在)2020東京オリンピックパラリンピック競技大会競技団体連絡協議会委員
2014-05 -- (現在)Association of International Marathon and Road RacesBoard member

(最終更新日: 2018-10-07)