現在地

水野 道代(ミズノ ミチヨ; Mizuno, Michiyo)

所属
医学医療系
職名
教授
研究分野
臨床看護学
研究キーワード
がん看護
研究課題
がん患者の就労に係る自己評価ツールの活用とQOLに与える効果の検討2015 -- 2017水野 道代日本学術振興会/挑戦的萌芽研究3,380,000円
ウエブサイトを用いた自己管理支援ががん体験者のQOL及び心理的安寧に与える効果2015 -- 2017水野 道代日本学術振興会/基盤研究(B)9,660,000円
がん患者の適応行動を活性化する術後サポートプログラムの効果に関する縦断的研究2009 -- 2013水野 道代日本学術振興会/基盤研究(B)6,890,000円
術後大腸がん患者の適応を促すサポートプログラムが患者のQOLに与える効果の検証 2006 -- 2008水野 道代日本学術振興会/基盤研究(C)4,160,000円
消化器がん患者と家族のニーズに沿った外来における術後サポートプログラムの開発2003 -- 2005水野 道代日本学術振興会/基盤研究(C)3,400,000円
セルフケア能力の活性化を促すサポートプログラムが術後がん患者のQOLに与える効果の検証2008-12 -- 2009-11水野道代安田記念医学財団癌看護研究助成/出資金による受託研究500,000円
がん患者への継続的ケアの実戦に向けた包括的ニーズアセスメントツールの開発2001 -- 2002水野 道代日本学術振興会/若手研究(B)2,000,000円
消化器系がん患者と家族における術後サポートプログラムの開発2003-04 -- 2006-03水野道代石川県地域ケア総合センター調査研究事業/学内共同研究2,000,000円
地域で生活するがん患者と家族のケアニーズに関する調査研究2000-04 -- 2003-03水野道代石川県地域ケア総合センター調査研究事業/学内共同研究1,800,000円
終末期がん患者の療養生活支援におけるスピリチュアルケア開発の基礎的研究2000 -- 2001河正子,水野道代,萱間真美他第31回三菱財団社会福祉事業・研究助成金/企業からの受託研究
職歴
1986-04 -- 1900-03社会福祉法人三井記念病院 看護師
1992-04 -- 1993-03千葉大学 看護学部 研究生
1996-04 -- 2000-03東海大学 健康科学部看護学科 講師
2000-04 -- 2005-03石川県立看護大学 助教授
2005-04 -- 2007-03石川県立看護大学 教授
2007-04 -- 2011-09筑波大学 大学院人間総合科学研究科 教授
2011-10 -- (現在)筑波大学 医学医療系 教授
学歴
1982-04 -- 1986-03千葉大学 看護学部 看護学科卒業
1990-04 -- 1992-03千葉大学 看護学研究科 看護学専攻修了
1993-04 -- 1996-03東京大学 医学系研究科 保健学専攻修了
取得学位
1996-03博士(保健学)東京大学
1992-03修士(看護学)千葉大学
所属学協会
1994 -- (現在)千葉看護学会
1992 -- (現在)日本がん看護学会
1992 -- (現在)日本看護科学学会
2000 -- (現在)日本緩和医療研究学会
2008 -- (現在)American Psychosocial Oncology Society
1996 -- (現在)Oncology Nursing Society
論文
  • Longitudinal Study on Quality of Life and Psychosocial Conditions in Light of Responses to Illness-Related Information in Postoperative Cancer Patients
    Mizuno Michiyo; Kataoka Jun; Oishi Fumiko
    ASIA-PACIFIC JOURNAL OF ONCOLOGY NURSING/5(2)/pp.208-216, 2018-04
  • Usability testing of an online self-management program for cancer survivors through a focus group interview
    Mizuno Michiyo; Sasahara Tomoyo; Yamashita Michiyo; Nemot...
    PSYCHO-ONCOLOGY/26(3)/pp.157-157, 2017-08
  • Relationship between the Physical and Psychosocial Conditions of Postoperative Gastrointestinal Cancer Patients and their Responses to an Informational Material
    Mizuno Michiyo; Kataoka Jun; Oishi Fumiko
    ASIA-PACIFIC JOURNAL OF ONCOLOGY NURSING/4(1)/pp.53-60, 2017-01
  • Reliability and Validity of a Japanese Version of the Quality of Life Index in Cancer Patients
    Mizuno Michiyo; Nemoto Noriko; Sasahara Tomoyo; Yamashita...
    CANCER NURSING/39(1)/pp.S105-S105, 2016-11
  • Comparison of Subjective Well-being and Relevant Health Outcome Factors between Patients Undergoing Chemotherapy and Cancer Survivors in Stable Condition
    Mizuno Michiyo; Nemoto Noriko; Sasahara Tomoyo; Yamashita...
    PSYCHO-ONCOLOGY/25(SP. S3)/pp.60-60, 2016-10
  • Psychological Stress and Coping in Recently Discharged Postsurgical Cancer Patients
    Taniguchi Ai; Mizuno Michiyo
    ASIA-PACIFIC JOURNAL OF ONCOLOGY NURSING/3(2)/pp.176-182, 2016-04
  • Feasibility Study of a Support Program Using Approaches that Target Adaptation Tasks in Postsurgical Cancer Patients
    Mizuno Michiyo
    PSYCHO-ONCOLOGY/24(2:SI)/pp.311-311, 2015-07
  • 終末期ケアに携わる看護師のストレスに関連する要因
    角智美; 森 千鶴; 水野道代
    看護教育研究学会誌/7(1)/pp.49-58, 2015-06
  • クリニカルナースリーダー ケアプロセスの質を保証する新たな役割:クリニカルナースリーダーのコンピテンシーを日本の看護系大学院において育成する取り組み
    水野 道代
    看護管理/25(12)/pp.1104-1109, 2015
  • 日本語版Managing Uncertainty in Illness Scale-Family Member Form(病気に関する不確かさ尺度–家族用)の信頼性および妥当性の検討
    飯塚 麻紀; 水野 道代
    日本看護科学会誌/34(1)/pp.245-254, 2014
  • アジアがん看護シンポジウム及び国際交流カフェを企画・開催して-アジアにおけるがん看護学会の現状とがん看護教育
    水野道代; 大西 和子; 足利幸乃; 小原泉; シュワルツ史子; 平...
    日本がん看護学会誌/26(3)/p.91-95, 2012-12
  • がん専門病院に勤務する看護師が自律的看護活動に対して行う自己評価とその関連要因
    佐野惠利; 水野道代
    日本がん看護学会誌/25(3)/p.4-13, 2012-01
  • がん専門病院に勤務する看護師の自律性に対する自己評価と関連要因の影響
    佐野 恵利; 水野 道代
    日本がん看護学会誌/25(3)/pp.3-11, 2011-12
  • Adaptation Status and Related Factors at 2 Time Points After Surgery in Patients With Gastrointestinal Tract Cancer
    Mizuno Michiyo; Asano Yoshihiro; Sumi Tomomi; Inoue Yumiko
    CANCER NURSING/34(1)/pp.41-48, 2011-01
  • 終末期がん患者を看病する配偶者のストレス--対処過程
    加藤 亜妃子; 水野 道代
    日本がん看護学会誌/23(3)/pp.4-13, 2009-12
  • Sense of Coherence, Demands of Illness, and Social Support Affects Quality of Life after Surgery in Patients with Gastrointestinal Tract Cancer.
    M. Mizuno; M. Kakuta; Y. Ono; A. Kato; Y. Inoue.
    Oncology Nursing Forum/36(3)/p.E144-152, 2009-05
  • Experiences of Japanese patients with colorectal cancer during the first six months after surgery
    Mizuno Michiyo; Kakuta Miho; Ono Yuriko; Kato Akiko; Inou...
    ONCOLOGY NURSING FORUM/34(4)/pp.869-876, 2007-07
  • エスノグラフィーを用いて質的看護研究を行う-研究理念と研究方法の概要
    水野道代
    看護研究/40(3)/p.43-58, 2007-05
  • Experiences of Japanese Patients With Colorectal Cancer During the First Six Months After Surgery
    M. Mizuno; M. Kakuta; Y. Ono; A. Kato; Y. Inoue
    Oncology Nursing Forum/34/p.869-876, 2007-01
  • 介入研究Intervention Researchに向けて行動パターンへの効果的な介入援助をデザインする
    Frances M. Lewis; 水野道代
    看護研究/39(1)/p.7-15, 2006-02
  • 変更可能な原因と保健行動の理論から介入援助を計画する
    Frances M. Lewis; 水野道代
    看護研究/39(1)/p.37-47, 2006-02
  • 現場で出会った方へのスピリチュアルケア-ケアの受け手の魂をはぐくむということ
    水野道代
    緩和ケア/15(5)/p.438-441, 2005-09
  • Needs of Ambulatory Patients With Cancer Who Visited Outpatient Units in Japanese Hospitals
    Mizuno; M.; Arita; H.; Kakuta; M.; +水野 道代
    Oncology Nursing Foram/32(3)/p.Online executive, 2005-05
  • 投稿 外来におけるアンケート調査から得られた外来がん患者が認めるニーズの特徴
    水野 道代; 有田 広美; 相川 奈津子; 他3名
    がん看護/9(3)/pp.262-267, 2004-05
  • 長期療養生活を続ける造血器がん患者にとっての希望の意味とその構造
    水野 道代
    日本がん看護学会誌/17(1)/pp.5-14, 2003-07
著書
  • 理論を用いたがん看護の実践. がん看護に活用される理論・モデル
    水野 道代
    がん看護学(第2版改訂), ヌーヴェルヒロカワ, 2018-02
  • 末期癌患者の知覚 (perception)とその意味に関する研究-癌患者の終末期における全人的看護に向けて-
    水野 道代
    1992-03
  • 地域社会で生活するがん体験者にとっての健康の意味とその構造
    水野 道代
    1996-03
  • ベティ・カーショウ、ボブ・プライス看護モデルを使う③リールの相互作用モデル(翻訳)
    数間恵子; 雄西智恵美; 水野道代
    医学書院, 1994-11
  • 保健学講座10:地域看護研究
    水野道代; 編集者:金川克子
    メヂカルフレンド社, 1997-05
  • 臨床看護学セミナー5 :消化・吸収・代謝機能障害をもつ人の看護
    水野道代; 編集者:雄西智恵美
    メヂカルフレンド社, 1997-08
  • Asian Voices: Asian and Asian American health educators speak ou
    Michiyo Mizuno; Edited: Zhan Lin
    Jones and Bartlett Publishers MA, 1998-01
  • 感覚器看護学
    水野道代; 編集:井上智子; 鈴木晴彦全
    廣川書店, 1999-10
  • TACSシリーズ4: 成人看護学-急性期
    水野道代; 編集者:井上智子; 雄西智恵美; 齋藤やよい
    建帛社, 2000-06
  • わかる・使える看護過程
    水野道代; 編集者:金川克子; 天津栄子
    中央法規, 2002-11
  • ベナー看護ケアの臨床知-行動しつつ考えること
    水野道代; 監訳者:井上智子
    医学書院, 2005-01
  • 周手術期看護論
    水野道代; 編集者:雄西智恵美; 秋元典子
    ヌーベルヒロカワ, 2005-02
  • 老年症侯群別看護ケア関連図&ケアプロトコール
    監修者:金川克子; 編集者:田高悦子; 河野あゆみ; 共著者:...
    中央法規, 2008-11
  • 第Ⅱ章救急医療における看護2救急患者の特徴.急性期看護学Ⅱ 救急看護
    水野道代; 編集:佐藤まゆみ; 林直子
    南江堂, 2010-01
  • 第1部急性期看護概論2急性の状態にある患者の身体的・心理的反応. 急性期看護学Ⅰ 総論・周手術期看護論
    水野道代; 編集:林直子; 佐藤まゆみ
    南江堂, 2010-01
会議発表等
  • 一般病棟の看護師を対象とした終末期がん患者の家族支援ガイドの作成と有用性の検証
    牟田 理恵子; 笹原 朋代; 水野 道代
    第23回日本緩和医療学会学術大会/2018-6-15--2018-6-16
  • International Collaboration Research Project in Asian Palliative Care Education-results of Japanese Research Team
    Mizuno Michiyo
    Training Workshop for Cancer Treatment, Hospice/Palliative Care and Bioethics in Southeast Asian Countries in 2016/2016-11-21--2016-11-27
  • Reliability and Construct Validity of a Japanese version of the Quality of Life Index in Cancer Patients
    Mizuno Michiyo
    International Conference on Cancer Nursing/2016-9-5--2016-9-7
  • Comparison of Subjective Well-being and Relevant Health Outcome Factors between Patients Undergoing Chemotherapy and Cancer Survivors in Stable Condition
    Mizuno Michiyo
    18th International Psycho Oncology Society Congress./2016-10-19--2016-10-21
  • Planning International Collaboration Research in Palliative Care Education
    Mizuno Michiyo
    Training Workshop for Cancer Treatment, Hospice/Palliative Care and Bioethics in Southeast Asian Countries in 2015/2015-11-18--2015-11-18
  • The International Collaboration Research in Asian Palliative Care Education: Proposal from the Japanese Research Team
    Mizuno Michiyo
    the 2nd Asian Congress in Nursing Education/2016-01-27--2016-01-27
  • Feasibility Study of a Support Program Using Approaches that Target Adaptation Tasks in Postsurgical Cancer Patients
    Mizuno Michiyo
    The 2015 World Congress of Psycho-Oncology/2015-07-31--2015-07-31
  • Nurses’ Assessments of the Illness Perception of Cancer Patients with a Poor Prognosis: Association with Nurses’ Attributes
    Izoe Y ; Mizuno Michiyo
    MASCC/ISOO International Symposium/2013-06-28--2013-06-28
  • Stress Coping in Recently Discharged Postsurgical Cancer Patients.
    Taniguchi Ai; Mizuno Michiyo
    The 3rd International Nursing Research Conference/2013-10-18--2013-10-18
  • A Case Study on the Transition of Cognitive Behaviors in a Patient Participating in a Support Program for Advanced Cancer
    Mizuno Michiyo
    The 1st Asian Oncology Nursing Society Conference/2013-11-21--2013-11-24
  • The origins of oncology nursing studies and the application of their findings in relation to the intrinsic quality of Japanese cancer patients.
    Mizuno Michiyo
    Tsukuba Global Science Week/2013-10-3--2013-10-4
  • The Structure of Japanese Cancer Survivors' Self Concept in Adaptation Process
    Mizuno M
    Third International Nursing Research Conference (Venue : Tokyo)____/1998-09
  • Influence of the Decision to inform the results of cancer diagnoses on Bereaved Japanese Families
    Mizuno.M; +水野 道代
    11th International Conference on Cancer Nursing (Venue: Oslo)____/2000-08
  • Hope held by patients with hematological cancer who are undergoing long-term care
    Mizuno M
    12th International Conference on Cancer Nursing (Venue: London)____/2002-09
  • Characteristics of the Needs of Ambulatory Cancer Patients Who Visited Outpatient Units in Japanese Hospitals
    Mizuno M
    13th International Conference on Cancer Nursing (Venue : Sydney )____/2004-08
  • Perception and Attitude of Colorectal Cancer Patients During the Six Month After Surgery
    Mizuno; M; Kakuta; M; +水野 道代
    14th International Conference on Cancer Nursing (Venue : Toronto)____/2006-09
  • Comparison of 2 Points after Surgery of Quality of Life and Psychosocial Variations in Japanese Patients Treated for Digestive System Cancer.
    M. Mizuno
    15th International Conference on Cancer Nursing (Venuer: Singapore)____/2008-08
  • Factors Related To The Adaptation And Quality Of Life In Patients Treated For Digestive System Cancer
    M. Mizuno
    Psycho-Oncology__17__S38/2008
  • A Pilot Study on the Development of a Practical Support Program Promoting Adaptive Behaviors in Cancer Patients After Surgery
    M. Mizuno
    the 16th International Conference on Cancer Nursing (Venue :Atlanta)____/2010-03
  • Adaptation Status and Response to a Booklet Providing Cancer-Related Knowledge to postoperative Cancer Patients.
    Mizuno; Michiyo; Kataoka; J.; Oishi; F.; Kanakubo; A.; Su...
    The American Psychosocial Oncology Society 8th Annual Conference,Venue: Anaheim, CA,____/2011-02
  • Postoperative Illness-related Demands and Adaptation Status in Patients with Gastrointestinal Cancer
    MIZUNO; Michiyo; KATAOKA; Jun; OISHI; Fumiko; KANAKUBO; A...
    ONS 36th Annual Congress (Venue: Boston)____/2011-05
担当授業科目
2018-04 -- 2018-08応用看護科学筑波大学
2018-10 -- 2018-11家族看護論筑波大学
2018-10 -- 2019-02高度実践看護学演習筑波大学
2018-04 -- 2018-08高度実践看護学演習筑波大学
2018-05 -- 2018-08生殖生命倫理学筑波大学
2018-07 -- 2018-07総合実習筑波大学
2018-04 -- 2018-04看護学の探究概説筑波大学
2018-10 -- 2019-02医療ケアーとチーム医療筑波大学
2018-04 -- 2018-08医療ケアーとチーム医療筑波大学
2019-01 -- 2019-02がん看護学演習II筑波大学
一般講演
  • アジア諸国におけるがん患者と家族への意思決定支援
    Dr. Hyang Sook So; Dr. Yeur-Hur Lai; Dr. Pongpak Pittayap...
    日本がん看護学会・アジアがん看護ワークショップ/2013-02-17
  • アジアにおけるがん看護学会の現状とがん看護教育
    Yi; Myung-Sun; So; Kwok-wei Winnie; 鈴木志津枝; 大西 和子...
    日本がん看護学会・アジアがん看護シンポジュウム/2012-02-12
  • 看護倫理
    水野道代
    関東中央病院看護職員研修/2013-12-13
  • がんと共に生きる人のケア-がん患者の適応に関する重要概念と看護支援の在り方
    水野道代
    がん診療連携拠点病院機能強化事業 筑波大学附属病院がん医療従事者研修講演/2011-07-21
  • がん医療におけるコミュニケーションの機能
    水野 道代
    筑波大学付属病院総合がん診療センター、がん医療に携わる医療従事者のためのコミュニケーションスキルアップセミナー/2009-12-06
その他の活動
2010-01 -- 2018-03茨城県総合がん対策推進会議委員

(最終更新日: 2018-05-10)