現在地

安梅 勅江(アンメ トキエ; Anme, Tokie)

face
所属
医学医療系
職名
教授
URL
eメール
 
研究室
西地区4B508号室
電話
029-853-3436
Fax
029-853-3436
研究分野
衛生学・公衆衛生学
研究キーワード
コミュニティ・エンパワメント
生涯発達
地域ケア
研究課題
子どもー環境相互作用に注目した社会的養護の基礎的・実践的研究2017-04 -- 2021-03森 茂起日本学術振興会/科学研究費補助金 基盤研究(B)
20年間追跡調査に基づく虐待予防および悪化防止機序の解明と支援モデル開発2017-04 -- 2020-03安梅勅江日本学術振興会/科学研究費補助金 基盤研究(B)7,410,000円
持続可能社会に向けた多世代共創コミュニティ・エンパワメント開発評価2016 -- 2017安梅 勅江日本学術振興会/挑戦的萌芽研究3,380,000円
介護予防体操活動指導・介護予防事業評価2013-04 -- 2017-03常総市/受託研究
日本一健康長寿村づくりに関する研究1990-04 -- 2017-03飛島村/受託研究
相互主体性の解析に基づく社会行動の神経基盤と発達過程の解明2015-04 -- 2020-03定藤 規弘生理学研究所/基盤研究(A)18,330,000円
持続可能社会に向けた多世代共創コミュニティ・エンパワメント開発評価2016-04 -- 2018-03安梅 勅江筑波大学/挑戦的萌芽研究3,380,000円
五感を活用した地域ブランド共創による多世代交流型エンパワメントプログラム開発評価2014 -- 2015安梅 勅江日本学術振興会/挑戦的萌芽研究3,640,000円
全国コホートによる虐待等不適切な養育環境への根拠に基づく早期支援プログラム開発2014 -- 2016安梅 勅江日本学術振興会/基盤研究(B)16,120,000円
コミュニティ・エンパワメントとヘルスプロモーション研究1987-04 -- (現在)/厚生労働科学研究費補助金
職歴
1989-04 -- 1989-08日本学術振興会 特別研究員
1989-08 -- 2001-03厚生労働省 国立身体障害者リハビリテーション研究所
1992-04 -- 1993-03米国社会サービス研究所 客員研究員
1993-04 -- 2000-03厚生労働省 併任
1995-04 -- 2008-03東京大学 医学部 講師 併任
1999-04 -- 2000-03イリノイ大学 客員研究員
2001-04 -- 2005-03浜松医科大学 教授
2005-04 -- 2006-03国立看護大学校 研究課程(大学院) 教授
2006-04 -- (現在)筑波大学 大学院人間総合科学研究科 教授
学歴
1980-04 -- 1984-03東京大学 医学部 保健学科卒業
1986-04 -- 1989-03東京大学 医学系研究科 保健学専攻修了
取得学位
1989-03保健学博士東京大学
所属学協会
1991 -- (現在)International Systems Sciences in Health-Social Services for Elderly and the Disabled
2011 -- (現在)International Mind, Brain and Education Society
2014 -- (現在)Society for Neuroscience
1994 -- (現在)International Union for Health Promotion and Education
1991 -- (現在)Gerontological Society of America
1998 -- (現在)Society for Research in Child Development
1992 -- (現在)International Home Care Association
1987 -- (現在)日本保健福祉学会
2002 -- (現在)日本子ども学会
1991 -- (現在)日本看護科学学会
受賞
2014-11最優秀発表賞
2014-10最優秀論文賞
2014-10最優秀発表賞
2013-06International Multidisciplinary Scientific GeoConfeence Best Presentation AwardBest Presentation
2009-10-05優秀論文賞
論文
  • 就学前の子どもの睡眠リズムと就労する養育者のストレスに関する研究
    加藤 慶子; 田中 笑子; 渡邊 久実; 渡辺 多恵子; 冨崎 悦子; ...
    保健福祉学会誌/24(1)/pp.13-21, 2017
  • ライフコースアプローチによる思春期のwell-being実現に向けた要因解明
    渡辺久実; 田中笑子; 安梅 勅江
    発達研究/(31)/pp.215-220, 2017
  • コミュニティエンパワメントの効果検証ー26年に及ぶコホート成果からー
    渡辺久実; 奥村理加; 安梅 勅江
    地域保健, 2017-09
  • Japanese residential care quality and perceived competency in institutionalized adolescents: A preliminary assessment of the dimensionality of care provision
    Yuning Zhang; 安梅 勅江; Emiko Tanaka; Shigeyuki Mori; Sh...
    Children and Youth Services Review, 2018-03
  • 介護福祉施設への介護ロボット導入効果と今後の課題および可能性に関する検討
    佐野 千尋; 安梅 勅江; 酒寄 学; 宇留野 功一
    厚生の指標/pp.22-28, 2018-03
  • Japanese residential care quality and perceived competency in institutionalized adolescents: A preliminary assessment of the dimensionality of care provision
    Yuning Zhanga; Emiko Tanakab; 安梅 勅江
    Children and Youth Services Review, 2018-03
  • 当事者主体に基づく保健福祉学の発展に向けて
    安梅 勅江
    保健福祉学会誌/24(1)/pp.1-4, 2017-07
  • 周産期リスクが5年後の養育環境に及ぼす影響
    澤田 優子; 田中 笑子; 渡辺 多恵子; 安梅 勅江
    日本保健福祉学会誌/23(2)/pp.47-48, 2017
  • エンパワメント科学:だれもが主人公 新しい共生のかたち
    安梅 勅江
    認知神経科学/19(1)/pp.1-6, 2017
  • 地域在住高齢者の社会関連性の20年間推移とコミュニティリソースの影響
    Watanabe Kumi; Tanaka Emiko; Wu Bailiang; Kobayashi Zyunk...
    日本公衆衛生雑誌/64(5)/pp.235-245, 2017-04
  • The Effect of Exercise with Music on the Subjective Well-Being of Nursing Care Users
    Watanabe Kumi; Anme Tokie; Sakayori Manabu; Uruno Koichi;...
    International Journal of Nursing Science, 2017
  • Association of General and Central Obesity with Hypertension
    Nurdiantami Yuri; Watanabe Kumi; Tanaka Emiko; Pradono Ju...
    Clinical Nutrition/37(4)/pp.1259-1263, 2017-05
  • Child development and the care enviornment: longitudinal perspective
    Tokie Anme; Emiko Tanaka; E. Watanabe; E. Tomisaki; K. Wa...
    Anvances in psychology research/116/p.197-205, 2017-01
  • 社会福祉法人のエンパワメント・プログラム評価-夢の花ワークショップの活用に向けて-
    酒寄学; 宇留野光子; 宇留野功一; 安梅 勅江
    社会福祉学/57(3)/p.69, 2016-11
  • コミュニティ・エンパワメント展開のためのニーズ把握 -3年間での推移-
    冨崎悦子; 平野真紀; 田中笑子; 渡辺多恵子; 伊藤澄雄; 奥村...
    厚生の指標/63(12)/pp.34-42, 2016-10
  • The influence of home-rearing environment on children's behavioral problems 3 years’ later
    Wencan Chen; Emiko Tanaka; Kumi Watanabe; Etuko Tomisaki;...
    Psychiatry Research/244/pp.185-193, 2016-10
  • Association between the older adults’social relationships and functional status in Japan
    Kumi Watanabe; Tanaka Emiko; Taeko Watanabe; Wencan Chen...
    Geriatrics & Gerontology International(GGI)/17(10)/pp.1522-1526, 2016-10
  • 筆跡情報を用いた高齢者の運動機能の定量化と転倒リスク予測法の開発
    田畑真優; 渡辺多恵子; 田中笑子; 渡辺久実; 安梅 勅江; 川口...
    可視化情報/36, 2016-07
  • Association between a Change in Social Interaction and Dementia among Elderly People
    Cunyoen Kim; Bailiang Wu; Emiko Tanaka; Taeko Watanabe; K...
    International Journal of Gerontology/10(2)/pp.76-80, 2016-06
  • Association between a Change in Social Interaction and Dementia among Elderly People
    Cunyoen Kim; Bailiang Wu; Tanaka Emiko; Taeko Watanabe; ...
    International Journal of Gerontology/10(2)/pp.76-80, 2016-06
  • Long hours in center-based care and the health of second-grade children: A longitudinal study.
    Anme Tokie; E Tomisaki; Emiko Tanaka; T Watanabe
    Sress,brain and behavior.Vol 5/p.34, 2016-05
  • Does Center-based Childcare Play a Role in Preventing Child Maltreatment? Evidence from a One-year Follow-up Study
    Anme Tokie; Emiko Tanaka; Taeko Watanabe; Etsuko Tomisaki...
    International Journal of Applied Psychology/6(2)/pp.31-36, 2016-04
  • Association between Social Relationships and Cognitive Function among the Elderly
    Kumi Watanabe; Anme Tokie
    Scientific & Academic Publishing/6(2)/pp.59-63, 2016-04
  • Oxytocin for male subjects with autism spectrum disorder and comorbid intellectual disabilities: A randomized pilot study
    Munesue Toshio; Nakamura Hiroyuki; Kikuchi Mitsuru; Miura...
    Frontiers Psychiatry/7(2)/p.2, 2016-1
  • Parent-Child interactions and child social competence: longitudinal evidence using the interaction rating scale(IRS)
    Anme Tokie; E Tanaka; T Watanabe; E Tomisaki
    Nova Science Publishers/pp.195-205, 2015-12
著書
  • 『研究と保育実践をつなぐ』子育ち・子育てエンパワメント―夜間保育の「強み」を「見える化」するプロ技術―
    安梅 勅江
    夜間保育, 2017-03
  • 夜間におよぶ質の高い保育の効果:18年追跡根拠の活用に向けて
    安梅 勅江
    全国夜間保育園連盟 広報誌, 2017-10
  • それぞれの「生きる力」を引き出すエンパワメント
    安梅 勅江
    筑波大学広報誌, pp.4-7, 2018-03
  • Empowerment Sciences for Professionals Enhance inculusion and A World of possibilities
    安梅 勅江
    NIHON SHONI IJI SHUPPANSHA CO.,LTD., 2018-03
  • 子どもの生の豊かさを求めて -誰でも主人公、新しい共生の形ー
    安梅 勅江
    生の豊かさと貧しさ ~21世記の生存を考える~, pp.65-78, 2016
  • 子育て子育てエンパワメント -コホート研究からー
    安梅 勅江
    子ども学, pp.5-20, 2018-03
  • 生存科学シンポジウム 生の豊かさと貧しさ:21世紀の生存を考える
    Anme Tokie; 小泉 英明; 上野千鶴子; 武藤 真祐
    生存科学研究科, 2017-12
  • 0~6歳児童 心理行為発展の評価
    童連; 安梅 勅江
    2017-08
  • 養育環境の質が大切
    安梅 勅江
    読売新聞, 2017-07
  • 過保護な親と従う子
    冨崎 悦子; 安梅 勅江
    「育てにくさ」の理解と支援-健やか親子21(第2次)の重点課題に向けて―, 診断と治療社, pp.102-103, 2017-04
  • 子どものためにと習い事と強いる親とそれを拒否できない子
    渡辺 多恵子; 安梅 勅江
    「育てにくさ」の理解と支援-健やか親子21(第2次)の重点課題に向けて―, 診断と治療社, pp.94-95, 2017-04
  • 食事の所作が気になる父親と、うるさくいるなと反発する息子ー父親の育った環境が大きい
    酒井初恵; 安梅 勅江
    「育てにくさ」の理解と支援-健やか親子21(第2次)の重点課題に向けて―, pp.80-81, 2017-04
  • 仕事がしたい母親と甘えたい娘
    田中 笑子; 安梅 勅江
    「育てにくさ」の理解と支援-健やか親子21(第2次)の重点課題に向けて―, 診断と治療社, pp.78-79, 2017-04
  • Web Application for Social Skill Development in Children with Autism
    Anme Tokie; Tanaka Emiko; T. Watanabe; E. Tomisaki; K. Wa...
    Social Skills: Perceptions, Role in Autistic Children and Assistive Technology, Nova Science Publishers, 2016-07
  • “認める”ことで自信がつく!子どもを伸ばすほめ方 50,51,52,54
    NHK「すくすく子育て」制作班編; 安梅 勅江
    「すくすく子育て」愛情が伝わる!叱り方ほめ方, 新星出版社, 2016-04
  • 実施マニュアル―思春期前期HOME評価尺度児童養護施設版
    安梅 勅江
    甲南大学人間科学研究所, 2016-03
  • しかり方、ほめ方
    NHK「すくすく子育て」政策班編; 安梅 勅江
    NHK Eテレ「しくしく子育て」先生教えて!まるごとQ&A, 宝島社, 2015-07
  • みんなで生きる、みんなで創る とびしま健康長寿創造プランⅢ
    安梅 勅江
    みんなで生きる、みんなで創る とびしま健康長寿創造プランⅢ, 2015-03
  • フィールドワークを問う 地域保健の立場から
    宮原暁編; 安梅 勅江
    「いたみ」「かなしみ」「他者」の現場 フィールドワークを問う, 大阪大学グローバルコラボレーションセンター, pp.51-72, 2015-3
  • 相談援助のための交渉の技術
    安梅 勅江
    相談援助の理論と方法Ⅰ, pp.296-315, 2015-02
  • 多世代コミュニティ共創システム構築に向けた社会福祉法人の役割-住民主体の多世代交流プログラム実践と効果の検証-
    安梅 勅江
    高齢社会を共に生きる, pp.86-90, 2015-02
  • 児童家庭福祉論 児童や家庭に対する支援と児童家庭福祉制度 第3章第4節第6節
    安梅 勅江
    社会福祉学習双書, 2015-01
  • いのちの輝きに寄り添うエンパワメント科学-誰もが主人公 新しい共生のかたち-
    安梅 勅江
    北王路書房, 2014-12
  • 障害児のための福祉サービス 母子保健サービス
    社会福祉学習双書編集委員会編 安梅勅江; +安梅 勅江
    社会福祉学習双書, 2013-04
  • エンパワメント科学入門 ―人と社会を元気にする仕組みづくり―
    安梅勅江
    筑波大学, 2013-01
会議発表等
  • 高齢社会における当事者主体の研究とは ―だれもが主人公、新しい共生のかたち―
    安梅 勅江
    第12回日本応用老年学会大会
  • 当事者主体コミュニケーションエンパワメントの評価と活用法
    安梅 勅江
    公衆衛生学会/2017-10-30--2017-11-2
  • 育児支援が子どもの育ちに及ぼす影響
    冨崎 悦子、渡辺 多恵子、田中 笑子、渡辺 久実、; 安梅 勅江
    公衆衛生学会/2017-10-30--2017-11-2
  • 幼児期の自己効力感を育む運動支援の9年後のSubjective Well-being への効果
    Anme Tokie
    公衆衛生学会/2017-10-31--2017-11-02
  • 成人期の生活満足感に影響を与える社会とのかかわりについて
    Anme Tokie
    公衆衛生学会/2017-10-31--2017-11-02
  • 子ども虐待を低減する要因の検討:6年間の追跡研究より
    渡邊 多恵子; Anme Tokie
    公衆衛生学会/2017-10-31--2017-11-02
  • 成人後期の社会との関わりと12年後の認知機能への影響
    渡邊 久実; 渡邊 多恵子; 田中 笑子; 佐野 千尋; 伊藤澄...
    公衆衛生学会/2017-10-31--2017-11-02
  • Creating Inclusive Communities with “Dynamic Synergy Model”
    Anme Tokie
    国際保健福祉学会/2017-11-8
  • 「人」を対象としたプロに必要なもの エンパワメント
    安梅 勅江
    第46回司法書士研究大会/2017-09-16
  • SOCIAL INTERACTION, SOCIAL TIES, AND LONGEVITY IN A COMMUNITY-DWELLING SAMPLE IN JAPAN
    Tokie Anme
    International federation of Aging/2017-07
  • 筆跡情報を用いた運動機能および認知機能低下の予兆把握
    細川 佳輝; 渡邊 久美; 渡辺 多恵子; 田中 笑子; 安梅 勅江; ...
    第45回可視化情報シンポジウム/2017-7-18--2017-7-19
  • A novel method for the prediction of decreased motor performances in the elderly using handwriting characteristics
    Hosokawa Y.; Watanabe K.; Tanaka E.; Anme T.; Kawaguchi H.
    Society for Neuroscience 47th Annual Meeting(Washington, DC)/2017-11-15
  • 根拠に基づくチーム保育エンパワメント ―子育ち子育て支援の質向上―
    安梅 勅江; 田中 裕; 酒井初恵; 宮崎勝宣; 冨崎悦子
    日本保育学会第70回大会/2017-5-20--2017-5-21
  • 子育ち子育てエンパワメント:根拠に基づく実践システム
    安梅 勅江
    対人援助新展開-理論・方法・制度の視点から-
  • 子育ち子育てエンパワメント~コホート研究から~
    安梅 勅江
    第111回 「子ども学」講演会/2017-5-18
  • Community Empowerment After Disasters and Disaster Preparedness in Japan
    Anme Tokie
    International Conference on Systems Sciences for Health and Social Services/2017-03-30
  • A novel method for evaluating risks of fall and forgetfulness in elderly using handwriting characteristics
    Y. Hosokawa; H.Takatsu; K. Watanabe; T. Watanabe; Tanaka ...
    2016 Society for Neuroscience Meeting/2016-11-12--2016-11-16
  • 住民主体の介護予防事業の効果と要介護リスク要因の推定
    渡辺多恵子; 田中笑子; 冨崎悦子; 渡邊久実; 河西敏幸; 安梅 ...
    第75回日本公衆衛生学会総会(大阪)/2016-10-26--2016-10-28
  • 「キラリとびしまのびのび体操」普及に向けた住民ニーズの検討
    伊藤澄雄; 渡辺多恵子; 鎌田彩加; 田中笑子; 奥村理加; 渡辺...
    第75回日本公衆衛生学会総会(大阪)/2016-10-26--2016-10-28
  • 学童期の精神的健康に関連する要因の検討―コホートでーだを用いて―
    田中笑子; 渡辺多恵子; 冨崎悦子; 渡邊久実; 伊藤澄雄; 奥村...
    第75回日本公衆衛生学会総会(大阪)/2016-10-26--2016-10-28
  • 高齢者の生活習慣と3年後の身体的、精神的健康の影響―日常生活圏域ニーズ調査結果―
    奥村理加; 欧陽玲玲; 楊亜舒; 渡邊久実; 田中笑子; 渡辺多恵...
    第75回日本公衆衛生学会総会(大阪)/2016-10-26--2016-10-28
  • 地域在住高齢者の社会関連性が介護予防に及ぼす効果
    渡邊久実; 田中笑子; 渡邊多恵子; 奥村理加; 伊藤澄雄; 安梅 ...
    第75回日本公衆衛生学会総会(大阪)/2016-10-26--2016-10-28
  • Dietary habits effect on developmental difficulties among children
    Ouyang Lingling; Watanabe Kumi; Tanaka Emiko; Tomisaki Et...
    第75回日本公衆衛生学会総会(大阪)/2016-10-26--2016-10-28
  • 配偶者の育児協力が養育者のストレス軽減に及ぼす効果
    鎌田彩加; 渡邊久実; 田中笑子; 欧陽玲玲; 冨崎悦子; 渡辺多...
    第75回日本公衆衛生学会総会(大阪)/2016-10-26--2016-10-28
  • The associations of body mass index, abdominal obesity and hypertension in indonesian women: indonesia basic health research 2013
    Yuri Nurdiantami; Kumi Watanabe; Tanaka Emiko; Anme Tokie
    The 26th scientific meeting of the international society of hypertension/2016-09-24--2016-09-29
担当授業科目
2018-10 -- 2019-02看護科学演習I筑波大学
2018-04 -- 2018-06看護学研究法筑波大学
2018-05 -- 2018-08慢性看護学IV特論筑波大学
2018-12 -- 2018-12医療チーム連携演習筑波大学
2018-10 -- 2018-11国際看護学筑波大学
2018-10 -- 2018-12国際発達ケア演習筑波大学
2018-07 -- 2018-07総合実習筑波大学
2018-07 -- 2018-08国際保健学筑波大学
2018-05 -- 2018-06コミュニティ・エンパワメント論筑波大学
2018-04 -- 2018-07国際発達ケア特論筑波大学
一般講演
  • 質的研究法とフォーカスグループインタビュー当事者エンパワメントとイノベーション
    安梅 勅江
    第73回日本公衆衛生学会/2014-11-05--2014-11-07
  • Intergenerational activities for Healthy Longevity: Plasticity, Environment, and Culture
    Anme Tokie
    Systems Sciences in Health Social Services 13/2013-06-12--2013-06-12
  • Plasticity, Culture, and Empowerment: Cohort studies on the plasticity and related precursors
    Anme Tokie
    Parent-infant bonding across mammalian species and human cultures (Riken Institute)/2013-02-06--2013-02-06
  • 地域保健エンパワメント
    安梅勅江
    愛知県保健師連合会/2012-02-29
  • 働く喜びをはぐくむエンパワメント
    安梅勅江
    経営セミナー/2012-01-18
  • 根拠に基づく保育ソーシャルワークの展開
    安梅勅江
    北海道保育協議会/2011-12-13
  • 養護実践のエンパワメント
    安梅勅江
    茨城県養護教諭連絡会/2011-12-09
  • エンパワメントのケア科学
    安梅勅江
    社会福祉セミナー/2011-11-26
  • 子育て支援の質の向上
    安梅勅江
    延岡市母子保健セミナー/2011-11-25
  • 根拠に基づく保育をきわめる
    安梅勅江
    柏市保育協議会/2011-11-14
  • 子どもの発達をとらえる
    安梅勅江
    金沢市保育協議会/2011-11-11
  • 保育士の専門性を磨く
    安梅勅江
    宮崎県保育協議会/2011-11-10
  • 木育の科学的効果
    安梅勅江
    木育日本21/2011-11-07
  • 共生・共感のパワーを活用するコミュニティ・エンパワメント
    安梅勅江
    日本公衆衛生学会/2011-10-19
  • 特別な配慮が必要な子どもへの支援
    安梅勅江
    全国社会福祉協議会/2011-09-19
  • Systems Sciences in Health-Social Services in a Global Context:International Perspectives and Lessons in Creating Inclusive Communities for All in the 21st Century
    Tokie Anme
    Systems Sciences in Health-Social Services/2011-09-17
  • 教師のための質的研究法
    安梅勅江
    教師教育研究会/2011-08-17
  • 教師のための質的研究法
    安梅勅江
    教師教育研究会/2010-09-17
  • エンパワメントのケア科学 ―働く・生きる喜びを引き出す技術―
    安梅勅江
    東急グループ研究会/2010-09-08
  • 質的研究法を用いた当事者ニーズの把握と政策提言
    安梅勅江
    日本外来小児科学会/2010-08-28
  • エンパワメントに視点をおいた患者支援
    安梅勅江
    日本外来小児科学会/2010-08-28
  • 親支援
    安梅勅江
    日本芸術教育セミナー/2010-08-12
  • 保育の質の向上
    安梅勅江
    東葛飾保育士会/2010-08-05
  • 子育ち支援に向けた発達コホート研究の意義
    安梅勅江
    コモンセンス研究会/2010-07-30
  • 保育士の専門性の向上
    安梅勅江
    仙台市保育協議会/2010-07-26
学協会等委員
2012 -- (現在)国際保健福祉学会会長
2011 -- (現在)日本保健福祉学会会長
2012-05 -- 2013-03科学技術振興機構研究開発戦略センター 脳神経分野俯瞰委員
2011-09 -- 2011-098th International Systems Sciences for Health Social Services, 第24回日本保健福祉学会
2012-10 -- 2013-03科学技術振興機構社会問題の抽出と可視化およびシナリオ設計 委員
2012-10 -- 2015-03厚生労働省ケアマネジメントの質的評価のあり方に関する調査研究事業 委員
2012-10 -- 2012-10日本子ども学会第9回子ども学会大会長
学内管理運営業績
2012-04 -- 2015-03発達科学研究所審査委員会審査委員
2014-04 -- 2019-03科学技術振興機構社会技術開発センター評価委員会評価委員

(最終更新日: 2018-09-13)