現在地

松丸 祐司(マツマル ユウジ; Matsumaru, Yuji)

所属
医学医療系
職名
教授
研究課題
「固体線量計を用いた頭部IVR診断参考レベルの策定と術者水晶体被曝の評価」2014 -- 2017盛武 敬平成26-29年度科学研究費/(基盤研究B)16,510,000円
「実測線量データに基づくIVR被曝管理技術の開発と多職種連携治療支援体制の構築」2015 -- 2017松丸祐司平成27-29年度科学研究費/(基盤研究C)4,940,000円
感熱性高分子の脳血管内手術用塞栓物質への応用1996 -- 1996/国内共同研究
脳動脈瘤の発生・破裂に関する研究 -- (現在)/
脳梗塞急性期の血管内治療に関する研究 -- (現在)/
脳動脈瘤用塞栓物質の開発 -- (現在)/
頭頸部血管内治療における医療被曝の評価と予防に関する研究2004 -- (現在)日本学術振興会/基盤研究(C)900,000円
学歴
-- 1987筑波大学 医学専門学群
-- 1997筑波大学 医学研究科 形態系
取得学位
医学博士筑波大学
所属学協会
-- (現在)World Federation of Interventional and Therapeutic Neuroradiology
-- (現在)日本脳神経外科学会
-- (現在)日本脳神経血管内治療学会
受賞
2016-7学会特別企画 復活!「一押し画像コンテスト」銅賞「Perimedullary spinal AVF」
2016-7学会特別企画 復活!「一押し画像コンテスト」 銅賞「Intramedullary spinal AVM」
2016第32回日本脳神経血管内治療学会総会 優秀JNET論文賞 銀賞
論文
著書
  • 第32回NPO法人日本脳神経血管内治療学会学術総会CEPテキスト
    Matsumaru Yuji; 佐藤允之
    2016-11
  • GDCを用いた脳動脈瘤血管内手術(共著)
    松丸 祐司
    1999
  • 脳神経外科レビュー7(共著)
    松丸 祐司
    1999
  • Endovascular surgery for cerebral aneurysms with Guglielmi detachable coils
    松丸 祐司
    1999
会議発表等
  • Neurovascular Unit Protection Using Nitroxide Radicals-containing Nanoparticles (TEMPO-RNP) for Cerebral Ischemia-reperfusion Injury in Mice
    細尾 久幸; 丸島 愛樹; 長崎 幸夫; 平山 暁; 伊藤 紘; Sandra...
    International Stroke Conference 2018/2018-01-24
  • 新規活性酸素消去剤RNPによる 脳虚血再灌流障害に対するneuro-endthelial protection効果の検証
    細尾 久幸; 丸島 愛樹; 長崎 幸夫; 平山 暁; 伊藤 紘; Sandra...
    第70回日本酸化ストレス学会学術集会/2017-06-28
  • 脳血管疾患の最近の動向.
    松丸 祐司
    労働災害にかかる研修会/2017-11-13
  • 脳・脊髄血管解剖の復習.
    松丸 祐司
    本脳神経血管内治療学会九州地方会/2017-1-21
  • 脊髄動静脈疾患の血管構築と塞栓術.
    松丸 祐司
    第33回日本脳神経血管内治療学会学術総会/2017-11-25
  • 急性期脳梗塞治療の大きな変革—あきらめから希望へ
    松丸 祐司
    第41回茨城県救急医学会/2017-9-9
  • 急性期脳梗塞.
    松丸 祐司
    第76回日本脳神経外科学会学術総会/2017-10-12
  • PMDA不具合検討会−委員として考えたこと.
    松丸 祐司
    第33回NPO法人日本脳神経血管内治療学会学術総会/2017-11-23--2017-11-25
  • Pipeline Flexフローダイバーターシステムによる脳動脈瘤治療の今後の大きな可能性.
    松丸 祐司
    第46回日本脳卒中の外科学会/2017-3-16
  • Endovascular treatment for Dural and Epidural AVS in thoracolumbar spine.
    Y Matsumaru
    The 8th Annual Meeting of Asia Spine/2017-6-9
  • Current status of Mechanical Thrombectomy and role of Neurologist for acute ischemic stroke in Japan.
    Y Matsumaru
    World Conference of Neurology 2017/2017-9-10
  • Anatomical and clinical consideration for CCJAVF from my personal 10 cases, Japanese survey of CCJAVF and review of the literatures.
    Y Matsumaru
    ABC-WIN seminar/2017-1-15
  • JSNET防護委員会で今後行うDRL調査について.
    川内 覚; 松丸祐司; 盛武 敬; 安陪等思; 庄島正明; 早川 幹...
    第33回日本脳神経血管内治療学会学術総会/2017-11-23--2017-11-25
  • 脳梗塞急性期に対する血栓回収療法-時間短縮のための院内体制整備と地域連携-.
    丸島愛樹; 滝川知司; 早川幹人; 日野天祐; 松村英明; 遠坂直...
    第14回茨城Brainアタック/2017-6-23
  • 血栓回収療法の時間短縮 -D2N30分、D2P60分、D2R90分を目指した取り組み-.
    丸島愛樹; 滝川知司; 早川幹人; 日野天祐; 松村英明; 遠坂直...
    第2回茨城脳血管内治療セミナー/2017-5-17
  • 脳梗塞急性期血栓回収療法の普及と課題.
    丸島愛樹; 早川幹人; 日野天祐; 伊藤嘉朗; 滝川知司; 関根智...
    第1回茨城脳卒中内科カンファレンス/2017-10-27
  • A case of perimedullary dural arteriovenous fistula at craniocervical junction.
    H Iwamoto; K Nakamura; K Onuma; K Yanaka; T Tsurubuchi; T...
    WFITN 2017/2017-10-16--2017-10-19
  • for The STrategy of Optimal carotid revascularization for high-risk Patients of Cerebral Hyperperfusion Syndrome (STOP CHS) study group. Detailed analysis regarding cerebral hyperperfusion syndrome in patients scheduled for staged angioplasty in a retrospective, Japanese multicenter study.
    M Hayakawa; K Sugiu; S Yoshimura; T Hishikawa; H Yamagami...
    14th Congress of the World Federation of Interventional and Therapeutic Neuroradiology/2017-10-16--2017-10-19
  • for the STrategy of Optimal carotid revascularization for high-risk Patients of Cerebral Hyperperfusion Syndrome (STOP CHS) study group. Prediction of intracranial hemorrhage after carotid artery stenting using preprocedural single-photon emission computed tomography.
    M Hayakawa; K Kajimoto; K Sugiu; S Yoshimura; T Hishikawa...
    XXIII World Congress of Neurology/2017-9-16--2017-9-21
  • for the STrategy of Optimal carotid revascularization for high-risk Patients of Cerebral Hyperperfusion Syndrome (STOP CHS) study group. Efficacy of Staged Angioplasty to Prevent Cerebral Hyperperfusion Syndrome after Endovascular Revascularization for Carotid Artery Stenosis: A Multicenter, Retrospective Study.
    M Hayakawa; T Hishikawa; K Sugiu; H Yamagami; N Sakai; K ...
    International Stroke Conference 2017/2017-2-22--2017-2-24
  • 過灌流症候群高リスク例に対する頚動脈ステント留置術-全国アンケート調査・後ろ向き研究結果報告-(日本脳神経血管内治療学会・STROKE2017 合同シンポジウム 2).
    早川幹人; 松丸 祐司; 杉生憲志; 菱川朋人; 山上 宏; 飯原弘...
    第42回日本脳卒中学会学術集会/2017-3-16--2017-3-19
  • Angioarchitecture and clinical presentation of cranio-cervical junction (dural) arteriovenous shunts
    Matsumaru Yuji
    日中脳神経外科連盟第1回学術集会(第9回日中友好脳神経外科会議)/2017-11-4
  • 海綿静脈洞部硬膜動静脈瘻における血管新生関連因子の解析.
    渡部大輔; 伊藤嘉朗; 滝川知司; 丸島愛樹; 鶴田和太郎; 早川...
    第33回日本脳神経血管内治療学会学術総会/2017-11-23--2017-11-25
  • 内頚動脈前脈絡動脈分岐部動脈瘤に対するコイル塞栓術の治療成績.
    渡部大輔; 滝川知司; 丸島愛樹; 細尾久幸; 鶴田和太郎; 石川...
    第76回日本脳神経外科学会学術総会/2017-10-12
  • 脳梗塞急性期の血栓回収療法-時間短縮のための脳卒中救急診療体制の整備-.
    丸島愛樹; 滝川知司; 早川幹人; 小山泰明; 榎本有希; 日野天...
    第41回茨城県救急医学会/2017-9-9
担当授業科目
2018-04 -- 2018-07脳・神経外科における最先端診断・治療と学際的共同研究活動筑波大学
2004-04 -- 2005-03脳神経機能制御医学実験実習筑波大学
2004-04 -- 2005-03脳神経機能制御医学演習筑波大学
2003-04 -- 2004-03脳神経機能制御医学実験実習筑波大学
2003-04 -- 2004-03脳神経機能制御医学演習筑波大学
授業以外の教育活動
2017 -- (現在)Brain Rescue Kamisu project

(最終更新日: 2018-09-17)