現在地

河合 季信(カワイ トシノブ; Kawai, Toshinobu)

face
所属
体育系
職名
准教授
URL
eメール
 
研究室
体育科学系B棟 B316
研究分野
スポーツ科学
研究キーワード
スポーツ科学
コーチング学
パフォーマンス分析
スポーツ情報
研究課題
競技スポーツにおける情報戦略に関する研究 -- (現在)/
競技スポーツにおけるパフォーマンス分析手法に関する研究 -- (現在)/
職歴
2009-12 -- (現在)筑波大学 大学院人間総合科学研究科 准教授
2012-07 -- 2015-03独立行政法人日本スポーツ振興センター(在籍派遣) スポーツ開発事業推進部 研究員
学歴
-- 1993筑波大学 体育研究科 コーチ学専攻修了
-- 1990筑波大学 体育専門学群
取得学位
修士(体育学)筑波大学
免許資格等
1990-03-25中学校教諭一種免許保健体育科
1990-03-25高等学校教諭一種免許状保健体育科
1993-03-25高等学校教諭専修免許状保健体育科
2005-10-01日本体育協会公認スケート上級コーチ
2017-04-24Non-Violence Project マスタートレーナー
所属学協会
1994 -- (現在)日本体育学会
2010 -- (現在)日本コーチング学会
1994 -- (現在)日本スポーツ運動学会
受賞
1999-06第2回 秩父宮記念スポーツ医科学賞(奨励賞)
論文
  • 大学体育授業におけるICTサービスの活用が運動行動ステージに及ぼす影響
    河合 季信; 清水 武
    大学体育研究/38/pp.1-11, 2016-03
  • スピードスケート滑走における滑走速度の特徴に関する考察
    高橋 佑; 香山 瑞恵; 橋本 昌巳; 大谷 真; 河合 季信; 二上 貴夫
    第22回知識・技術・技能の伝承支援研究会(SIG-KST) 人工知能学会第2種研究会資料, 2014-07
  • タレントの発掘と有効活用のための手法に関する研究
    和久貴洋; 平野裕一; 髙橋英幸; 大岩奈青; 谷所 慶; トビアス...
    国立スポーツ科学センター年報/2007/p.41, 2008-01
  • スポーツ工学の手法を用いた調査研究― スポーツ用具の開発
    平野裕一; 高松潤二; 横澤俊治; 吉岡伸彦; 竹内洋輔; 湯田 淳...
    国立スポーツ科学センター年報/2007/p.54, 2008-01
  • 課外運動活動への大学生の適応感
    平川武仁; 萩原武久; 河合季信
    南山大学紀要『アカデミア』自然科学・保健体育編/14/p.75-89, 2008-01
  • 大学体育会参加者の所属・性別・学年と生活満足度の関係
    河合季信; 平川武仁; 大高敏弘; 安藤真太郎
    大学体育研究/(29)/p.13-20, 2007-03
  • 我が国のナショナルトレーニングセンター(NTC)中核拠点設置後におけるJISSの情報戦略機能とその役割に関する調査研究
    和久貴洋; 阿部篤志; トビアス・バイネルト; 勝田 隆; 河合季信
    日本オリンピック委員会/日本コカ・コーラスポーツ科学基金(アクエリアス基金)2006年度研究報告書/p.85-98, 2007-01
  • タレントの発掘と有効活用のための手法に関する研究
    和久貴洋; 高橋英幸; 飯田晴子; 大岩奈青; 岩本陽子; 荒井宏...
    国立スポーツ科学センター年報/2006/p.42, 2007-01
  • 「スポーツサイエンス:科学からみたスポーツの魅力」講義概要と評価
    鍋倉賢治; 坂本昭裕; 河合季信; 仙石泰雄; 堀出知里; 萩原武久
    大学体育研究/28/p.73-82, 2006-01
  • タレントの発掘と有効活用のための手法に関する研究
    和久貴洋; 高橋英幸; 久保潤二郎; 岩本陽子; 飯田晴子; 荒井...
    国立スポーツ科学センター年報/2005/p.40, 2006-01
  • トリノオリンピックにおけるJOCの情報戦略活動
    河合季信; 和久貴洋; 白井克佳; 阿部篤志; 斎藤 実; 荒井宏和...
    スポーツコーチング研究/4(2)/p.82-89, 2006-01
  • 冬季オリンピックのメダル獲得状況から見た日本の国際競技力
    河合季信; 勝田 隆; 和久貴洋; 中山光行
    筑波大学体育科学系紀要/29/p.45-52, 2006-01
  • 競技力向上におけるルール・ジャッジメントへの対策に関する研究
    和久貴洋; 荒井宏和; トビアス・バイネルト; 齋藤 実; 勝田 ...
    国立スポーツ科学センター年報/2004/pp.72-73, 2005-01
  • 国際競技力向上のための国際戦略に関わる情報データベースに関する研究 ―競技力向上におけるルール,ジャッジメントへの対策に関する調査研究―
    和久貴洋; 荒井宏和; 齋藤 実; 河合季信; 栗山雅倫; 本間三和...
    国立スポーツ科学センター年報/2003/p.59, 2004-01
  • 広域移動体の位置検出及び動作解析技術の調査並びにスポーツ種目への適用
    高松潤二; 松尾彰文; 窪 康之; 渡邉信晃; 河合季信; 藤井範久
    国立スポーツ科学センター年報/2002/p.46-48, 2003-01
  • 国際競技力向上のための国際戦略に関わる情報データベースに関する研究 ―競技力向上におけるルール,ジャッジメントへの対策に関する調査研究―
    和久貴洋; 射手矢岬; 勝田 隆; 河合季信; 久木留毅; 本間三和子
    国立スポーツ科学センター年報/2002/p.44-45, 2003-01
  • スピードスケートにおけるタイムの標準化に関する研究
    河合季信
    北海道浅井学園大学短期大学部研究紀要/39/p.115-121, 2001-01
  • スピードスケート1000m競技における滑走スピードおよびサイクル頻度の変化と血中乳酸濃度からみた合理的ペース
    湯田 淳; 結城匡啓; 伊藤静夫; 河合季信; 高松 薫; 阿江通良
    トレーニング科学/13(2)/p.93-102, 2001-01
  • レース後の血中乳酸濃度および滑走スピード変化からみたレースペースに関する示唆
    河合季信; 伊藤静夫; 結城匡啓; 湯田 淳
    第18回オリンピック冬季競技大会(1998/長野)医科学サポート事業報告書/p.49-58, 2000-01
  • スラップスケート滑走技術に関するバイオメカニクス的サポート
    結城匡啓; 伊藤静夫; 河合季信; 阿江通良; 高松潤二
    第18回オリンピック冬季競技大会(1998/長野)医科学サポート事業報告書/p.81-90, 2000-01
  • 障害者の冬季スポーツ環境に関する研究-長野パラリンピック冬季競技大会を通して-
    後藤 俊; 吉村信義; 安藤貞夫; 佐藤克之; 白石 淳; 河合季信
    北方圏生活福祉研究所年報/5/p.1-38, 2000-01
  • 中年期レジャースキーヤーの滑走時における運動強度について
    加藤 満; 浅尾秀樹; 河合季信; 上田知行; 竹田秀勝
    北海道スポーツ医・科学雑誌/7/p.23-29, 1999-01
  • 97/98ワールドカップ前半戦500mのレース分析およびスラップスケート対策-長野オリンピックに向けた科学的知見のフィードバック-
    結城匡啓; 河合季信; 伊藤静夫; 阿江通良
    平成9年度日本体育協会スポーツ医・科学研究報告,No.II 競技種目別競技力向上に関する研究-第21報-/p.355-361, 1998-01
  • 世界一流スピードスケート選手におけるスタート動作の三次元的分析
    結城匡啓; 阿江通良; 河合季信; 高松潤二; 島田一志; 馬場 仁...
    平成8年度日本体育協会スポーツ医・科学研究報告,No.II 競技種目別競技力向上に関する研究-第20報-/p.337-341, 1997-01
  • ショートトラック・スピードスケート競技の世界選手権大会における試合構成の分析
    河合季信
    スポーツ運動学研究/9/p.55-62, 1996-01
著書
  • 第1章 ユースオリンピックと我が国の競技力向上
    久保田 潤; 河合 季信
    「トップアスリート育成のための追跡調査」報告書<第四報>/pp.5-15, 2017-03
  • 第2節 組織・クラブのマネジメント(第7章 コーチングにおける マネジメント)
    河合 季信
    コーチング学への招待/pp.304-313, 2017-04
  • アスリートライフスタイルの必要性
    河合 季信
    アスリートライフスタイルガイドブック/pp.3-7, 2015-03
  • ショートトラックスピードスケート
    河合 季信
    21世紀スポーツ大辞典/pp.1111-1112, 2015-01
  • 2020年の東京オリンピック・パラリンピックに向けたアスリートの育成・強化の展望
    衣笠 泰介; 河合 季信
    進化する運動科学の研究最前線/pp.399-406, 2014-12
  • 世界の頂点を目指すアスリートの育成・強化の在り方と指導者の役割
    河合 季信
    公認スポーツ指導者養成テキスト 共通科目Ⅲ/pp.25-31, 2014-03
  • ショートトラック競技者育成DVD
    河合季信編; +河合 季信
    2011-06
  • スポーツ白書~スポーツが目指すべき未来~
    渡邉一利ほか編; +河合 季信
    2011-02
  • スポーツ運動科学ーバイオメカニクスと生理学ー
    W.E.ギャレット Jr.; D.T.カーケンダル(編著); 宮永豊(総...
    2010-10
  • スポーツの知と技
    河合 季信
    1998-05
  • アイススケーティングの基礎
    河合 季信
    1995-12
会議発表等
  • 水を負荷とするトレーニング器具の筋活動特性
    吉田 雄大; 山元 勇樹; 大垣 亮; 松葉 開; 河合 季信
    日本体育測定評価学会第16回大会/2017-03-05
  • ハイパフォーマンススポーツにおける世界の競争構造と材料科学への期待
    河合 季信
    第25回日本MRS年次大会/2015-12-08--2015-12-10
  • スピードスケート滑走における滑走速度の特徴に関する考察
    高橋 佑; 香山 瑞恵; 橋本 昌巳; 大谷 真; 河合 季信; 二上 貴夫
    第22回知識・技術・技能の伝承支援研究会(SIG-KST)/2014-07-23--2014-07-23
担当授業科目
2017-04 -- 2017-08スポーツ情報戦略論専修大学
2017-01 -- 2017-01スポーツ競技力向上論(ゲスト講師)大阪教育大学
2016-04 -- 2016-08スポーツ情報戦略論専修大学
2010-04 -- 2011-08スポーツ組織・運営論特講流通経済大学大学院
2015-01 -- 2015-01競技者育成システム論(ゲスト講師)大阪教育大学
2016-01 -- 2016-01競技者育成システム論(ゲスト講師)大阪教育大学
2017-01 -- 2017-02トップアスリートのトレーニング筑波大学
2017-01 -- 2017-02トップコーチング筑波大学
2016-10 -- 2017-02コーチング論・トレーニング学演習IV筑波大学
2016-10 -- 2016-12基礎体育フィットネストレーニング(秋)筑波大学
一般講演
  • スポーツ・インテリジェンス〜ハイパフォーマンススポーツにおける情報戦略〜
    河合 季信
    Sports X カンファレンス 2017/2017-07-27--2017-07-28
  • スポーツにおけるデータ活用
    河合 季信
    アントレプレナーシップ論講座 2017/2017-06-14--2017-06-14
  • 競技スポーツの現場におけるアナリティクス最新動向
    河合 季信
    IBM Watson Summit 2017/2017-04-27--2017-04-28
  • IoTでスポーツをすべての人に
    河合 季信
    IoT Connect 2016/2016-11-10--2016-11-11
  • アナリティクスを用いたチームジャパン強化戦略
    河合 季信
    スポーツアナリティクスジャパン2014/2014-12-21--2014-12-21
  • メダル獲得に向けたマルチサポート戦略事業〜マルチサポート戦略事業の背景と概要
    河合 季信
    SPORTEC 2014/2014-12-04--2014-12-04
  • Student Athlete in Japan
    Toshinobu Kawai; Shigeru Hatta
    European Athlete as Student 2011 conference/2011-09-16
  • 諸外国における「拠点」の利活用について
    河合 季信
    2010 NTCセミナー(日本オリンピック委員会主催)/2010-06-25
  • いま、なぜ「一貫指導」なのか ~競技スポーツの視点から~
    河合 季信
    平成20年度 第2回一貫指導システム研修会(栃木県体育協会主催)/2008-11-13
  • ナショナルトレーニングセンターと10年後の長野(シンポジウム)
    杉田正明; 久木留毅; 河合季信
    平成20年度 競技者育成プログラム普及促進事業における「指導者連絡協議会」(文部科学省、日本オリンピック委員会、長野県体育協会主催)/2008-10-19
  • 競技力向上のための情報戦略
    河合 季信
    平成20年度 第1回スポーツセミナー(群馬県体育協会主催)/2008-06-28
  • 一貫指導システム構築のために共有すべき情報と認識 ~いま、何故「一貫指導なのか」~
    河合 季信
    平成20年度 第1回一貫指導システムセミナー(岩手県体育協会主催)/2008-05-17
学協会等委員
2017-06 -- (現在)(一社)Non-Violence Project Japan理事
2017-04 -- (現在)(独)日本スポーツ振興センターハイパフォーマンス戦略部アドバイザー
2015-04 -- (現在)(一社)日本スポーツアナリスト協会スポーツアナリティクスジャパン実行委員会委員
2013-04 -- (現在)(公財)日本オリンピック委員会情報・医・科学専門部会 科学サポート部門委員
1999-04 -- (現在)(公財)日本オリンピック委員会強化スタッフ
2016-04 -- 2017-03(独)日本スポーツ振興センターハイパフォーマンス戦略部(サイエンステクノロジーチーム)マネージャー
2016-04 -- 2017-03(独)日本スポーツ振興センターハイパフォーマンスセンター 協力者
2015-10 -- 2017-05(一社)Non-Violence Project Japanアドバイザー
2015-04 -- 2017-03日本スポーツ運動学会『スポーツ運動学研究』編集委員
2015-04 -- 2016-03(独)日本スポーツ振興センタースポーツ開発事業推進部 アドバイザー
学内管理運営業績
2016-04 -- (現在)体育系競技力強化委員会委員
2015-04 -- (現在)体育センター研究委員会委員
2015-04 -- (現在)体育センター正課体育委員会委員
2006-04 -- 2012-06体育系情報化推進委員会委員長
2006-04 -- 2012-06体育系国際交流委員会委員
2008-04 -- 2012-06体育センター正課体育委員会委員
2006-04 -- 2012-06体育センター情報・広報委員会委員
2004-04 -- 2012-06体育専門学群広報委員会委員
2006-04 -- 2012-06大学院コーチング学専攻広報委員会委員
その他の活動
2013-04 -- 2015-03文部科学省委託「マルチサポート戦略事業」ディレクター(JSC)
2014-04 -- 2015-03文部科学省委託「タレント発掘・育成コンソーシアム」アスリートライフスタイル・コーディネーター(JSC)
2012-12 -- 2014-03文部科学省委託「メダルポテンシャルアスリート育成システム構築事業」アスリートライフスタイル・コーディネーター(JSC)
メッセージ
競技スポーツにおける情報戦略やパフォーマンス分析に関心を持ち、日々実践と研究を行なっています。JSCやJOCなどの外部の競技スポーツ団体での活動を通して、最新の課題に取り組んでいます。

(最終更新日: 2017-08-29)