現在地

後藤 大輔(ゴトウ ダイスケ; Goto, Daisuke)

所属
医学医療系
職名
准教授
研究分野
膠原病・アレルギー内科学
研究キーワード
TGF-β
自己免疫疾患
NKT細胞
CD1d
研究課題
間質性肺炎発症におけるヒトCD161陽性γδ陽性T細胞の関与2014 -- 2016後藤 大輔日本学術振興会/基盤研究(C)4,940,000円
自己免疫疾患におけるTGF-βの役割に関する研究1996 -- (現在)/
iNKT細胞による関節炎の制御機構の解明2001-12 -- (現在)/
自己免疫疾患における可溶性CD1d分子の役割に関する研究2001 -- (現在)/
γδ陽性NKT細胞による間質性肺炎誘導メカニズムの解析 (ヒト膠原病合併間質性肺炎発症メカニズム解析へも応用)2009 -- (現在)/
自己免疫疾患における可溶性CD1d分子による病態制御機構の解明2008 -- 2010日本学術振興会/基盤研究(C)3,250,000円
強皮症における病因解明と根治治療法の開発2005 -- 2007日本学術振興会/その他600,000円
強皮症における病因解明と根治治療法の開発2005 -- 2007日本学術振興会/その他700,000円
職歴
1992-06 -- 1993-09千葉大学医学部附属病院 第2内科
1993-10 -- 1995-09国保旭中央病院 内科
1995-10 -- 2001-03千葉大学 第2内科
2001-04 -- 2001-12千葉県済生会習志野病院 リウマチ膠原病科
2010-04 -- 2010-09茨城県立中央病院 部長
2010-10 -- 2011-09筑波大学 大学院人間総合科学研究科 准教授 (筑波大学附属病院・茨城県地域臨床教育センター)
2011-10 -- (現在)筑波大学 医学医療系 准教授 (筑波大学附属病院・茨城県地域臨床教育センター)
学歴
-- 1992福井医科大学 医学部 医学科卒業
-- 2000千葉大学 医学研究科 内科学修了
取得学位
博士(医学)千葉大学
所属学協会
2013 -- (現在)日本臨床リウマチ学会
1999 -- (現在)日本アレルギー学会
2009-04 -- (現在)日本シェーグレン症候群学会
2001 -- (現在)日本リウマチ学会
1992 -- (現在)日本内科学会
2001-04 -- (現在)日本免疫学会
2004 -- (現在)日本臨床免疫学会
受賞
2004日本内科学会奨励賞
論文
  • RXRB is a MHC-encoded susceptibility gene associated with anti-topoisomerase I antibody-positive systemic sclerosis
    Oka Akira; Asano Yoshihide; Hasegawa Minoru; Fujimoto Man...
    The Journal of investigative dermatology/137(9)/pp.1878-1886, 2017-05
  • Transethnic meta-analysis identifies GSDMA and PRDM1 as susceptibility genes to systemic sclerosis
    Terao Chikashi; Kawaguchi Takahisa; Dieude Philippe; Varg...
    Annals of the rheumatic diseases/76(6)/pp.1150-1158, 2017-03
  • 全身性強皮症 診断基準・重症度分類・診療ガイドライン
    全身性強皮症 診断基準・重症度分類・診療ガイドライン委員会...
    日本皮膚科学会雑誌/126(10)/pp.1831-1896, 2016
  • 間質性肺炎合併膠原病患者におけるCD161+ Vδ1+ γδT細胞の解析
    瀬川 誠司; 後藤 大輔; 堀越 正信; 松本 功; 住田 孝之
    日本臨床免疫学会会誌/35(4)/pp.332b-332b, 2012
  • Activation of Invariant NKT cells with glycolipid ligand α-galactosylceramide ameliorates glucose-6-phosphate isomerase peptide-induced arthritis
    後藤 大輔
    PLoS One/7(12)/p.e51215, 2012-12
  • Serum chemokine levels as prognostic markers in patients with early systemic sclerosis: a multicenter, prospective, observational study
    Hasegawa Minoru; Asano Yoshihide; Endo Hirahito; Fujimoto...
    Mod Rheumatol/23(6)/pp.1076-1084, 2013-11
  • A case of a disseminated sporotrichosis patient treated with prednisolone, immunosuppressants, and tocilizumab under the diagnosis of rheumatoid arthritis.
    Goto Daisuke
    Intern Med/51(15)/pp.2035-2039, 2012-08
  • Activation of Invariant NKT Cells with Glycolipid Ligand alpha-Galactosylceramide Ameliorates Glucose-6-Phosphate Isomerase Peptide-Induced Arthritis
    Horikoshi Masanobu; Goto Daisuke; Segawa Seiji; Yoshiga Y...
    PLOS ONE/7(12), 2012-12
  • A single missense mutant of Smad3 inhibits activation of both Smad2 and Smad3, and has a dominant negative effect on TGF-beta signals.
    Goto D; Yagi K; Inoue H; Iwamoto I; Kawabata M; Miyazono ...
    FEBS Lett./(430(3))/p.201-4, 1998-01
  • Intracellular signaling of the TGF-beta superfamily by Smad proteins.
    Kawabata M; Imamura T; Inoue H; Hanai J; Nishihara A; Han...
    Ann N Y Acad Sci./(866)/p.73-82.Review., 1999-01
  • Alternatively spliced variant of Smad2 lacking exon 3. Comparison with wild-type Smad2 and Smad3.
    Yagi K; Goto D; Hamamoto T; Takenoshita S; Kato M; Miyazo...
    J Biol Chem./(274(2))/p.703-9, 1999-01
  • Ligation of the T cell receptor complex results in phosphorylation of Smad2 in T lymphocytes.
    Mamura M; Nakao A; Goto D; Kato M; Saito Y; Iwamoto I.
    Biochem Biophys Res Commun./(268(1))/p.124-7, 2000-01
  • Interaction between Smad anchor for receptor activation and Smad3 is not essential for TGF-beta/Smad3-mediated signaling.
    Goto D; Nakajima H; Mori Y; Kurasawa K; Kitamura N; Iwamo...
    Biochem Biophys Res Commun./(281(5))/p.1100-5, 2001-01
  • c-myc is a downstream target of the Smad pathway.
    Yagi K; Furuhashi M; Aoki H; Goto D; Kuwano H; Sugamura K...
    J Biol Chem./(277(1))/p.854-61, 2002-01
  • Low Expression Level of Soluble CD1d Gene in Patients with Rheumatoid Arthritis.
    Kojo S; Tsutsumi A; Goto D; Sumida T
    J Rheumatol./p.30(12), 2003-01
  • Low Expression of Soluble CD1d Patients with Rheumatoid Arthritis.
    Goto D; Kojo S; Matsumoto I; Ito S; Tsutsumi A; Sumida T.
    Arthritis Rheum/50/p.S528, 2004-01
  • Association of mannose-binding lectin (MBL) gene polymorphism and serum MBL concentration with characteristics and progression of systemic lupus erythematosus
    Takahashi R; Tsutsumi A; Ohtani K; Muraki Y; Goto D; Mats...
    Ann Rheum Dis/64/p.311-314, 2005-01
  • Clinical characteristics of ant-glucose-6-phosphate isomerase antibody-positive Japanese patients with rheumatoid arthritis
    Hayashi T; Matsumoto I; Muraki Y; Takahashi R; Chino Y; G...
    Modern Rheumatology/15(4)/pp.258-263, 2005-01
  • Gene transducion of tristetraprolin or its active domain reduces TNF-a production by Jurkat T cells.
    Suzuki E; Tsutsumi A; Goto D; Matsumoto I; Ito S; Otsu M;...
    Int J Mol Med/17/p.801-809, 2006-01
  • Diagnosis of Chlamydia-induced Reactive Arthritis.
    Ito S; Sugihara M; Suzuki T; Mamura M; Goto D; Matsumoto ...
    Intern Med/45/p.37, 2006-01
  • The Expression and Function of CD1d Variants in Patients with Autoimmune Disease.
    Goto D; Yoshiga Y; Kojo S; Matsumoto I; Ito S; Tsutsumi A...
    Arthritis Rheum/54/p.S405, 2006-01
  • Overexpression of Phosphorylated STAT-1a in the Labial Salivary Glands of Patients With Sjogren's Syndrome.
    Wakamatsu E; Matsumoto I; Yasukochi T; Naito Y; Goto D; M...
    Arthritis Rheum/54/p.3476-3483, 2006-01
  • Discussion about immune-control system by NKT cells that stimulated by variant CD1d in the patients with autoimmune disease.
    Goto D; Yoshiga Y; Kojo S; Mamura M; Matsumoto I; Ito S; ...
    Mod Rheumatol/16(supp)/p.107-108, 2006-01
  • 感染との鑑別を要しTHA再々置換を行ったリウマチ性多発筋痛症の1例
    和田大志; 三島 初; 村井伸司; 石井朝夫; 後藤大輔; 落合直之
    日本骨・関節感染症学会雑誌/20/p.132-135, 2006-01
  • Immune-control system by NKT cells that stimulated by variant CD1d in the patients with autoimmune disease
    Goto D; Yoshiga Y; Segawa S; Mamura M; Matsumoto I; Ito S...
    Mod Rheumatol/17(S200), 2007-01
著書
  • 第I章 全身性強皮症、C診療ガイドライン、 3消化管、2.Clinical Question
    Goto Daisuke
    全身性強皮症・限局性強皮症・好酸球性筋膜炎・硬化性萎縮性苔癬の診断基準・重症度分類・診療ガイドライン, pp.53-66, 2017-03
  • 第I章 全身性強皮症、C診療ガイドライン、 3消化管、1.消化管病変の診療アルゴリズム
    Goto Daisuke
    全身性強皮症・限局性強皮症・好酸球性筋膜炎・硬化性萎縮性苔癬の診断基準・重症度分類・診療ガイドライン, pp.52-52, 2017-03
  • 第I章 全身性強皮症、B重症度分類、4.消化管
    Goto Daisuke
    全身性強皮症・限局性強皮症・好酸球性筋膜炎・硬化性萎縮性苔癬の診断基準・重症度分類・診療ガイドライン, pp.11-11, 2017-03
  • 17.日和見感染症
    後藤大輔; 村田秀行; 鈴木英二
    COLOR ATLAS 膠原病・リウマチ改訂第3版, 診断と治療社, pp.184-193, 2016-12
  • 12.成人発症Still病
    後藤大輔
    COLOR ATLAS 膠原病・リウマチ改訂第3版, 診断と治療社, pp.156-157, 2016-12
  • 10.血管炎症候群
    後藤大輔
    COLOR ATLAS 膠原病・リウマチ改訂第3版, 診断と治療社, pp.134-143, 2016-12
  • 7.全身性硬化症(強皮症)
    後藤大輔; 村田秀行
    COLOR ATLAS 膠原病・リウマチ改訂第3版, 診断と治療社, pp.100-113, 2016-12
  • V.治療 1.臓器別治療 7)消化器病変
    後藤大輔
    強皮症の基礎と臨床 〜病態の解明から最新の診療まで〜, 医薬ジャーナル社, pp.223-230, 2016-08
  • IV.臓器別病態 5.消化器
    後藤大輔
    強皮症の基礎と臨床 〜病態の解明から最新の診療まで〜, 医薬ジャーナル社, pp.150-158, 2016-08
  • 膠原病・リウマチ疾患の診断基準一覧
    後藤 大輔
    EXPERT 膠原病・リウマチ 第3版, 診断と治療社, pp.369-398, 2013-03
  • 神経障害性関節症
    後藤 大輔
    EXPERT 膠原病・リウマチ 第3版, 診断と治療社, pp.356-358, 2013-03
  • 全身性エリテマトーデス
    後藤 大輔
    膠原病の理解のために 第十二版, 2012-09
  • 特集:リウマチ性疾患にみられる筋病変と合併症  皮膚筋炎と悪性腫瘍
    後藤 大輔
    リウマチ科, 科学評論社, pp.403-409, 2013-04
  • Intracellular signaling of the TGF-b superfamily by Smad proteins.
    後藤 大輔
    Ann N Y Acad Sci, 1999-01
  • Adalimumab
    後藤 大輔
    日本臨床, 2002-01
  • 痛風
    後藤 大輔
    診断と治療社, 2002-01
  • 【関節リウマチをめぐって】  病態形成におけるNKT細胞の役割
    後藤 大輔
    臨床免疫, 2003-01
  • NKT細胞の胸腺前駆細胞
    後藤 大輔
    臨床免疫, 2003-01
  • 【リウマチの新しい治療戦略】   リウマチの抗サイトカイン療法 ヒト抗TNF-α抗体;Adalimumab
    後藤 大輔
    Mebio, 2003-01
  • 消化器領域における自己免疫性疾患 シェーグレン症候群
    後藤 大輔
    臨床消化器内科, 2003-01
  • 特集II/生物製剤を用いた免疫調節療法 抗CD40リガンド抗体療法
    後藤 大輔
    臨床免疫, 2003-01
  • 混合性結合組織病、血管炎症候群、成人発症Still病、日和見感染
    後藤 大輔
    診断と治療社, 2003-01
  • 特集/日常診療での膠原病の診かた Raynaud現象
    後藤 大輔
    診断と治療, 2004-01
  • 特集 リウマチの分子治療 -生物製剤はどう使うか- 完全ヒト型の抗TNF-α抗体
    後藤 大輔
    分子リウマチ, 2004-01
  • 特集II/自然免疫と疾患 NKT細胞と疾患
    後藤 大輔
    炎症と免疫, 2004-01
会議発表等
  • 間質性肺炎モデルマウスにおける新規化合物HPH-15の有用性の検討
    瀬川 誠司; 後藤 大輔; 飯塚 晃; 松本 功; 大塚 雅巳; 住田 孝之
    平成29年度厚生労働省科学研究補助金 難治性疾患等政策研究事業 第20回強皮症研究会議(尹班)/2018-01-13
  • The regulatory role of Allergin-1 in autoantibody production
    Iizuka Akira; Segawa Seiji; Kondo Yuya; Kaneko Shunta; Yo...
    第46回日本免疫学術集会/2017-12-13
  • The analysis go placenta specific 8 in monocytes from Adults Still's disease.
    Segawa Seiji; Kondo Yuya; Iizuka Akira; Kaneko Shunta; Yo...
    第46回日本免疫学術集会/2017-12-12
  • DNAマイクロアレイを用いた成人発症Still病由来単球の遺伝子発現解析
    瀬川誠司; 近藤裕也; 飯塚 晃; 金子駿太; 横澤 将宏; 古山...
    第38回日本炎症・再生医学会/2017-07-19
  • 自己抗体産生におけるAllergin-1の機能解析
    飯塚晃; 瀬川誠司; 近藤 裕也; 横澤 将宏; 金子 駿太; 古山 ...
    第38回日本炎症・再生医学会/2017-07-19
  • デノスマブ投与中エルデカルシトールによる高Ca決勝を呈した一例
    岡本翔太; 寺崎真由; 志鎌明人; 高野洋平; 後藤 大輔
    第23回茨城リウマチ/2017-11-25--2017-11-25
  • TCZ認可後TKAに対してTCZ導入した1例
    高野洋平; 岡本翔太; 後藤 大輔
    茨城IL-6研究会/2017-11-22--2017-11-22
  • RXRB is a MHC-encoded susceptibility gene associated with anti-topoisomerase I antibody-positive systemic sclerosis
    Oka A; Asano Y; Hasegawa M; Fujimoto M; Ishikawa O; Kuwan...
    The 42nd Annual Meeting of the Japanese Society for Investigative Dermatology/2017-12-15--2017-12-17
  • 自己抗体産生におけるAllergin-1の機能解析
    飯塚 晃; 瀬川誠司; 近藤裕也; 横澤 将宏; 金子駿太; 柴山...
    第61回日本リウマチ学会総会・学術集会/2017-04-20--2017-04-22
  • DNAマイクロアレイを用いた成人発症Still病由来単球の遺伝子発現解析
    瀬川誠司; 近藤裕也; 飯塚 晃; 金子駿太; 横澤 将宏; 古山...
    第61回日本リウマチ学会総会・学術集会/2017-04-20--2017-04-22
  • サイトカイン阻害による間質性肺炎病態制御脳の検討
    瀬川誠司; 後藤大輔; 飯塚晃; 松本 功; 住田孝之
    厚生労働省「強皮症の病態解明および革新的医薬品開発の研究」研究班2016年度班会議・第20回強皮症研究会議/2017-01-14
  • The regulatory role of Allergin-1 in autoantibody production
    Iizuka Akira; Segawa Seiji; Kaneko Shunta; Yokosawa Masah...
    The 45th Annual Meeting of The Japanese Society of Immunology/2016-12-05--2016-12-06
  • 間質性肺炎合併強皮症におけるTCR Vδ1+NKT細胞の解析
    後藤 大輔
    第57回日本リウマチ学会総会・学術集会/2013-04-18--2013-04-20
  • 関節リウマチ患者におけるコンパクトMRIを用いたアバタセプトの治療評価
    後藤 大輔
    第57回日本リウマチ学会総会・学術集会/2013-04-18--2013-04-20
  • NKT細胞リガンドα–galactosylceramideによるglucose-6-phosphate isomerase (GPI)ペプチド誘導性関節炎の制御
    後藤 大輔
    第57回日本リウマチ学会総会・学術集会/2013-04-18--2013-04-20
  • 関節リウマチにおけるsubclinical synovitisの関節破壊への進展解析
    後藤 大輔
    第57回日本リウマチ学会総会・学術集会/2013-04-18--2013-04-20
  • 関節リウマチ37例に対するアバタセプトの有効性の検討
    後藤 大輔
    第57回日本リウマチ学会総会・学術集会/2013-04-18--2013-04-20
  • 間質性肺炎合併全身性強皮症におけるCD161陽性Vδ1陽性γδT細胞の解析
    後藤 大輔
    厚生労働省「強皮症における病因解明と根治的治療法の開発」研究班2012年度班会議/2013-01-19--2013-01-19
  • The role of TCR V delta1+ NKT cells in systemic sclerosis patients with interstitial pneumonitis
    後藤 大輔
    第41回日本免疫学術集会/2012-12-05--2012-12-07
  • Suppression of glucose-6-phosphate isomerase peptide-induced arthritis with potent natural killer T cel ligand, alpha-galactosylceramide
    後藤 大輔
    第41回日本免疫学術集会/2012-12-05--2012-12-07
  • The role of CD161+ Vδ1+ γδT cells in systemic sclerosis patients with interstitial pneumonitis
    Goto Daisuke
    ACR 76th Annual Scientific Meeting/2012-11-9--2012-11-14
  • 胃癌摘出により寛解した皮膚筋炎の一例
    後藤 大輔
    第18回茨城リウマチ/2012-10-20
  • 間質性肺炎合併膠原病患者におけるCD161+Vδ1+γδT細胞の解析
    後藤 大輔
    第40回日本臨床免疫学会/2012-09-27--2012-09-29
  • 最近のリウマチ治療
    後藤 大輔
    第1回茨城県央地区 骨・関節研究会/2012-08-31
  • ctivation of Invariant NKT Cells with Alpha-Galactosylceramide Ameliorates Glucose-6-Phosphate Isomerase Peptide Induced Arthritis
    Goto Daisuke
    Federation of Clinical Immunology Societies (FOCIS) 2012/2012-06-20--2012-06-23
担当授業科目
2016-10 -- 2017-02臨床研究方法論筑波大学
2016-10 -- 2017-02医学特殊研究筑波大学
2016-10 -- 2017-02医学特別演習筑波大学
2016-04 -- 2016-08医学特別演習筑波大学
2016-04 -- 2016-08臨床研究方法論筑波大学
2016-04 -- 2016-08医学特殊研究筑波大学
2015-04 -- 2015-08医学特殊研究筑波大学
2015-04 -- 2015-08医学特別演習筑波大学
2015-04 -- 2015-08臨床研究方法論筑波大学
2015-10 -- 2016-02医学特殊研究筑波大学
一般講演
  • 自己抗体産生におけるAllergin-1の機能解析
    飯塚 晃; 瀬川 誠司; 後藤 大輔; 松本 功; 渋谷 彰; 柴山 史...
    第6回筑波大学・東京理科大学合同リトリート/2018-3-17
  • 2012年4月〜5月に経験した皮膚筋炎の3症例
    後藤 大輔
    第111回常陸神経懇話会/2012-05-28
  • Suppression of collagen-induced arthritis by natural killer T cell activation with α-carba-GalCer, a novel synthetic glycolipid ligand.
    Yohei Y; Goto D; Segawa S; Sugihara M; Hayashi T; Chino Y...
    American College of Rheumatology 73rd Annual Scientific Meeting/2009-10-17
  • 新規NKT細胞抗原Alpha-carba-galacerによるコラーゲン誘導性関節炎(CIA)の制御
    吉賀洋平; 後藤大輔; 瀬川誠司; 林 太智; 松本 功; 伊藤 聡; ...
    第53回日本リウマチ学会総会・学術集会/2009-04-23
  • 関節リウマチ患者における可溶性CD1d分子によるNKT細胞の制御機構
    後藤大輔; 瀬川誠司; 吉賀洋平; 林 太智; 松本 功; 伊藤 聡; ...
    第53回日本リウマチ学会総会・学術集会/2009-04-23
  • サイトカイン誘導性肺障害モデルを用いた間質性肺炎発症メカニズムの解析
    瀬川誠司; 後藤大輔; 吉賀洋平; 林 太智; 松本 功; 伊藤 聡; ...
    第53回日本リウマチ学会総会・学術集会/2009-04-23
学協会等委員
2014-04 -- (現在)水戸日立リウマチフォーラム世話人

(最終更新日: 2018-04-10)