現在地

福田 綾(フクダ アヤ; FUKUDA, AYA)

所属
医学医療系
職名
准教授
URL
電話
029-853-3929
Fax
029-853-3929
研究分野
分子生物学
研究キーワード
転写
クロマチン
コアクチベーター
研究課題
モデルマウスによるUCP1発現細胞の非侵襲的イメージング解析2016-04 -- 2019-03福田 綾/科学研究費補助金 基盤研究(C)4940000
RNA結合タンパク質を介した転写制御機構の解析2011 -- 2012日本学術振興会/若手研究(B)4680000
新規コアクチベーター NF 複合体の構成因子と制御機構の解析2010 -- 2012日本学術振興会/基盤研究(C)650000
ヒストンアセチル化を介した転写調節の分子機構2009 -- 2010日本学術振興会/若手研究(B)4550000
ヒストンのメチル化と転写調節                          2007 -- 2008日本学術振興会/若手研究(B)3790000
所属学協会
2006 -- (現在)日本生化学会
2006 -- (現在)日本分子生物学会
論文
著書
  • ヒストンのメチル化と転写調節
    福田 綾; 久武幸司
    2007-04
  • c-fos 遺伝子の転写誘導時に起こるヒストンH3リン酸化の誘導機構
    嶋田美穂; 中太智義; 福田 綾; 久武幸司
    2007-06
  • 実験医学別冊「目的別で選べるプロトコール タンパク質発現」 (「昆虫細胞」の項)
    福田 綾; 久武幸司
    2010-04
会議発表等
  • 初期化が途中で停止した細胞を用いたiPS細胞誘導過程の解析
    西村健; 加藤哲男; Oinam Lalhaba; 塩満鋭美; 成田孝仁; 大高...
    第13回日本再生医療学会総会/2014-03
  • iPS細胞誘導初期における体細胞特異的転写因子の発現減少と誘導効率への影響
    加藤哲男; 西村健; 塩満鋭美; Oinam Lalhaba; 福田 綾; 中西...
    第13回日本再生医療学会総会/2014-03
  • Analysis of the Partially Reprogrammed iPS Cells
    Shiomitsu E; Nishimura K; Kato T; Oinam L; FUKUDA AYA; Ko...
    The 12th NTU-Japan International Student Mini-Symposium on Life Science/2013-12
  • iPS細胞誘導初期におけるメカニズム解析
    加藤哲男; 西村健; 塩満鋭美; 綾川大介; 福田 綾; 久武幸司
    第36回日本分子生物学会年会/2013-12
  • Klf4遺伝子発現量による初期化が途中で停止した細胞の誘導
    西村健; 加藤哲男; Oinam Lalhaba; 塩満鋭美; 成田孝仁; 大高...
    第36回日本分子生物学会年会/2013-12
  • Manipulation of Klf4 expression produces snap shots of iPSC induction
    FUKUDA AYA; Nishimura K; Kato T; Oinam L; Ohtaka M; Nakan...
    CSHAsia 2013 Conference on CSHA/ISSCR Joint Meeting on Stem Cells in Science and Medicine/2013-10
  • Regulated Induction of Partially Reprogrammed iPS Cells by SeVdp Vectors
    Hisatake K; Kato T; Oinam L; Narita T; Ohtaka M; FUKUDA A...
    Cold Spring Harbor Laboratory meeting on “Stem Cell Biology”/2013-09
  • Taking snap shots during iPSC production by SeVdp vectors
    Nishimura K; Kato T; Oinam L; Narita T; Ohtaka M; FUKUDA ...
    International Society of Stem Cell Research 11th Annual Meeting/2013-06
  • SeVdpベクターを用いたiPS細胞の品質調節メカニズムの解析
    西村健; 成田孝仁; 大高真奈美; 高安聡子; 佐野将之; 福田 綾...
    第12回日本再生医療学会総会/2013-03
  • Heterogeneous nuclear ribonucleoprotein R (hnRNP R) cooperates with Mediator to enhance transcription reinitiation
    Fukuda A; Shimada M; Nakadai T; Nishimura K; Hisatake K
    第34回日本分子生物学会年会/2011-12-01
  • Transcriptional regulation of c-fos gene via RNA binding proteins
    福田綾; 中太智義; 嶋田美穂; 久武幸司
    第32回日本分子生物学会年会/2009-12-11
  • RNA binding proteins regulate the c-fos transcription
    Fukuda A.; Nakadai T.; Shimada M.; Hisatake K
    Cold Spring Harbor Laboratory meeting on “Mechanisms of Eukaryotic Transcription/2009-08-26
  • RNA 結合タンパク質による転写調節機構の解析
    福田 綾; 中太智義; 嶋田美穂; 久武幸司
    平成21年度 社団法人日本生化学会関東支部例会「若手が担う次世代型生化学研究」/2009-06-20
  • c-fos 遺伝子の転写調節機構の解析
    福田綾; 中太智義; 嶋田美穂; 久武幸司
    第30回日本分子生物学会年会・第80回日本生化学会大会 合同大会/2007-12-12
  • Identification of Novel Coactivator Activities for the c-fos Gene Transcription
    Fukuda A.; Nakadai T.; Shimada M.; Hisatake K
    ASBMB Spetial Symposia “Transcription Regulation by Chromatin and RNA Polymerase II”/2008-10-18
  • MSK1 によるヒストン H3 リン酸化の制御機構
    久武幸司; 嶋田美穂; 中太智義; 福田綾
    第31回日本分子生物学会年会・第81回日本生化学会合同大会/2008-12-10
  • c-fos 遺伝子の新規転写コアクチベーターの同定と機能解析
    福田綾; 中太智義; 嶋田美穂; 久武幸司
    第31回日本分子生物学会年会・第81回日本生化学会合同大会/2008-12-10
担当授業科目
2017-10 -- 2017-12医科学セミナー筑波大学
2017-04 -- 2017-08Advanced Exercise on Public Health筑波大学
2017-10 -- 2018-02Advanced Exercise on Public Health筑波大学
2017-04 -- 2017-08インターンシップII筑波大学
2017-10 -- 2018-02インターンシップII筑波大学
2017-04 -- 2017-07生化学特論筑波大学
2017-10 -- 2018-02基礎医科学演習筑波大学
2017-04 -- 2017-08基礎医科学演習筑波大学
2017-07 -- 2017-08生化学筑波大学
2017-11 -- 2018-02生化学実習筑波大学
授業以外の教育活動
2017-02 -- 2017-03博士論文学位審査生命システム医学専攻
2016-06 -- 2016-06博士中間審査疾患制御医学専攻
2017-03 -- 2017-03修士中間審査(2件)フロンティア医科学専攻
2016-04 -- 2016-04修士中間審査(2件)フロンティア医科学専攻
2014-06 -- 2014-06博士中間審査筑波大学疾患制御医学専攻
2014-01 -- 2014-01博士学位審査筑波大学生命システム医学専攻
2014-01 -- 2014-01修士最終審査筑波大学フロンティア医科学専攻
2009-06 -- 2009-06博士中間審査筑波大学生命システム医学専攻
2013-09 -- 2013-09修士中間審査筑波大学フロンティア医科学専攻
2013-06 -- 2013-06博士中間審査筑波大学生命システム医学専攻
一般講演
  • Mechanistic analysis of c-fos transcriptional regulation by a novel coactivator hnRNP R
    Fukuda A; Takeuchi M; Nakadai T; Shimada M; Hisatake K
    第33回日本分子生物学会年会・第83回日本生化学会合同大会/2010-12-07
  • Mechanism of c-fos transcriptional regulation by an RNA-binding protein, hnRNP R
    Hisatake K; Takeuchi M; Nakadai T; Shimada M; Fukuda A
    Leading Graduate Schools International Conference/2010-11-01
学内管理運営業績
2014-04 -- (現在)筑波大学ハラスメント防止対策委員会委員(医学医療系)
2017-04 -- (現在)医療科学類国際教育委員会委員長
2014-04 -- (現在)医療科学類カリキュラム委員会G30担当
2012-04 -- (現在)共同利用施設小委員会医学共通機器室の管理
2006-07 -- 2012-03医学安全管理小委員会研究グループ代表として、会議への出席、各種書類作成、廃棄物処理の申請などを行う
2008-08 -- 2009-02第3回つくば医科学交流会準備委員会交流会の企画、準備、運営など
2010-04 -- (現在)MECC (Medical English Communications Center) 委員MECC の設立、運営、広報など
2010-04 -- (現在)フロンティア医科学広報委員パンフレットやポスター作製など、フロンティア医科学の広報に関する仕事を行う
2012-04 -- (現在)施設・設備委員会医学共通機器室の代表として、共通機器室の管理等を担当する
2012-05 -- 2012-11リーディング大学院国際会議準備委員11月初旬に開催されるリーディング大学院国際会議の準備、運営等を行う
その他の活動
2016-01 -- 2016-01青森県八戸北高校において医療科学類の出張講義を行った。

(最終更新日: 2017-05-30)