現在地

石崎 和宏(イシザキ カズヒロ; Ishizaki, Kazuhiro)

所属
芸術系
職名
教授
URL
eメール
 
電話
029-853-2707
Fax
029-853-2707
研究分野
教科教育学
研究キーワード
美術教育
美術鑑賞
鑑賞スキル
鑑賞レパートリー
熟達化
転移
学習理論
支援ツール
教材開発
フランツ・チゼック
研究課題
美術鑑賞プロセスでの思考の柔軟性と深化を促す学習方略の研究2016-04 -- 2019-03石崎和宏日本学術振興会/基盤研究(C)4550000
視覚イメージと言語の相互作用を促す美術学習方略に関する実証的研究2013-04 -- 2016-03石崎和宏日本学術振興会/基盤研究(C)4810000
メタ認知的アプローチによる美術鑑賞学習方略の効果と課題2010-04 -- 2013-03石崎和宏日本学術振興会/基盤研究(C)4160000
美術鑑賞領域における熟達化と学習方略に関する実証的研究2006-04 -- 2009-03石崎和宏日本学術振興会/基盤研究(C)3190000
美術鑑賞学習における発達とレパートリーに関する研究2006-04 -- 2007-03石崎和宏日本学術振興会/研究成果公開促進費1500000
美術鑑賞におけるレパートリーの分析とそのスキル習得のための教材開発2003-04 -- 2006-03石崎和宏日本学術振興会/基盤研究(C)2800000
美的感受性の発達的知見に基づく美術鑑賞教育ソフトウェアの開発2001-04 -- 2003-03石崎和宏日本学術振興会/若手研究(B)2100000
職歴
2013-04 -- (現在)国立大学法人筑波大学 芸術系 教授
2011-10 -- 2013-03国立大学法人筑波大学 芸術系 准教授
2008-04 -- 2011-09国立大学法人筑波大学 大学院人間総合科学研究科 准教授
2007-04 -- 2008-03国立大学法人宇都宮大学 教育学部 准教授
2004-04 -- 2007-03国立大学法人宇都宮大学 教育学部 助教授
2001-04 -- 2004-03宇都宮大学 教育学部 助教授
1998-04 -- 2001-03秋田大学 教育文化学部 助教授
1997-06 -- 1998-03秋田大学 教育学部 助教授
1993-04 -- 1997-05秋田大学 教育学部 講師
学歴
1982-04 -- 1986-03筑波大学 芸術専門学群卒業
1986-04 -- 1992-03筑波大学 大学院博士課程芸術学研究科修了
取得学位
1992-03博士(芸術学)筑波大学
所属学協会
1986 -- (現在)美術科教育学会
1987 -- (現在)大学美術教育学会
-- (現在)National Art Education Association
2001 -- (現在)International Society for Education through Art
-- (現在)日本教育方法学会
-- (現在)日本美術教育連合
受賞
2007-032006年度 美術科教育学会『美術教育学』賞
論文
  • Our museum in the diverse social context: Schools’ collections as cultural resources created by citizen curators
    Wang Wenchun; Ishizaki Kazuhiro
    Conference Proceedings: The 34th World Congress of the International Society for Education through Art/pp.175-177, 2015-07
  • Learning through Collaborative Activities in Metacognitive Art Writing
    Ishizaki Kazuhiro; Wang Wenchun
    InSEA European Regional Congress: Tales of Art Curiosity/Canterbury 2013 Proceedings/pp.350-361, 2014
  • Considering the Effects of Metacognition in the Process of Writing about Art
    Ishizaki K.; Wang W.
    ART & SPACE & EDUCATION: Proceedings of the 33rd InSEA World Congress, Budapest, 25-30th June 2011(DVD)/pp.1-13, 2011-06
  • Considering the framework of art appreciation repertoires
    Ishizaki K.; Wang W.
    International Journal of Education through Art/6(3)/pp.327-341, 2010-12
  • 美術鑑賞学習におけるメタ認知の役割に関する一考察
    石崎 和宏; 王 文純
    美術教育学 : 美術科教育学会誌/(31)/pp.55-66, 2010-03
  • 鑑賞スキルの熟達化と転移に関する一考察
    王 文純; 石崎 和宏
    美術教育学 : 美術科教育学会誌/(30)/pp.465-476, 2009-03
  • Learning about “Appreciation Skills”: Case Study of Two Teenagers
    Ishizaki K.; Wang W.; Parsons M.
    Proceedings : The 32nd InSEA World Congress 2008 in Osaka (CD-ROM)/p.1-10, 2008-08
  • 美術鑑賞文における熟達化の分析
    石崎 和宏; 王 文純
    美術教育学 : 美術科教育学会誌/(29)/pp.49-60, 2008-03
  • 美術鑑賞文におけるレパートリー構造の質的分析
    王 文純; 石崎 和宏
    美術教育学 : 美術科教育学会誌/(28)/pp.429-440, 2007-03
  • 美術教育における読解力形成と構造化をめぐる課題
    石崎 和宏
    美術教育学 : 美術科教育学会誌/(27)/pp.439-450, 2006-03
  • 美術鑑賞文におけるレパートリーの考察
    石崎 和宏; 王 文純
    美術教育学 : 美術科教育学会誌/(27)/pp.29-41, 2006-03
  • 美的感受性の発達に対するレパートリーの観点からの再考
    王 文純; 石崎 和宏
    美術教育学 : 美術科教育学会誌/(25)/pp.507-519, 2004-03
  • 美術鑑賞のマルチメディア教材「アート・リポーター」に関する一考察
    石崎 和宏; 王 文純
    宇都宮大学教育学部紀要. 第1部/54/pp.115-130, 2004-03
  • Postmodern Approach of Art Appreciation for Integrated Study in Japan
    Ishizaki K.; Wang W.
    Journal of Aesthetic Education/37(4)/p.64-73, 2003-12
  • Re-considering the Developmental Characteristics of Japanese Students' Art Appreciation from the Viewpoint of Repertoires
    Ishizaki K.; Wang W.
    International Conversations through Art: Proceedings - The 31st InSEA World Congress (CD-ROM)-/p.1-8, 2003-07
  • Aesthetic Development in Cross-cultural Context: A Study of Art Appreciation in Japan, Taiwan and the United States
    Wang W.; Ishizaki K.
    Studies in Art Education/43(4)/p.373-392, 2002-07
  • 日本の美術鑑賞教育の新たな課題 -美的感受性の発達的特徴からの検討―
    石崎和宏; 王文純
    新世紀芸術教育理論與実務国際学術検討会論文集/p.1-20, 2001-09
  • 日本の青少年の美的感受性に関する発達的考察 -思春期前期にみられる特徴について-
    石崎和宏; 王文純
    大学美術教育学会誌/(32)/p.39-46, 2000-03
  • 青少年の美的感受性の発達とその評定法に関する一考察
    石崎 和宏; 王 文純
    美術教育学 : 美術科教育学会誌/(20)/pp.35-45, 1999-03
  • 美的感受性の発達に関する異文化的視点からの考察 -日本と台湾の比較を通して-
    王文純; 石崎和宏
    大学美術教育学会誌/(31)/p.31-38, 1999-03
  • 視覚美術に対する成人の美的感受性の諸特性とその相関性に関する一考察
    石崎 和宏
    秋田大学教育学部研究紀要. 教育科学/53/pp.11-16, 1998-03
  • 美的感受性の発達に関する研究 : 青年における評定法の開発とその検討
    玉 文純; 石崎 和宏
    美術教育学 : 美術科教育学会誌/(19)/pp.417-427, 1998-03
  • 美的感受性の発達に関する基礎的研究-先行研究資料の批判的検討-
    石崎和宏; 王文純
    美術教育学/(18)/p.1-13, 1997-03
  • 「美術鑑賞テスト」による美術能力の分析
    石崎 和宏
    秋田大学教育学部研究紀要. 教育科学/51/pp.21-27, 1997-03
  • 美的感受性の発達に関する基礎的研究 : 先行研究資料の批判的検討
    石崎 和宏; 王 文純
    美術教育学 : 美術科教育学会誌/(18)/pp.1-13, 1997-03
著書
  • 美術鑑賞学習における美的判断ジレンマの試み
    石﨑和宏
    アートエデュケーション思考/pp.64-71, 2016-09
  • Interaction between pictorial images and language in art appreciation
    Ishizaki Kazuhiro; Wang Wenchun
    當代藝術教育研究新視野-第一屆藝術教育研究國際學術研討會論文集-/pp.1-18, 2015-06
  • 子どもの芸術的なコンピテンシー -イメージとことばを相互作用的につなげる力-
    石崎 和宏; 王文純
    アートでひらく未来の子どもの育ち:未来の子どもの育ち支援のために-人間科学の越境と連携実践4-/pp.298-320, 2014-02
  • Considering the Effects of Metacognition in the Process of Writing about Art
    Ishizaki Kazuhiro; Wang Wenchun
    From Child Art to Visual Language of Youth: New Models and Tools for Assessment of Learning and Creation in Art Education/pp.249-266, 2013-08
  • 美術鑑賞学習における発達とレパートリーに関する研究
    石﨑和宏; 王文純
    2006-11
  • フランツ・チゼックの美術教育論とその方法に関する研究
    石崎 和宏
    1992-10
  • 戦後の民間教育運動、学習指導要領の変遷(1)~(5)
    石﨑 和宏
    美術科教育の基礎知識 (4訂版), 2010-10
  • 美術鑑賞における発達の特徴、パーソンズの美的発達論
    石﨑 和宏; 王文純
    美術鑑賞宣言/pp.300-305, 2003-03
会議発表等
  • 鑑賞教育研究:20年來的回顧・現況與展望
    石﨑和宏; 王文純
    “守正創新”美術教育創新学術論壇/2016-11-14--2016-11-15
  • Longitudinal study of the interaction between drawing and linguistic activity in art appreciation
    Ishizaki Kazuhiro; Wang Wenchun
    2015 USSEA Regional Conference, An Inclusive World: Bridging Communities/2015-07-17--2015-07-19
  • Interaction between pictorial images and language in art appreciation
    Ishizaki Kazuhiro; Wang Wenchun
    第一屆藝術教育研究國際學術研討會/2015-03-20--2015-03-20
  • The unique and specific function of the interaction among drawing, linguistic activities and art appreciation
    Ishizaki Kazuhiro; Wang Wenchun
    The 34th World Congress of the International Society for Education through Art (InSEA 2014)/2014-07-07--2014-07-11
  • Our museum in the diverse social context: A participatory action research study of art museum project for lifelong learning
    Wang Wenchun; Ishizaki Kazuhiro
    The 34th World Congress of the International Society for Education through Art (InSEA 2014)/2014-07-07--2014-07-11
  • Learning through Collaborative Activities in Metacognitive Art Writing
    Ishizaki Kazuhiro; Wang Wenchun
    InSEA European Regional Congress: TALES OF ART AND CURIOSITY/2013-06-24--2013-06-26
  • From Child Art to the Visual Culture of Youth - Panel discussion on authentic, developmental assessment
    Ishizaki Kazuhiro; Karpati A. Steers J. Boughton D. Free...
    InSEA European Regional Congress: TALES OF ART AND CURIOSITY/2013-06-24--2013-06-26
  • 自主シンポジウム「未来の子どもの育ち」をどう考え,支援するか -OECDキー・コンピテンシーを超えて:智・身体・芸術的感性を通した人・環境とのつながり
    長崎勤; 庄司一子; 茂呂雄二; 澤江幸則; 木塚朝博; 石崎和宏;...
    日本教育心理学会第54回大会/2012-11-23--2012-11-23
  • Considering the effects of metacognition on the process of writing about art
    Ishizaki Kazuhiro; Wang Wenchun
    The 33rd InSEA World Congress Research Pre-Conference/2011-06-25--2011-06-26
担当授業科目
2017-10 -- 2018-02デザイン学特別演習IB筑波大学
2017-04 -- 2017-08デザイン学特別演習IA筑波大学
2017-10 -- 2017-10学外演習III(芸術支援学)筑波大学
2017-07 -- 2017-07学外演習III(芸術支援学)筑波大学
2017-12 -- 2017-12美術科指導法演習II筑波大学
2017-04 -- 2017-08芸術学特別演習IA筑波大学
2017-10 -- 2018-02芸術支援学学外演習I筑波大学
2017-04 -- 2017-08芸術支援学学外演習I筑波大学
2017-07 -- 2017-08初等図画工作特論筑波大学
2017-10 -- 2017-10学外演習II(芸術支援学)筑波大学
一般講演
  • 鑑賞スキルからレパートリーへ ―学習方略を複眼的に考える―
    石﨑和宏
    第2回熊本大学美術教育シンポジウム/2016-12-10--2016-12-10
学協会等委員
2010 -- (現在)美術科教育学会理事

(最終更新日: 2017-06-22)