現在地

藤澤 康弘(フジサワ ヤスヒロ; Fujisawa, Yasuhiro)

所属
医学医療系
職名
講師
生年月
1973-04
研究分野
皮膚科学
研究課題
本邦における悪性黒色腫の調査2005-04 -- 2020-03藤澤 康弘日本皮膚悪性腫瘍学会/
抗PD-1抗体製剤治療後の悪性黒色腫患者に対するイピリムマブによる治療の有効性と安全性に関する観察研究2017-05 -- 2018-12藤澤 康弘筑波大学/
乳房外パジェット病患者の血清中ケモカインを用いた疾患予後予測に関する前向き観察研究2016-12 -- 2020-03藤村 卓,藤澤 康弘東北大学/
乳房外パジェット病におけるHER2発現と予後との関連2016-04 -- 2017-03舩越 健慶応大学/
血管肉腫・乳房外パジェット病の発がんに関連する遺伝子の探索2016-12 -- 2020-03大塚 篤司,藤澤 康弘京都大学/
血管肉腫に対するエリブリン単剤療法の有効性に関する多施設共同前向き観察研究2016-10 -- 2021-03藤澤 康弘筑波大学/
血管肉腫の治療状況およびその有害事象の調査2016-12 -- 2017-12藤澤 康弘筑波大学/
根治切除不能悪性黒色腫治療薬の末梢血中免疫担当細胞への影響の検討2016-10 -- 2017-03藤村 卓,藤澤 康弘東北大学ほか/
メラノーマ患者に対するPD-1阻害薬の効果と予後関連因子の検討2017-02 -- 2018-03山本 有紀,藤澤 康弘和歌山県立医科大学/
Th17を制御する転写因子RORγt発現による接触皮膚炎減弱メカニズムの解明2010-04 -- 2012-03/
職歴
2016-10 -- (現在)筑波大学 医学医療系皮膚科 講師
2015-04 -- 2016-09Duke University Department of Immunology Visiting Assistant Professor
2009-04 -- 2015-03筑波大学 医学医療系皮膚科 講師
1998-05 -- 2000-05筑波大学附属病院 皮膚科 研修医
2000-06 -- 2003-05国立がんセンター レジデント
2003-06 -- 2005-03筑波大学附属病院 皮膚科 医員
学歴
2005-04 -- 2009-03筑波大学病態制御医学 博士課程卒業
取得学位
2009-03博士(医学)筑波大学
免許資格等
1998-05-01医師免許
2004-10-01日本皮膚科学会認定皮膚科専門医
2010-03-30日本皮膚科学会認定皮膚悪性腫瘍指導専門医
2010-03-30がん治療学会がん治療認定医
所属学協会
-- (現在)日本皮膚科学会
-- (現在)日本がん治療学会
-- (現在)日本皮膚悪性腫瘍学会
-- (現在)日本臨床腫瘍研究グループ
受賞
2015-12ガルデルマ賞臨床研究賞
2014-06アブストラクト賞
2014-05Poster award
2013-06日本皮膚科学会雑誌論文賞
2006-06-01日本皮膚科学会基礎医学研究費資生堂賞
論文
著書
  • 【皮膚悪性腫瘍-基礎と臨床の最新研究動向-】 基底細胞癌 基底細胞癌の発癌機序と関連遺伝子
    Fujisawa Yasuhiro
    日本臨床/pp.598-602, 2013-08
  • 【皮膚悪性腫瘍-基礎と臨床の最新研究動向-】 皮膚悪性腫瘍の疫学調査 日本と外国の国際比較
    Fujisawa Yasuhiro
    日本臨床/pp.7-12, 2013-08
  • 【ドレッシング材の種類と使い方-プロフェッショナルはこう選ぶ】 (Part1.)病態別の使い方(case 04) 壊死組織の付着する創傷
    Fujisawa Yasuhiro; 中村 泰大
    Visual Dermatology/pp.512-513, 2014-04
  • 血管肉腫~病型,特徴,発生母地
    Fujisawa Yasuhiro
    皮膚科臨床アセット/pp.194-199, 2014-01
  • 【皮膚悪性腫瘍:診療の進歩と展望】 その他の主な皮膚悪性腫瘍 皮膚にできる血管肉腫
    Fujisawa Yasuhiro
    Pharma Medica/pp.39-43, 2015-06
  • 【メラノーマ最新情報】 皮膚がん予後統計の最新情報(疫学・補助療法の効果)
    Fujisawa Yasuhiro
    Derma/pp.1-9, 2015-04
  • 【皮膚悪性腫瘍】 皮膚悪性腫瘍疫学 皮膚悪性黒色腫の疫学
    Fujisawa Yasuhiro
    医学と薬学/pp.189-192, 2015-01
  • 【免疫チェックポイント阻害薬のirAE】 (Part1.)総説(総説03) 実臨床からみた免疫チェックポイント阻害薬の効果と有害事象
    Fujisawa Yasuhiro
    Visual Dermatology/p.568-573, 2016-05
  • 【メラノーマ-基礎から最新薬物療法まで】 メラノーマの疫学
    Fujisawa Yasuhiro
    カレントテラピー/p.326-331, 2016-04
  • Indocyanine green fluorescence-navigated sentinel lymph node biospy showed higher sensitivity than the conventional radioisotope or blue dye methods: it may help to reduce false-negative sentinel lymph node biopsies in skin cancer
    Fujisawa Yasuhiro
    Fluorescence imaging for surgeons: Concepts and Applications/pp.243-254, 2015-01
  • 手術に役立つリンパ流アトラス
    藤沢 康弘; 中村 泰大; 大塚 藤男
    2006-01
  • 皮膚悪性腫瘍取扱い規約 第2版
    岩月 啓氏; 宇原 久; 大塚 藤男; 大塚 幹夫; 大西 誉光; 大野...
    2010-07
  • 脈管系悪性腫瘍
    藤澤 康弘
    2010-01
  • 軟部腫瘍アトラス
    杉田 真太郎; 藤澤 康弘
    2011-05
会議発表等
  • B細胞をターゲットとした 免疫治療の可能性
    Fujisawa Yasuhiro
    北海道大学皮膚科勉強会/2016-12
  • 皮膚がんの治療法
    Fujisawa Yasuhiro
    つくばiMOS会/2017-02
  • どこまでわかった?チェックポイント阻害剤の作用機序とそこから見えてくる限界
    Fujisawa Yasuhiro
    皮膚悪性腫瘍研究会/2017-03
  • Nivolumab投与にともなうirAEの発生と白血球分画の変動との相関について
    Fujisawa Yasuhiro
    Japan Skin Cancer Network定例会/2017-03
  • 血管肉腫の治療 昔・今・そして今後の展望
    Fujisawa Yasuhiro
    九州肉腫研究会/2017-04
  • AIが皮膚腫瘍診療を変えるか
    Fujisawa Yasuhiro
    肉腫研究会/2017-04
  • 歌って踊れる皮膚悪性腫瘍専門医になろう
    Fujisawa Yasuhiro
    金沢皮膚悪意腫瘍フォラム/2017-07
  • インターフェロンβ皮内投与時の疼痛軽減に34ゲージ針は有用か 単群シングルブラインド試験
    Fujisawa Yasuhiro; 吉野 公二
    第114回日本皮膚科学会総会/2015-04
  • 日本人の悪性黒色腫のBRAF、NRAS、KIT変異率と臨床所見
    Fujisawa Yasuhiro; 境澤 香里; 芦田 敦子; 伊東 孝通; 緒方 ...
    第114回日本皮膚科学会総会/2015-04
  • 抗PD-1抗体(ニボルマブ)によりリンパ節転移巣の縮小をみとめた悪性黒色腫の1例
    Fujisawa Yasuhiro; 石綿 夏織子; 大垣 淳; 乙部 さやか; 大...
    東京地方会第857回例会/2015-01
  • ニボルマブ治療中に四肢の疼痛、発熱、乾癬様皮疹を生じた口腔粘膜黒色腫
    Fujisawa Yasuhiro; 大塚 幹夫; 三浦 貴子; 森 龍彦; 石川 真...
    第114回日本皮膚科学会総会/2015-04
  • 浸潤性爪甲下悪性黒色腫における腫瘍 末節骨間最短距離の計測
    Fujisawa Yasuhiro; 中村 泰大; 寺本 由紀子; 佐藤 さゆり; ...
    第25回皮膚外科学会/2015-07
  • 頭頸部手術時における顔面神経露出・温存術後の神経麻痺回復時期に関する検討
    Fujisawa Yasuhiro; 中村 泰大; 寺本 由紀子; 佐藤 さゆり; ...
    第25回皮膚外科学会/2015-07
  • 抗PD-1抗体(Nivolumab)投与を行った悪性黒色腫18例の有効性と安全性
    Fujisawa Yasuhiro; 田中 亮多; 丸山 浩; 中村 泰大; 吉野 公...
    第114回日本皮膚科学会総会/2015-04
  • 肛門部悪性腫瘍の2例
    Fujisawa Yasuhiro; 田中 亮多; 藤澤 康弘; 齊藤 明允; 藤本 学
    第86回日本皮膚科学科茨城地方会/2015-01
  • 切れるなら 切って治そう 皮膚腫瘍
    Fujisawa Yasuhiro
    第78回東京支部総会/2015-05
  • 悪性黒色腫調査結果(2014年報告)
    Fujisawa Yasuhiro; 岩月 啓氏; 菅谷 誠; 宇原 久; 濱田 利久
    31回日本皮膚悪性腫瘍学会学術大会/2015-07
  • 血管肉腫の治療 今後の展望
    Fujisawa Yasuhiro; 吉野 公二; 門野 岳史; 中村 泰大
    第78回東京支部総会/2015-05
  • イピリムマブ投与後に重症肝障害を発症した悪性黒色腫の1例
    Fujisawa Yasuhiro; 井上 紗惠 田中 亮多 奥根 真里 丸山 浩 ...
    第89回日本皮膚科学会茨城地方会/2016-10
  • ニボルマブ治療中に乾癬様皮疹を生じた悪性黒色腫の1例
    Fujisawa Yasuhiro; 奥根 麻里 田中 亮多 井上 紗恵 藤澤 康...
    第116回日本皮膚科学会総会/2016-06
  • 有棘細胞癌におけるセンチネルリンパ節生検の有用性の検討
    Fujisawa Yasuhiro; 丸山 浩 田中 亮多 藤澤 康弘 伊藤 周作 ...
    第116回日本皮膚科学会総会/2016-06
  • ニボルマブによる有害事象の発現と末梢血リンパ球減少率の相関についての検討
    Fujisawa Yasuhiro; 吉野 公二 今福 恵輔 壷井 聡史 山口 慶 ...
    第116回日本皮膚科学会総会/2016-06
  • 進行期悪性黒色腫に対するニボルマブの臨床効果と白斑出現との相関解析
    Fujisawa Yasuhiro; 浅見 友梨 中村 泰大 田中 亮多 寺本 由...
    第32回皮膚悪性腫瘍学会総会/2016-05
  • ガソリンによる接触皮膚炎から発症したと考えられた有棘細胞癌の1例
    Fujisawa Yasuhiro
    第32回皮膚悪性腫瘍学会総会/2016-05
  • 骨盤内リンパ節郭清術における腹壁切開法の差異による術後合併症の検討
    Fujisawa Yasuhiro; 中村 泰大 寺本 由紀子 浅見 友梨 松谷 ...
    第26回皮膚外科学会/2015-07
担当授業科目
2017-10 -- 2018-02皮膚腫瘍学講義及び実習筑波大学
2017-04 -- 2017-08皮膚腫瘍学講義及び実習筑波大学
2017-10 -- 2018-02臨床腫瘍学(皮膚)講義及び実習筑波大学
2017-04 -- 2017-08臨床腫瘍学(皮膚)講義及び実習筑波大学
2016-10 -- 2017-02皮膚腫瘍学講義及び実習筑波大学
2016-10 -- 2017-02臨床研究方法論筑波大学
2016-10 -- 2017-02医学特殊研究筑波大学
2016-10 -- 2017-02医学特別演習筑波大学
2016-10 -- 2017-02臨床腫瘍学(皮膚)講義及び実習筑波大学
2016-04 -- 2016-08臨床腫瘍学(皮膚)講義及び実習筑波大学
一般講演
  • 頭部血管肉腫に対する タキサン系抗癌剤の効果
    藤澤 康弘
    第29回日本皮膚悪性腫瘍学会学術大会/2013-08-08
  • Japanese Melanoma Study Annual Report:2012
    藤澤 康弘
    第29回日本皮膚悪性腫瘍学会学術大会/2013-08-08
  • 血管肉腫の化学療法
    藤澤 康弘
    日本皮膚科学会総会/2013-06-14
  • 雑誌論文賞受賞発表
    藤澤 康弘
    日本皮膚学会総会/2013-06-14
  • 血管肉腫の化学療法
    藤澤 康弘
    第112回日本皮膚科学会総会/2013-06-14
  • 悪性黒色腫に対する術後補助療法の現状とその評価
    藤澤 康弘
    第29回日本皮膚悪性腫瘍学会学術大会/2013-08-08
  • 皮膚科医が行う皮膚悪性腫瘍手術
    藤澤 康弘
    日本皮膚科学会東京支部学術大会/2013-02-09
  • Fluorescence-navigated sentinel node mapping using indocyanine green: report of 54 cases.
    藤澤 康弘
    42th Annual meeting of European Society for Dermatological Research/2011-09-01
  • 血管肉腫におけるタキサン系抗癌剤と手術の役割
    藤澤 康弘
    第50回日本癌治療学会学術集会/2012-10-25
  • 大震災と皮膚科~茨城県の状況
    藤澤 康弘
    日本皮膚科学会総会/2012-06-03
  • 皮膚悪性腫瘍の疫学
    藤澤 康弘
    日本皮膚科学会総会/2012-06-03
  • Japanese Melanoma Study: Annual Report 2011
    藤澤 康弘; 大塚 藤男
    日本皮膚悪性腫瘍学会/2012-06-27
  • 自作赤外線観察カメラによるICG蛍光センチネルリンパ節生検
    藤澤康弘; 大塚 藤男
    日本皮膚悪性腫瘍学会/2011-05-01
  • A handmade, low-cost intraoperative fluorescence navigation system with indocyanicne green for sentinel lymph node biopsy in skin cancer
    Yasuhiro Fujisawa; Yasuhiro Nakamura; Yasuhiro Kawachi; F...
    European Society for Dermatological Research/2011-09-01
  • ICG蛍光法とRI法によるセンチネルリンパ節同定個数の相違について
    藤澤 康弘; 中村 泰大; 古田 淳一; 大塚 藤男
    SNNS学会/2011-12-01
  • 悪性黒色腫調査結果(2010年報告)
    藤澤 康弘; 大塚 藤男
    日本皮膚悪性腫瘍学会/2011-05-01
  • Enforced RORgt expression in haematopoietic stem cells increases regulatory T cell number, which reduces immunoreactivity and attenuates hypersensitivity in vivo
    Y. Fujisawa; Y. Kawachi; Y. Ishitsuka; F. Otsuka
    Society for Investigative Dermaology/2011-05-06
学協会等委員
2017-01 -- (現在)日本皮膚悪性腫瘍学会ガイドライン改定委員 乳房外パジェット病グループメンバー
2016-12 -- (現在)日本皮膚科学会茨城地方会事務局長
2017-01 -- (現在)日本皮膚悪性腫瘍学会ガイドライン改定委員 皮膚血管肉腫グループリーダー
2015-02 -- (現在)日本皮膚科学会悪性黒色腫に対する新薬の安全性検討のための新規委員会
2010 -- (現在)日本皮膚悪性腫瘍学会評議員
2012 -- (現在)日本臨床腫瘍研究グループ代表委員
学内管理運営業績
2016-12 -- (現在)旧手術室再稼働検討WG
2016-09 -- (現在)病棟医長
2009-04 -- 2015-03外来副医長
その他の活動
2016-09 -- (現在)日本皮膚科学会茨城地方会事務局長

(最終更新日: 2017-07-18)