現在地

大庭 一郎(オオバ イチロウ; Ohba, Ichiro)

所属
図書館情報メディア系
職名
講師
研究分野
図書館情報学・人文社会情報学
図書館情報学・人文社会情報学
研究キーワード
図書館情報学
研究課題
21世紀図書館情報専門職養成研究基盤アーカイブ構築:図書館情報専門職の再検討2014-04 -- 2017-03水嶋英治日本学術振興会/基盤研究(B)14950000
地域社会の課題解決を支援する公共図書館のサービス・研修モデルの構築に関する研究2008 -- 2012薬袋秀樹日本学術振興会/基盤研究(B)11700000
公共図書館における専門的職務と非専門的職務の区分を踏まえた職員制度の総合的研究2007 -- 2009大庭一郎日本学術振興会/基盤研究(C)2080000
体育学部生のキャリアプランニング教育-プログラムと教材の開発2007 -- 2009三木ひろみ日本学術振興会/基盤研究(B)3900000
情報専門職の養成に向けた図書館情報学教育体制の再構築に関する総合的研究2003 -- 2005上田修一日本学術振興会/基盤研究(A)31590000
日本の公共図書館におけるサービスの構成方法に関する研究2011-07 -- 2012-03大庭一郎/学内共同研究450000
地域の協働ネットワークを基盤とする公共図書館サービスモデルの構築に関する研究:地域を支える情報拠点として2007-06 -- 2008-03薬袋秀樹/学内共同研究1000000
地域の協働ネットワークを基盤とする公共図書館サービスモデルの構築に関する研究:地域を支える情報拠点として2007-06 -- 2008-03薬袋秀樹/学内共同研究1000000
地域の協働ネットワークを基盤とする公共図書館サービスモデルの構築に関する研究:地域を支える情報拠点として2006-07 -- 2007-03薬袋秀樹/学内共同研究1500000
新しい公共図書館のあり方の研究2004-11 -- 2005-03薬袋秀樹/学内共同研究2000000
職歴
-- (現在)筑波大学 図書館情報メディア系 講師
学歴
1988-04 -- 1990-03図書館情報大学 図書館情報学部 図書館情報学科卒業
1990-04 -- 1992-03図書館情報大学 図書館情報学研究科 図書館情報学修了
取得学位
1992-03修士(図書館情報学)図書館情報大学
免許資格等
1990-03司書資格
所属学協会
1990 -- (現在)日本図書館情報学会
1994 -- (現在)日本図書館研究会
1995 -- (現在)ディジタル図書館学会
1996 -- (現在)三田図書館・情報学会
1996 -- (現在)日本図書館文化史研究会
2000 -- (現在)情報メディア学会
2000 -- (現在)日本高等教育学会
2006 -- (現在)日本生涯教育学会
2008 -- (現在)日本キャリアデザイン学会
2011 -- (現在)初年次教育学会
受賞
1994-10-02日本図書館学会奨励賞
2010-03-092009年度BEST FACULTY MEMBER 領域「教育」
論文
  • 日本の公立図書館長に求められる能力に関する調査
    毛利るみこ; 大庭一郎
    図書館界/68(6)/pp.400-418, 2017-03
  • 筑波大学 情報学群 知識情報・図書館学類:学修成果の可視化に基づく授業改善の実践例:学生の対人基礎力を育む
    大庭一郎
    2016年度教育IRフォーラム/pp.1-24, 2016-07
  • 日本の公立図書館長に求められる能力
    毛利るみこ; 大庭 一郎
    図書館界/66(5)/pp.326-342, 2015-01
  • 『IAAL大学図書館業務実務能力認定試験問題集2014年版』の刊行によせて
    大庭 一郎
    IAALニュースレター/(14)/pp.2-3, 2014-04
  • 図書館専門職養成史の批判的再検討:図書館情報学とアーカイブズ学の方法論的統合の可能性
    吉田右子; 白井哲哉; 大庭 一郎; 原淳之; 平久江祐司; 毛利る...
    第61回日本図書館情報学会研究大会発表論文集/pp.89-92, 2013-10
  • 筑波大学の就職課および知識情報・図書館学類の就職支援体制
    大庭一郎
    KLiS TODAY/(19)/p.2, 2013-02
  • The Collaborative Reference Database Project of the National Diet Library in Japan
    Ohba Ichiro; Kageyama Keita
    4th China-Japan-Korea Library and Information Science Conference/pp.1-22, 2012-11
  • 2008年度筑波大学図書館情報専門学群の進路状況
    大庭一郎
    KLiS TODAY/(8)/p.3, 2009-11
  • Nationality and Information Behavior: Comparing Koreans and Japanese
    Lee Jae Whoan; Cho Yong-Wan; Rho Jee-hyun; Lee Eun-Joo; O...
    Proceedings of the Association for Information Science and Technology/46(1)/pp.1-16, 2009
  • Nationality in Information Behavior: Comparing Koreans and Japanese
    Lee Jae Whoan; Cho Yong-Wan; Rho Jee-hyun; Lee Eun-Joo; O...
    2009 ASIS&T Annual Meeting: Thriving on Diversity - Information Opportunities in a Pluralistic World, 2009-11
  • 筑波大学図書館情報専門学群の進路状況と進路指導
    大庭一郎
    図書館情報学橘会会報/(8)/p.2, 2009-09
  • <わたしの講義>私の授業の進め方:学びの定着を目指して
    大庭一郎
    筑波フォーラム/(76)/p.73-76, 2007-06
  • 国立国会図書館データベースフォーラムに参加して:フォーラムの充実・発展への期待
    大庭一郎
    国立国会図書館月報/(552)/p.6-7, 2007-03
  • 『これからの図書館像』とレファレンスサービス
    大庭 一郎
    図書館雑誌/100(11)/pp.768-771, 2006-11
  • 公立図書館長を対象にした図書館学教育に関するアンケート調査(1989年実施)の集計結果
    小田 光宏; 大谷 康晴; 大庭 一郎; 野末 俊比古; 朝比奈 大作...
    日本図書館情報学会誌/52(1)/pp.16-23, 2006-03
  • 図書館員の専門性
    大庭一郎
    Library and Information Science/(50)/p.24, 2005-02
  • 日米のデジタルレファレンスサービスの動向
    大庭一郎
    図書館雑誌/99(2)/p.88-89, 2005-02
  • 米国の公共図書館における一般利用者向けの新しい情報提供サービスの動向
    大庭一郎
    平成15年度地方議会図書室等職員セミナーテキスト/p.[1-13], 2003-11
  • 図書館における専門的職務と非専門的職務の区分はなぜ必要なのか
    大庭一郎
    図書館雑誌/97(4)/p.244-245, 2003-04
  • 米国における図書館情報学教育の発展:専門的職務と非専門的職務の区分の観点からみた考察
    大庭一郎
    季刊文教施設/3(1)/p.46-50, 2003-01
  • 日本図書館協会と図書館問題研究会の職務区分表:日本の公共図書館における専門的職務と非専門的職務の分離の試み
    大庭一郎
    図書館界/54(4)/p.184-197, 2002-11
  • 図書館訪問と折り紙
    大庭一郎
    図書館情報大学附属図書館報/18(2)/p.7, 2002-06
  • ネットワーク情報資源を活用した図書情報の探索
    大庭一郎
    図書館情報学の創造的再構築/p.105-114, 2001-07
  • 好きな作家この一冊:岡野薫子『砂時計』偕成社
    大庭一郎
    週刊読書人/(2373)/p.7, 2001-02
  • ネットワーク情報資源を活用した演習課題の作成
    大庭一郎
    日本図書館協会図書館学教育部会会報/(56)/p.5, 2000-12
著書
  • 石塚栄二先生著作目録
    大庭一郎; 志保田務; 西村君江; 山田美雪
    読書の自由と図書館:石塚栄二先生卆寿記念論集/pp.13-26, 2017-09
  • 資料編1 司書になるためには
    大庭一郎
    図書館情報学を学ぶ人のために/pp.225-233, 2017-04
  • 図書館情報大学時代の研究
    大庭一郎
    21世紀図書館情報専門職養成研究基盤アーカイブ構築:図書館情報専門職の再検討/p.65, 2017-03
  • 第4部 図書館振興を支える人材:公立図書館長に求められる能力とは
    毛利るみこ; 大庭 一郎
    国及び地方公共団体における図書館政策の現状と課題/pp.81-106, 2016-03
  • 第1章 IAAL大学図書館業務実務能力認定試験の設計思想と概要
    大庭 一郎
    IAAL大学図書館業務実務能力認定試験問題集:専門的図書館員をめざす人へ 2016年版/pp.10-23, 2015-09
  • 第8章 各種信息源的特征与利用方法
    大庭一郎
    信息服各論/pp.141-163, 2015-09
  • 第1章 IAAL大学図書館業務実務能力認定試験の設計思想と概要
    大庭 一郎
    IAAL大学図書館業務実務能力認定試験問題集:専門的図書館員をめざす人へ 2014年版/pp.10-22, 2013-10
  • 8章 各種情報源の特徴と利用法
    大庭一郎
    情報サービス論/pp.173-202, 2012-04
  • 第1章 IAAL大学図書館業務実務能力認定試験の設計思想と概要
    大庭一郎
    IAAL大学図書館業務実務能力認定試験問題集 2012年版/pp.1-12, 2012-04
  • 日本の図書館のレファレンス事例集
    大庭 一郎
    第7回レファレンス協同データベース事業フォーラム記録集/pp.17-48, 2011-12
  • "日本の図書館のレファレンス事例集"第7回レファレンス協同データベース事業フォーラム記録集
    大庭一郎
    2011-12
  • 図書館・博物館・文書館の連携
    日本図書館情報学会研究委員会編(古賀崇; 大庭一郎; 岸田和...
    2010-10
  • 図書館・博物館・文書館の連携
    大庭 一郎
    2010-10
  • "情報学群、知識情報・図書館学類の取組"専門教育と融合した全学生へのキャリア支援:キャリアポートフォリオと人的ネットワークの活用:GPフォーラム記録
    大庭一郎
    2009-12
  • 「アメリカの公共図書館」「雑誌記事索引」(『生涯学習研究e事典 2009年度版』所収)
    大庭一郎
    2009-11
  • CARIO : TCPF University of Tsukuba
    大庭 一郎
    2009-03
  • "情報学群知識情報・図書館学類におけるキャリア形成支援の取組"専門教育と融合した全学生へのキャリア支援:キャリアポートフォリオと人的ネットワークの活用
    大庭一郎
    2009-03
  • 「サービス人口」「サービス対象集団」「参考事務規程」「主題文献案内」「地域外利用者」「適正利用圏」「登録者」「来館者密度」「利用頻度」(『図書館情報学用語辞典 第3版』改訂所収)
    大庭一郎
    2007-12
  • "5.7 도서관인의 전문성"문헌정보학 연구의 현황과 과제
    大庭一郎
    2007-06
  • "5.7 図書館員の専門性"図書館・情報学研究入門
    大庭一郎
    2005-10
  • "第6章 新聞・新聞記事の探索"レファレンスサービス演習 改訂版
    大庭一郎
    2005-04
  • "第7章 各種情報源の特徴と利用法"情報サービス概説 改訂
    大庭一郎
    2004-03
  • "第2章 図書の検索"情報検索演習 新訂
    大庭一郎
    2004-03
  • 「サービス人口」「サービス対象集団」「主題文献案内」「地域外利用者」「低利用資料」「適正利用圏」「登録者」「来館者密度」「利用頻度」(『図書館情報学用語辞典 第2版』改訂所収)
    大庭一郎
    2002-08
  • 日本の図書館情報学教育2000
    朝比奈大作 ; 大庭一郎 ; 加藤修子 ; 緑川信之 ; 有倉久雄 ; ...
    2000-05
会議発表等
  • 筑波大学 情報学群 知識情報・図書館学類:学修成果の可視化に基づく授業改善の実践例:学生の対人基礎力を育む
    大庭一郎
    2016年度教育IRフォーラム/2016-07-30
  • 図書館専門職養成史の批判的再検討:図書館情報学とアーカイブズ学の方法論的統合の可能性
    吉田右子; 白井哲哉; 大庭 一郎; 原淳之; 平久江祐司; 毛利る...
    第61回日本図書館情報学会研究大会/2013-10-12--2013-10-13
  • The Collaborative Reference Database Project of the National Diet Library in Japan
    Ohba Ichiro; Kageyama Keita
    4th China-Japan-Korea Library and Information Science Conference/2012-11-30--2012-12-01
  • 日本の図書館のレファレンス事例集
    大庭一郎
    第7回レファレンス協同データベース事業フォーラム____1-16/2011-02
  • 図書館サービスの構造
    大庭一郎; 黒澤真澄
    平成22年度新任図書館長研修(主催:文部科学省・筑波大学・国立教育政策研究所・日本図書館協会)/2010-09-01
  • レファレンスサービス:課題解決支援に取り組むために
    大庭一郎
    平成22年度筑波大学公開講座「図書館サービスの最新動向:公共図書館を中心に」/2010-05-15
  • 図書館サービスの構造
    大庭一郎; 岡野知子
    平成21年度新任図書館長研修(主催:文部科学省・筑波大学・国立教育政策研究所・日本図書館協会)/2009-09-02
  • レファレンスサービス:課題解決支援に取り組むために
    大庭一郎
    平成21年度筑波大学公開講座「図書館サービスの最新動向:大学図書館と公共図書館を中心に」/2009-05-16
  • 日本の国語科教育における読書指導の位置づけ
    西村有香; 大庭一郎
    2008年日本図書館情報学会春季研究集会発表要綱____51-54/2008-03
  • 都道府県の子ども読書活動推進計画
    大庭一郎; 北島加奈子
    平成19年度西日本図書館学会秋季研究発表会____1-12/2007-12
  • レファレンスサービスはどのように行えばよいか
    大庭一郎
    平成19年度筑波大学公開講座「『これからの図書館像』を実現するには」/2007-06-11
  • 国立大学の図書館職員の採用試験問題の分析:国家公務員採用II種試験「図書館学」と国立大学法人等職員採用試験「事務系(図書)」を中心に
    大庭一郎; 桑原智美
    2007年日本図書館情報学会春季研究集会発表要綱____15-18/2007-03
  • 日本の公共図書館における雑誌記事索引の活用:国立国会図書館と大宅壮一文庫の雑誌記事索引を中心に
    大庭一郎
    日本生涯教育学会第27回大会発表要旨集録____16/2006-10
  • 情報技術を活用したレファレンスサービス:米国の公共図書館に学ぶ
    大庭一郎
    平成18年度筑波大学公開講座「図書館の地域支援サービスにどう取り組むか」/2006-06-07
  • 「青少年読書感想文全国コンクール」と課題図書
    大庭一郎; 廣松亜矢子
    平成18年度西日本図書館学会春季研究発表会____1-13/2006-06
  • 公共図書館職員の知識・技術に関する意識の変化:LIPER公共図書館班アンケート調査と1989年調査の比較
    小田光宏; 野末俊比古; 大谷康晴; 大庭一郎
    平成17年度西日本図書館学会秋季国際交流研究発表会____6-7/2005-12
  • 公共図書館職員の知識・技術に関する意識を形成する要因:LIPER公共図書館班アンケート調査におけるクロス集計を中心に
    大谷康晴; 小田光宏; 大庭一郎; 野末俊比古
    日本図書館情報学会,三田図書館・情報学会合同研究大会____101-104/2005-10
  • 公共図書館職員養成教育研究者と職員の意識:LIPER公共図書館班聞き取り調査に見る養成教育の方向性
    大谷康晴; 小田光宏; 大庭一郎; 野末俊比古
    平成17年度西日本図書館学会春季研究発表会____/2005-06
  • 公共図書館職員の知識・技術に関する意識等の実態:LIPER公共図書館班アンケート調査における傾向の分析
    野末俊比古; 小田光宏; 大谷康晴; 大庭一郎
    2005年度日本図書館情報学会春季研究集会発表要綱____31-34/2005-05
  • カリフォルニア州の公共図書館における雑誌の所蔵調査:Readers' Guide収録対象誌を用いた分析
    大庭一郎; 田上文子
    2005年度日本図書館情報学会春季研究集会発表要綱____7-10/2005-05
  • 公共図書館と学校および学校図書館との連携・協力:1945年から2003年まで
    大庭一郎; 髙石しのぶ
    2004年度日本図書館情報学会春季研究集会発表要綱____7-10/2004-05
  • 米国の公共図書館における各種の情報サービスの動向:米国の図書館におけるディジタル化図書館の現状
    大庭一郎
    平成15年度筑波大学公開講座「情報ネットワーク社会とディジタル化図書館」/2003-07-16
  • 米国の公共図書館と大学図書館におけるサービスの動向:日本の図書館サービスを考えるために
    大庭一郎
    平成14年度図書館情報大学専門公開講座「電子化図書館とこれからの図書館運営」/2002-08-07
  • 英国図書館協会の職務区分表:英国の図書館における専門的職務と非専門的職務の分離
    大庭一郎
    第48回日本図書館情報学会研究大会発表要綱____46-49/2000-11
  • 職務分析の意義と課題:図書館における専門的職務と非専門的職務の分離の基礎研究
    大庭一郎
    第47回日本図書館情報学会研究大会発表要綱____25-28/1999-11
担当授業科目
2017-04 -- 2017-07図書館経営論筑波大学
2017-04 -- 2017-06経営・組織論筑波大学
2017-10 -- 2017-12情報資源経営実習筑波大学
2017-04 -- 2017-07情報資源経営実習筑波大学
2017-10 -- 2017-12情報サービス構成論筑波大学
2016-10 -- 2016-12情報サービス構成論筑波大学
2016-10 -- 2016-12情報資源経営実習筑波大学
2016-04 -- 2016-07経営・組織論筑波大学
2016-04 -- 2016-07情報資源経営実習筑波大学
2016-04 -- 2016-07図書館経営論筑波大学
授業以外の教育活動
2004-02 -- (現在)公務員試験準備講座(教養模擬試験)筑波大学
2005-04 -- 2017-03経営学検定試験(初級)の団体受験筑波大学
2007-04 -- 2014-03図書館情報学検定試験の団体受験筑波大学
一般講演
  • 知識共有の世界への招待
    大庭一郎
    平成27年度 附属駒場高等学校2年生筑波大学研究室訪問/2015-07-09
  • 歴史の中の図書館
    大庭一郎
    平成25年度 埼玉県立本庄高等学校 特進クラス夏季学習合宿/2013-08-28
  • ナレッジマネジメトとレファレンスサービス
    大庭一郎
    平成24年度レファレンス研修/2012-11-15--2012-11-16
  • 日本の図書館のレファレンス事例集
    大庭一郎
    第7回レファレンス協同データベース事業フォーラム(主催:国立国会図書館関西館)/2011-02-25
  • 試験問題について私はこう考える
    大庭一郎
    3年目に入った『図書館情報学検定試験』準備試験を徹底分析!:専門家に聞く『2009年度図書館情報学検定試験』(主催:日本図書館情報学会図書館情報学検定試験実施検討委員会)/2010-03-27
  • レファレンスサービスで雑誌記事をつかっていますか?:日本の雑誌記事索引(NDL-OPAC,Web OYA-Bunko,CiNii)を利用する
    大庭一郎
    平成21年度茨城県図書館協会第2回情報サービス研修会/2010-02-18
  • 公共図書館の情報サービス:新しい情報源と情報環境,雑誌記事と雑誌のバックナンバーを活用したサービス展開
    大庭一郎
    平成21年度茨城県西地区図書館奉仕研究協議会研修会/2009-07-29
  • 海外の図書館:米国の公共図書館の動向
    大庭一郎
    平成21年度図書館司書専門講座(主催:文部科学省・国立教育政策研究所)/2009-06-08
  • これからの図書館に求められるスペシャリスト
    大庭一郎
    平成20年度牛久市市民大学講座「これからの図書館:賢い図書館の利用法」/2009-02-12
  • インターネット上の重要なレファレンス資料の利用法
    大庭一郎
    平成17年度牛久市図書館業務専門講座/2005-11-28
  • レファレンスサービスにおける各種情報源の特徴と利用法
    大庭一郎
    平成17年度牛久市図書館業務専門講座/2005-10-24
  • 公共図書館や学校図書館における図書館利用教育
    大庭一郎
    平成17年度牛久市図書館業務専門講座/2005-08-22
  • 公共図書館と学校図書館における新しい情報サービスの展開:インターネットと関連情報技術,新しい情報源の発展を踏まえながら
    大庭一郎
    平成17年度鳥取県立図書館図書館業務専門講座/2005-07-22
  • 公共図書館と学校および学校図書館との連携・協力
    大庭一郎
    平成17年度牛久市図書館業務専門講座/2005-06-27
  • 米国の公共図書館における一般利用者向けの新しい情報提供サービスの動向
    大庭一郎
    平成15年度地方議会図書室等職員セミナー「積極的な情報サービスを目指して:そのヒントを探る」/2003-11-14
  • レファレンス:新しい情報源と情報環境の活用
    大庭一郎
    平成11年度鳥取県立図書館図書館業務専門講座/2000-03-07
  • 大学図書館と公共図書館における図書館職員の職務のあり方:社会の変化や新しい情報環境に対応するために
    大庭一郎
    平成11年度信州大学図書館講演会/2000-02-22
  • 新しい情報源とその活用:CD-ROMとインターネットの利用
    大庭一郎
    平成11年度関東甲信越静地区図書館地区別研修/1999-12-01
学協会等委員
2011-08 -- (現在)大学図書館支援機構(IAAL)IAAL認定試験運営委員会
2012-07 -- 2013-03茨城県図書館協会研修アドバイザー
2011-10 -- 2013-03国立国会図書館レファレンス研修
2008 -- 2010日本図書館情報学会研究委員会
2005 -- 2008三田図書館・情報学会編集委員
学内管理運営業績
2016-04 -- 2018-03附属図書館運営委員会 委員情報学群の選出委員として、委員会に出席している。
2016-04 -- 2018-03附属図書館運営員会 ボランティア専門委員会 委員ボランティアのあり方を議論し、関連行事を企画・出席・担当している。
2015-10 -- 2017-03ダイバーシティ・アクセシビリティ・キャリアセンター キャリアサポート部門会議 委員キャリア支援の推進等に関する諸施策の原案作成,等を担当した。
2015-04 -- 2015-09キャリア支援室 室員(学長指名)キャリア支援の推進等に関する諸施策の原案作成,等を担当した。
2011-04 -- 2015-03キャリア支援室 室員キャリア支援室教育組織との連携強化ワーキンググループの委員として,キャリア支援の推進等に関する諸施策の原案作成,等を担当した。
2009-04 -- 2011-03キャリア支援室 室員キャリア支援室推進ワーキンググループの委員として,キャリア支援の推進等に関する諸施策の原案作成,等を担当した。
2007-04 -- 2009-03キャリア支援室 室員(学長指名)キャリア支援室専門委員会の専門委員として,(1)諸施策の原案作成,(2)現代GPに関連した各種の取組み原案作成,等を担当した。
2006-04 -- 2007-03キャリア支援室 室員キャリア支援室専門委員会の専門委員として,(1)諸施策の原案作成,(2)現代GPに関連した各種の取組み原案作成,等を担当した。
2004-04 -- 2006-03キャリア支援室 室員進路指導・キャリア形成部会の部会員として,フレッシュマン・セミナーを活用したキャリア教育の実施案を作成し,実現した。
2011-04 -- 2013-03キャリア支援室 教育組織との連携強化ワーキンググループ 委員各教育組織のキャリア形成支援プログラムの実態を把握した上で,キャリア形成支援のあり方を再検討し,キャリア形成支援プログラムの学内モデルを提言するとともに,各教育組織のキャリア形成教育の連携を強化する。

(最終更新日: 2017-10-16)