現在地

塩谷 哲史(シオヤ アキフミ; Shioya, Akifumi)

研究者情報全体を表示

研究課題
伊犁通商条約(1851年)から見たロシア帝国の対清外交2016-04 -- 2017-03塩谷哲史北海道大学スラブ・ユーラシア研究センター/スラブ・ユーラシア地域(旧ソ連・東欧)を中心とした総合的研究 共同利用型
18-19世紀ロシア=中央アジア間の隊商交易と交通に関する研究2015-04 -- 2016-03塩谷哲史北海道大学スラブ・ユーラシア研究センター/スラブ・ユーラシア地域(旧ソ連・東欧)を中心とした総合的研究 共同利用型
モンゴルとカザフにおけるモノの域外流通と域内流通2015-04 -- 2016-03風戸真理東北大学東北アジア研究センター/東北大学東北アジア研究センター共同研究
近代ロシア帝国の開発と中央アジア南部定住地域の社会変容―灌漑史の視点から―2014-04 -- 2018-03塩谷哲史日本学術振興会/若手研究(B)3,640,000円
アムダリヤのカスピ海への転流計画から見た帝政ロシアの中央アジア統治2014-04 -- 2015-03塩谷哲史北海道大学スラブ研究センター/スラブ・ユーラシア地域(旧ソ連・東欧)を中心とした総合的研究 共同利用型
中央アジア灌漑史序説2013-04 -- 2014-02塩谷哲史日本学術振興会/研究成果公開促進費1,400,000円
宗官学連携プロジェクト:つくば市における多宗教理解を通じた「国際性の日常化」2013-04 -- 2014-03根本達筑波大学人文社会系/平成25年度筑波大学人文社会系プロジェクト
露亜銀行の対中央アジア経営戦略―1910年代のアルファルファ取引を中心に―2013-04 -- 2014-03塩谷哲史北海道大学スラブ研究センター/スラブ・ユーラシア地域(旧ソ連・東欧)を中心とした総合的研究 共同利用型
近代中央ユーラシア地域における帝国統治の比較法制度・法社会史的研究2013-04 -- 2017-03堀川徹日本学術振興会/基盤研究(B)
中央ユーラシアにおける社会秩序と公共文化の概念化2012-11 -- 2015-03ダリエヴァ ツプルマ筑波大学、ドイツ学術交流会(DAAD)/国際共同研究