現在地

今 孝悦(コン コウエツ; Kon, Koetsu)

face
所属
生命環境系
職名
助教
生年月
1982-01
URL
eメール
 
研究室
第2研究室
電話
0558-22-6618
研究分野
水圏生産科学
生態・環境
研究キーワード
群集構造
食物網
エコシステムエンジニア
資源分割
多種共存機構
安定同位体
潮間帯
ベントス
マングローブ
研究課題
海洋酸性化に対する生物群集の応答評価:直接効果と間接効果の統合理解2018 -- 2021今 孝悦日本学術振興会/基盤研究(B)17,160,000円
砂浜域の生物生産に対する漂着物の機能評価2016 -- 2017今 孝悦日本学術振興会/若手研究(B)4,160,000円
亜熱帯性藻場・干潟複合生態系における低次生産構造の解明2013-04 -- 2016-03山田秀秋日本学術振興会/科学研究費補助金 基盤研究(B)
河口域の生物生産過程に与える他生的資源の影響と機能の解明2012-04 -- 2015-03今 孝悦日本学術振興会/若手研究(B)4,550,000円
沿岸水域における浮遊懸濁物の起源とその変遷2012-04 -- 2015-03吉川尚日本学術振興会/科学研究費補助金 基盤研究(C)
マングローブの植林が底生動物群集へ及ぼす影響2010-04 -- 2012-03今 孝悦日本学術振興会/特別研究員奨励費1,900,000円
タイ国南部のマングローブ域における生物生産構造の解明2008-04 -- 2010-03今 孝悦日本学術振興会/特別研究員奨励費1,200,000円
職歴
2008-04 -- 2009-03日本学術振興会 東京大学大学院農学生命科学研究科 特別研究員(DC2)
2009-04 -- 2010-03日本学術振興会 東京大学大学院農学生命科学研究科 特別研究員(PD)
2010-04 -- 2011-10日本学術振興会 東京大学大気海洋研究所 特別研究員(PD)
2011-11 -- (現在)筑波大学 生命環境系下田臨海実験センター 助教
学歴
2000-04 -- 2004-03北海道大学 水産学部 海洋生物生産科学科卒業
2004-04 -- 2006-03東京大学 農学生命科学研究科 農学国際専攻修了
2006-04 -- 2009-03東京大学 農学生命科学研究科 農学国際専攻修了
取得学位
2009-03博士(農学)東京大学
免許資格等
2012-07潜水士
所属学協会
2016-04 -- (現在)日本生態学会
2004-04 -- (現在)日本ベントス学会
2004-04 -- (現在)日本水産学会
論文
  • Effects of dead oyster shells as a habitat for the benthic faunal community along rocky shore regions
    Kon Koetsu
    HYDROBIOLOGIA/790/pp.225- 232, 2017-04
  • Ocean acidification drives community shifts towards simplified non-calcified habitats in a subtropical-temperate transition zone
    Agostini Sylvain; Harvey Ben P; Wada Shigeki; Kon Koetsu;...
    Scientific reports/8(1), 2018-07
  • Role of microhabitat heterogeneity in benthic faunal communities in sandy bottom sediments of Oura Bay, Shimoda, Japan.
    Kon Koetsu
    Regional Studies in Marine Science/2/pp.71-76, 2015-03
  • Seasonal variations in leaf growth of Cymodocea serrulata in subtropical seagrass meadows
    Yamada Hideaki; Nakamoto Kenta; Hayakawa Jun; Kawamura To...
    FISHERIES SCIENCE/84(3)/pp.461-468, 2018-05
  • 亜熱帯藻場構成植物に対するアイゴ幼魚の摂食選択性評価
    山田 秀秋; 島袋 寛盛; 早川 淳; 中本 健太; 河村 知彦; 今 孝悦
    日本水産学会誌/82(4)/pp.631-633, 2016
  • 小型巻貝 2 種におけるソデカラッパからの被食回避に及ぼす人工海藻の影響
    山田 秀秋; 早川 淳; 中本 健太; 河村 知彦; 今 孝悦
    日本水産学会誌/82(1)/pp.33-35, 2015
  • タイ南部バンドン湾の貝類養殖域における食物網構造
    岡本 侑樹; 石川 智士; 今 孝悦; 渡邉 一哉; 吉川 尚; SALAEN...
    日本水産学会誌/80(5)/pp.838-838, 2014-09
  • タイ国南部のマングローブ域におけるマクロベントス群集の食物網構造 (総特集 水圏生態系の生産力--研究の現状と展望)
    今 孝悦; 黒倉 壽
    海洋/41(4)/pp.177-183, 2009-04
  • Delayed copulation as a means of female choice by the hermit crab Pagurus filholi.
    Yamanoi T.; Yoshino K.; Kon K.; and Goshima S.
    Journal of Ethology/24(3)/p.213-218, 2006-01
  • Role of microhabitats in food webs of benthic communities in a mangrove forest.
    Kon K.; Kurokura H.; and Hayashizaki K.
    Marine Ecology Progress Series/340/p.55-62, 2007-01
  • Food resource partitioning among fishes in an estuarine nursery as revealed by stable isotope analysis.
    Kon K.; Kanou K.; Inoue T.; Kobayashi A.; Hayashizaki K.;...
    La mer/46(1-2)/p.13-17, 2008-01
  • Effect of shrimp farming organic waste on food availability for deposit feeder crabs in a mangrove estuary, based on stable isotope analysis.
    Kon K.; Kawakubo N.; Aoki J.; Tongnunui P.; Hayashizaki K...
    Fisheries Science/75(3)/p.715-722, 2009-01
  • Do mangrove root structures function to shelter benthic macrofauna from predators?
    Kon K.; Kurokura H.; and Tongnunui P.
    Journal of Experimental Marine Biology and Ecology/370(1-2)/p.1-8, 2009-01
  • Effects of the physical structure of mangrove vegetation on a benthic faunal community.
    Kon K.; Kurokura H.; and Tongnunui P.
    Journal of Experimental Marine Biology and Ecology/383(2)/p.171-180, 2010-01
  • Influence of a microhabitat on the structuring of the benthic macrofaunal community in a mangrove forest.
    Kon K.; Kurokura H.; and Tongnunui P.
    Hydrobiologia/671(1)/p.205-216, 2011-01
  • Benthic food web of a salt marsh in an artificial lagoon, central Japan.
    Kon K.; Hoshino Y.; Kanou K.; Okazaki D.; Nakayama S.; an...
    Aquatic Ecosystem Health & Management/16(1)/pp.40-50, 2013-03
  • Importance of allochthonous material in benthic macrofaunal community functioning in estuarine salt marshes
    Kon Koetsu; Hoshino Yukihiro; Kanou Kouki; Okazaki Daisuk...
    ESTUARINE COASTAL AND SHELF SCIENCE/96/pp.236-244, 2012-01
著書
  • Importance of microhabitats for benthic faunal production in intertidal mangrove forests.
    Kon K.; Kurokura H.; and Ogawa H.
    Southeast Asian Water Environment2, IWA Publishing, 2007-01
  • ボラはデトリタス食ではない:安定同位体比分析で解明.
    今 孝悦
    東京湾の魚類、平凡社, 2011-01
会議発表等
  • 相模川水系におけるカワアナゴ Eleotris oxycephala の食性と集団構造
    今 孝悦
    第64回日本生態学会大会/2017-03-14--2017-03-18
  • ヤドカリに対する海洋酸性化の影響
    今 孝悦
    第64回日本生態学会大会/2017-03-14--2017-03-18
  • タイ国トラン沿岸域を漂流するマングローブの葉や海草等に付随する仔稚魚および大型無脊椎動物
    今 孝悦
    平成29年度日本水産学会春季大会/2017-03-26--2017-03-30
  • タイ国トランの砂浜動物群集に対するマングローブ落葉の機能
    今 孝悦
    平成29年度日本水産学会春季大会/2017-03-26--2017-03-30
  • The effect of ocean acidification on the prey searching behavior of the carnivorous gastropod
    Kon Koetsu
    International Workshop Assessing the Effects of Ocean Acidification on East Asian Ecosystems/2017-07-25--2017-07-26
  • 肉食性巻貝の餌探索行動に対する海 洋酸性化の影響
    今 孝悦
    2017年日本プランクトン学会・ベントス学会合同大会/2017-09-03--2017-09-05
  • The effect of ocean acidification on the prey searching behavior of the carnivorous gastropod.
    Kon Koetsu
    Tsukuba Global Science Week 2017/2017-09-25--2017-09-27
  • The long-term effects of ocean acidification on the prey searching behavior of muricid gastropod Reishia clavigera.
    Kon Koetsu
    The 3rd Asian Marine Biology Symposium 2017/2017-11-03--2017-11-05
  • 窮すれば長ず:巻貝を介したホンヤドカリに対する海洋酸性化の間接効果
    今 孝悦
    第65回日本生態学会大会/2018-03-14--2018-03-18
  • 海洋酸性化が裸鰓類の行動様式に及ぼす影響
    今 孝悦
    平成30年度日本水産学会春季大会/2018-03-26--2018-03-30
  • Local-scale genetic structure and kinship in the sleeper goby, Eleotris oxycephala, an amphidromous migratory fish, in the Sagami River System, Japan.
    Kon Koetsu
    The 8th East Asian Federation of Ecological Societies International Congress/2018-04-21--2018-04-23
担当授業科目
2018-10 -- 2018-12動物生態学II筑波大学
2018-10 -- 2019-02生物寺子屋筑波大学
2018-04 -- 2018-08生物寺子屋筑波大学
2018-10 -- 2018-12海洋生物学II筑波大学
2018-10 -- 2018-12Marine Biology II筑波大学
2018-11 -- 2019-02多様性生物科学セミナーCIII筑波大学
2018-11 -- 2019-02多様性生物科学セミナーDIII筑波大学
2018-11 -- 2019-02多様性生物科学セミナーEIII筑波大学
2018-10 -- 2018-11多様性生物科学セミナーCII筑波大学
2018-10 -- 2018-11多様性生物科学セミナーDII筑波大学
授業以外の教育活動
2013-04 -- (現在)SSリーグ第6期生・チューター教員筑波大学
2013-04 -- 2013-04第54回科学技術週間 筑波大学キッズ・ユニバーシティ「一日筑波大生になろう!!」筑波大学
2012-11 -- 2012-11第3回筑波大学下田臨海実験センター一般公開筑波大学
2012-08 -- 2012-08筑波大学公開講座「海洋生物学入門」筑波大学
2012-04 -- 2013-03SSリーグ第5期生・チューター教員筑波大学
2012-04 -- 2012-04第53回科学技術週間 筑波大学キッズ・ユニバーシティ「一日筑波大生になろう!!」筑波大学
一般講演
  • Do allochthonous inputs represent an important food resource for benthic macrofaunal communities in estuarine mudflats?
    Kon Koetsu
    The First Asian Marine Biology Symposium/2012-12-13--2012-12-17
学内管理運営業績
2012-04 -- (現在)筑波大学下田臨海実験センター サブネットワーク管理委員会委員
2012-04 -- (現在)筑波大学生物学類大学説明会委員会委員

(最終更新日: 2018-08-10)