現在地

今 孝悦(コン コウエツ; Kon, Koetsu)

face
所属
生命環境系
職名
助教
生年月
1982-01
URL
eメール
 
研究室
第2研究室
電話
0558-22-6618
研究分野
水圏生産科学
生態・環境
研究キーワード
群集構造
食物網
エコシステムエンジニア
資源分割
多種共存機構
安定同位体
潮間帯
ベントス
マングローブ
研究課題
砂浜域の生物生産に対する漂着物の機能評価2016 -- 2017今 孝悦日本学術振興会/若手研究(B)4160000
亜熱帯性藻場・干潟複合生態系における低次生産構造の解明2013-04 -- 2016-03山田秀秋日本学術振興会/科学研究費補助金 基盤研究(B)
河口域の生物生産過程に与える他生的資源の影響と機能の解明2012-04 -- 2015-03今 孝悦日本学術振興会/若手研究(B)4550000
沿岸水域における浮遊懸濁物の起源とその変遷2012-04 -- 2015-03吉川尚日本学術振興会/科学研究費補助金 基盤研究(C)
マングローブの植林が底生動物群集へ及ぼす影響2010-04 -- 2012-03今 孝悦日本学術振興会/特別研究員奨励費1900000
タイ国南部のマングローブ域における生物生産構造の解明2008-04 -- 2010-03今 孝悦日本学術振興会/特別研究員奨励費1200000
職歴
2008-04 -- 2009-03日本学術振興会 東京大学大学院農学生命科学研究科 特別研究員(DC2)
2009-04 -- 2010-03日本学術振興会 東京大学大学院農学生命科学研究科 特別研究員(PD)
2010-04 -- 2011-10日本学術振興会 東京大学大気海洋研究所 特別研究員(PD)
2011-11 -- (現在)筑波大学 生命環境系下田臨海実験センター 助教
学歴
2000-04 -- 2004-03北海道大学 水産学部 海洋生物生産科学科卒業
2004-04 -- 2006-03東京大学 農学生命科学研究科 農学国際専攻修了
2006-04 -- 2009-03東京大学 農学生命科学研究科 農学国際専攻修了
取得学位
2009-03博士(農学)東京大学
免許資格等
2012-07潜水士
所属学協会
2004 -- (現在)日本ベントス学会
2004 -- (現在)日本水産学会
論文
  • 亜熱帯藻場構成植物に対するアイゴ幼魚の摂食選択性評価
    山田 秀秋; 島袋 寛盛; 早川 淳; 中本 健太; 河村 知彦; 今 孝悦
    日本水産学会誌/82(4)/pp.631-633, 2016
  • 小型巻貝 2 種におけるソデカラッパからの被食回避に及ぼす人工海藻の影響
    山田 秀秋; 早川 淳; 中本 健太; 河村 知彦; 今 孝悦
    日本水産学会誌/82(1)/pp.33-35, 2015
  • タイ南部バンドン湾の貝類養殖域における食物網構造
    岡本 侑樹; 石川 智士; 今 孝悦; 渡邉 一哉; 吉川 尚; SALAEN...
    日本水産学会誌/80(5)/pp.838-838, 2014-09
  • タイ国南部のマングローブ域におけるマクロベントス群集の食物網構造 (総特集 水圏生態系の生産力--研究の現状と展望)
    今 孝悦; 黒倉 壽
    海洋/41(4)/pp.177-183, 2009-04
  • Delayed copulation as a means of female choice by the hermit crab Pagurus filholi.
    Yamanoi T.; Yoshino K.; Kon K.; and Goshima S.
    Journal of Ethology/24(3)/p.213-218, 2006-01
  • Role of microhabitats in food webs of benthic communities in a mangrove forest.
    Kon K.; Kurokura H.; and Hayashizaki K.
    Marine Ecology Progress Series/340/p.55-62, 2007-01
  • Food resource partitioning among fishes in an estuarine nursery as revealed by stable isotope analysis.
    Kon K.; Kanou K.; Inoue T.; Kobayashi A.; Hayashizaki K.;...
    La mer/46(1-2)/p.13-17, 2008-01
  • Effect of shrimp farming organic waste on food availability for deposit feeder crabs in a mangrove estuary, based on stable isotope analysis.
    Kon K.; Kawakubo N.; Aoki J.; Tongnunui P.; Hayashizaki K...
    Fisheries Science/75(3)/p.715-722, 2009-01
  • Do mangrove root structures function to shelter benthic macrofauna from predators?
    Kon K.; Kurokura H.; and Tongnunui P.
    Journal of Experimental Marine Biology and Ecology/370(1-2)/p.1-8, 2009-01
  • Effects of the physical structure of mangrove vegetation on a benthic faunal community.
    Kon K.; Kurokura H.; and Tongnunui P.
    Journal of Experimental Marine Biology and Ecology/383(2)/p.171-180, 2010-01
  • Influence of a microhabitat on the structuring of the benthic macrofaunal community in a mangrove forest.
    Kon K.; Kurokura H.; and Tongnunui P.
    Hydrobiologia/671(1)/p.205-216, 2011-01
  • Benthic food web of a salt marsh in an artificial lagoon, central Japan.
    Kon K.; Hoshino Y.; Kanou K.; Okazaki D.; Nakayama S.; an...
    Aquatic Ecosystem Health & Management/16(1)/pp.40-50, 2013-03
  • Importance of allochthonous material in benthic macrofaunal community functioning in estuarine salt marshes
    Kon Koetsu; Hoshino Yukihiro; Kanou Kouki; Okazaki Daisuk...
    ESTUARINE COASTAL AND SHELF SCIENCE/96/pp.236-244, 2012-01
著書
  • Importance of microhabitats for benthic faunal production in intertidal mangrove forests.
    Kon K.; Kurokura H.; and Ogawa H.
    2007-01
  • ボラはデトリタス食ではない:安定同位体比分析で解明.
    今 孝悦
    2011-01
担当授業科目
2016-11 -- 2017-02多様性生物科学セミナーEIII筑波大学
2016-11 -- 2017-02多様性生物科学セミナーDIII筑波大学
2016-11 -- 2017-02多様性生物科学セミナーCIII筑波大学
2016-10 -- 2017-03生態学セミナーBII筑波大学
2016-10 -- 2017-03生態学セミナーAII筑波大学
2016-10 -- 2017-03生態学研究法AII筑波大学
2016-10 -- 2017-03生態学研究法BII筑波大学
2016-10 -- 2017-03生態学セミナーDII筑波大学
2016-10 -- 2017-03生態学セミナーCII筑波大学
2016-10 -- 2017-03生態学セミナーEII筑波大学
授業以外の教育活動
2013-04 -- (現在)SSリーグ第6期生・チューター教員筑波大学
2013-04 -- 2013-04第54回科学技術週間 筑波大学キッズ・ユニバーシティ「一日筑波大生になろう!!」筑波大学
2012-11 -- 2012-11第3回筑波大学下田臨海実験センター一般公開筑波大学
2012-08 -- 2012-08筑波大学公開講座「海洋生物学入門」筑波大学
2012-04 -- 2013-03SSリーグ第5期生・チューター教員筑波大学
2012-04 -- 2012-04第53回科学技術週間 筑波大学キッズ・ユニバーシティ「一日筑波大生になろう!!」筑波大学
一般講演
  • Do allochthonous inputs represent an important food resource for benthic macrofaunal communities in estuarine mudflats?
    Kon Koetsu
    The First Asian Marine Biology Symposium/2012-12-13--2012-12-17
学内管理運営業績
2012-04 -- (現在)筑波大学下田臨海実験センター サブネットワーク管理委員会委員
2012-04 -- (現在)筑波大学生物学類大学説明会委員会委員

(最終更新日: 2014-04-30)