現在地

相川 充(アイカワ アツシ; Aikawa, Atsushi)

所属
人間系
職名
教授
性別
男性
科研費番号
10159254
eメール
 
研究室
人間系学系棟A308
電話
0298536868
研究分野
社会心理学
研究キーワード
感謝
ソーシャルスキル
研究課題
感謝スキルが対人関係と自己認知に及ぼす形成・拡張効果の介入的実証研究2017-04 -- 2019-03相川 充独立行政法人日本学術振興会/科学研究費助成事業(学術研究助成基金助成金)基盤研究(C)(一般)4,290,000円
対人関係に及ぼす「感謝」のポジティブ効果に関する拡張・形成理論からの実験的検討2011-04 -- 2014-03相川 充独立行政法人日本学術振興会/科学研究費助成事業(学術研究助成基金助成金)基盤研究(c)(一般)4,810,000円
感謝が自己と対人関係に及ぼすポジティブ効果に関する拡張・形成2過程モデルの検証2014-04 -- 2017-03相川 充独立行政法人日本学術振興会/科学研究費助成事業(学術研究助成基金助成金)基盤研究(C)4,810,000円
思春期の子どもの学校適応を向上させる心理教育プログラムの開発2014-04 -- 2017-03藤枝静暁独立行政法人日本学術振興会/科学研究費助成事業(学術研究助成基金助成金)基盤研究(C)4,550,000円
職歴
2013 -- (現在)筑波大学 人間系 教授
2004 -- 2013東京学芸大学 教育学部 教授
1993 -- 2004東京学芸大学 教育学部 助教授
1988 -- 1993宮崎大学 教育学部 助教授
1984 -- 1987宮崎大学 教育学部 講師
1983 -- 1984宮崎大学 教育学部 助手
学歴
1980 -- 1983広島大学 大学院 教育学研究科博士課程後期単位取得満期退学
1978 -- 1980広島大学 大学院 教育学研究科博士課程前期修了
1974 -- 1978茨城大学 人文学部 文学科卒業
取得学位
1995-10-25博士(心理学)広島大学
所属学協会
1979 -- (現在)日本教育心理学会
1979 -- (現在)日本グループ・ダイナミックス学会
1981 -- (現在)日本社会心理学会
2009 -- (現在)日本心理学会
受賞
2016-07-31特別研究員等審査会専門委員(書面担当)書面審査において有意義な審査意見を付し公正・公平な審査に貢献
2001-10-13第6回日本社会心理学会島田賞『人づきあいの技術:社会的スキルの心理学』(サイエンス社)の著作により
論文
  • ソーシャルモチベーション研究
    長峯 聖人; 外山 美樹; 湯 立; 三和 秀平; 相川 充
    制御焦点が対象の価値に及ぼす影響の検討ー情報提示条件を調整変数としてー/8, 2018
  • プロセスフィードバックが動機づけに与える影響ー制御焦点を調整変数としてー
    外山 美樹; 湯 立; 長峯 聖人; 三和 秀平; 相川 充
    教育心理学研究/65/pp.321-332, 2017-09
  • 現代の「シャイネス」のイメージ調査
    稲垣(藤井) 勉; 澤海 崇文; 相川 充
    教育テスト研究センター年報/2/pp.55-57, 2017-07
  • 特性シャイネスの日米間比較――今なお「日本人はシャイ」か――
    稲垣(藤井) 勉; 澤海 崇文; 相川 充
    教育テスト研究センター年報/2/pp.53-54, 2017-07
  • 潜在的な感情の評定は自己呈示動機によって歪みうるか?
    稲垣(藤井) 勉; 澤海 崇文; 相川 充; 中野 友香子
    教育テスト研究センター年報/2/pp.50-52, 2017-07
  • 拡散的思考課題における産出物のカテゴリー制約がパフォーマンスに及ぼす影響―制御焦点を調整変数として―
    湯 立; 黒住 嶺; 外山 美樹; 長峯 聖人; 三和 秀平; 相川 充
    教育テスト研究センター年報/2/pp.38-40, 2017-07
  • 制御適合はパフォーマンスを高めるのか―小学生を対象として―
    三和 秀平; 外山 美樹; 長峯 聖人; 湯 立; 黒住 嶺; 相川 充
    教育テスト研究センター年報/2/pp.41-43, 2017-07
  • 感謝IATの開発の試み
    林 楚悠然; 稲垣 勉; 相川 充
    筑波大学心理学研究/55/pp.49-57, 2018-02
  • 感謝感情と負債感情の共起が第三者への向社会的行動に及ぼす影響
    吉野優香; 相川 充
    筑波大学心理学研究/55/pp.39-48, 2018-02
  • 小学生を対象とした感謝経験の筆記によるポジティブ・ネガティブ感情の変化
    藤原健志; 村上達也; 相川 充
    教育相談研究/54/pp.15-23, 2017-12
  • 感謝表出スキルに関する文脈的アプローチに基づいた半構造化面接による予備的検討
    酒井智弘; 相川 充
    筑波大学心理学研究/54/pp.29-38, 2017-08
  • 制御適合が価値に及ぼす影響の検討
    長峯聖人; 外山美樹; 湯 立; 三和秀平; 黒住 嶺; 相川 充
    筑波大学心理学研究/54/pp.1-6, 2017-08
  • プロセスフィードバックが動機づけに与える影響
    外山 美樹; 湯 立; 長峯 聖人; 三和 秀平; 相川 充
    教育心理学研究/65(3)/pp.321-332, 2017-09
  • 制御焦点の違いが上方比較後の動機づけおよびパフォーマンスに与える影響
    三和 秀平; 外山 美樹; 長峯 聖人; 湯 立; 相川 充
    教育心理学研究/65(4)/pp.489-500, 2017-12
  • 制御焦点が学業パフォーマンスに及ぼす影響-制御適合の観点から-
    外山 美樹; 長峯 聖人; 湯 立; 三和 秀平; 黒住 嶺; 相川 充
    教育心理学研究/65(4)/pp.477-488, 2017-12
  • 制御適合がメッセージの評価に及ぼす影響の検討ー熟知性に着目してー
    長峯 聖人; 外山 美樹; 三和 秀平; 湯 立; 黒住 嶺; 相川 充
    心理学研究/88(6)/pp.587-593, 2018-02
  • 被援助場面で経験される感謝感情と負債感情の生起過程モデルの検討
    吉野 優香; 相川 充
    心理学研究/88(6)/pp.535-545, 2018-02
  • 制御適合はパフォーマンスを高めるのか?――制御適合の種類別の検討――
    外山 美樹; 長峯 聖人; 湯 立; 三和 秀平; 黒住 嶺; 相川 充
    心理学研究/88(3)/pp.274-280, 2017-08
  • シャイネスの発達的変化の検討
    澤海 崇文; 藤井 勉; 相川 充
    日本社会心理学会第57回大会発表論文集/pp.297-297, 2016-09
  • 新たな潜在的自尊心の測定方法の検討――名前への選好を指標として――
    藤井 勉; 澤海 崇文; 相川 充
    日本社会心理学会第57回大会発表論文集/pp.111-111, 2016-09
  • 社会的望ましさ反応尺度への回答の発達的変化――Web 調査を用いて――
    藤井 勉; 澤海 崇文; 相川 充
    日本パーソナリティ心理学会第25回大会発表論文集/pp.45-45, 2016-09
  • 感謝状況の筆記による正負感情への影響 ―児童を対象として―
    藤原健志; 村上 達也; 相川 充
    日本教育心理学会第58回総会発表論文集/pp.406 -406, 2016-10
  • 小学校におけるソーシャルスキル教育を中心とした心理教育の縦断実践研究(6) ―感情スキル教育の効果の検討―
    藤枝 静暁; 増南 太志; 相川 充
    日本教育心理学会第58回総会発表論文集/pp.465-465, 2016-10
  • 小学校におけるソーシャルスキル教育を中心とした心理教育の縦断実践研究(4)-H26年度1学期に実施したSSEの効果の縦断的検討-
    藤枝 静暁; 相川 充
    日本発達心理学会第27回大会発表論文集/pp.334-334, 2016-04
  • 小学校におけるソーシャルスキル教育を中心とした心理教育の縦断実践研究(7) ― 時間差を考慮した三水準モデルの検証―
    増南 太志; 藤枝 静暁; 相川 充
    日本教育心理学会第58回総会発表論文集/pp.466-466, 2016-10
著書
  • ピンチを解決!10歳からのライフスキル①友だちづきあいに悩まないソーシャルスキル
    相川 充
    合同出版, 2018-03
  • 大人になってこまらない マンガで身につく友だちとのつきあい方
    相川 充
    金の星社, 2017-12
  • コミュニケーション・スキルアップ講座(テキスト全5冊)
    相川 充
    U-CAN, 2016-11
  • 上司と部下のためのソーシャルスキル
    相川 充; 田中 健吾
    サイエンス社, 2015-06
  • 人間関係のスキルとトレーニング
    相川 充
    人間関係を支える心理学―心の理解と援助―, 北大路書房, pp.175-188, 2013-9
  • 対人状況での被援助に伴う心理的負債
    相川 充
    社会心理学, ミネルヴァ書房, pp.106-124, 2012-2
  • EQとソーシャルスキル
    相川 充
    発達心理学Ⅰ, 東京大学出版会, pp.67-72, 2011-9
  • 対人関係(対人心理学)
    相川 充
    心理学概論:学びと知のイノベーション, ナカニシヤ出版, 2011-4
  • イラスト版子どものソーシャルスキル:友だち関係に勇気と自信がつく42のメソッド
    相川 充; 猪刈恵美子
    合同出版, 2011-1
  • コミュニケーションと対人関係 
    相川 充; 高井次郎
    2010-4
  • 新版 人づきあいの技術:ソーシャルスキルの心理学
    相川 充
    2009-9
会議発表等
  • The rlationships among trait gratitude, trait indebtedness and regulatory focus in Japan.
    Yoshino Yuka; Aikawa Atsushi
    The 5th World Congress on Positive Psychology/2017-07-13--2017-07-16
  • The Effect of gratitude skills on building direct reciprocity between two persons in a dilemma situation.
    Sakai Tomohiro; Aikawa Atsushi
    Australian Society for Research Excellence Annual International Conference on Interdisciplinary Social Sciences, Business Management and Sustainable Developments/2018-02-03--2018-02-4
  • Is prevention focus good for performance?: The role of regulatory closure.
    Toyama Miki; Nagamine Masato; Tang Li; Miwa Syuhei; Kuroz...
    The 19th annual meeting of the Society for Personality and Social Psychology./2018-03-01--2018-03-03
  • Effects of Product Constraints on Performance in a Divergent Thinking Task: Regulatory Focus as a Moderator.
    Tang Li; Kurozumi Ryo; Toyama Miki; Nagamine Masato; Miwa...
    The 19th annual meeting of the Society for Personality and Social Psychology./2018-03-01--2018-03-03
  • Effects of regulatory focus on the evaluation of messages: Focus the familiarity as moderators.
    Nagamine Masato; Toyama Miki; Miwa Syuhei; Tang Li; Kuroz...
    The 19th annual meeting of the Society for Personality and Social Psychology/2018-03-01--2018-03-03
  • Can regulatory fit improve elementary school students’ performance and motivation?
    Miwa Syuhei; Toyama Miki; Nagamine Masato; Tang Li; Kuroz...
    The 19th annual meeting of the Society for Personality and Social Psychology./2018-03-01--2018-03-03
  • 制御適合はパフォーマンスを高めるのか?日常場面の学業パフォーマンスに焦点を当てて
    外山 美樹; 長峯 聖人; 湯 立; 三和 秀平; 黒住 嶺; 相川 充
    日本教育心理学会第59回総会/2017-10-07--2017-10-9
  • シャイネスに関する自己理解の日米比較
    稲垣(藤井) 勉; 澤海 崇文; 相川 充
    日本社会心理学会第58回大会/2017-10-28--2017-10-29
  • 感謝感情・負債感情と返報行動の形式および実行までの時間との関係
    林 楚悠然; 相川 充
    日本社会心理学会第58回大会/2017-10-28--2017-10-29
  • 感謝感情と負債感情が向社会的行動の生起に及ぼす影響の検討:制御焦点理論に基づく状態的動機の観点から
    吉野 優香; 相川 充
    日本社会心理学会第58回大会/2017-10-28--2017-10-29
  • シャイネスに対するイメージの日米比較
    澤海 崇文; 稲垣(藤井) 勉; 相川 充
    日本社会心理学会第58回大会/2017-10-28--2017-10-29
  • 大学生感謝表出スキルの実行の程度が孤独感の低減に及ぼす効果
    酒井 智弘; 相川 充
    日本社会心理学会第58回大会/2017-10-28--2017-10-29
  • 特性シャイネスの日米間比較――今なお「日本人はシャイ」か―― 
    稲垣(藤井) 勉; 澤海 崇文; 相川 充
    日本心理学会第81回大会/2017-09-20--2017-09-22
  • Differences between the U.S. and Japan in impressions toward shyness: Factors affecting good or bad judgment.
    Sawaumi Takafumi; Inagaki (Fujii) Tsutomu; Aikawa Atsushi
    The 12th biennial conference of Asian Association of Social Psychology/2017-08-26--2017-08-28
  • Negative relationship between shyness and life satisfaction: Moderating role by generation.
    Sawaumi Takafumi; Inagaki Tsutomu; Aikawa Atsushi
    15th European Congress of Psychology/2017-07-11--2017-07-14
  • The Effects of Emotional Gratitude and Emotional Indebtedness on the Prosocial Behaviors to the Group Members
    Yoshino Yuka; Aikawa Atsushi
    The 18th annual meeting of the Society for Personality and Social Psychology/2017-01-19--2017-01-21
  • Relationship between Implicit Association Test (IAT) and two Single-Target IATs, with shyness as an example
    Sawaumi Takafumi; Fujii Tsutomu; Aikawa Atsushi
    The 18th annual meeting of the Society for Personality and Social Psychology/2017-01-19--2017-01-21
  • 大学生のソーシャルスキルが主観的ウェルビーイングに及ぼす影響過程の検討 ~友人関係満足とソーシャルサポートを媒介変数として~
    酒井 智弘; 谷口 淳一; 相川 充
    日本社会心理学会 第57回大会/2016-09-17--2016-09-18
  • 制御適合はパフォーマンスを高めるのか?Ⅱ
    外山 美樹; 長峯 聖人; 湯 立; 三和 秀平; 黒住 嶺; 相川 充
    日本教育心理学会第58回総会/2016-10-08--2016-10-10
  • 制御適合はパフォーマンスを高めるのか?-制御適合の種類とパフォーマンスのタイプ別の検討-
    外山 美樹; 長峯 聖人; 湯 立; 三和 秀平; 黒住 嶺; 相川 充
    日本社会心理学会第57回大会/2016-09-17--2016-09-18
  • プロセスフィードバックが動機づけに与える影響-制御焦点によって調整されるか?-
    湯 立; 外山 美樹; 長峯 聖人; 三和 秀平; 黒住 嶺; 相川 充
    日本教育心理学会第58回大会/2016-10-08--2016-10-10
  • Monetary value from regulatory fit: The difference on the effects of advertising conditions
    Nagamine Masato; Toyama Miki; Miwa Shuhei; Tang Li; Aikaw...
    The 31st International Congress of Psychology/2016-07-24--2016-07-29
  • 制御焦点と上方比較後の感情・動機づけ・パフォーマンスとの関連
    三和 秀平; 外山 美樹; 長峯 聖人; 湯 立; 黒住 嶺; 相川 充
    日本パーソナリティ心理学会第25回大会/2016-09-14--2016-09-15
  • 現代におけるシャイネスのイメージ調査 (3)――等質性分析を用いた良否判断の規定因の検討――
    澤海 崇文; 藤井 勉; 相川 充
    日本グループ・ダイナミックス学会第63回大会/2016-10-09--2016-10-10
  • 現代におけるシャイネスのイメージ調査 (2)ーー自由記述を中心にーー
    藤井 勉; 澤海 崇文; 相川 充
    日本グループ・ダイナミックス学会第63回大会/2016-10-09--2016-10-10
担当授業科目
2018-10 -- 2018-12対人社会心理学演習II筑波大学
2018-10 -- 2018-12対人社会心理学特別研究筑波大学
2018-10 -- 2018-12社会心理学演習筑波大学
2018-04 -- 2018-06対人社会心理学特講筑波大学
2018-04 -- 2018-06対人社会心理学演習I筑波大学
2018-04 -- 2018-06心理学英語セミナー筑波大学
2018-04 -- 2018-06社会心理学筑波大学
2018-04 -- 2018-06心理学概論筑波大学
2017-04 -- 2017-06対人社会心理学演習I筑波大学
2017-10 -- 2017-12対人社会心理学特別研究筑波大学
授業以外の教育活動
2017-06 -- 2017-06平成29年度 教員免許状更新講習筑波大学教員免許状更新講習推進室
一般講演
  • 幼児を対象にしたソーシャルスキル教育の可能性
    相川 充
    世界園長大会幼児教育 日本幼児教育交流会
  • エンゲージメントは上司のEQ次第 ―アンガーマネジメントとの関連から―
    相川 充
    EQGA資格者対象 勉強会/2017-10-21--2017-10-21
  • マインドフルネスとEQ
    相川 充
    第6回大学におけるEQ活用研究フォーラム/2017-08-21--2017-08-21
  • 人づきあいの技術の心理学 ―人の話の聴き方―
    相川 充
    第67回 社会を明るくする運動/2017-07-08--2017-07-08
  • 考査役としての リーダーシップ・スキルを 身につける
    相川 充
    日本銀行金融機構局 コミュニケーション研修/2017-01-17--2017-01-17
  • 希望を与えるキャリア支援をめざして ― ソーシャルスキルの観点から ―
    相川 充
    第5回TSUKU-場フォーラム/2016-11-06--2016-11-06
  • 日本におけるEQの25年と今後
    相川 充
    EQでつなぐ大学教育と人材教育の未来/2016-05-13--2016-05-13
  • カウンセリングにソーシャルスキルの考えを取り入れる
    相川 充
    日本カウンセリング学会 静岡研修会/2016-03-20--2016-03-21
  • 希望を与えるカウンセリング  ― ソーシャルスキルの考え方とその活用 ―
    相川 充
    全国私立保育園連盟 保育カウンセラー企画委員会 内部研修/2015-10-30--2015-10-30
  • これからの資質、能力の育成と評価
    相川 充
    シンポジウム2016 新課程で求められる資質・能力の育成と評価/2016-03-07--2016-03-07
  • リーダーシップ
    相川 充
    日本銀行金融機構局リーダーシップ研修/2016-01-21--2016-01-22
  • 希望を与えるソーシャルスキルの理論と実習
    相川 充
    平成27年度 幼児カウンセリング講座 キャリアアップ講座(東京)/2015-07-22--2015-07-22
  • 先生のためのソーシャルスキル ― 安心と希望を与える教師を目指して ―
    相川 充
    東京韓国学校 職員研修会/2015-10-19--2015-10-19
  • 心理学と社会 ― 心の不思議を解き明かす ―
    相川 充
    日本心理学会公開シンポジウム 高校生のための心理学講座シリーズ/2015-08-02--2015-08-02
  • 人間関係をモチベートする?感謝スキル?!
    相川 充
    社会心理学会公開シンポジウム/2013-5-25--2013-5-25
  • ソーシャルスキル教育のすすめ
    相川 充
    山形県教育カウンセラー協会ステップアップ講座/2014-2-9--2014-2-9
  • きょうも健康、スキルが巧い:ソーシャルスキル教育の理論および健康との関連
    相川 充
    第22回日本健康教育学会学術大会/2013-6-22--2013-6-22
学協会等委員
2015-03 -- (現在)日本心理学会代議員(第4部門)
2007-01 -- (現在)特定非営利活動法人 教育テスト研究センター 理事
2015-05 -- 2017-04公益財団法人 社会福祉振興・試験センター社会福祉試験委員及び精神保健福祉試験委員
2015-04 -- 2017-03日本社会心理学会第28期全国区理事
2015-08 -- 2016-07独立行政法人 日本学術振興会特別研究員等審査会専門委員及び国際事業委員会書面審査員・書面評価員
2012-11 -- 2015-08社団法人日本教育心理学会社員
2014-08 -- 2015-07独立行政法人 日本学術振興会特別研究員等審査会専門委員及び国際事業委員会書面審査員・書面評価員
2011-04 -- 2015-03日本社会心理学会「社会心理学研究」編集委員
2013-04 -- 2015-03日本社会心理学会第27期全国区理事、常任理事
学内管理運営業績
2018-04 -- (現在)人間系職場巡視委員
2018-04 -- (現在)人間系運営委員会委員・拡大メンバー
2018-04 -- (現在)スポーツ・デー運営委員会委員
2018-04 -- (現在)人間系(筑波地区)研究倫理委員会委員長
2016-04 -- 2018-03心理学域代表
2016-04 -- 2018-03人間系系長代行
2016-04 -- 2018-03人間系調整委員会委員
2016-04 -- 2017-03人間系人事委員会委員
2016-04 -- (現在)人間系教職員メンタルヘルス相談体制相談員
2016-04 -- 2018-03人間学群運営委員会委員

(最終更新日: 2018-07-26)