現在地

雨宮 護(アメミヤ マモル; Amemiya, Mamoru)

所属
システム情報系
職名
准教授
性別
男性
科研費番号
60601383
URL
研究室
都市環境行動学研究室
学外所属
東京大学 空間情報科学研究センター客員研究員
研究分野
社会システム工学・安全システム
都市計画・建築計画
環境農学(含ランドスケープ科学)
研究キーワード
都市計画,犯罪学,空間情報科学,環境心理学,GIS/GPS
研究課題
地理的犯罪予測の手法構築‐学際研究と産官学連携による学術基盤の確立とシステム開発2017-04 -- 2021-03雨宮 護日本学術振興会/科学研究費助成事業(基盤B)
高齢化・人口減少時代の近隣レベルの犯罪統制:主体間の効果的連携に向けて2017-04 -- 2020-03小林 寿一日本学術振興会/科学研究費助成事業(基盤B)
子どもの犯罪被害の前兆的事案調査法の開発と妥当性評価2016-04 -- 2019-03原田 豊日本学術振興会/科学研究費助成事業(基盤C)
「農」を用いたコンパクトシティの土地利用整序を実現する新たな中間組織の解明2016-04 -- 2019-03横張 真日本学術振興会//科学研究費助成事業(基盤B)
地域資源を基盤とする創造的復興とレジリエンス力強化に関する実践研究2015-04 -- 2019-03逢坂卓郎日本学術振興会/科学研究費助成事業 基盤研究(A)
割れ窓理論再考:秩序違反行為に影響するメソレベル環境要因の特定と実証的介入2014-04 -- 2019-03島田 貴仁日本学術振興会/科学研究費助成事業(基盤C)
小地域時系列犯罪統計に基づく「防犯まちづくり」の効果検証と評価目録の作成2014-04 -- 2017-03雨宮 護日本学術振興会/科学研究費助成事業(若手B)
地理情報科学と都市工学の空間情報解析融合技術の戦略的活用2014-04 -- 2016-03鈴木 勉日本学術振興会/科学研究費助成事業(基盤A)
持続的な都市の形成に向けた新たな農の概念とその計画2013-04 -- 2016-03横張 真日本学術振興会/科学研究費助成事業(基盤B)
『予防犯罪学』の開拓をめざした子どもの被害防止ツールキットの実証実験2013-04 -- 2016-03原田 豊日本学術振興会/科学研究費助成事業(挑戦的萌芽)
職歴
2014-04 -- (現在)東京大学 空間情報科学研究センター 客員研究員
2014-03 -- (現在)筑波大学 システム情報系 准教授
2010-11 -- 2014-02東京大学 空間情報科学研究センター 助教
2010-04 -- 2010-10東京大学 空間情報科学研究センター 客員研究員
2007-12 -- 2010-10警察庁科学警察研究所 犯罪行動科学部犯罪予防研究室 研究員
2007-04 -- 2007-11日本学術振興会 特別研究員(PD)
2006-04 -- 2007-03日本学術振興会 特別研究員(DC2)
2004-09 -- 2006-03国立環境研究所 研究補助員
学歴
2002-04 -- 2007-03筑波大学 大学院 システム情報工学研究科修了
2000-04 -- 2002-03筑波大学 大学院 環境科学研究科修了
1996-04 -- 2000-03筑波大学 第三学群 社会工学類卒業
取得学位
2007-03博士(社会工学)筑波大学
2002-03修士(環境科学)筑波大学
2000-03学士(社会工学)筑波大学
所属学協会
-- (現在)日本犯罪心理学会
-- (現在)日本都市計画学会
-- (現在)日本造園学会
-- (現在)地理情報システム学会
-- (現在)人間環境学会
-- (現在)日本環境心理学会
-- (現在)都市住宅学会
-- (現在)農村計画学会
受賞
2017CSIS DAYS 2017 優秀研究発表賞(共同受賞)
2017公益社団法人日本造園学会関東支部大会 事例・研究発表賞表彰(ポスター発表部門)(共同受賞)
2017地理情報システム学会 ポスターセッション賞
2017日本都市計画学会 年間優秀論文賞(共同受賞)
2017-04筑波大学社会工学類 教育貢献賞
2015日本不動産学会 著作賞(共同受賞)
2014CSIS DAYS 2014 優秀研究発表賞
2014日本都市計画学会 年間優秀論文賞
2012日本造園学会 研究論文部門奨励賞
2012日本造園学会全国大会 ベストペーパー賞
2008日本都市計画学会 論文奨励賞
2004社会安全研究財団研究助成 最優秀論文賞
査読付き学術雑誌・国際会議論文
  • 地理的犯罪予測研究の潮流
    大山 智也; 雨宮 護; 島田 貴仁; 中谷 友樹
    GIS理論と応用/25(1)/pp.33-43, 2017
  • コンビニエンスストアにおける犯罪発生状況と防犯施策に関する考察
    木下 広章; 柴田 久; 石橋 知也; 雨宮 護; 樋野 公宏
    都市計画論文集/51(3)/pp.350-356, 2016
  • 地方自治体による公共空間への防犯カメラ大規模設置事業の取り組み実態と評価
    村中 大輝; 雨宮 護; 大山 智也
    都市計画論文集/51(3)/pp.357-364, 2016
  • 地方都市における住宅侵入盗被害と地区特性との関連:市街地と手口の特徴に着目して
    土方 孝将; 雨宮 護; 糸井川 栄一; 梅本 通孝; 太田 尚孝
    都市計画論文集/50(3)/pp.824-831, 2015-11
  • 緑視率から見た街路樹削減効果に関する数理的考察
    張 心笛; 石井 儀光; 雨宮 護; 大澤 義明
    都市計画論文集/50(3)/pp.273-278, 2015
  • 都市農地における都市住民を担い手とする有機性廃棄物利用システムの実態解明
    新保奈穂美; 雨宮 護; 横張真
    都市計画論文集/49(3)/pp.219-224, 2014-11
  • カシニワ制度に基づくコミュニティガーデンにおける公共性の変化
    渡部 陽介; 宮本 万理子; 雨宮 護; 寺田 徹; 横張 真
    ランドスケープ研究/77(5)/pp.713-718, 2014
  • 東京23 区における住宅対象侵入窃盗犯の地理的分布の変化 -2001 年~2011 年の11 年間を対象に-
    雨宮 護; 島田 貴仁
    都市計画論文集/48(1)/pp.60-66, 2013
  • 地域主導で作成する安全マップの環境改善への活用要件 -松山市久米地区における公園改善を事例として-
    樋野 公宏; 雨宮 護; 杉崎 和久
    都市計画論文集/48(3)/pp.243-248, 2013
  • 潜在成長曲線モデルを用いた地区レベルでの犯罪の時系列変化と地区環境との関連の分析 -東京23区における住宅対象侵入窃盗犯を事例に-
    雨宮 護
    都市計画論文集/48(3)/pp.351-356, 2013
  • An analysis of crime hot spots using GPS tracking data of children and agent-based simulation modeling
    Kikuchi George; Amemiya Mamoru; Takahito Shimada
    Annals of GIS/18(3)/pp.207-223, 2012
  • 暫定利用を前提とした緑地の管理・運営スキームに関する研究
    寺田 徹; 雨宮 護; 細江 まゆみ; 横張 真; 浅見 泰司
    ランドスケープ研究/75(5)/pp.651-654, 2012
  • 都市住民による農作物栽培活動の実施と食生活の質との関連:都市近郊のフードデザート問題解決への「農」からの貢献の可能性
    雨宮 護; 寺田 徹; 横張 真; 浅見 泰司
    都市計画論文集/47(3)/pp.229-234, 2012
  • 初期の港北ニュータウン計画における農的土地利用の計画意図
    原田 文恵; 雨宮 護; 横張 真
    ランドスケープ研究/75(5)/pp.593-596, 2012
  • 屋外環境改善を目指した大学参加による防犯まちづくりの取組み:福岡大学周辺における公園の防犯診断を事例として
    淡島 正憲; 柴田 久; 樋野 公宏; 雨宮 護; 石橋 知也
    都市計画論文集/47(3)/pp.967-972, 2012
  • 保護者による許可から捉えた子どもの移動自由性と屋外遊びとの関連の地域差
    雨宮 護
    ランドスケープ研究/75(5)/pp.477-482, 2012
  • 積雪寒冷地における防犯環境の特性に関する考察
    松村 博文; 樋野 公宏; 石井 儀光; 寺内 義典; 雨宮 護; ...
    都市計画論文集/46(3)/pp.955-960, 2011
  • 千葉県市川市における都市公園へのネットワーク型街頭防犯カメラの設置例と市民の態度
    雨宮 護; 島田 貴仁; 高木 大資
    ランドスケープ研究/74(5)/pp.783-788, 2011
  • 近隣での防犯対策が市民の犯罪の知覚に与える影響:青色防犯パトロールと犯罪発生マップを例にして
    島田 貴仁; 雨宮 護; 菊池 城治
    犯罪社会学研究/(35)/pp.132-148, 2010
  • 公園における問題対応行動への意図形成と近隣住民への信頼感との関係
    雨宮 護; 島田 貴仁; 菊池 城治; 原田 豊
    ランドスケープ研究/73(5)/pp.481-484, 2010
  • 保護者による子どもに対する行動規制の要因と子どもの遊びへの影響に関する実証的研究:茨城県つくば市の一小学校を対象に
    雨宮 護; 畑 倫子; 菊池 城治; 原田 豊
    都市計画論文集/45(3)/pp.79-84, 2010
  • 近接反復被害の罪種間比較:時空間K関数の応用
    菊池 城治; 雨宮 護; 島田 貴仁; 齊藤 知範; 原田 豊
    GIS理論と応用/18(2)/pp.21-30, 2010
  • GPSによる小学生児童の日常行動の測定:兵庫県神戸市の公立小学校を例にして
    島田 貴仁; 齊藤 知範; 雨宮 護; 菊池 城治; 原田 豊
    GIS理論と応用/18(2)/pp.85-91, 2010
  • 既成住宅地の防犯における監視性のあり方に関する考察:千葉市S町でのアンケート調査及び実地踏査より
    樋野 公宏; 雨宮 護
    都市計画論文集/44(3)/pp.301-306, 2009
  • 都市郊外の住居系用途地域における空閑地の発生・残存パターンと地形との関係
    大澤 陽樹; 横張 真; 雨宮 護
    ランドスケープ研究/72(5)/pp.687-692, 2009
その他の論文・記事
  • 曝露人口を考慮した性犯罪被害リスクの分析:誰が,いつ,どこで,性犯罪の被害に遭うリスクが高いのか
    雨宮 護; 大山 智也; 島田 貴仁
    都市計画報告集/(16)/pp.297-301, 2018
  • ドイツの「多文化共生ガーデン」
    雨宮護; 渡辺雄太; 新保奈穂美
    農業と経済/84(2)/pp.64-68, 2018-02
  • ドイツにおける多文化共生ガーデンの取り組み実態とその社会的背景
    渡辺 雄太; 雨宮 護; 新保 奈穂美
    都市計画報告集/(16)/pp.240-246, 2017-08
  • Designing an Open Space for Social Inclusion: An Intercultural Garden Project at the University of Tsukuba
    Shimpo Naomi; Amemiya Mamoru
    Proceedings of 2017 International Conference of Asian-Pacific Planning Societies/pp.201-204, 2017-08
  • 空き家に対する自治体の認定と住民の認知との間の相違とその要因
    米今 絢一郎; 雨宮 護; 島田 貴仁
    環境心理学研究/5(1)/p.29, 2017
  • 前兆事案の発生と都市空間特性の関係性に関する基礎的検討
    山村 俊貴; 樋野 公宏; 上杉 昌也; 雨宮 護
    都市計画報告集/(16)/pp.200-203, 2017
  • 地理的犯罪予測と人の流れデータ―犯罪抑止要因としての「人の目」とRisk Terrain Modeling―
    大山 智也; 雨宮 護
    Research Abstracts on Spatial Information Science CSIS DAYS 2017/p.21, 2017
  • 総合リユース店舗における万引き被害の空間的特徴
    藤本 典志; 雨宮 護; 大山 智也
    Research Abstracts on Spatial Information Science CSIS DAYS 2017,/p.46, 2017
  • 繁華街に設置された街頭防犯カメラの効果検証:福岡県警察犯罪予防研究アドバイザー制度に基づく分析
    雨宮 護; 樋野 公宏; 柴田 久
    都市計画報告集/(16)/pp.18-23, 2017
  • 「新たな農」が惹きつける都市住民の特性:民間企業が提供する体験農園サービスの利用者アンケート調査報告
    雨宮 護; 寺田 徹; 渡辺 貴史; 西辻 一真; 横張 真
    都市計画報告集/(16)/pp.36-41, 2017
  • 暴露人口を考慮した性犯罪被害リスクの算出・可視化の試み:人の流れデータを活用して
    雨宮 護; 大山 智也
    GIS理論と応用/25(2)/p.123, 2017
  • 集合住宅における侵入窃盗の時空間的近接:福岡県警察犯罪予防研究アドバイザー制度に基づく分析
    樋野 公宏; 雨宮 護
    都市計画報告集/(16)/pp.24-27, 2017
  • 地理的犯罪予測の手法間比較:日本における適用可能性について
    大山 智也; 雨宮 護
    犯罪心理学研究/55/pp.68-69, 2017
  • 秩序違反測定のための住環境評価尺度の改訂
    島田 貴仁; 米今 絢一郎; 大山 智也; 雨宮 護; 本山 友...
    環境心理学研究/5(1)/p.28, 2017
  • 都市郊外部における制度に基づく空閑地の暫定利用の成立プロセス:千葉県柏市カシニワ制度を対象として
    遠藤 茉弥; 雨宮 護
    都市計画報告集, 2016
  • 地理的犯罪予測手法の日本への適用と検証
    大山 智也; 雨宮 護
    地理情報システム学会講演論文集, 2016
  • 不登校・引きこもり児童の居場所づくりを行うフリースクールの「自然・農業体験」活動の成立プロセスと活動場所の特徴
    高橋 麻理; 雨宮 護
    平成28年度日本造園学会関東支部大会梗概集, 2016
  • 郵送調査における予告はがきおよびノベルティの種類が回収率に与える影響
    島田 貴仁; 大山 智也; 雨宮 護
    日本行動計量学会第44回大会抄録集, 2016
  • EDRA2016参加記
    雨宮 護
    MERA Journal/18(2)/pp.49-50, 2016
  • 総合リユース店舗における万引きに関連する諸要因の検討
    藤本 典志; 雨宮 護; 大山 智也
    地理情報システム学会講演論文集/(25), 2016
  • 空閑地を活用した住環境の価値向上のための制度とプログラム-「カシニワ」と「ちょい農」-
    雨宮 護
    土地総合研究/23(2)/pp.37-40, 2015
  • 大災害後に発生する空閑地の把握と地域資源としての活用─竜巻被災地・つくば市北条地区での実践─
    山本 幸子; 雨宮 護; 田野井雄吾; プーア・イーエマル; 石村...
    農村計画学会春期大会学術研究発表会要旨集/pp.34-35, 2015-04
  • 郊外住宅地の不確実性への適応策としての土地の暫定利用の可能性
    雨宮 護
    日本建築学会大会都市計画部門研究協議会資料「時空間的不確実性を包含する都市のプランニング」/pp.43-44, 2015
  • 犯罪者の環境認知と犯罪行動
    岩倉 希; 雨宮 護; 羽生 和紀
    環境心理学研究/3(1)/pp.24-24, 2015
  • 会員サービス検討のためのアンケート調査:御礼と結果報告
    久保田 尚; 樋野 公宏; 雨宮 護
    都市計画/64(5)/pp.82-85, 2015
著書
  • 犯罪予防研究アドバイザー制度研究成果報告書
    雨宮 護
    犯罪予防研究アドバイザー制度研究成果報告書, 2017
  • 警視庁子ども・女性の安全対策に関する有識者研究会提言書
    雨宮 護
    警視庁子ども・女性の安全対策に関する有識者研究会提言書, 2017
  • Urban Farming in Tokyo: Towards an Urban-Rural Hybrid City
    Terada Toru; Yokohari Makoto; Amemiya Mamoru
    Green Asia: Ecocultures, Sustainable Lifestyles, and Ethical Consumption, ROUTLEDGE, pp.155-168, 2017
  • 第8章「犯罪・非行の予防」のうち「犯罪分析と警察活動」,「防犯まちづくり」,「住宅・公共空間の防犯対策」
    雨宮 護
    犯罪心理学事典, 2016
  • 安全安心に関する情報の発信・共有のあり方について
    雨宮 護; 情報の発信・共有に関する検討会
    2016-03
  • 地域資源で空き空間を輝かせる:いどばたギャラリーではっぴーコミュニケーション
    雨宮 護; 山本幸子
    筑波大学創造的復興プロジェクト(2015)復興関連事業・高度な専門職業人の養成や専門教育機能の充実「多領域と芸術の融合による創造的復興に向けた人材育成プログラムの構築:希望に満ちた日本にするために」平成27(2015)年度報告書/雨宮,護, 2016-03
  • 都市計画グループ
    雨宮 護
    先導的創造科学技術開発費 「社会システム改革と研究開発の一体的推進・気候変動に対応した新たな社会の創出に向けた社会システムの改革プログラム」「明るい低炭素社会の実現に向けた都市変革プログラム」最終報告書, 2015-04
  • 地域の危険箇所改善ガイドブック
    樋野 公宏; 雨宮 護; 坂本 千晴
    2015
  • 空き空間を地域の宝に:一夜限りの映画館復活
    山本幸子; 雨宮 護
    筑波大学創造的復興プロジェクト(2015)復興関連事業・高度な専門職業人の養成や専門教育機能の充実「多領域と芸術の融合による創造的復興に向けた人材育成プログラムの構築:希望に満ちた日本にするために」平成26(2014)年度報告書, 2015-03
  • 空閑地を活用した住環境の価値向上のための制度とプログラム-「カシニワ」と「ちょい農」-
    雨宮 護
    今後の土地問題を考える研究会(2015)「今後の土地問題を考える研究会」最終報告,一般社団法人土地総合研究所調査研究事業, 2015-03
  • 先導的創造科学技術開発費 「社会システム改革と研究開発の一体的推進・気候変動に対応した新たな社会の創出に向けた社会システムの改革プログラム」「明るい低炭素社会の実現に向けた都市変革プログラム」中間報告書
    雨宮 護
    先導的創造科学技術開発費 「社会システム改革と研究開発の一体的推進・気候変動に対応した新たな社会の創出に向けた社会システムの改革プログラム」「明るい低炭素社会の実現に向けた都市変革プログラム」中間報告書, 2014
  • 都市環境の変化が犯罪情勢に与える影響に関する実証的研究,社会安全研究財団2011年度若手研究助成報告書
    雨宮 護
    2013
  • 流域を単位とした地域環境像:沿岸部と内陸部の連携・交流による地域振興
    雨宮 護
    復興の風景像:ランドスケープの再生を通じた復興支援のためのコンセプトブック, 2012
  • 「郊外」のランドスケープの形成
    雨宮 護
    郊外の緑地環境学, 2012
  • 柏市・東京大学「みどりと暮らしに関するアンケート」報告書
    雨宮 護
    柏市・東京大学「みどりと暮らしに関するアンケート」報告書, 2012
  • 森・里・海の連環:小流域を基本単位とした物質循環による生産の復旧
    雨宮 護
    復興の風景像:ランドスケープの再生を通じた復興支援のためのコンセプトブック, 2012
  • 場所に基づく犯罪予防
    雨宮 護
    犯罪と市民の心理学:犯罪リスクに社会はどうかかわるか, 2011
  • 防犯まちづくりデザインガイド:計画・設計からマネジメントまで
    雨宮 護
    防犯まちづくりデザインガイド:計画・設計からマネジメントまで, 2011
  • 東日本大震災復興支援緊急調査報告書
    雨宮 護
    東日本大震災復興支援緊急調査報告書, 日本造園学会, 2011
  • 子どもの日常行動調査マニュアル
    雨宮 護
    2011
  • 防犯まちづくりのための調査の手引き<実践編>:2地区でのケーススタディを踏まえて
    雨宮 護
    防犯まちづくりのための調査の手引き<実践編>:2地区でのケーススタディを踏まえて, 2011
  • 危険なできごと調査マニュアル
    雨宮 護
    危険なできごと調査マニュアル, 2011
  • 警察が設置する街頭防犯カメラシステムに関する研究会最終とりまとめ
    雨宮 護
    警察が設置する街頭防犯カメラシステムに関する研究会最終とりまとめ, 2011
  • 日常活動アプローチ
    雨宮 護
    環境犯罪学と犯罪分析, 2010
  • 割れ窓理論と警察活動
    雨宮 護
    環境犯罪学と犯罪分析, 2010
会議発表等
  • 総合リユース店舗における万引きに関連する要因の解明 - 一般化線形混合モデルを用いた分析-
    藤本 典志; 大山 智也; 福嶋 進; 雨宮 護
    第11回日本環境心理学会/2018-03-24
  • 女性・子供を対象とした軽微な性犯罪における近接反復被害仮説の検証
    高橋 あい; 雨宮 護; 島田 貴仁
    第11回日本環境心理学会/2018-03-24
  • 中国鄭州市におけるゲーテッドコミュニティのゲートが担う機能の地域差
    盧 西祥; 大山 智也; 雨宮 護
    第11回日本環境心理学会/2018-03-24
  • 混住型学生宿舎における異文化交流に影響を与える要因-空間を共有する学生の生活スタイルとルール作りに着目して-
    唐 曼; 讃井 知; 雨宮 護
    第11回日本環境心理学会/2018-03-24
  • 地理的犯罪予測と人の流れデータ―犯罪抑止要因としての「人の目」とRisk Terrain Modeling―
    大山 智也; 雨宮 護
    IEICE HPB第18回研究会/2018-02-21
  • 総合リユース店舗における万引き被害の空間的特徴
    藤本 典志; 雨宮 護; 大山 智也
    東京大学空間情報科学研究センター全国共同利用研究発表大会「CSIS DAYS 2017」/2017-12-01
  • 犯罪予測は可能か?地理的犯罪予測の展望と課題
    雨宮 護
    2017司法保護與犯罪預防論壇:標本兼治,締造公義關懷社會,行政院新莊聯合辦公大樓綠廊國際會議廳/2017-12-01
  • Time series analysis of geographic concentrations and patterns of crime in low crime rate areas: Tokyo, Japan
    Amemiya Mamoru
    ASC Annual meeting 2017/2017-11-15--2017-11-18
  • Applying crime prediction techniques to Japan: Comparison between Risk Terrain Modeling and other methods
    Ohyama Tomoya; Amemiya Mamoru
    ASC Annual meeting 2017/2017-11-15--2017-11-18
  • GPS推計データに基づく都市公園利用者数推計の可能性:千葉市の都市公園を対象に
    齋木 亮作; 雨宮 護
    日本造園学会関東支部大会ポスターセッション/2017-11-11
  • 集合住宅における侵入窃盗の時空間的近接
    樋野 公宏; 雨宮 護
    日本都市計画学会第52回学術研究論文発表会・都市計画報告会/2017-11-11
  • 前兆事案の発生と都市空間特性の関係性に関する基礎的検討
    山村 俊貴; 樋野 公宏; 上杉 昌也; 雨宮 護
    日本都市計画学会第52回学術研究論文発表会・都市計画報告会/2017-11-11
  • ドイツにおける多文化共生ガーデンの取り組み実態とその社会的背景
    渡辺 雄太; 雨宮 護; 新保 奈穂美
    日本都市計画学会第52回学術研究論文発表会・都市計画報告会/2017-11-11
  • 地理的犯罪予測手法の罪種間比較:日本型犯罪予測手法の構築に向けた検討
    雨宮 護
    第26回地理情報システム学会研究発表大会ポスターセッション/2017-10-28--2017-10-29
  • 暴露人口を考慮した性犯罪被害リスクの算出・可視化の試み:「人の流れ」データを活用して
    雨宮 護; 大山 智也
    第26回地理情報システム学会研究発表大会ポスターセッション/2017-10-28--2017-10-29
  • 地理的犯罪予測の手法間比較:日本における適用可能性について
    大山 智也; 雨宮 護
    日本犯罪心理学会第55回大会/2017-09-03
  • 社会工学の立場から
    雨宮 護
    第54回日本犯罪学会シンポジウム「犯罪学の更なる発展に向けて:学際的・実践的連携を考える」第一部「地域社会と犯罪防止」/2017-09-02
  • Designing an Open Space for Social Inclusion: An Intercultural Garden Project at the University of Tsukuba
    Shimpo Naomi; Amemiya Mamoru
    Asian-Pacific Planning Societies 2017/2017-08-24--2017-08-26
  • 地理的犯罪予測と人の流れデータ―犯罪抑止要因としての「人の目」とRisk Terrain Modeling―
    大山 智也; 雨宮 護
    東京大学空間情報科学研究センター全国共同利用研究発表大会「CSIS DAYS 2017」/2017
  • 空き家に対する自治体の認定と住民の認知との間の相違とその要因
    米今 絢一郎; 雨宮 護; 島田 貴仁
    第10回日本環境心理学会/2017-03-11
  • 犯罪に関係する住環境評価尺度
    島田 貴仁; 米今 絢一郎; 大山 智也; 雨宮 護; 本山 友...
    第10回日本環境心理学会/2017-03-11
  • 地理的犯罪予測の日本への適用 -RTM,ProMap,SEPPモデル-
    大山 智也; 雨宮 護
    都市のORワークショップ/2016-12-10
  • 高密度市街地における地先緑化の分布と実施プロセスの解明
    小出 拓也; 雨宮 護
    日本造園学会関東支部大会/2016-11-27
  • 不登校・引きこもり児童の居場所づくりを行うフリースクールの「自然・農業体験」活動の成立プロセスと活動場所の特徴
    高橋 麻理; 雨宮 護
    日本造園学会関東支部大会/2016-11-27
  • Examining the effect of CCTV in public streets: A case study of two Japanese downtown areas
    Amemiya Mamoru
    Poster Session, ASC Annual meeting 2016/2016-11-16--2016-11-19
作品
  • 子ども向け六義園ガイドブック わかる!和歌る!六義園!
    雨宮 護
  • 子ども向け六義園ガイドブック 六義園てくてくマップ-日本の庭と自然にふれよう-
    雨宮 護
  • 地域の危険箇所改善ガイドブック
    樋野公宏; 雨宮 護; 坂本千晴
  • はじめよう!安全なまちづくり-地域の危険箇所点検と環境改善の手引き
    樋野公宏; 雨宮 護
  • 思い出の北条(映像作品)
    雨宮 護
担当授業科目
2017 -- (?)プレイスメイキング筑波大学大学院システム情報工学研究科社会工学専攻
2015 -- (?)現代まちづくりの理論と実践筑波大学理工学群社会工学類
2014 -- (?)都市計画事例講義および実習筑波大学理工学群社会工学類
2014 -- (?)住環境計画実習筑波大学理工学群社会工学類
2014 -- (?)都市と環境筑波大学大学院システム情報工学研究科社会工学専攻
2014 -- (?)住まいと居住環境の計画筑波大学理工学群社会工学類
2007 -- (?)都市・地域・環境を探る(I, II)筑波大学理工学群社会工学類
2016-04 -- 2018-03社会工学実習筑波大学理工学群社会工学類
2014-04 -- 2018-03社会調査実習筑波大学理工学群社会工学類
2014-04 -- 2016-03創造的復興プロジェクト・チャレンジ学外演習筑波大学芸術専門学群・社会工学類・比較文化学類
授業以外の教育活動
2015 -- (現在)「持続可能な」防犯まちづくりを考える春日井市春日井安全アカデミー安全学部基礎教養課程生活安全コース
2016-03 -- 2016-03いばらき子ども大学(県南キャンパス)・子どもの遊びから考えるまちづくりいばらき子ども大学実行委員会・茨城県教育委員会・茨城大学社会連携センター
2016-01 -- 2016-01犯罪予防とまちづくり茨城県民大学「足元から考える「地方創生」:県南地域のこれからのまちづくり」
2014-04 -- 2017-03地域の危険箇所改善指導者講習会東京都青少年・治安対策本部総合対策部安全・安心まちづくり課
2015-10 -- 2015-10「郊外」のこれまでとこれから:ベッドタウンとしての県南茨城県民大学「足元から考える「地方創生」:県南地域のこれからのまちづくり」
2015-02 -- 2015-02防犯講習会スマ・エコシティつくば研究学園区会・新都の街区会
2015-01 -- 2015-01いばらき子ども大学(県南キャンパス)・未来の公園を考えよういばらき子ども大学実行委員会・茨城県教育委員会・茨城大学社会連携センター
2013-09 -- 2013-09指定管理者制度講習会日本公園緑地協会
2013-09 -- 2013-09統計研修所統計研修課程「地域分析とGIS入門・小地域人口推計とGIS」総務省
2012-10 -- 2013-06防犯実務専科警察庁
一般講演
  • つくば市都市計画部都市計画課「つくば市景観条例制定10周年事業景観シンポジウム.:これからのつくばの景観を考えよう」
    雨宮 護
    つくば市都市計画部都市計画課「つくば市景観条例制定10周年事業景観シンポジウム.:これからのつくばの景観を考えよう」/2018-03-17
  • 効果的・持続的な安全・安心まちづくりのすすめ方
    雨宮 護
    沖縄県子ども生活福祉部消費・くらし安全課「安全・安心まちづくり講習会」/2018-03-07
  • 街頭防犯カメラの効果検証
    Amemiya Mamoru
    福岡県警察犯罪予防研究アドバイザー報告会/2016-11-25--2016-11-25
  • 「犯罪予測」は可能か?:日本における地理的犯罪予測の可能性
    Amemiya Mamoru
    Microsoft CityNextソリューションフォーラム2016/2016-5-26--2016-5-26
  • これからの防犯活動とまちづくり
    雨宮 護
    波崎自警団10周年記念講演会/2014-11-02--2014-11-02
  • 空間情報としての犯罪:その意義と可能性
    雨宮 護
    東京大学情報学環・空間情報科学研究センター共同シンポジウム「ユビキタスで知る空間,ユビキタスで探る人間行動」/2013-06-28--2013-06-28
  • 犯罪予防からはじめるまちづくり
    雨宮 護
    市川市市民部防犯課「いちかわ市民防犯講演会」/2013-01-29--2013-01-29
  • 空間情報科学で防ぐ!子どもの犯罪被害
    雨宮 護
    東京大学柏キャンパス一般公開/2012-10-26--2012-10-27
  • 子どもを犯罪被害から守るG空間技術の開発
    雨宮 護
    G空間EXPO/2012-06-21--2012-06-23
  • 身近な公園の防犯診断
    雨宮 護
    防犯まちづくり公開シンポジウム「子ども・女性の安全・安心のために」/2011-09-17--2011-09-17
  • GPSを用いた子どもの屋外行動の時空間特性の把握と大人による「見守り活動」の評価
    雨宮 護; 菊池 城治
    第5回GISコミュニティフォーラム/2009-06-05--2009-06-05
  • 地域社会で守る子どもの安全
    雨宮 護
    自治体総合フェア2008地域コミュニティセミナー/2008-07-18--2008-07-18
  • 電子タグを利用した測位と安全・安心の確保
    雨宮 護; 齊藤 知範
    東京国際消防防災展2008ワークショップ/2008-06-05--2008-06-05
  • 測位技術の防犯活動への応用
    島田 貴仁; 齊藤 知範; 原田 豊; 茂串 誠二; 雨宮 護
    第4回GISコミュニティフォーラム/2008-01-18--2008-01-18
  • オランダの公共集合住宅Bijlmermeer団地の衰退と再生
    雨宮 護
    日本大学文理学部特別展「安全を科学する」/2007-12-08--2007-12-24
学協会等委員
2017 -- (現在)大阪府警察本部防犯対策高度化協働研究会/委員
2017 -- (現在)八潮市都市計画審議会/委員
2017 -- (現在)日本造園学会総務委員会/委員
2017 -- (現在)日本造園学会企画委員会/委員
2017 -- (現在)日本造園学会論文集委員会/委員(幹事)
2017 -- (現在)日本都市計画学会会長アドバイザリー会議/委員
2017 -- (現在)日本都市計画学会社会連携委員会研究交流事業「実務と研究の連携のための研究会」メンバー
2017 -- (現在)足立区防犯まちづくり推進アドバイザー
2017 -- (現在)北区景観審議会/委員
2017 -- (現在)市川市空家等対策協議会
学内管理運営業績
2016-04 -- (現在)社会工学類広報委員会委員
2015-04 -- (現在)システム情報工学研究科社会工学専攻広報委員会委員(2017年度委員長)
2015-04 -- (現在)システム情報工学研究科広報委員会委員
2015-04 -- (現在)大学の世界展開力強化事業(中南米との大学間交流形成支援)プログラム実施委員会委員
2015-04 -- 2016-03システム情報工学研究科社会工学専攻カリキュラム委員会委員
2014-04 -- 2016-03社会工学類eラーニング担当教員
2014-04 -- 2016-03学類eラーニング委員会委員

(最終更新日: 2018-04-09)