現在地

木村 友和(キムラ トモカズ; Kimura, Tomokazu)

所属
医学医療系
職名
講師
研究分野
泌尿器科学
研究課題
進行膀胱癌に高発現するGPNMBを標的とした環状ペプチドの開発2016 -- 2017木村 友和日本学術振興会/若手研究(B)3,900,000円
免許資格等
2017-04日本泌尿器科学会指導医
所属学協会
2017-07 -- (現在)日本医学教育学会
2005-10 -- (現在)日本泌尿器科学会
2007-11 -- (現在)日本癌治療学会
2010-10 -- (現在)日本泌尿器内視鏡学会
2011-01 -- (現在)日本内視鏡外科学会
2014-05 -- (現在)日本癌学会
論文
著書
  • ロボット手術時代における膀胱全摘術およびリンパ節郭清術の意義
    Kimura Tomokazu
    泌尿器外科, 2016-12
  • 高齢者における膀胱がんの管理
    Kimura Tomokazu
    腎臓内科・泌尿器科, 2017-03
会議発表等
  • GPNMB impacts on invasive properties of bladder cancer
    Kimura Tomokazu
    EAU2015/2015-03-20
  • CRPC に対する エンザルタミド治療の 臨床的検討
    Kimura Tomokazu
    第102回日本泌尿器科学会茨城地方会/2015-10
  • Glycoprotein nmb (GPNMB)は膀胱癌の浸潤能に影響する .
    Kimura Tomokazu
    第25回泌尿器科分子細胞研究会/2016-02
  • GPNMB affects invasive properties of bladder cancer
    Kimura Tomokazu
    The 74th Annual Meeting of the Japanese Cancer Association/2015-10-09
  • GPNMB impacts on invasive properties of bladder cancer
    Kimura Tomokazu
    第104回日本泌尿器科学会総会/2016
  • Long-term single-institute experience with trimodal bladder-preserving therapy with proton beam therapy for muscle-invasive bladder cancer
    Kimura Tomokazu
    Japan-Korea Urological congress/2016
  • 他臓器合併切除を要したComplicated RPLNDの検討
    Kimura Tomokazu
    第105回日本泌尿器科学会総会/2017-04-21
  • 化学療法併用放射線治療による膀胱温存療法
    Kimura Tomokazu
    第105回日本泌尿器科学会総会/2017-04-21--2017-04-24
  • Long-term single-institute experience with trimodal bladder-preserving therapy with proton beam therapy for muscle-invasive bladder cancer
    Kimura Tomokazu
    Advancements in Urology 2017/2017-01-11--2017-01-14
学内管理運営業績
2016-09 -- (現在)筑波大学附属病院 手術部運営会議委員(腎泌尿器外科)
2016-04 -- (現在)筑波大学附属病院 レジデント研修拡大委員会委員
2016-09 -- (現在)筑波大学附属病院 組織リスクマネージャー腎泌尿器外科
2016-09 -- (現在)筑波大学附属病院 診療情報管理委員会委員
2017-06 -- 2017-06医学系CBT実施小委員会 ブラッシュアップ専門部会委員
2016-09 -- (現在)筑波大学附属病院腎泌尿器外科 病棟医長
2016-09 -- (現在)筑波大学附属病院 クリティカルパス委員会委員
2017-04 -- (現在)筑波大学医学類教育会議運営委員会委員
2017-04 -- (現在)筑波大学附属病院 保険診療委員会委員
2017-04 -- (現在)筑波大学附属病院 緩和ケアセンター運営委員

(最終更新日: 2017-05-29)