現在地

柳沢 裕美(ヤナギサワ ヒロミ; Yanagisawa, Hiromi)

face
所属
生存ダイナミクス研究センター
職名
教授
URL
eメール
 
研究室
循環ダイナミックス(細胞外環境応答プロジェクト)
電話
029-853-7318
研究分野
循環器内科学
医化学一般
心臓血管外科学
病態医化学
研究キーワード
細胞外基質 細胞外環境 老化 大動脈瘤、血管形成 (組織)幹細胞、弾性線維 疾患モデルマウス メカノバイオロジー   
研究課題
メカニカルストレス応答の破綻に着目した大動脈瘤形成メカニズムの解明2017 -- 2020柳沢 裕美日本学術振興会/基盤研究(B)17,290,000円
Role of fibulin-7, a new member of fibulin ECM proteins, in development and disease2012-01 -- 2015-08Hiromi Yanagisawaアメリカ心臓協会/Established Investigator Award
Loss of extracellular matrix regulation and development of aortic aneurysms2010-12 -- 2015-08Hiromi YanagisawaNational Institute of Health (NIH)/R01
Protease regulation and integrity of connective tissues of the pelvic floor2010-08 -- 2015-08Hiromi Yanagisawa and R.Ann WordNational Institute of Health (NIH)/R01
Elastic fiber homeostasis in the vaginal wall2007-07 -- 2015-08R. Ann Word and Hiromi YanagisawaNational Institute of Health (NIH)/R01
Investigation of the potential role of fibulin-4 in the pathogenesis of Marfan syndrome2009-01 -- 2010-12Hiromi YanagisawaNational Marfan Foundation/
Fibulin-5 as a regulator of tumor angiogenesis2010-07 -- 2014-06Rolf BrekkenAmerican Cancer Society/Research Grant
Fibulin-5 modulates integrin-mediated signaling and alters microenvironment of the vascular wall.2008-07 -- 2010-06Hiromi Yanagisawaアメリカ心臓協会/Grant-in-Aid
Genetic dissection of Hand genes during neural crest development in vivo.2006-06 -- 2010-06Hiromi YanagisawaMarch of Dimes Birth Defects Foundation/Research Grant
Novel mechanism of matrix metalloprotease regulation by fibulin-5.2006-06 -- 2009-05Hiromi YanagisawaWelch Foundation/Research Grant
職歴
2015-09 -- (現在)筑波大学 TARAセンター 教授(専任)
2014-09 -- 2015-08筑波大学 TARAセンター 教授(兼任)
1998-01 -- 2015-08テキサス大学サウスウエスタン医学センター 分子生物学科 インストラクター 助教授 准教授(テニュア)
1991-10 -- 1997-12テキサス大学サウスウエスタン医学センター 生化学科 ポスドク研究員
1986-06 -- 1988-03筑波大学附属病院 内科 レジデント
学歴
1980 -- 1986筑波大学 医学専門学群卒業
取得学位
1993博士(医学)筑波大学
免許資格等
1986医師免許証
所属学協会
2016 -- (現在)日本循環器病学会
2015 -- (現在)日本心血管内分泌代謝学会
2015 -- (現在)日本血管生物医学会
2015 -- (現在)日本結合組織学会
2004 -- (現在)North American Vascular Biology Organization
2001 -- (現在)American Society for Matrix Biology
2001 -- (現在)American Heart Association (AHA), 2017- FAHA
受賞
2016水谷糖質科学財団研究助成
2015内藤記念科学財団研究助成
2015上原記念生命科学財団研究助成
2012Established Investigator Award (AHA)
2008Junior Investigator Award (ASMB)
論文
会議発表等
  • Maintenance of heterogeneous epidermal stem cell populations by the distinct niche
    Oinam Lalhaba; Changarathil Gopakumar; Tsunezumi Jun; Yan...
    Gordon Research Conference on Tissue Niches and Resident Stem Cells in Adult Epithelia/2018-08-19--2018-08-24
  • Fibula-7 は腎尿細管石灰化に関与するヘパリン結合性マトリセルラータンパク質である
    柳沢 裕美
    日本結合組織学会/2018-06-29--2018-06-30
  • Tbx1 knockout mice exhibit dysregulated expression of genes associated with cleft palate in humans.
    Funato N.; Srivastava D.; Yanagisawa H.
    ASCB/EMBO Meeting/2017-12-02--2017-12-06
  • 動脈弾性板ー平滑筋細胞連結による大動脈壁の維持機構
    柳沢 裕美
    エラスチン・関連分子研究会学術集会/2017-12-3--2017-12-4
  • The role of thrombospondin-1 in ascending aortic aneurysms in fibulin-4 mutant mice
    Yanagisawa Hiromi
    North American Vascular Biology Organization/2017-10
  • Recent progress in short fibulin family
    柳沢 裕美
    日本結合組織学会/2017-06
  • Comparison of signaling pathways involved in aortic aneurysms using fibulin-4 and fibulin-5 mutant mice
    Yanagisawa Hiromi
    The Japanese Circulation Society/2017-03
  • メカニカルストレスによる心血管理モデリングと細胞外マトリックス
    柳沢 裕美
    日本循環器病学会 心筋生検研究会ジョイントセッション/2017-03
  • Short fibulins: roles in vascular biology and disease
    Yanagisawa Hiromi
    Japan Atherosclerosis Society, Annual Scientific Meeting/2016-07
  • Abnormal mechanosensing and aortic aneurysms in fibulin-4 deficient mice
    Yanagisawa Hiromi
    FASEB Science Research Conference/2016-07
  • Molecular mechanism of ascending aortic aneurysms: insights from fibulin-4 mutant mice
    Yanagisawa Hiromi
    European Elastin Meeting/2016-06
  • Elastic fiber-associated proteins and integrity of the aortic wall
    Yanagisawa Hiromi
    Pan-pacific connective tissue societies symposium/2015-08
  • Understanding the molecular basis of aortic aneurysm in fibulin-4 mutant mice
    Yanagisawa Hiromi
    Gordon Research Conference on Elastin and Elastic Fibers/2015-07
  • The fibulin-5 story: What have we learned from mouse studies?
    Yanagisawa Hiromi
    American Urological Association Annual Meeting/2015-05
担当授業科目
2018 -- 2018G30 BiochemistryUniversity of Tsukuba
2016-10 -- 2018-12血管生物学のトピックス筑波大学
2017-05 -- 2018-06Stem Cell TherapyUniversity of Tsukuba
2017-04 -- 2017-05Serendipity in Human BiologyUniversity of Tsukuba
2016-10 -- 2017-02システム統御医学演習II筑波大学
2016-10 -- 2017-02システム統御医学特論II筑波大学
2016-10 -- 2017-02システム統御医学実験実習II筑波大学
2016-04 -- 2016-08システム統御医学演習I筑波大学
2016-04 -- 2016-08システム統御医学特論I筑波大学
2016-04 -- 2016-08システム統御医学実験実習I筑波大学
授業以外の教育活動
2018-06 -- 2018-06上位層育成プログラム「多様な人材の評価」オープンセッションダイバーシティー研究環境実現イニシアティブ
2017-12 -- 2017-12ダイバーシティリーダー育成講座 III, TIDE シンポジウムダイバーシティ研究環境実現イニシアティブ
2017-11 -- 2017-11ダイバーシティリーダー育成講座 II 「女性研究者・技術者がリーダーシップを発揮する活動テーマとチームを組織横断で生み出そう!」ダイバーシティー研究環境実現イニシアティブ
2017-03 -- 2017-03アンコンシャス・バイアスのインパクトとマネジメント ラウンドテーブル ディスカッションダイバーシティ・アクセシビリティー・キャリアセンター
2017-07 -- 2017-07ダイバーシティーリーダー育成講座 I 「女性のネットワーキング・組織化と活用ーCOSMOSの歴史から学ぶー」ダイバーシティー研究環境実現イニシアティブ
2017-01 -- 2017-01プレセッション 「イノベーション創出へ、女性研究者・技術者の潮流を起こす」ダイバーシティー研究環境実現イニシアティブ
2016-09 -- 2016-09「女性トップ研究者と語る夕べ」セッションつくばグローバルサイエンスウィーク
2017-03 -- 2017-03プレナリーセッション「Action Plan for "202030"-ウーマノミクスが目指すもの」日本循環器病学会学術大会
学協会等委員
2016 -- 2018米国マトリクス生物学会隔年時総会プログラム委員
2018 -- (現在)GenTAC Alliance Basic/Translational Science Working Groupmember
2018 -- (現在)エラスチン関連分子研究会第3回学術集会会頭
2017 -- (現在)日本結合組織学会評議員
2016 -- (現在)エラスチン関連分子研究会幹事
2013 -- 2016American Society for Matrix BiologyCouncil member
学内管理運営業績
2017 -- (現在)HBP教務委員会委員
2017 -- (現在)医学医療系生命医科学域運営委員会委員
2016 -- (現在)筑波大学研究戦略室室員
2015 -- (現在)TARAセンター運営委員会委員
2015 -- (現在)生命システム医学大学院運営委員会委員

(最終更新日: 2018-08-28)