現在地

羽田 康司(ハダ ヤスシ; Hada, Yasushi)

所属
医学医療系
職名
准教授
性別
男性
研究キーワード
リハビリテーション医学
臨床神経生理学
障害者スポーツ医学
研究課題
先天性腕欠損症児の継続的な三次元身体所見に基づく早期介入法の開発2018-04 -- 2021-03羽田康司文部科学省/科学研究費補助金 基盤研究(C)4,420,000円
姿勢変換と移動行為を支援するソフトロボットアシスト技術の創成2017-04 -- 2021-03鈴木 健嗣文部科学省/科学研究費補助金 基盤研究(A)43,680,000円
腰痛予防対策指針策定に向けた重量物取り扱い、介護・看護作業における装着型ロボットの腰部負担軽減効果および作業省力化に関する研究2016-04 -- 2019-03安部哲哉厚生労働省/労災疾病臨床研究補助金事業10,000,000円
3次元機能回復モデル規範型リハビリシステムの開発による麻痺手使用機会の向上2016-04 -- 2020-03井澤 淳文部科学省/科学研究費補助金 基盤研究(B)17,550,000円
脳脊髄損傷による中枢性運動機能障害に対するロボットスーツHALを用いた機能回復治療法の有効性試験と地域連携機能回復治療プログラムの構築に関する研究2014-11 -- 2017-03山崎正志厚生労働省/労災疾病臨床研究事業152,500,000円
職歴
2015-01 -- (現在)筑波大学 医学医療系  准教授 
2011-07 -- 2014-12帝京大学医学部 リハビリテーション科 准教授
2008-04 -- 2011-06帝京大学医学部 リハビリテーション科 講師
1999-05 -- 2008-03帝京大学医学部 リハビリテーション科 助手
1997-08 -- 1999-04University of Iowa  Department of Neurology, Division of Clinical Neurophysiology Visiting Research Fellow
1995-04 -- 1997-07帝京大学医学部 リハビリテーション科 助手
1994-04 -- 1995-03伊豆逓信病院 リハビリテーション科 医員
1993-05 -- 1994-03帝京大学医学部 リハビリテーション科 助手
1991-05 -- 1993-04帝京大学医学部附属病院 研修医
学歴
1985-04 -- 1991-03筑波大学  医学専門学群卒業
取得学位
2006-06博士(医学)帝京大学
免許資格等
1991-05医師免許
1997-03日本リハビリテーション医学会 専門医
1997-03日本リハビリテーション医学会 指導医
2008-10日本臨床神経生理学会 認定医(脳波、筋電図)
2013-04日本障害者スポーツ協会 障害者スポーツ医
2016-10日本体育協会公認スポーツドクター
所属学協会
1991-05 -- (現在)日本リハビリテーション医学会
-- (現在)日本運動療法学会
-- (現在)日本臨床神経生理学会
-- (現在)日本生気象学会
-- (現在)日本障害者スポーツ学会
論文
著書
  • リハビリが変わる ロボットスーツHAL
    羽田 康司
    今日の治療指針, pp.30-31, 2018-01
  • 予兆をとらえ、寝たきりを防ぐ 徹底解説 脳卒中
    羽田 康司
    Newton, pp.81-82, 2017-07
  • 腕神経叢麻痺
    羽田 康司
    今日のリハビリテーション指針, 医学書院, pp.150-152, 2013-05
  • 分娩麻痺
    羽田 康司
    今日のリハビリテーション指針, 医学書院, pp.152-153, 2013-05
  • 末梢神経損傷
    羽田 康司
    今日のリハビリテーション指針, 医学書院, pp.148-150, 2013-05
  • 運動器疾患 下肢切断
    羽田 康司
    知ってるつもりのリハビリテーションの常識非常識, 三輪書店, pp.65-68, 2009-05
  • 筋緊張
    羽田 康司
    リハビリテーション医療辞典, 朝倉書店, pp.62-62, 2007
  • 不随意運動
    羽田 康司
    リハビリテーション医療辞典, 朝倉書店, pp.282-283, 2007
  • 運動失調
    羽田 康司
    リハビリテーション医療辞典, 朝倉書店, pp.19-19, 2007
  • バイオフィードバック
    羽田 康司
    リハビリテーション医療辞典, 朝倉書店, pp.264-264, 2007
  • 電気・磁気刺激
    羽田 康司
    リハビリテーション医療辞典, 朝倉書店, pp.227-228, 2007
  • 褥瘡
    羽田 康司
    リハビリテーション医療辞典, 朝倉書店, pp.170-171, 2007
  • 感覚障害
    羽田 康司
    リハビリテーション医療辞典, 朝倉書店, pp.63-63, 2007
会議発表等
  • The effect of bifid arch and bilateral spondylolysis on fusion rate of lumbar spondylolysis
    石本立; Tatsumura Masaki; tomoyuki ueno; Ogawa Takeshi; H...
    第55回日本リハビリテーション医学会 学術集会/2018-6-30
  • 脳梗塞急性期の拡散強調画像と機能的MRIによる脳内ネットワーク所見
    松下 明; 中井 啓; 五月女 康作; 丸島 愛樹; 上野友之; 羽...
    第43回日本脳卒中学会学術集会/2018-3-15--2018-3-18
  • 悪性神経膠腫瘍の運動麻痺に対するリハビリテーション効果の検討
    中井 啓; 松下 明; 上野友之; 羽田康司
    第53回日本リハビリテーション医学会/2016-06-09--2016-06-13
  • 脳卒中急性期におけるロボットスーツHAL治療の効果量についての検討
    丸島 愛樹; 上野 友之; 羽田 康司; 清水 如代; 遠藤 歩; 鶴...
    第54回日本リハビリテーション医学会学術集会/2017-06-08--2017-06-10
  • Robotic intervention reshapes gait coordination in myelopathy patients with residual motor disturbances after surgery
    Puentes Sandra; Kadone Hideki; Kubota Shigeki; Abe Tetsuy...
    12th International Society of Physical and Rehabilitation MedicineWorld Congress ISPRM 2018/2018-07-08--2018-07-12
  • Gait training with a powered exoskeleton improve gait coordination in acute stroke patients
    Puentes Sandra; Kadone Hideki; Watanabe Hiroki; sankai yo...
    12th International Society of Physical and Rehabilitation MedicineWorld Congress ISPRM 2018/2018-07-08--2018-07-12
  • Gait coordination in acute stroke patients before and after gait training using a powered exoskeleton
    Puentes Sandra; Kadone Hideki; Watanabe Hiroki; sankai yo...
    第55回日本リハビリテーション医学会学術集会/2018-06-28--2018-07-01
  • Gait coordination improvement in myelopathy patients with residual motor disturbances after decompression surgery
    Puentes Sandra; kadone hideki; abe tetsuya; Shimizu Yukiy...
    第55回日本リハビリテーション医学会学術集会/2018-06-28--2018-07-01
  • 重度脊髄障害例に対してロボットスーツHALを用いた機能改善治療効果の解 析—介入期間前後の歩行時下肢協調制御に着目して.
    Puentes S; Kadone K; Kubota S; Abe T; Shimizu Y; Marushim...
    第32回日本整形外科学会基礎学術総会./2017-10-26--2017-10-27
  • 急性期脳卒中患者に対するロボットスーツHAL®による機能改善治療の効果―歩行時の関節角度に着目して―.
    渡邉大貴; 丸島愛樹; 上野友之; 門根秀樹; 石川公久; 羽田康...
    第42回日本脳卒中学会学術集会/2017-3-16--2017-3-19
  • 急性期脳卒中片麻痺者に対するHAL歩行機能改善治療.
    渡邉大貴; 丸島愛樹; 上野友之; 門根秀樹; 清水如代; 羽田康...
    第6回日本脳神経HAL®研究会/2017-12-16
  • 急性期脳卒中片麻痺者におけるロボットスーツHAL装着による歩行時の時間・空間的変数への影響.
    渡邉大貴; 丸島愛樹; 上野友之; 門根秀樹; 清水如代; 羽田康...
    第1回日本リハビリテーション医学会秋季学術集会/2017-10-28--2017-10-29
  • 脳卒中急性期に対するHALの有効性試験.
    渡邉大貴; 丸島愛樹; 上野友之; 門根秀樹; 五月女康作; 松下...
    第3回つくばロボットスーツHALシンポジウム/2017-2-14
  • 急性期脳卒中患者に対するロボットスーツHALを用いた歩行機能改善治療.
    渡邉大貴; 丸島愛樹; 上野友之; 門根秀樹; 羽田康司; 河本浩...
    第54回日本リハビリテーション医学会学術集会/2017-6-8--2017-6-10
  • 急性期脳卒中患者におけるロボットスーツHAL®を用いた機能回復治療.
    渡邉大貴; 丸島愛樹; 河本浩明; 上野友之; 門根秀樹; 五月女...
    第35回筑波脳神経外科研究会学術集会/2017-2-5
  • 脳卒中急性期におけるロボットスーツHAL治療の効果量についての検討.
    丸島愛樹; 上野友之; 河本浩明; 羽田康司; 清水如代; 遠藤 ...
    第54回日本リハビリテーション医学会/2017-6-9
  • ロボットスーツHAL治療介入おける脳卒中急性期の機能再生効果に関する検討.
    丸島愛樹; 河本浩明; 上野友之; 羽田康司; 松下 明; 五月女...
    第42回日本脳卒中学会学術集会/2017-3-16--2017-3-19
  • 立位移動型モビリティQoloによる起立着座動作補助効果の検討 健常者および下肢麻痺患者における評価実験.
    門根 秀樹; 清水 如代; 久保田 茂希; 中山 敬太; 安部 哲哉; ...
    第32回日本整形外科基礎学会/2017-10-26--2017-10-27
  • 急性期脳卒中患者に対しHALを用いた機能回復治療による即時的・経時的効果の解析:歩行時筋活動に着目して
    門根 秀樹; 上野 友之; 渡邉 大貴; 山海 嘉之; 羽田 康司; 丸...
    第43回日本脳卒中学会学術集会STROKE 2018/2018-03-15--2018-03-18
  • 下肢麻痺患者を対象とする立位移動型モビリティQoloによる起立着座動作補助効果の評価
    門根 秀樹; 清水 如代; 久保田 茂希; 上野 友之; 羽田 康司; ...
    第54回日本リハビリテーション医学会学術集会/2017-06-08--2017-06-10
  • 人工股関節全置換術後患者は健常者に近づいているか
    萩野谷 歩; 清水 如代; 西野 衆文; 岸本 圭司; 鈴木 康裕; 吉...
    第44回股関節学会/2017-10-20--2017-10-21
  • 人工股関節全置換術後患者と健常者でのロコモ度テストの比較
    萩野谷 歩; 清水 如代; 西野 衆文; 岸本 圭司; 鈴木 康裕; 吉...
    第54回日本リハビリテーション医学会学術集会/2017-06-08--2017-06-10
  • 脊髄損傷患者の下肢筋輝度の変化
    萩野谷 歩; 塩見 耕平; 丸山 剛; 石川 公久; 羽田 康司
    第39回国立大学リハビリテーション療法士学術大会/2017-09-29--2017-09-30
  • 外傷性脳損傷患者の問題言動に対する病棟連携を含めた作業療法の関わり
    日浅 健太; 清水 如代; 石川 公久; 羽田 康司
    第9回茨城県作業療法学会/2017-02-19--2017-02-19
  • 急性期脳卒中片麻痺者におけるロボットスーツHALによる歩容改善効果
    渡邉 大貴; 丸島 愛樹; 門根 秀樹; 上野 友之; 清水 如代; 羽...
    第43回日本脳卒中学会学術集会STROKE 2018/2018-03-15--2018-03-18
担当授業科目
2018-10 -- 2018-10秋学期 M3 チューター筑波大学
2018-10 -- 2018-10M6 疾病とリハビリテーション 筑波大学
2018-10 -- 2019-02エンパワーメント情報学特別演習 Ia筑波大学
2018-10 -- 2019-02エンパワーメント情報学特別演習 Ib筑波大学
2018-10 -- 2019-02エンパワーメント情報学特別演習 IIa筑波大学
2018-10 -- 2019-02エンパワーメント情報学特別演習 IIb筑波大学
2018-10 -- 2019-02エンパワーメント情報学特別演習I筑波大学
2018-10 -- 2019-02エンパワーメント情報学特別演習 II筑波大学
2018-04 -- 2018-08エンパワーメント情報学特別演習 Ia筑波大学
2018-04 -- 2018-08エンパワーメント情報学特別演習 Ib筑波大学
一般講演
  • パラ・スポーツ選手の“移動の障害”
    羽田 康司
    日本身体障害者補助犬学会 第11回学術大会 基調講演/2018-10-06--2018-10-07
  • 障がい者スポーツにおける医学サポートの現場から
    羽田 康司
    沼津市民大学/2018-08-25--2018-08-25
  • ロボットスーツHALの臨床応用
    羽田 康司
    2017年度 第4回地域リハビリテーション合同研修会/2017-12-20--2017-12-20
  • 外骨格型ロボットスーツの臨床応用
    羽田 康司
    天の川整形外科懇話会(第34回)/2017-07-15--2017-07-15
  • リオパラリンピック日本選手団 帯同医としての経験
    羽田康司
    AMGスポーツリハビリテーション研修会/2017-03-11--2017-03-11
  • 障がい者スポーツの最新情報「リオパラリンピック日本選手団 帯同医からの報告」
    羽田康司
    H28年度 障がい者スポーツ医養成講習会/2017-02-24--2017-02-26
  • HALのいいとこ、わるいとこ
    羽田 康司
    第65 回 日本リハビリテーション医学会関東地方会 専門医・認定臨床医生涯教育研修会/2016-12-10--2016-12-10
  • リオ2016パラリンピックにおける医学サポートとJISSに望むこと
    羽田 康司
    第13回 JISSスポーツ科学会議/2016-11-26--2016-11-26
  • 脳卒中リハビリテーションの現況
    羽田 康司
    ストップ! NO卒中プロジェクト 日本脳卒中協会茨城県支部エリア講演会/2015-11-25--2015-11-25
  • 経頭蓋磁気刺激(TMS)の臨床応用
    羽田 康司
    川崎神経カンファレンス/2014-04--2014-04
  • rTMSと脳血流変化
    羽田 康司
    第1回リハビリテーション科専門医会学術集会/2006-11--2006-11
学協会等委員
2016-06 -- (現在)日本運動療法学会理事
2015-10 -- (現在)日本リハビリテーション医学会会則検討委員会 委員
2015-09 -- (現在)日本リハビリテーション医学会関東地方会幹事
2014-06 -- (現在)日本リハビリテーション医学会代議員
2012-04 -- 2016-03日本リハビリテーション医学会脳卒中治療ガイドライン策定委員会 委員
2012-06 -- 2014-03日本リハビリテーション医学会教育委員会 委員長
2011-04 -- 2015-03日本リハビリテーション医学会システム委員会 委員
2010-06 -- 2012-06日本リハビリテーション医学会評議員
2008-04 -- 2012-06日本リハビリテーション医学会教育委員会 委員
2003-04 -- 2008-03日本リハビリテーション医学会認定委員会 委員

(最終更新日: 2018-11-13)