現在地

岡本 裕樹(オカモト ヒロキ; Okamoto, Hiroki)

所属
ビジネスサイエンス系
職名
教授
性別
男性
生年月
1975-08
科研費番号
90372523
研究分野
民事法学
研究キーワード
契約 交渉 第三者 相対的効力 情報提供義務 複合契約取引 相殺予約
職歴
2003-10 -- 2015-10国立大学法人名古屋大学 大学院法学研究科 助教授、准教授、教授
2003-04 -- 2003-09日本学術振興会 特別研究員(PD)
学歴
1998-04 -- 2003-03一橋大学 大学院法学研究科修了
1994-04 -- 1998-03大阪大学 法学部卒業
取得学位
2003-03博士(法学)一橋大学
所属学協会
-- (現在)日本私法学会
論文
  • 典型契約としての組合契約の意義
    岡本 裕樹
    名古屋大学法政論集/(254)/pp.723-753, 2014-03
  • ドイツ法における『固有の利益を理由とする交渉代理人の契約締結上の過失責任』に関する考察(三・完)
    岡本 裕樹
    名古屋大学法政論集/(262)/pp.〈1〉-〈62〉, 2015-06
  • ドイツ法における『固有の利益を理由とする交渉代理人の契約締結上の過失責任』に関する考察(二)
    岡本 裕樹
    名古屋大学法政論集/(238)/pp.1-49, 2011-03
  • ドイツ法における『固有の利益を理由とする交渉代理人の契約締結上の過失責任』に関する考察(一)
    岡本 裕樹
    名古屋大学法政論集/(236)/pp.99-155, 2010-06
  • 相互的給付関係にはない者の間における同時履行の抗弁権の主張
    岡本 裕樹
    名古屋大学法政論集/(227)/pp.423-446, 2008-12
  • いわゆる『相殺予約と差押え』を巡る一考察
    岡本 裕樹
    名古屋大学法政論集/(215)/pp.27-86, 2006-12
  • 『契約は他人を害さない』ことの今日的意義(五・完)
    岡本 裕樹
    名古屋大学法政論集/(208)/pp.335-417, 2005-06
  • 『契約は他人を害さない』ことの今日的意義(四)
    岡本 裕樹
    名古屋大学法政論集/(205)/pp.119-162, 2004-12
  • 『契約は他人を害さない』ことの今日的意義(三)
    岡本 裕樹
    名古屋大学法政論集/(204)/pp.135-197, 2004-09
  • 『契約は他人を害さない』ことの今日的意義(二)
    岡本 裕樹
    名古屋大学法政論集/(203)/pp.173-237, 2004-06
  • 『契約は他人を害さない』ことの今日的意義(一)
    岡本 裕樹
    名古屋大学法政論集/(200)/pp.107-172, 2004-03
  • 運送契約における免責条項の第三所有者に対する効力
    岡本 裕樹
    『一橋論叢』/126(1)/pp.87-102, 2001-07
著書
  • 契約法
    松井和彦; 岡本 裕樹; 都筑満雄
    契約法, 日本評論社, 2018-07
  • 相殺契約
    Okamoto Hiroki
    Law Practice 民法Ⅱ【債権編】〔第4版〕, 2018-06
  • 代理
    Okamoto Hiroki
    Law Practice 民法Ⅰ【総則・物権編】〔第4版〕, 2018-06
  • 組合契約の締結構造について
    岡本 裕樹
    加藤雅信先生古稀記念・21世紀民事法学の挑戦・下巻, 2018-03
  • 「第三者のためにする契約」「寄託」
    岡本 裕樹
    詳解改正民法, 2018-06
  • 賃貸人たる地位の主張
    Okamoto Hiroki
    民法判例百選Ⅱ債権[第8版], 2018-03
  • 「免責的債務引受の要件と効果」「免責的債務引受と担保の移転」「契約上の地位の移転」
    岡本 裕樹
    Before/After民法改正, 2017-09
  • 「準消費貸借前の債権譲渡と詐害行為」「詐害行為後に発生した債権と詐害行為取消権」「将来の婚姻費用債権と詐害行為取消権」「被保全債権成立後の登記移転と詐害行為取消権」「被保全債権成立後の債権譲渡通知と詐害行為取消権」
    岡本 裕樹
    新・判例ハンドブック債権法Ⅰ, 2018-03
  • 賃貸人たる地位の主張
    Okamoto Hiroki
    民法判例百選Ⅱ債権[第7版], 2015-01
  • 取引裁判例の動向
    Okamoto Hiroki
    民事判例Ⅻ―2015年後期, 2016-04
  • 相殺契約
    Okamoto Hiroki
    Law Practice 民法Ⅱ【債権編】〔第3版〕, 2017-03
  • 代理
    Okamoto Hiroki
    Law Practice 民法Ⅰ【総則・物権編】〔第3版〕, 2017-03
  • 集団的消費者利益の実現をめぐる民事実体法上の観点からの試論(続)
    岡本 裕樹
    集団的消費者利益の実現と法の役割, 2014-04
  • 集団的消費者利益の実現をめぐる民事実体法上の観点からの試論
    岡本 裕樹
    集団的消費者利益の実現と法の役割, pp.19-33, 2014-04
  • 複合契約取引論の現状と可能性
    岡本 裕樹
    加賀山茂先生還暦記念 市民法の新たな挑戦, pp.523-547, 2013-01
  • 行政契約に関する私法的観点からの覚書
    岡本 裕樹
    松本恒雄先生還暦記念 民事法の現代的課題, pp.1087-1119, 2012-12
会議発表等
  • 契約「概観」
    Okamoto Hiroki
    第12回現代民事判例研究会/2016-01-30--2016-01-30
担当授業科目
2018-10 -- 2019-02企業法学特別研究I筑波大学
2018-10 -- 2019-02企業法学特別研究II筑波大学
2018-10 -- 2019-02企業法学特別研究III筑波大学
2018-10 -- 2019-02企業法学特別研究IV筑波大学
2018-10 -- 2019-02企業法学特別研究V筑波大学
2018-10 -- 2019-02企業法学特別研究VI筑波大学
2018-04 -- 2018-04法文献学筑波大学
2018-04 -- 2018-08企業法学特別研究I筑波大学
2018-04 -- 2018-08企業法学特別研究II筑波大学
2018-04 -- 2018-08企業法学特別研究III筑波大学
その他の活動
2016-07 -- 2017-01産業構造審議会・商務流通情報分科会・情報経済小委員会・IT利活用ビジネスに関するルール整備WGにおいて、「電子商取引及び情報材取引等に関する準則」の改訂作業を、準則起草者として行った。

(最終更新日: 2018-11-24)