現在地

穂積 康夫(ホヅミ ヤスオ; Hozumi, Yasuo)

所属
医学医療系
職名
教授
論文
  • Cost-effectiveness analysis of the introduction of S-1 therapy for first-line metastatic breast cancer treatment in Japan: results from the randomized phase III SELECT BC trial
    Shiroiwa Takeru; Fukuda Takashi; Shimozuma Kojiro; Mouri ...
    BMC cancer/17(1)/p.773, 2017-11
  • 乳癌術前化学療法後の病理学的完全奏功予測の評価
    寺崎 梓; Bando Hiroko; 高木理央; 星 葵; 橋本幸枝; 田地...
    第25回日本乳癌学会学術総会プログラム・抄録集, 2017-07
  • 原発性肝癌との鑑別を要し治療方針決定に肝生検が有用であった乳癌術後肝転移の1例-乳癌術後転移疑病変に対する生検時に考慮すべき事項-
    北原 美由紀; Hozumi Yasuo; 松尾 知平; 塩澤 幹雄; 斉藤...
    乳癌の臨床/pp.157-165, 2017-04
  • 腋窩リンパ節腫大を認めた良性乳腺顆粒細胞腫の1症例
    田中 裕美子; 藤田 崇史 芝 聡美 西田 紗季 宮崎 千絵子 櫻木...
    乳癌の臨床/32(1)/pp.59-65, 2017-02
  • 癌に対するプレシジョンメディシン Ki-67 indexを用いたHER2陽性乳癌に対する治療選択研究
    向井 博文; 山口 雄; 高橋 將人; Hozumi Yasuo; 藤澤 知巳 大...
    日本癌治療学会学術集会抄録集 54回, 2016-10
  • Prognostic factors of HER2-positive breast cancer patients who develop brain metastasis: a multicenter retrospective analysis
    N Hayashi; N Niikura; N Masuda; S Takashima; R Nakamura; ...
    Breast Cancer Res Treat/149(1)/pp.277-284, 2015-01
  • Predictive Factors and Value of ypN+ after Neoadjuvant Chemotherapy in Clinically Lymph Node-Negative Breast Cancer.
    Fukada I Araki K Kobayashi K Shibayama T Takahashi S Hori...
    PLoS One/11(9), 2016-9
  • Usefulness of miRNA profiles for predicting pathological responses to neoadjuvant chemotherapy in patients with human epidermal growth factor receptor 2-positive breast cancer.
    H Ohzawa; A Miki; T Teratani; S Shiba; Y Sakuma; W Nishim...
    Oncology Letters./13(3)/pp.1731-1740, 2017-03
  • 高齢者乳癌患者に対する外科的治療の検討
    松尾 知平; 北原 美由紀; 穂積 康夫; Bando Hiroko; 原 尚人
    日本外科学会雑誌/118(増刊(2)), 2017-02
  • COST-EFFECTIVENESS OF FIRST-LINE S-1 THERAPY FOR METASTATIC BREAST CANCER PATIENTS COMPARED WITH TAXANES: AN ANALYSIS BASED ON THE RANDOMIZED PHASE III SELECT BC TRIAL
    Shiroiwa T.; Fukuda T.; Shimozuma K.; Mouri M.; Hagiwara ...
    VALUE IN HEALTH/19(7)/pp.A737-A737, 2016-11
  • Pathological complete response of HER2-positive breast cancer to trastuzumab and chemotherapy can be predicted by HSD17B4 methylation
    Fujii Satoshi; Yamashita Satoshi; Yamaguchi Takeshi; Taka...
    ONCOTARGET/8(12)/pp.19039-19048, 2017
  • Phase I study of NK105, a nanomicellar paclitaxel formulation, administered on a weekly schedule in patients with solid tumors
    Mukai Hirofumi; Kato Ken; Esaki Taito; Ohsumi Shouzou; Ho...
    INVESTIGATIONAL NEW DRUGS/34(6)/pp.750-759, 2016-12
  • Impact of immunohistological subtypes on the long-term prognosis of patients with metastatic breast cancer.
    Kobayashi K; Ito Y; Matsuura M; Fukada I; Horii R; Takaha...
    Surgery today : the Japanese journal of surgery/46(7)/pp.821-826, 2016-07
  • Taxanes versus S-1 as the first-line chemotherapy for metastatic breast cancer (SELECT BC): an open-label, non-inferiority, randomised phase 3 trial.
    Takashima T; Mukai H; Hara F; Matsubara N; Saito T; Takan...
    Lancet Oncol/17(1)/pp.90-98, 2016-01
  • 男性乳輪下膿瘍の1例
    下平 健太郎; 塩澤 幹雄; 小林 茂; 穂積 康夫; 安田 是和
    日本臨床外科学会雑誌 = The journal of the Japan Surgical Association/76(10)/pp.2378-2381, 2015-10
  • 男性乳腺血管腫の1例
    田中 裕美子; 大澤 英之; 相良 由佳; 芝 聡美; 上徳 ひろみ; ...
    乳癌の臨床/31(1)/pp.65-70, 2016-01
  • Impact of neoadjuvant therapy on breast conservation rates in patients with HER2-positive breast cancer: Preliminary results of Ki-67 index guided selection trial of preoperative chemotherapy
    Hozumi Y.; Takahashi M.; Yoneyama K.; Fujisawa T.; Osumi ...
    EUROPEAN JOURNAL OF CANCER/57(2)/pp.S64-S64, 2016-04
著書
  • 術後内分泌療法 投与期間
    Hozumi Yasuo
    オンコロジークリニカルガイド 乳癌薬物療法 改訂2版, 南山堂, pp.155-159, 2016-11
会議発表等
  • 乳頭部に発生したBowen病の1例
    渡邊明恵; 北原美由紀; 佐々木啓太; 朝田理央; Hozumi Yasuo
    第14回日本乳癌学会関東地方会/2017-12-02
  • 上大静脈への腫瘍塞栓をきたした再発乳癌の1症例
    榎戸翠; Hozumi Yasuo; 北原美由紀
    第14回日本乳癌学会関東地方会/2017-12-02
  • 腎細胞癌及び乳癌術後に出現した多発肺転移巣の自然消退と孤立性乳房内転移をきたした一例
    北原美由紀; Hozumi Yasuo; 朝田理央
    第14回日本乳癌学会関東地方会/2017-12-02
  • 乳癌初診時に眼窩転移を認めた一例
    朝田理央; 佐々木啓太; 北原美由紀; Hozumi Yasuo
    第14回日本乳癌学会関東地方会/2017-12-02
  • A randomized phase II trial of toremifene (120 mg) versus fulvestrant (500 mg) after prior non-steroidal aromatase inhibitor in postmenopausal women with hormone receptor-positive metastatic breast cancer (Hi-FAIR fx study)
    Nishimura Reiki; Yutaka Yamamoto; Narui K; Kijima Yuko; H...
    San Antonio Breast Cancer Symposium/2017-12-05--2017-12-09
  • AI抵抗性の進行・再発乳癌を対象とした高用量トレミフェンとフルベストラントの無作為化第二相試験
    山本 豊; 西村 令喜; 成井 一隆; 喜島 祐子; Hozumi Yasuo; ...
    日本乳癌学会総会/2017-07-13--2017-07-15
  • HER2陽性乳癌に対して術前化学療法が手術に及ぼす影響 Ki67 indexを用いた治療選択研究の外科付随研究
    Hozumi Yasuo; 高橋 将人; 藤澤 知巳; 米山 公康; 大住 省三;...
    日本乳癌学会総会/2017-07-13--2017-07-15
  • 局所進行乳がん患者の受診遅延要因に対するチームアプローチ
    園原一恵; Hozumi Yasuo; 塩澤 幹雄; 北原 美由紀; 佐々木 啓太
    日本乳癌学会総会/2017-07-13--2017-07-15
  • 当院におけるT4乳癌症例の臨床病理学的検討
    北原美由紀; Hozumi Yasuo; 佐々木啓太; 塩澤幹雄; 園原一恵
    日本乳癌学会総会/2017-07-13--2017-07-15
  • 乳癌手術におけるPONV(術後悪心・嘔吐)発生の検討 デキサメタゾンの予防投与は有効か?
    櫻木雅子 平幸輝 田中 裕美子 芝 聡美 宮崎 千絵子 塩澤 幹雄...
    日本乳癌学会総会/2017-07-13--2017-07-15
  • COST-EFFECTIVENESS OF FIRST-LINE S-1 THERAPY FOR METASTATIC BREAST CANCER PATIENTS COMPARED WITH TAXANES: AN ANALYSIS BASED ON THE RANDOMIZED PHASE III SELECT BC TRIAL
    Shiroiwa Takeru; Takashi Fukuda Kojiro Shimozuma Mitsuko ...
    ISPOR 19th Annual European Congress/2016-11-02
  • 原発性肝腫瘍との鑑別を要し治療方針決定に肝生検が有用であった乳癌術後肝転移の1例
    北原 美由紀; Hozumi Yasuo; 松尾 知平; 塩澤 幹雄
    第13回日本乳癌学会関東地方会/2016-12-03
  • 胸骨転移の確定診断にCTガイド下生検が有用であった1例
    松尾 知平; 北原 美由紀; Hozumi Yasuo
    第13回日本乳癌学会関東地方会/2016-12-03
  • 抗血栓薬のヘパリン置換による周術期管理の検討
    太田 学; 小泉 大 森本 光昭 佐久間 康成 堀江 久永 細谷 好...
    日本外科学会定期学術集会/2016-04
  • 癌に対するプレシジョンメディシン Ki-67 indexを用いたHER2陽性乳癌に対する治療選択研究
    向井 博文; 山口 雄; 高橋 將人; Hozumi Yasuo; 藤澤 知巳; ...
    日本癌治療学会学術集会/2016-10
一般講演
  • 乳頭部に発生したBowen病の1例
    渡邊明恵; 北原美由紀; 佐々木啓太; 朝田理央; Hozumi Yasuo
    第14回日本乳癌学会関東地方会/2017-12-02
  • 高齢者乳癌患者に対する当院での治療成績
    佐々木啓太; Hozumi Yasuo; 松尾知平; 北原美由紀; 塩澤幹雄
    日本乳癌学会総会/2017-07-13--2017-07-15
  • 腎細胞癌及び乳癌術後に出現した多発肺転移巣の自然消退と孤立性乳房内転移をきたした一例
    北原美由紀; Hozumi Yasuo; 朝田理央
    第14回日本乳癌学会関東地方会/2017-12-02

(最終更新日: 2018-11-15)