現在地

研究分野別一覧(気象・海洋物理・陸水学)

件/ページ
名前降順で並び替える所属職名研究分野 - キーワード
浅沼 順(アサヌマ ジュン)生命環境系教授水工学, 環境動態解析, 気象・海洋物理・陸水学 - 水文気象学, 陸面水文学, 衛星リモートセンシング, 大気-陸面相互作用, 大気境界層気象学
植田 宏昭(ウエダ ヒロアキ)生命環境系教授気象・海洋物理・陸水学 - 学位論文から現在に至るまで、グローバル気候システム、とりわけ大規模モンスーンに内在する非断熱加熱過程を中心とした物理プロセスの解明に取り組んできた。研究を進めるにあたり、大気のみならず海洋や陸面との相互作用などの境界領域の研究に力を入れ、新たな分野の開拓に
上野 健一(ウエノ ケンイチ)生命環境系准教授気象・海洋物理・陸水学 - 気象学, 気候学, 大気科学, 降水システム, 大気陸面雪氷相互作用, チベット高原, 中部山岳域
釜江 陽一(カマエ ヨウイチ)生命環境系助教気象・海洋物理・陸水学, 環境動態解析, 地理学 - 気候感度, 雲フィードバック, モンスーン, 大気大循環, 古気候モデリング
日下 博幸(クサカ ヒロユキ)計算科学研究センター教授気象・海洋物理・陸水学 - 都市気候, 局地気象, 大気境界層, 日本の天気, 数値シミュレーション, 天気予報, 地球温暖化
杉田 倫明(スギタ ミチアキ)生命環境系教授気象・海洋物理・陸水学, 環境動態解析, 地理学 - 境界層気象学, 水文学, 地表面と大気の間の熱・運動量・水蒸気などの物質の輸送プロセス, 大気乱流, アジア東北部の水循環と生物圏・大気圏の相互作用の研究, 霞ヶ浦流域の水循環, エジプトナイルデルタ, 湖沼の水収支・熱収支
田瀬 則雄(タセ ノリオ)生命環境系名誉教授気象・海洋物理・陸水学, 地理学, 環境動態解析 - 水文学, 自然地理学, 環境科学, 水質, 同位体, 汚染
田中 博(タナカ ヒロシ)計算科学研究センター教授気象・海洋物理・陸水学 - 大気科学, 大気大循環, 大気力学
辻村 真貴(ツジムラ マキ)生命環境系教授地理学, 気象・海洋物理・陸水学, 環境動態解析 - 地下水流動システム, トレーサー水文学, 地下水年代推定, 地下水資源ガバナンス, 同位体水文学, 降雨流出プロセス, 流域水循環
奈佐原(西田) 顕郎(ナサハラ(ニシダ) ケンロウ)生命環境系准教授森林科学, 気象・海洋物理・陸水学 -

ページ数