You are here

Takezawa Koichi

Affiliation
Faculty of Humanities and Social Sciences
Official title
Professor
Research fields
Linguistics
Research keywords
Theoretical Linguistics
Contrastive Linguistics
Syntax
Morphology
Semantics
Japanese Linguistics
Research projects
日本語レキシコンの文法的・意味的・形態的特性2009 -- 2013影山太郎国立国語研究所/
コミュニケーションのための日本語教育文法の体系的記述2009 -- 2011小野正樹筑波大学/
東西言語文化の類型論特別プロジェクト(筑波大学学内特別プロジェクト)1997 -- 2001筑波大学/
言語記述と言語教育の相互活性化のための日本語・中国語・韓国語対照研究2004 -- 2007沼田善子筑波大学/
諸外国語と日本語の対照的記述に関する方法論的研究2003 -- 2006青木三郎筑波大学/
日韓中英の比較統語論にもとづく普遍文法構築のこころみ1996 -- 1998田窪行則京都大学/
空間表現の文法化に関する総合的研究1995 -- 1998竹沢幸一筑波大学/
個別言語学における文法カテゴリーの一般化に関する総合的研究(筑波大学学内プロジェクト)1993 -- 1995筑波大学/
個別言語学における文法カテゴリーの一般化に関する理論的研究1993 -- 1993北原保雄筑波大学/
個別言語学における文法カテゴリーの一般化に関する理論的研究(筑波大学学内プロジェクト)1992 -- 1992筑波大学/
Career history
1985 -- 1986University of Massachusetts at Amherst Department of East Asian Languages and Literature Lecturer
1987 -- 1988University of Massachusetts at Amherst Department of East Asian Languages and Literature Assistant Professor
1988-08 -- 1994-09筑波大学 講師
1994-10 -- 2005-03筑波大学 助教授
2004-04 -- 2005-03国立大学法人筑波大学 助教授
2005-04 -- (current)国立大学法人筑波大学 教授
2014-04 -- 2018-03国立大学法人筑波大学 日本語・日本文化学類 学類長
Academic background
-- 1979University of Tsukuba First Cluster of College 人文学類Graduated
-- 1987University of Washington Department of LinguisticsCompleted
Degree
MAUniversity of Tsukuba
Ph. D.University of Washington (USA)
Academic societies
-- (current)Linguistic Society of America
-- (current)The English Linguistic Society of Japan
-- (current)THE LINGUISTIC SOCIETY OF JAPAN
-- (current)The Society of Japanese Grammar
Articles
  • 形容詞の等位接続に現れる形態についてー日本語のテ形と韓国語のgo形の統語的共通点と相違点
    内丸 裕佳子; 金 英淑; 朴 江訓; 竹沢 幸一
    留学生教育/(16)/pp.57-64, 2011-01
  • 对日中英语里控制和主语提升现象的句法分析
    竹沢 幸一; 王 丹丹
    语言科学 创刊十周年庆 典论文集/pp.425-431, 2011-01
  • 英語から日本語を考え、日本語から英語を捉え直す--生成比較統語論の方法 (特集 日本語から見た外国語)
    竹沢 幸一
    日本語学/25(3)/pp.46-55, 2006-03
  • 複合述語における否定辞位置と節構造
    竹沢 幸一
    日本語文法学会第5回大会論文集/pp.46-55, 2004-10
  • 生成文法から見た三上章
    竹沢 幸一
    Studies in language and literature. Language/(46)/pp.1-11, 2004-01
  • 書評 西垣内泰介・石居康男著『英語から日本語を見る』
    竹沢 幸一
    英語青年/pp.507-508, 2003-11
  • 「ある」とhave/beの統語論 (特集 「もつ」と「ある」の言語学--所有と存在の動詞をめぐって)
    竹沢 幸一
    言語/32(11)/pp.61-68, 2003-11
  • 日本語と韓国語における状態記述二次述部の記述的考察
    竹沢 幸一
    韓國日本語文學會『日本語文學』/p.第17号 pp. 229-250., 2003-01
  • 日本語の状態記述二次述部と統語範疇
    竹沢 幸一
    Kansai Linguistic Society 22/(22)/pp.pp.257-267-267, 2002-01
  • 句構造と語彙範疇・機能範疇 (新・文法用語入門)
    竹沢 幸一
    日本語学/19(5)/pp.181-183, 2000-04
  • 「に」の二面性
    竹沢 幸一
    『言語』/24(11)/pp.70-77, 1995-11
  • 日本語名詞句内部の階層構造と移動
    竹沢 幸一
    文藝言語研究 言語篇/24/pp.45-80, 1993-01
  • Semantic Properties of the Floated Quantifier Construction in Japanese
    Homma Shinsuke; Kaga Nobuhiro; Miyagawa Keiko; Takeda Kaz...
    Proceedings of the 5th Summer Conference 1991: Tokyo Linguistics Forum/pp.15-28, 1991-01
  • Perfective "Have" and the Bar Notation
    Takezawa Koichi
    Linguistic Inquiry/15(4)/pp.675-687, 1984-01
  • Rhythm Rule in Metrical Theory
    Takezawa Koichi
    Linguistic Analysis/8(1)/pp.1-14, 1981-10
  • Three Levels in Metrical Theory
    Takezawa Koichi
    Descriptive and Applied Linguistics/pp.151-160, 1981
  • The Dative-Marked Subject and the Nominative-Marked Object in Japanese : Configurational Evidence
    Takezawa Koichi
    Working Papers in Linguistics University of Washington 9/pp.37-48, 1981-01
  • 最近の音韻論の眺望
    原口庄輔; 廣瀬幸生; 田端敏幸; 三上司; 関茂樹; 竹沢 幸一
    『英語学』/pp.2-34, 1980-01
Books
  • 第5章 日本語モーダル述語構文の統語構造と時制辞の統語的役割
    竹沢 幸一
    日英対照・文法と語彙への統合的アプローチ  —生成文法・認知言語学と日本語学̶—, pp.56-77, 2016-4
  • 第22章 接続詞的「それが」の意味解釈は「それ+が」から導出可能ではないのか? ̶天野の「連鎖文類型」アプローチに対する批判的検討̶
    竹沢 幸一
    日英対照・文法と語彙への統合的アプローチ  ̶生成文法・認知言語学と日本語学̶ ̶, pp.343-351, 2016-04
  • Chapter 13 Inflection
    Takezawa Koichi
    Handbook of Japanese Lexicon and Word Formation, De Gruyter, pp.459-488, 2016-01
  • 第9章 「見える」認識構文の統語構造とテ形述語の統語と意味
    竹沢 幸一
    語彙意味論の新たな可能性を探って, pp.243-273, 2015-11
  • 2種類の「可能動詞+テイル」構文
    竹沢 幸一
    言語研究の視座, pp.266-279, 2015-03
  • 日本言語学会夏期講座セミナーハンドブック「生成文法(初級)」
    竹沢 幸一
    日本言語学会夏期講座セミナーハンドブック「生成文法(初級)」, 2008-08
  • 日韓両言語の記述二次述部の形式と意味
    竹沢 幸一; 金英淑
    諸外国語と日本語の対照的記述に関する理論的研究, 2008-01
  • 形容詞の等位接続に現れる形態について-日本語のテ形と韓国語の고形の比較-
    内丸 裕佳子; 金 英淑; 朴 江訓; +竹沢 幸一
    「諸外国語と日本語の対照的記述に関する方法論的研究」日本学術振興会科学研究費補助金(基盤研究(B))(平成15年~平成18年度)研究成果報告書, pp.35-50, 2007-01
  • 形容詞の等位接続に現れる形態についてー日本語のテ形と韓国語のgo形の比較
    内丸裕佳子; 金英淑; 朴江訓; 竹沢 幸一
    「諸外国語と日本語の対照的記述に関する方法論的研究」日本学術振興会科学研究費補助金(平成15年〜平成18年度)研究成果報告書, pp.35-50, 2007-01
  • コピュラ動詞アルの語彙的二面性とその構文的具現
    竹沢 幸一
    意味と形のインターフェイス:中右実教授還暦記念論文集  下巻, くろしお出版, pp.713-723, 2001-01
  • 日本語の状態記述二次述部と品詞分類-記述的考察を中心に-
    竹沢 幸一
    筑波大学東西言語文化特別プロジェクト平成12年度研究報告書, p.237-264, 2001-01
  • アルの統語的二面性-be/haveとの比較に基づく日本語のいくつかの構文の統語的解体の試み-
    竹沢 幸一
    東アジア言語文化の統合的研究 平成9-11年度筑波大学学内プロジェクト報告書, pp.76-100, 2000-01
  • 空間表現と統語論-項と述部の対立に基づくアプローチ-
    竹沢 幸一
    空間表現と文法, くろしお出版, pp.163-214, 2000-01
  • Syntactic Structures and Derivations of Epistemic Verb Constructions with an Infinitival Complement
    Takezawa Koichi
    Comparative Syntax of Japanese, Korean, Chinese and English, pp.187-206, 1999-01
  • 不定詞節を伴う認識動詞構文の統語構造と派生」
    竹沢 幸一
    筑波大学東西言語文化の類型論特別プロジェクト平成10年度研究報告書, pp.737-761, 1999-01
  • 空間表現の統語論-叙述の観点から-
    竹沢 幸一
    空間表現の文法化に関する総合的研究 平成10年度文部省科学研究費研究成果報告書, pp.91-121, 1999-01
  • 格と語順と統語構造
    +竹沢 幸一; John Whitman
    研究社, 1998-01
  • Movement and the roles of Care and Agr in Japanese nominalization constructions
    Takezawa Koichi
    Current Issues in English and Japanese, Kurosio, pp.225-283, 1994-01
  • 日本語における非能格と非対格の対立
    竹沢 幸一
    個別言語学における文法カテゴリーの一般化に関する理論的研究 平成5年度筑波大学学内プロジェクト研究成果報告書, 筑波大学 文芸・言語学系, pp.34-56, 1994-01
  • A Comparative Study of "Omoe-ru" and "seem"
    Takezawa Koichi
    Argument Structure: Its Syntax and Acquisition, Kaitakusha, pp.75-102, 1993-01
  • Secondary predication and locative/goal phrases
    Takezawa Koichi
    Japanese Syntax in Comparative Grammar, Kurosio, pp.45-87, 1993-01
  • 日本語の時の副詞節の統語的特性に関する一考察
    竹沢 幸一
    個別言語学における文法カテゴリーの一般化に関する理論的 研究 平成4年度筑波大学学内プロジェクト研究成果報告書, 筑波大学 文芸・言語学系, pp.121-133, 1993-01
  • 場所,着点および二次的述語の「に」
    竹沢 幸一
    現代英語学の歩み, 開拓社, pp.232-242, 1991-01
  • 受動文,能格文,分離不可能構文と「ている」の解釈
    竹沢 幸一
    日本語のヴォイスと他動性, くろしお出版, pp.59-81, 1991-01
  • A Configurational Approach to Case-marking in Japanese
    Takezawa Koichi
    1987-12
Conference, etc.
  • 「日本語テイル形可能形動詞の文法的特徴」
    竹沢 幸一
    2018年日本語の誤用及び第二言語習得研究国際シンポジウム/2018-08-04--2018-08-06
  • 生成文法の理論的展開と日本語の格現象の分析 ― 事実観察と理論構築の相互関係 ―
    Takezawa Koichi
    言語学シンポジウム「日本語統語論研究の広がり—理論と記述の相互関係」 生成文法の理論的展開と日本語の格現象の分析 ― 事実観察と理論構築の相互関係 ―/2017-03-27
  • Syntactic and semantic properties of nominative case “ga” in Japanese
    Takezawa Koichi
    Spring Forum of English Linguistic Society of Japan/2015-04-19
  • 日本語可能形のアスペクト解釈と統語
    竹沢 幸一
    国語研共同研究プロジェクト 「日本語レキシコンの文法的・意味的・形態的特性」研究発表会/2015-02-21
  • 「可能形+テイル」構文の統語と解釈
    竹沢 幸一
    第39回中日理論言語学研究会/2014-10-05
  • Case theory and the syntactic status of “ga”
    竹沢 幸一
    上智大学言語学会シンポジウム『日本語から格理論を再考する』/2014-07-19
  • 語彙意味論:統語論の立場から
    竹沢 幸一
    第31回日本英語学会シンポジウム「語彙意味論の新たな可能性を探って」/2013-11-10
  • 日本語モーダル述語文における意味と構造の対応とズレ
    竹沢 幸一
    日本言語学会公開シンポジウム「文構造はどこまで意味を表しているのか」/2012-11-25
  • 「見える」類動詞の非時制補文節におけるテ形述語と述語分類
    竹沢 幸一
    「日本語レキシコンの文法的・意味的・形態的特性」研究発表会/2011-09-25
  • 日本語モーダル述語文の統語構造
    竹沢 幸一
    第55回中部言語学会/2009-12-19
  • 「モーダル名詞+コピュラ」構文の統語構造
    竹沢 幸一
    清華大学・北京大学・筑波大学三大学合同セミナー 講演/2009-9-19
  • とりたて研究の可能性
    竹沢 幸一
    日本語文法学会第8回大会シンポジウム/2007-10-28
  • 日本語複合述語文における否定辞の位置と節構造
    竹沢 幸一
    日本語文法学会第5回大会/2004-11
  • 言語研究から見た三上章
    竹沢 幸一
    三上章フェスタ「フォーラム:三上文法への誘い」/2003-3-30
  • 日本語の状態記述二次述部と統語範疇
    竹沢 幸一
    韓國日本語文學會第16回学術発表大会/2002-10-29
  • 叙述と統語範疇−生成文法理論の観点から−
    竹沢 幸一
    第26回関西言語学会シンポジウム「品詞論をめぐって」/2001-10-28
  • 日本語の「ある」と英語のhave/be対立
    竹沢 幸一
    第73回英文学会のシンポジアム「have/be交替の比較統語論」/2001-05-20
  • 名詞句内での移動
    竹沢 幸一
    第13回日本英語学会シンポジウム『名詞句の構造』/1996-11
  • Predicates with No External Argument: A Comparative Study of omoe-ru and seem
    Takezawa Koichi
    第10回日本英語学会記念特別ワークショップ "Predicates without External Argument"/1992-11
  • Predication and ni-marked phrases in Japanese
    竹沢 幸一
    第9回日本英語学会シンポジウム『GB理論からみた日英語の比 較』/1991-11
  • 受動文、能格文、分離不可能所有構文と「ている」の解釈
    竹沢 幸一
    日本語文法談話会/1989-12
  • Passive, Unaccusative, Inalienable possession constructions, and Interpretation of te-iru
    Takezawa Koichi
    Southern California Conference on Japanese and Korean Linguistics/1989-08
  • NP Movement, Anaphoric Binding, and Aspectual Interpretation
    Takezawa Koichi
    Workshop on Japanese Syntax and Universal Grammar/1989-03
  • Tough Sentences in Japanese
    Takezawa Koichi
    Western Conference of Linguistics/1987-10
  • Three levels in metrical theory
    竹沢 幸一
    ICU Summer Institute in Linguistics/1981
Teaching
2019-10 -- 2019-12Basic Research on Japanese Language and CultureUniversity of Tsukuba.
2019-10 -- 2020-02Experimental Fieldwork in Japanese Language and CultureUniversity of Tsukuba.
2019-10 -- 2020-02Seminar in Contrastive Linguistics (4B)University of Tsukuba.
2019-04 -- 2019-08Foundations of Applied Lingustics AUniversity of Tsukuba.
2019-10 -- 2020-02Technical English IIcUniversity of Tsukuba.
2019-04 -- 2019-08Technical English IcUniversity of Tsukuba.
2019-04 -- 2019-08Final Paper on Japanese Language and CultureUniversity of Tsukuba.
2019-04 -- 2019-08Seminar in Contrastive Linguistics (4A)University of Tsukuba.
2019-04 -- 2019-07Special Research for Final Paper on Japanese Language and CultureUniversity of Tsukuba.
2019-10 -- 2019-12Linguistic Research MethodologyUniversity of Tsukuba.
Other educational activities
2008-08 -- 2008-08日本言語学会夏期講座講師学外
Talks
  • 品詞分類と文法ー日本語の形容詞と名詞ー
    竹沢 幸一
    電子科技大学講演会/2014-3-25
Professional activities
2017-04 -- 2018-03日本言語学会選挙管理委員会委員
2008-04 -- 2019-03Morphology Lexicon Forum運営委員
University Management
2018-04 -- 2019-03人文・文化学群運営委員会委員
2018-04 -- 2019-03日本語・日本文化学類学生委員会委員長
2018-04 -- 2019-03文芸・言語専攻紀要編集委員会委員長
2016-04 -- 2018-03Japan Expertプログラム運営委員会委員
2017-10 -- (current)留学生特別プログラム委員会委員
2016-04 -- 2018-03免除等選考委員会委員
2014-04 -- 2017-03日本語・日本文化学類学類長
2013-04 -- 2014-03日本語・日本文化学類学類長代行
2011-04 -- 2012-03日本語・日本文化学類将来検討委員会委員長
2011-04 -- 2012-03文芸・言語専攻入試委員会委員長

(Last updated: 2019-06-07)