You are here

Hirose Yukio

Affiliation
Faculty of Humanities and Social Sciences
Official title
Professor
Research fields
English linguistics
Research keywords
contrastive study of Japanese and English
cognitive semantics
interface between grammar and pragamatics
grammar and discourse
subjectivity
functions of language
Research projects
日英語におけるデフォルト志向性と構文の機能2018 -- 2020廣瀬 幸生Japan Society for the Promotion of Science/Grant-in-Aid for Scientific Research(C)4,290,000Yen
Contrastive study of Japanese and English -- (current)/
Cognitive Semantics -- (current)/
文法と語用論の関係に関する日英語対照研究2012 -- 2015Japan Society of for the Promotion of Science/基盤研究(B)2,600,000Yen
談話のタイプと文法の関係に関する日英語対照言語学的研究2007 -- 2010Japan Society of for the Promotion of Science/基盤研究(B)10,140,000Yen
Degree
Doctor of LettersUniversity of Tsukuba
Master of ArtsUniversity of Tsukuba
Academic societies
1983 -- (current)The English Linguistic Society of Japan
1993 -- (current)Linguistic Society of America
1996 -- (current)国際認知言語学会(ICLA)
1981 -- (current)The English Literary Society of Japan
1997 -- (current)THE SOCIETY OF ENGLISH GRAMMAR AND USAGE
2000 -- (current)JAPANESE COGNITIVE LINGUISTICS ASSOCIATION
1983 -- (current)Tsukuba English Linguistic Society
1988 -- (current)The Tsukuba Society of English Language Teaching
2017 -- (current)言語系学会連合
Articles
  • 英語との比較から見た日本語らしさ─時間のメタファーを中心に─
    Hirose Yukio
    日本語の研究/pp.206-208, 2016-10
  • Introduction: Public/Private-Self-Centeredness and Grammatical Phenomena in Japanese and English—The Perspective of the Three-Tier Model of Language Use
    Hirose Yukio
    English Linguistics/32(1)/pp.114-119, 2015-06
  • An Overview of the Three-Tier Model of Language Use
    Hirose Yukio
    English Linguistics/32(1)/pp.120-138, 2015-06
  • The conceptual basis for reflexive constructions in Japanese
    Hirose Yukio
    JOURNAL OF PRAGMATICS/68/pp.99-116, 2014-07
  • 公的自己・私的自己中心性と日英語の文法現象:「言語使用の三層モデル」からの視点
    廣瀬 幸生
    JELS 31(日本英語学会第31回大会研究発表論文集)/pp.267-268, 2014-02
  • Deconstruction of the Speaker and the Three-Tier Model of Language Use
    Hirose Yukio
    Tsukuba English Studies/32/pp.1-28, 2013-10
  • 公的表現・私的表現と日英語の話法
    廣瀬 幸生
    英語語法文法研究/19/pp.20-34, 2012-12
  • 公的自己・私的自己の観点と主体性の度合い─言語使用の三層モデル─
    廣瀬 幸生
    日本英文学会第83回大会Proceedings/2010年度支部大会Proceedings/p.243-245, 2011-09
  • 英語再帰代名詞の視点的用法と談話のタイプ
    廣瀬 幸生
    談話のタイプと文法の関係に関する日英語対照言語学的研究 <研究の要約とサンプルデータ>/p.5-7, 2011-04
  • 日英語における主体化・客体化と談話のタイプ
    廣瀬 幸生
    談話のタイプと文法の関係に関する日英語対照言語学的研究 <研究の要約とサンプルデータ>/p.8-14, 2011-04
  • Constructions of Degree Modification in English and Japanese: A Semantic Functional Analysis
    廣瀬 幸生
    Tsukuba English Studies/29/p.1-19, 2011-02
  • 書評:中島平三編『言語学の領域(I)』
    廣瀬 幸生
    言語/38(11)/p.94, 2009-11
  • 話者指示性と視点と対比─日英語再帰代名詞の意味拡張の仕組み─
    廣瀬 幸生
    「内」と「外」の言語学/p.147-173, 2009-10
  • 話し手の解体と主体化・客体化─日英語対照研究の観点から─
    廣瀬 幸生
    日本語文法学会第9回大会発表予稿集/p.29-38, 2008-10
  • 話者指示性と視点階層
    廣瀬 幸生
    ことばのダイナミズム/p.261-276, 2008-09
  • 再帰代名詞の意味拡張について─日英語対照研究
    廣瀬 幸生
    言語記述と言語教育の相互活性化のための日本語・中国語・韓国語対照研究/p.187-209, 2008-03
  • 日英語の比較構文─共通点と相違点をどう捉えるか
    廣瀬 幸生
    諸外国語と日本語の対照的記述に関する方法論的研究/p.61-85, 2007-03
  • ダイクシスの中心をなす日本的自己 (特集 ダイクシス研究の現在--ことばで捉える「いま」と「ここ」)
    廣瀬 幸生; 長谷川 葉子
    言語/36(2)/pp.74-81, 2007-02
  • 再帰代名詞の視点的用法と人称の非対称性 (特集 形式と意味のミスマッチ)
    廣瀬 幸生
    The Rising generation/152(11)/pp.650-652, 2007-02
  • 日記英語における空主語と主体化
    廣瀬 幸生
    言葉の絆ー藤原保明博士還暦記念論文集/p.270-283, 2006-10
  • The Subject-Self Metaphor and Reflexive Markers in Japanese
    廣瀬 幸生
    Proceedings of the Sixth Annual Meeting of the Japanese Cognitive Linguistics Association/p.557-560, 2006-09
  • 比較の二つの類型:叙述型と領域型
    廣瀬 幸生
    JELS(日本英語学会研究発表論文集)/23, 2006-03
  • What the Japanese Language Tells Us about the Alleged Japanese Relational Self
    廣瀬 幸生
    Australian Journal of Linguistics/25/p.219-251, 2005-10
  • 書評:三輪正著『一人称二人称と対話』
    廣瀬 幸生
    言語/34(8)/p.118, 2005-08
  • 話者指示の領域と視点階層
    廣瀬 幸生
    Studies in language and literature. Language/(47)/pp.45-67, 2005-01
Books
  • Logophoricity, Viewpoint, and Reflexivity
    Hirose Yukio
    The Cambridge Handbook of Japanese Linguistics, Cambridge University Press, pp.379-403, 2018-04
  • 自分の言語学─言語使用の三層モデルに向けて─
    廣瀬 幸生
    三層モデルでみえてくる言語の機能としくみ, pp.2-24, 2017-11
  • 三層モデルでみえてくる言語の機能としくみ
    廣瀬 幸生
    開拓社, 2017-11
  • 主観性と言語使用の三層モデル
    Hirose Yukio
    ラネカーの(間)主観性とその展開, pp.333-355, 2016-11
  • 日英語における時間のメタファーと主観性─言語使用の三層モデルからの視点─
    Hirose Yukio
    言語の主観性─認知とポライトネスの接点─, pp.19-34, 2016-06
  • 叙述型比較と領域型比較─比較構文の日英語対照研究─
    廣瀬 幸生
    言語研究の視座, pp.110-125, 2015-03
  • Referential Opacity and the Speaker's Propositional Attitudes
    廣瀬 幸生
    Liber Press, 1986-11
  • 例解現代英文法辞典(項目執筆)
    廣瀬 幸生
    大修館書店, 1987-05
  • 現代英文法辞典(項目執筆)
    廣瀬 幸生
    三省堂, 1992-07
  • 小学館ランダムハウス英和大辞典第2版(項目執筆)
    廣瀬 幸生
    小学館, 1994-03
  • 英文法への誘い
    廣瀬 幸生
    開拓社, 1995-10
  • コンサイス英文法辞典(項目執筆)
    廣瀬 幸生
    三省堂, 1996-11
  • 指示と照応と否定
    廣瀬 幸生
    研究社出版, 1997-07
  • 空間表現と文法
    廣瀬 幸生
    くろしお出版, 2000-10
  • 意味と形のインターフェイスー中右実教授還暦記念論文集<上下2巻>
    廣瀬 幸生
    くろしお出版, 2001-03
  • 日本語から見た日本人─主体性の言語学─
    廣瀬幸生; 長谷川葉子
    開拓社, 2010-03
  • 談話のタイプと文法の関係に関する日英語対照言語学的研究 <研究の要約とサンプルデータ>
    廣瀬 幸生
    筑波大学大学院人文社会科学研究科文芸・言語専攻英語学領域, 2011-04
Conference, etc.
  • English as a public-self-centered language and Japanese as a private-self-centered language
    Hirose Yukio
    The Fifth International Conference of the International Society for the Linguistics of English/2018-07-17--2018-07-20
  • Introduction: English and Japanese as seen from the three-tier model of language use
    Hirose Yukio
    The Fifth International Conference of the International Society for the Linguistics of English/2018-07-17--2018-07-20
  • Two Types of Comparison: Predication-Based vs. Domain-Based
    Hirose Yukio
    Seminar in Linguistics/2018-02-15
  • 自分の言語学─言語使用の三層モデルに向けて─
    Hirose Yukio
    ワークショップ「三層モデルでみえてくる言語の機能としくみ」/2016-09-30--2016-09-30
  • 英語との比較から見た日本語らしさ─時間のメタファーを中心に─
    Hirose Yukio
    日本語学会2016年度春季大会シンポジウム「日本語らしさとわかりやすい日本語」/2016-05-14--2016-05-15
Teaching
2018-10 -- 2019-02Studies in Cognitive Semantics (3B)University of Tsukuba.
2018-10 -- 2019-02Studies in English Linguistics bUniversity of Tsukuba.
2018-04 -- 2018-08Studies in Cognitive Semantics (3A)University of Tsukuba.
2018-04 -- 2018-08Studies in English Linguistics aUniversity of Tsukuba.
2018-10 -- 2019-02Seminar in English Semantics (3B)University of Tsukuba.
2018-10 -- 2019-02English Critical Reading Strategies IIUniversity of Tsukuba.
2018-10 -- 2019-02Thesis-Writing in English Linguistics (Seminar) bUniversity of Tsukuba.
2018-04 -- 2018-08Seminar in English Semantics (3A)University of Tsukuba.
2018-04 -- 2018-07English Critical Reading Strategies IUniversity of Tsukuba.
2018-04 -- 2018-08Introduction to English Linguistics aUniversity of Tsukuba.
Professional activities
2019-04 -- (current)The United Associations of Language Studies運営委員会委員長
2019-04 -- (current)The English Linguistic Society of Japan会長
2017-04 -- (current)言語系学会連合運営委員会委員
2016-08 -- 2016-08日本言語学会夏期講座2016講師
2012-09 -- 2012-09日本認知言語学会2012年度認知言語学セミナー講師
2016-08 -- 2016-09日本認知言語学会日本認知言語学会奨励賞審査委員
2016-04 -- (current)日本英語学会理事
2014-06 -- 2014-11日本英語学会学会賞審査委員
2013-06 -- 2013-11日本英語学会学会賞審査委員
2012-04 -- 2013-03日本英語学会学会賞委員会委員長
University Management
2018-04 -- (current)人文学類運営委員会委員
2017-04 -- (current)総合科目編成部会委員
2013-04 -- 2014-03人文学類就職委員会委員長
2012-04 -- 2014-03ハラスメント相談員
2011-04 -- 2012-03人文学類学生委員会委員長
2009-04 -- (current)文芸・言語専攻博士論文審査委員会委員長
2009-04 -- 2013-03文芸・言語専攻学生相談委員会委員長
2009-04 -- (current)文芸・言語専攻運営委員会委員
2009-04 -- 2011-03人文社会科学研究科学生委員会
2009-04 -- (current)遺伝子組換え実験安全委員会委員

(Last updated: 2019-06-07)