You are here

Ihara Daisaku

Affiliation
Faculty of Humanities and Social Sciences
Official title
Professor Emeritus
Research fields
Linguistics
Research keywords
中国語歴史語法
Research projects
historical study of Chinese usage in Min Chin era -- (current)/
中国語における補語構造の非対称性に関する歴史的研究2008 -- 2010伊原大策Japan Society of for the Promotion of Science/基盤研究(C)1,820,000Yen
複合動詞における内部構造の変遷に関する歴史的研究2000 -- 2001伊原大策Japan Society of for the Promotion of Science/基盤研究(C)1,200,000Yen
Academic background
-- 1986Tohoku University Graduate School, Division of Letters 中国学Accomplished credits for doctoral program
Degree
博士(文学)Tohoku University
Academic societies
-- (current)The Chinese Linguistic Society of Japan
-- (current)中国文化学会
Articles
  • 近世及び現代中国語における進行の「在V」について
    伊原 大策
    地域研究/(37)/pp.23-38, 2016-03
  • 日治時期初始台語教材作者俣野保和與岩永六一的考察
    伊原 大策
    台湾語文研究(台湾 台湾語文学会)/10(1)/pp.31-56, 2015
  • 日本統治時代最初期における台湾語教本とその著者
    伊原 大策
    台灣語言及其教學國際學術研討會論文集(台湾)/(proceeding2.1)/pp.12-26, 2014-10
  • 日治初期的台語教本系譜
    伊原 大策
    編譯論叢(台湾 国家教育研究院)/6(2)/pp.67-97, 2013
  • いわゆる補語構造"V取"の変質と衰退について
    伊原 大策
    東北大学中国語学文学論集/(16), 2011-03
  • 旧漢語「旅行」の新漢語への再生について
    伊原 大策
    日本語日本文学(台湾)/(35)/p.109-125, 2010-01
  • "来不及"句型と"不及来"句型--"来不及"型可能補語句型の起源に関する一要素
    伊原 大策
    The Chinese culture/(66)/pp.14-26, 2008-01
  • 可能補語「来不及」の起源に関わる二つの「V不及」――可能補語「来得及/来不及」が存在するのになぜ結果補語「来及」が用いられないのか――
    伊原 大策
    集刊東洋学/(98)/p.82-100, 2007-01
  • 新漢語「出発」の誕生
    伊原 大策
    東北大学中国語学文学論集/(10)/p.113-132, 2005-01
  • 補語構造「V見」に見られる文法機能の拡張と収縮
    伊原 大策
    地域研究/(25)/p.19-33, 2005-01
  • 「後悔」と賓語
    伊原 大策
    言語文化論集/(64)/pp.1-17, 2003
  • 「忍心」與句子賓語
    伊原 大策
    言語文化論集/(60)/pp.13-24, 2002
  • 結果補語構造「V見」の発生とその変遷
    伊原 大策
    日本中国学会報/(53)/p.271-285, 2001-01
  • "小心"に見られる原因賓語生成の一類型--"小心"の語史
    伊原 大策
    The Chinese culture./(59)/pp.27-38, 2001-01
  • 《型世言》における北方方言と創作
    伊原 大策
    東西言語文化の類型論特別プロジェクト研究報告書(平成11年度)』Ⅲ、623~635頁、2000年/2000年版(Ⅲ)/pp.623-635, 2000
  • 動賓構造動詞がさらに賓語を従える際の一類型
    伊原 大策
    『中国文人の表現と思考』/p.51-69, 2000-01
  • “担心”が賓語をとるに至るまで
    伊原 大策
    東西言語文化の類型論特別プロ ジェクト研究報告書(平成10年度)/1999年版(Ⅱ)/pp.503-512, 1999
  • 二つの"耽心"
    伊原 大策
    東北大学中国語学文学論集/(4)/p.35-47, 1999-01
  • On "Xizao"
    伊原 大策
    Bulletin of the Chinese Language Society of Japan/(245)/p.1-10, 1998-01
  • "bangmang ni" - It is grammatical incorrect?
    伊原 大策
    Studies in Languages and Cultures/(48)/p.87-100, 1998-01
  • 明・清北方語の系譜
    伊原 大策
    地域研究/(15)/pp.135-145, 1997
  • 明・清白話小説における"〔ニン〕"--<醒世姻縁伝>とその周辺
    伊原 大策
    Studies in languages and cultures./(43)/pp.17-32, 1996-01
  • 《金瓶梅》における言語の同質性と異質性
    伊原 大策
    Studies in languages and cultures/38/pp.185-196, 1994-01
  • 《西遊記》諸本の語彙・語法 : 言語から作品成立史の一端を覗く
    伊原 大策
    Studies in languages and cultures/37/pp.201-208, 1993-01
  • 《水滸伝》語彙計量分析試論
    伊原 大策
    筑波中国文化論叢/(10)/pp.3-15, 1991
Books
  • 日本統治時代期における台湾語教本の系譜
    伊原 大策
    日本学研究叢書19(台湾大学), 国立台湾大学出版中心, pp.11-54, 2015
Teaching
2016-10 -- 2017-02Graduation Thesis (Chinese Linguistics)University of Tsukuba.
2016-10 -- 2017-02Guidance to the Graduation Thesis on Chinese Linguistics bUniversity of Tsukuba.
2016-10 -- 2017-02Basic Chinese BIIUniversity of Tsukuba.
2016-10 -- 2017-02Introduction to Chinese Linguistics bUniversity of Tsukuba.
2016-10 -- 2017-02Chinese Composition (Seminar) bUniversity of Tsukuba.
2016-10 -- 2017-02Seminar on Cross-cultural Langauge Performance (4) IBUniversity of Tsukuba.
2016-10 -- 2017-02Special Seminar on East Asian Studies II-BUniversity of Tsukuba.
2016-10 -- 2017-02Seminar on Cross-cultural Langauge Performance (S) (4) IBUniversity of Tsukuba.
2016-10 -- 2017-02Language and Culture IBC (Chinese)University of Tsukuba.
2016-04 -- 2016-08Graduation Thesis (Chinese Linguistics)University of Tsukuba.

(Last updated: 2017-09-29)