You are here

NOGAMI GEN

Affiliation
Faculty of Humanities and Social Sciences
Official title
Associate Professor
Sex
Male
URL
Email
 
Research fields
Sociology
Research keywords
War
War Experience
Memory of War
Military Affairs
Historical Sociology
Personal Computer
Home Ministry (Japan)
Research projects
現代の戦争研究と総力戦研究とを架橋する学際的戦争社会学研究領域の構築2017 -- 2021野上 元Japan Society for the Promotion of Science/Grant-in-Aid for Scientific Research(B)16,380,000Yen
軍事組織への社会学的接近2016 -- 2018野上 元Japan Society for the Promotion of Science/Grant-in-Aid for challenging Exploratory Research2,600,000Yen
戦争体験の共有と継承に関する調査研究2009 -- 2013野上 元Japan Society of for the Promotion of Science/若手研究(B)3,183,672Yen
現代日本における「戦争の記憶」の社会学的研究:歴史意識の継承と断絶をめぐって  2006 -- 2008野上 元Japan Society of for the Promotion of Science/若手研究(B)2,380,000Yen
出版書物名『戦争体験の社会学--「兵士」という文体』(弘文堂)2005 -- 2005野上 元Japan Society of for the Promotion of Science/研究成果公開促進費
近現代日本における『戦争』の歴史社会学的研究2003 -- 2005野上 元Japan Society of for the Promotion of Science/若手研究(B)
<戦争>と<社会>:言説分析による近現代日本の歴史社会学的研究1999 -- 2001野上 元Japan Society of for the Promotion of Science/特別研究員奨励費
転換期としての「昭和50年代」と大衆メディア文化の変容2017 -- 2020福間良明立命館大学/Grant-in-Aid for Scientific Research (B)
歴史社会学の理論・実証の蓄積の再構築と新しい研究教育法の開発に関する総合研究2016 -- 2021佐藤健二東京大学/科学研究費補助金 基盤研究(A)250,000Yen
矢内原忠雄学生問題研究所未発掘資料から見る1950年代の学生運動と若者意識の分析2013 -- 2017吉見俊哉東京大学/科学研究費補助金 基盤研究(A)700,000Yen
Career history
2011-04 -- (current)University of Tsukuba Faculty of Humanities and Social Scoences Associate Professor
2006-04 -- 2007-03University of Tsukuba Graduate School of Humanities and Social Sciences Associate Professor
2002-04 -- 2006-03Japan Women's University Faculty of Integrated Arts and Social Sciences Research Associate
1999-04 -- 2002-03Japan Society for the Promotion of Science Postdoctoral Fellow
2016-04 -- 2018-03International Research Center for Japanese Studies co-researcher
2015-04 -- 2016-03Towson University Visiting Scholar
2019-04 -- 2020-03早稲田大学 教育学部 非常勤講師(公共市民学研究(社会調査))
2014-10 -- 2015-03The University of Tokyo Faculty of Arts and Sciences Lecturer (part-time)
2012-10 -- 2014-09Waseda University School of Culture, Media and Society Lecturer (part-time)
2013-07 -- 2013-08Hosei University Graduate School of Sociology Lecturer (part-time)
Academic background
1996-04 -- 1999-03Graduate School of the University of Tokyo Graduate School of Humanities and Sociology Doctor Course in Division pf Socio-cultural StudiesAccomplished credits for doctoral program
1994-04 -- 1996-03The University of Tokyo Graduate School of Humanities and Sociology Master Course in Division of Socio-Cultural StudiesCompleted
1990-04 -- 1994-03Hitotsubashi University Faculty of SociologyGraduated
Degree
2002-09Ph.D.(Socio-information and Communication Studies)The University of Tokyo
1996-03M.A.(Sociology)The University of Tokyo
Licenses and qualifications
19923rd Dan in Japanese Martial Art of Archery (Kyudo)
2008-10-01Certified Advanced Social Researcher
Academic societies
-- (current)THE JAPAN SOCIOLOGICAL SOCIETY
-- (current)THE JAPAN SOCIETY FOR STUDIES IN JOURNALISM AND MASS COMMUNICATION
-- (current)The Japan Society of Socio-Information Studies
-- (current)THE KANTOH SOCIOLOGICAL SOCIETY
-- (current)Society for Sociology of Warfare
Refereed academic journal/Refereed international conference paper
  • 「マイコン」と「パソコン」のあいだ--パソコン雑誌『I/O』にみる,早期採用者たちにおける情報技術の私有化について
    野上 元
    Journal of socio-information studies/9(2)/pp.73-86, 2005-01
  • 戦時動員論再考--「戦争の記憶」との関連で
    野上 元
    The Annual review of sociology/(13)/pp.159-168, 2000-06
  • 「落書き」資料の想像力--特高警察による戦時期日本社会の解読
    野上 元
    The Annual review of sociology/(10)/pp.133-144, 1997-06
Other articles
  • 「正体」か「構想」かーー二つの「総力戦」像:小林啓治著『総力戦体制の正体』柏書房、2016年
    野上 元
    戦争社会学研究/(3)/pp.242-245, 2019-06
  • Reexamining the Fear of the A-Bomb and the Imagination of Premonition: Reporting and Recollection in the Works of Tamiki Hara
    NOGAMI GEN
    The Journal of Literature and Trauma Studies/6(1/2)/pp.37-56, 2019-05
  • 書評「石原俊『群島と大学-冷戦ガラパゴスを超えて-』」
    野上 元
    ソシオロジ/(193)/pp.149-152, 2018-10
  • 戦争映画の社会学のために―塚本版映画『野火』を題材として
    野上 元
    戦争社会学研究/(2)/pp.11-25, 2018-06
  • Introduction to the Special Feature:Status of the Methodologies Used in Studies on Media and Journalism
    野上 元
    JOURNAL OF MASS COMMUNICATION STUDIES/93/pp.2-4, 2018
  • 〈講義ノート〉社会学研究法III (ライティング) 講義ノート
    野上 元
    社会学ジャーナル/43/pp.99-111, 2018-03
  • 貞包英之・元森絵里子・野上元著『自殺の歴史社会学:「意志」のゆくえ』(青弓社、2016年)-書評と応答
    元森絵里子; 佐藤雅浩; 山田陽子; 池田和宏; 貞包英之; 野上 元
    明治学院大学社会学部付属研究所年報/(48)/pp.39-56, 2018-03
  • 歴史が聞こえてくること-方法的ラディカリズムと歴史への愛
    野上 元
    日本オーラル・ヒストリー研究/(13)/pp.7-18, 2017
  • 「戦争社会学」が開く扉
    野上 元
    戦争社会学研究/(1)/pp.19-33, 2017-04
  • おわりに ― 「戦争と社会」に関する問いをひらくこと(書評特集 先端社会研究所叢書『戦争が生み出す社会』)
    野上 元
    関西学院大学先端社会研究所紀要/(12)/pp.117-119, 2015-03
  • 「基地文化の政治学」のために-『米軍基地文化』書評
    野上 元
    関西学院大学先端社会研究所紀要/(12)/pp.105-110, 2015-03
  • 自殺報道と自殺予防・自殺対策(ワークショップ6,2014年度春季研究発表会ワークショップ報告)
    野上 元
    Journal of mass communication studies/(86)/pp.192-193, 2015-01
  • 書評 長志珠絵『占領期・占領空間と戦争の記憶』
    野上 元
    日本歴史/(795)/pp.112-115, 2014-08
  • 書評 浜日出夫・有末賢・竹村英樹編『被爆者調査を読む-ヒロシマ・ナガサキの継承』
    野上 元
    JSR/65(1)/pp.143-145, 2014-07
  • 社会学の研究対象としての「戦争」-その多様なアプローチ
    野上 元
    社会学論叢/(180)/pp.37-56, 2014-06
  • 書評 山本昭宏著『核エネルギー言説の戦後史1945-1960: 「被爆の記憶」と「原子力の夢」』
    野上 元; 山本 昭宏
    SOSHIOROJI/58(1)/pp.162-170, 2013-10
  • 書評と紹介 吉田裕著『兵士たちの戦後史』(シリーズ 戦争の経験を問う)
    野上 元
    日本歴史/(774)/pp.132-134, 2012-11
  • <研究動向> テーマ別研究動向(戦争・記憶・メディア) : 課題設定の時代被拘束性を越えられるか?
    野上 元
    Japanese sociological review/62(2)/pp.236-246, 2011-09
  • 書評と紹介 成田龍一著『「戦争体験」の戦後史--語られた体験/証言/記憶』
    野上 元
    日本歴史/(757)/pp.129-131, 2011-06
  • 語られた歴史とメディア : 聞き取り,取材,インタビュー再考(ワークショップ4,2010年度春季研究発表会ワークショップ報告)
    野上 元
    Journal of mass communication studies/(78)/pp.258-259, 2011-01
  • 「「戦争体験」と近現代日本社会」
    野上 元
    『日本學研究』檀國大學校(韓国)日本研究所/(31), 2010-09
  • 指定討論 (2009年度 公開シンポジウム報告 戦争体験の記憶と語り)
    野上 元
    心の危機と臨床の知/11/pp.42-49, 2010-01
  • A historicization of Showa era accompanied a public sense about the end of post war age: verification of the discourse of "war experience"
    野上 元
    Journal of mass communication studies/(76)/pp.105-116, 2010-01
  • <書評> 坂部晶子著『「満州」経験の社会学 : 植民地の記憶のかたち』
    野上 元
    Japanese sociological review/60(1)/pp.175-176, 2009-06
  • Sociology confronting history: the potential seen in various approaches to historical accounts and sources
    野上 元
    The Annual review of sociology/(22)/pp.1-9, 2009-01
Books
  • 戦争体験の社会学-「兵士」という文体
    野上元
    弘文堂, 2006-02
  • 自殺の歴史社会学-「意志」のゆくえ
    貞包 英之; 元森 絵里子; 野上 元
    青弓社, 2016-11
  • 歴史に向きあう社会学-資料・表象・経験
    野上 元; 小林 多寿子
    ミネルヴァ書房, 2015-07
  • 戦争社会学の構想
    野上 元; 福間 良明; 蘭 信三; 石原 俊
    勉誠出版, 2013-07
  • 戦争社会学ブックガイド
    野上 元; 福間 良明
    2012-03
  • カルチュラル・ポリティクス1960/70
    北田 暁大; 野上 元; 水溜 真由美
    せりか書房, 2005-12
  • 浮遊する記憶
    矢野 敬一; 木下 直之; 野上 元; 福田 珠己; 阿部 安成
    青弓社, 2005-09
  • 「戦争と書くこと――近現代日本における『戦争体験』の歴史社会学的研究」(博士論文)
    野上 元
    2002-09
  • 大衆社会論の記述と「全体」の戦争―総力戦の歴史的・社会的位格
    野上 元
    戦争社会学-理論・大衆社会・表象文化, pp.37-68, 2016-10
  • 市民社会の記述と市民/国民の戦争
    野上 元
    現代社会と人間への問い-いかにして現在を流動化するのか?, せりか書房, pp.398-422, 2015-11
  • 水木しげる-ある帰還兵士の経験
    野上 元
    敗戦と占領―1940年代 (ひとびとの精神史 第1巻), pp.73-98, 2015-07
  • 戦争体験の社会史
    野上 元
    いのちとライフコースの社会学, 弘文堂, pp.196-209, 2011-11
  • [ネット言論]フラットな板と「ウヨサヨ」ゲーム
    野上 元
    フラット・カルチャー 現代日本の社会学, せりか書房, pp.361-368, 2010-10
  • 戦後社会と二つの戦争体験
    野上 元
    戦後日本における市民意識の形成-戦争体験の世代間継承, 慶應義塾大学出版会, pp.1-21, 2008-01
  • 東京裁判論-上演される歴史、形象としてのA級戦犯
    野上 元
    岩波講座アジア・太平洋戦争第2巻 戦争の政治学, 岩波書店, pp.263-280, 2005-12
  • 一九三〇年代と『戦争の記憶』―集合的記憶のメディア論的検討
    野上 元
    一九三〇年代のメディアと身体, 青弓社, pp.67-91, 2002-03
Conference, etc.
  • Cultural Aspects of Postmodern Military in the case of Japan Self Defense Forces (rev.)
    NOGAMI GEN
    NEW PERSPECTIVES ON THE DIGITAL REVOLUTION: MEDIA AND CULTURAL TRANSFORMATIONS/2018-08-08--2018-08-08
  • 「学徒」と「学生」:学徒動員の記憶
    野上 元
    学生たちの戦後:矢内原忠雄と東大学生問題研究所から見た1960年安保前後の学生像/2019-03-11
  • Cultural Aspects of Postmodern Military in the Case of Japan Self Defense Forces
    NOGAMI GEN
    XIX ISA World Congress of Sociology/2018-07-16
  • 『野火』の戦争社会学
    野上 元; 福間良明; 成田龍一; 青木深; 松下優一
    第8回戦争社会学研究会大会シンポジウム/2017-04-23
  • 歴史が聞こえてくること-方法的ラディカリズムと歴史への愛
    野上 元
    日本オーラル・ヒストリー学会 第14回大会 保苅記念シンポジウム―いまあらためて「保苅実の世界」を探る/2016-09-03--2016-09-03
  • 戦争史記述の社会学的規準
    野上 元
    第88回日本社会学会大会(シンポジウム (2)「戦争をめぐる社会学の可能性」)/2015-10-11--2015-10-12
  • "War Experience/Memories of War” in Modern and Contemporary Japan
    NOGAMI GEN
    44th Annual Mid-Atlantic Region Association for Asian Studies Conference/2015-10-10--2015-10-11
  • 地域の歴史文化を考える手引き~歴史に向き合う社会学
    野上 元
    青森大学ワークショップ「地域の歴史文化を考える」/2015-02-06
  • 社会学の研究対象としての『戦争』-その多様なアプローチ
    野上 元
    日本大学社会学会特別講演会/2013-11-27
  • 消費社会の記述と冷戦の修辞
    野上 元
    日本社会学会第85回大会研活テーマセッション「戦争を社会学する」/2012-11-04
  • 戦争体験と近現代日本社会
    野上 元
    檀国大学校日本研究所第26回学術シンポジウム<韓日大衆文化と戦争表象>/2010-04-23
  • 「昭和」の記憶と世論/輿論
    野上 元
    日本マス・コミュニケーション学会2009年度春季大会シンポジウム/2009-06-06
  • 地域社会と戦争の記憶
    野上 元
    関西社会学会第58回大会シンポジウム「オーラルヒストリーと歴史」/2007-05-01
Works
  • 川崎市平和館常設展示「武力紛争とメディア」
    野上 元
Teaching
2019-04 -- 2019-07Historical Sociology IIUniversity of Tsukuba.
2019-10 -- 2019-12Historical Sociology IIUniversity of Tsukuba.
2019-04 -- 2019-07Sociological Method AUniversity of Tsukuba.
2019-10 -- 2019-12AOKI Memorial:Changing Society and Evolving Media IIUniversity of Tsukuba.
2019-04 -- 2019-07Current Topics in SociologyUniversity of Tsukuba.
2019-04 -- 2019-07Introduction to SociologyUniversity of Tsukuba.
2019-10 -- 2020-02Seminar on Historical Sociology IIIUniversity of Tsukuba.
2019-04 -- 2019-08Seminar on Historical Sociology IIIUniversity of Tsukuba.
2019-10 -- 2020-02Doctoral Seminar on Historical Sociology IIIUniversity of Tsukuba.
2019-04 -- 2019-08Doctoral Seminar on Historical Sociology IIIUniversity of Tsukuba.
Other educational activities
2017-07 -- 2017-07現代の社会における「繋がり」を考える(2017年度教員免許状更新講習)筑波大学
2016-04 -- (current)寄付講座「青木彰記念・ジャーナリズムとメディアの現在」世話人筑波大学
2016-07 -- 2016-07人文社会系サバティカル報告会・報告筑波大学
2012-04 -- 2015-03寄付講座「青木彰記念・ジャーナリズムとメディアの現在」世話人筑波大学
2011-12 -- 2011-12人文社会科学研究科第2回FD研修会「ワーク・ライフ・バランスを支える施設や制度を利用するために」報告筑波大学
Talks
  • <戦争と社会>を考えるために-自由/平等/豊かさ
    野上 元
    上智大学公開講座2018年度秋学期「戦争社会学講座:いま「戦争と社会」を考える」/2018-12-19
  • 誰/何が原爆の恐怖を媒介したのか? 原民喜における「報告」と「予感」
    野上 元
    シンポジウム「戦争文学のトラウマ」/2017-08-10--2017-08-10
  • 「戦争の歴史」を復習する:歴史社会学から現代の戦争を考えるために
    野上 元
    坂の上の雲ミュージアム ミュージアム連続講座/2017-12-09--2017-12-09
  • 戦争の記憶と私たちの現在(全6回)
    野上 元
    世田谷市民大学平成28年度秋季土曜講座/2016-09--2016-11
  • 座談会「保苅実の歴史学をいかに受けつぐのか?」
    窪田 幸子; 野上 元; 谷本 晃久
    北海道大学総合博物館『保苅実写真展 カントリーに呼ばれて ~オーストラリア・アボリジニとラディカル・オーラルヒストリー~』/2011-04-16--2011-04-16
  • 東京裁判研究と東京裁判論のあいだ-歴史社会学と歴史学の近さと遠さに苦慮しながら
    野上 元
    「加害-被害関係の多角的研究(3)和解と赦し」研究会/2010-01-22--2010-01-22
  • 戦争体験の記憶と語り
    野上 元
    「心の危機と臨床の知」/2009-09-06--2009-09-06
  • 「総力戦」の歴史社会学の可能性~「戦争体験」の位置
    野上 元
    関西学院大学先端社会研究所 定期研究会「戦争が作る社会」(第9回)/2008-12-19--2008-12-19
  • 現代社会をどう捉えるか~過去との対話を通して
    野上 元
    NPO法人「地球市民アカデミア」第14期/2007-06-01--2007-06-01
Professional activities
2019-06 -- (current)THE KANTOH SOCIOLOGICAL SOCIETY常任理事(編集委員長)
2018 -- (current)THE JAPAN SOCIOLOGICAL SOCIETY研究活動委員会委員
2017-03 -- 2019-03THE JAPAN SOCIOLOGICAL SOCIETY学会賞推薦委員
2017-05 -- 2019-05THE JAPAN SOCIETY FOR STUDIES IN JOURNALISM AND MASS COMMUNICATION編集委員
2017-06 -- 2019-06関東社会学会理事(編集副委員長)
2014-04 -- 2018-04戦争社会学研究会代表
2013 -- 2014日本マス・コミュニケーション学会企画委員
2010 -- 2012THE JAPAN SOCIOLOGICAL SOCIETY専門審査委員
2007 -- 2008THE KANTOH SOCIOLOGICAL SOCIETY理事
2006 -- 2006THE KANTOH SOCIOLOGICAL SOCIETY研究委員
University Management
2019-04 -- (current)社会学類カリキュラム委員会委員長
2018-04 -- 2019-03社会学類FD委員会委員長
2018-04 -- 2019-03社会学類広報委員会委員長
2017-04 -- 2018-03社会学類シラバス委員会委員長
2017-04 -- 2018-03人文社会系社会連携推進室室員
2017-04 -- 2018-03人文社会系研究推進室室員
2011-04 -- 2015-03人文社会系研究推進室室員
2012-04 -- 2015-03人文社会系研究倫理審査委員会委員
2011-04 -- 2012-03社会学類カリキュラム委員会委員長
2010-04 -- 2010-08社会学類広報委員会委員長
Message
Gen Nogami is associate professor at the Faculty of Humanities and Social Sciences, and teaching Historical Sociology at the Doctoral Program in International Public Policy, Graduate School of Humanities and Social Sciences, and at the Undergraduate Program in College of Social Sciences, University of Tsukuba.

(Last updated: 2019-08-13)