You are here

Okuyama Toshio

Affiliation
Faculty of Humanities and Social Sciences
Official title
Professor
Research keywords
International Comparative Studies of Organizations
Autopoiesis
Organization Theories
Terminal Care
Research projects
Joint Research on Japanese Companies in East Asia1990 -- 1992/International Joint Research Projects
Research on Organization as Autopoietic System1985 -- (current)/
Sociological Research on Terminal Care1994 -- (current)/
死にゆく人の語りとスピリチュアリティに関する臨床社会学的研究          2005 -- 2007Japan Society of for the Promotion of Science/基盤研究(C)3,060,000Yen
がん終末期医療における死にゆく過程と傾聴に関する臨床社会学的研究2004 -- (current)Japan Society of for the Promotion of Science/基盤研究(C)2,400,000Yen
Career history
1994-04 -- 2006-07University of Tsukuba Associate Professor
2006-07 -- (current)University of Tsukuba Professor
Academic background
-- 1983The University of Tokyo Faculty of Literature SociologyGraduated
-- 1988The University of Tokyo Graduate School, Division of Sociology SociologyAccomplished credits for doctoral program
Degree
Master of SociologyThe University of Tokyo
2006-04Ph.D in SociologyUniversity of Tsukuba
Academic societies
-- (current)THE KANTOH SOCIOLOGICAL SOCIETY
-- (current)THE ACADEMIC ASSOCIATION FOR ORGANIZATIONAL SCIENCE
-- (current)THE JAPAN SOCIOLOGICAL SOCIETY
Articles
  • Acceptance of Death and Final Growth: Changes of Kuebler-Ross’s theory of dying
    奥山 敏雄
    Tsukuba journal of sociology/(44)/pp.1-22, 2019-03
  • On meanings of the contribution of Cicely Saunders to the formation of the modern hospice
    奥山 敏雄
    Tsukuba Journal of Sociology/(43)/pp.1-21, 2018-03
  • Religious Care and Spiritual Care
    奥山 敏雄
    Tsukuba Journal of Sociology/(42)/pp.1-21, 2017-03
  • 田代志門著『死にゆく過程を生きる』(世界思想社)を読む
    奥山 敏雄
    『図書新聞』2016年6月18日号, 2016-06
  • Death and Society: The Sociological Significance of Terminal Care
    奥山 敏雄
    Tsukuba journal of sociology/(40)/pp.1-22, 2015-03
  • On the Depth of Spiritual Care in terms of Phases of Meaning of Life
    奥山 敏雄
    Tsukuba Journal of Sociology/pp.1-26, 2013-3
  • Changing phase of meaning in the dying process
    奥山 敏雄
    Tsukuba journal of sociology/(35)/pp.109-127, 2010-03
  • Awareness of the fundamental passivity of existence in the dying process
    奥山 敏雄
    Tsukuba journal of sociology/(33)/pp.25-46, 2008-03
  • Spiritual care: changing eyes of the dying
    奥山 敏雄
    Tsukuba journal of sociology/(32)/pp.17-37, 2007-03
  • Scope and limits of theories of spiritual care
    奥山 敏雄
    Tsukuba journal of sociology/(31)/pp.51-74, 2006-03
  • 死にゆく人としての役割,その社会的構成
    奥山 敏雄
    Tsukuba journal of sociology/(29)/pp.167-187, 2004-03
  • 「死の受容」と「人生の意味」-終末期医療における2成分の矛盾
    奥山 敏雄
    Tsukuba journal of sociology/(28)/pp.93-111, 2003-01
  • 組織理論における秩序問題の欠如とそれが課す理論的限界
    奥山 敏雄
    Tsukuba journal of sociology/(27)/pp.103-120, 2002-01
  • 組織と意味
    奥山 敏雄
    Tsukuba journal of sociology/(27)/pp.121-142, 2002-01
  • 20世紀組織理論の欠陥とポスト官僚制の意味
    奥山 敏雄
    Tsukuba journal of sociology/(26)/pp.53-78, 2001-01
  • On the Meanings of the Holism in Hospice and Palliative Care
    奥山 敏雄
    Tsukuba journal of sociology/25/pp.51-70, 2000-03
  • 死にゆく人を支えるケア‐様々な困難の根底にある社会学的問題
    奥山 敏雄
    Tsukuba journal of sociology/(24)/pp.45-61, 1999-01
  • 組織の社会学理論におけるメタファーの意味
    奥山 敏雄
    Organizational science/33(1)/pp.4-13, 1999-01
  • ターミナルケアにおける看護ディレンマ
    奥山 敏雄
    Tsukuba journal of sociology/(23)/pp.241-254, 1998-01
  • パターナリズムからインフォームド・コンセントへ -医療におけるコミュニケーションの問題-(共著)
    奥山 敏雄
    Tsukuba journal of sociology/(21)/pp.114-155, 1996-01
  • がん告知問題への視座
    奥山 敏雄
    Tsukuba journal of sociology/(20)/pp.140-152, 1995-01
  • 医療システムの中核としての医師-患者関係‐社会システム論的アプローチ
    奥山 敏雄
    Tsukuba journal of sociology/(19)/pp.72-99, 1994-01
  • 意思決定過程への社会学的視座
    奥山 敏雄
    Tsukuba journal of sociology/(16)/pp.113-130, 1991-01
  • 組織における構造化と環境‐-決定プログラムとしての目的の含意
    奥山 敏雄
    Tsukuba journal of sociology/(14)/pp.82-101, 1989-01
  • 戦略形成過程の記述モデル
    奥山 敏雄
    経営行動/3(2)/pp.61-70, 1988-01
Books
  • 死にゆく過程の構築と生の意味をめぐる自由
    加藤秀一編著
    『自由への問い 8 生-生存・生き方・生命』岩波書店, 2010-07
  • 死にゆく人の語りとスピリチュアリティに関する臨床社会学的研究
    奥山敏雄
    2005年度~2007年度科学研究費補助金研究成果報告書, 2008-03
  • 死にゆく過程と<生の意味>に関する医療社会学的研究-がん終末期のケアをめぐる問題
    奥山 敏雄
    2006-04
  • がん終末期医療における死にゆく過程と傾聴に関する臨床社会学的研究
    奥山敏雄
    2002年度~2004年度科学研究費補助金研究成果報告書, 2005-01
  • 医療社会学
    野村一夫編
    『社会学入門』洋泉社, 2003-11
  • ターミナル・ケア
    市野川容孝編
    『生命倫理とは何か』平凡社, 2002-01
  • 近代産業社会の変容と組織のオートポイエーシス
    駒井洋編
    『社会知のフロンティア-社会科学のパラダイム転換を求めて-』新曜社, 1997-01
  • 組織理論のパラダイム転換に向けて
    筑波大学大学院社会科学研究科編
    『社会科学の新しいパラダイム』, 1996-03
  • 対立する常識 -日中間の組織感覚の違いとコミュニケーションの落とし穴
    今田高俊 園田茂人編著
    『アジアからの視線-日系企業で働く1万人からみた「日本」-』東京大学出版会, 1995-01
  • 日系企業への定着・転職志向と日本人イメージ
    アジア社会問題研究所編
    『中国における日本人観と勤労意識に関する調査研究とタイ・マレイシア・インドネシア3カ国との比較研究』アジア社会問題研究所, 1992-06
  • 現地人-日本人コミュニケーションと日本人イメージ
    アジア社会問題研究所編
    『中国における日本人観と勤労意識に関する調査研究とタイ・マレイシア・インドネシア3カ国との比較研究』アジア社会問題研究所, 1992-06
  • 組織の世界-公式組織とは何か-
    吉田民人編
    『社会学の理論でとく現代のしくみ』新曜社, 1991-05
Teaching
2019-10 -- 2020-02Seminar on Sociology IIaUniversity of Tsukuba.
2019-04 -- 2019-08Seminar on Sociology IIaUniversity of Tsukuba.
2019-10 -- 2019-12Medical Sociology IIUniversity of Tsukuba.
2019-04 -- 2019-07Medical Sociology IIUniversity of Tsukuba.
2019-10 -- 2019-12Sociological Method BUniversity of Tsukuba.
2019-10 -- 2020-02Seminar on Medical Sociology IIIUniversity of Tsukuba.
2019-04 -- 2019-08Seminar on Medical Sociology IIIUniversity of Tsukuba.
2019-04 -- 2019-07Sociology of Illness and DeathUniversity of Tsukuba.
2019-10 -- 2020-02Doctoral Seminar on Medical Sociology IIIUniversity of Tsukuba.
2019-04 -- 2019-08Doctoral Seminar on Medical Sociology IIIUniversity of Tsukuba.
Professional activities
2007 -- 2008THE KANTOH SOCIOLOGICAL SOCIETY理事
1995 -- 1996THE KANTOH SOCIOLOGICAL SOCIETY研究活動委員
1993 -- 2002THE ACADEMIC ASSOCIATION FOR ORGANIZATIONAL SCIENCE大会委員
1998 -- 2001THE JAPAN SOCIOLOGICAL SOCIETY専門委員
1989 -- 1992THE JAPAN SOCIOLOGICAL SOCIETY研究活動委員

(Last updated: 2019-06-17)