You are here

Nagasaki Yukio

face
Affiliation
Faculty of Pure and Applied Sciences
Official title
Professor
Birth date
1959-08
URL
Email
 
Office
総合研究棟B507号室
Research fields
Biomedical engineering/Biomaterial science and engineering
Polymer/Textile materials
Research keywords
biomaterials
polymer
nanoparticles、therapy
diagnostics
bioimimaging
pharmacokinetics
drug delivery system
oxidative stress
cancer
Gastroenterology
Research projects
分子組織化に立脚した革新的医薬品の分子設計2019 -- 2023長崎 幸夫Japan Society for the Promotion of Science/Grant-in-Aid for Specially Promoted Research626,210,000Yen
アミノ酸を運ぶナノメディシンの設計2018 -- 2020長崎 幸夫Japan Society for the Promotion of Science/Grant-in-Aid for Scientific Research(A)44,460,000Yen
一酸化窒素リリース型インジェクタブルゲルの設計と虚血疾患への展開2016 -- 2016長崎 幸夫Japan Society for the Promotion of Science/Grant-in-Aid for challenging Exploratory Research3,380,000Yen
安全食品創出のためのマテリアルデザイン2014 -- 2015長崎 幸夫Japan Society for the Promotion of Science/挑戦的萌芽研究3,640,000Yen
新しい機能性高分子の合成1986-04 -- (current)/(選択しない)
pH応答性高分子ゲルの設計と評価1986 -- (current)/
インテリジェントドラッグデリバリーシステムを目指したバイオナノ粒子の設計と評価1995 -- (current)/
バイオインターフェースの設計1997-04 -- (current)/
動物実験代替型細胞センサーの創出2000 -- (current)/
アンチセンスおよびsiRNAデリバリーシステムの開発2002-08 -- (current)/JST Basic Research Programs (Core Research for Evolutional Science and Technology :CREST)
Career history
1986-04 -- 1987-03東洋大学 短期大学部 非常勤講師
1987-04 -- 1989-03東京理科大学 工学部 助手
1989-04 -- 1993-03東京理科大学 基礎工学部 助手
1991-08 -- 1992-08米国マサチューセッツ州立大学 高分子工学科 客員研究員
1993-04 -- 1999-03東京理科大学 基礎工学部 講師
1999-04 -- 2003-03東京理科大学 基礎工学部 助教授
2003-04 -- 2004-09東京理科大学 基礎工学部 教授
2004-10 -- 2011-03学際物質科学研究センター(TIMS) 専任教員
2004-10 -- (current)筑波大学 大学院数理物質科学研究科 教授
2006-04 -- 2011-03先端学際領域研究センター(TARA) ナノロジーアスペクト プロジェクトリーダー
Academic background
1978 -- 1982Science University of Tokyo Faculty of Engineering 工業化学科Graduated
-- 1987Science University of Tokyo Graduate School, Division of Engineering 工業化学専攻Completed
Degree
1987-03Ph.D.Science University of Tokyo
Academic societies
2017 -- (current)JAPANESE SOCIRTY OF ORAL IMPLANTOLOGY
2017 -- (current)肝細胞研究会
2000 -- (current)Controlled Release Society
-- (current)European Renal Association - European Dialysis and Transplant Association
1998 -- (current)THE JAPAN SOCIETY OF DRUG DELIVERY SYSTEM
2010 -- (current)日本NO学会
1995 -- (current)The Japanese Society for Biomaterials
1983 -- (current)Chemical Society of Japan
2009 -- (current)日本光力学学会
2012 -- (current)JAPANESE SOCIETY OF ANTI-AGING MEDICINE
Honors & Awards
2017-05-30高分子学会賞
2015-07日本DDS学会 永井賞
2014-11日本バイオマテリアル学会賞
2014-11日本潰瘍学会賞
2010-10-16SPSJ Mitsubishi Chemical Award 2010
2007池谷科学技術振興財団平成19年度研究助成金
2006化学素材研究開発振興財団記念基金「グラント」
2005コスメトロジー研究振興財団研究助成
1993-05平成5年度高分子学会高分子奨励金(現高分子奨励賞)
1989-12井上財団奨励助成金(優秀学位論文)
Articles
Books
  • 「プラスチック(合成高分子)でがんや認知症の薬がつくれるってホントですか?: 長崎幸夫筑波大学教授に聞いてみた」
    長崎 幸夫
    2016-10
  • レドックスナノメディシン
    長崎 幸夫
    ヴィジュアルでわかるバイオマテリアル 改訂第3版, 学研メディカル秀潤社, 2018-11
  • バイオチップの最新技術と応用
    内田勝美; 長崎幸夫
    (株)シーエムシー出版, 2004-01
  • 金・半導体ナノ粒子の調製とバイオセンシングへの応用”、“金属ナノ粒子の合成・調製、コントロール技術と応用展開、ナノ粒子の実用化に向けた湿式法による調製、分散・凝集、サイズ・粒径の制御技術
    長崎幸夫
    技術情報協会, 2004-01
  • ”金コロイドとその修飾体“、”ナノ粒子・マイクロ粒子の最先端技術 (ファインケミカルシリーズ)“
    佐倉 武司; 長崎幸夫
    シーエムシー出版, 2004-01
  • アンチセンス法による遺伝子治療、ナノ粒子による遺伝子デリバリー”、“RNAi法とアンチセンス法 ~新しいRNAの科学と応用~“
    大石 基; 長崎幸夫; 片岡一則
    講談社, 2005-01
  • “Functional PEG for Drug Delivery Chapter 2” In “Polymeric Drug Delivery Systems”
    Motoi Oishi; Yukio Nagasaki; and Kazunori Kataoka
    Taylor & Francis Group, 2005-01
  • “バイオ検出用金ナノ粒子”、ナノマテリアル工学大系 第2巻 ナノ金属
    石井武彦; 長崎幸夫
    フジテクノシステム, 2006-01
  • “PEG/酵素共固定化金ナノ粒子の調製と機能”、“酵素開発・利用の最新技術”
    原 暁非; 長崎幸夫
    シー・エム・シー出版, 2006-01
  • Clay-Polymer Nanohybrides for Pharmaceutical Applications, in Smart Nano and Microparticles
    Tadahito Takahashi; Yukio Nagasaki
    Kentus Book, 2006-01
  • ”ナノ粒子センサーの発展“
    吉本敬太郎; 古性 均; 長崎幸夫
    未来材料、エヌ・ティー・エス、7巻、6号, 2007-06
  • “ナノバイオ粒子による分子センシング
    石井武彦; 長崎幸夫
    ケミカルエンジニヤリング、52巻、6号、2007年、化学工業社, 2007-01
  • DNAチップ、遺伝子診断技術”、“ナノテクのためのバイオ入門 (ナノテクノロジー入門シリーズ)”
    内田勝美; 長崎幸夫
    日本表面化学会編(荻野 俊郎、宇理須 恒雄)、共立出版, 2007-01
  • “ナノ粒子センサー”、ナノバイオ計測の実際 (KS生命科学専門書)
    古性 均; 吉本敬太郎; 長崎幸夫
    講談社, 2007-01
  • ”細胞マイクロアレイ”、“ナノバイオ大事典”
    市野正洋 長崎幸夫
    テクノシステム, 2007-01
  • “医用材料の新展開”、“図解適用事例にみる高分子材料の最先端技術 ~なぜ、高分子材料を使うのか~“
    平野 覚浩; 菊池明彦; 長崎幸夫
    松浦 一雄 ; 尾崎 邦宏編著、工業調査会, 2007-01
  • PEGブラシ修飾界面
    長崎幸夫
    次世代医療のための高分子材料工学」、秋吉一成,岸田晶夫監修、2008年9月、シーエムーシー出版、東京、日本, 2008-09
  • “Block Copolymer Synthesis for Nanoscale Drug and Gene Delivery” in Nanotechnology in Drug Delivery
    Motoi Oishi; Yukio Nagasaki
    Nanotechnology in Drug Delivery, Ed. by Melgaradt M. de Villiers, Pornanong Aramwit, Glen S. Kwon, Springer, New York, 2008, 2008-01
  • Highly Stabilized Gold Nanoparticles Synthesized and Modified by PEG-b-Polyamine
    Daisuke Miyamoto; Yukio Nagasaki
    Nanoparticles: New Research, Ed. by Simone Luca Lombardi , 2008, 4th Quarter, Nova Science Publishers, Inc., Hauppauge, NY, U.S.A., 2008-01
  • ナノゲルによるピンポイント治療・診断システムへの展開
    大石 基; 長崎幸夫
    ナノゲルによるピンポイント治療・診断システムへの展開 【応用編】、吉田 亮監修、(株)シーエムシー出版, 2008年, 2008-01
  • ゲルの微細加工と細胞のマイクロパターニング
    市野正洋; 長崎幸夫
    医療用ゲルの最新技術と開発、吉田 亮監修、(株)シーエムシー出版, 2008年, 2008-01
  • 高分子ミセル、ソフトマター分子設計・キャラクタリゼーションから機能性材料まで
    長崎幸夫
    「ソフトマター」、丸善, 2009-01
  • Grafting to 法によるポリエチレングリコール密生層の構築と新しいバイオセンシング用インターフェースとしての利用
    吉本敬太郎; 長崎幸夫
    バイオマテリアル-生体材料, 2009-01
  • へそ曲がりの科学
    長崎幸夫
    高分子, 2010-01
  • 驚異のソフトマテリアル
    竹岡 敏和; 田村篤志; 長崎幸夫; 奥先秀典
    化学同人, 2010-04
Conference, etc.
  • ANTIOXIDANT NANOMEDICINE FOR INFLAMMATION AND CANCER THERAPEUTICS
    Long Vong Binh; Nagasaki Yukio
    Vietnam-Japan Science and Technology Symposium 2019/2019-05-04
  • Self-assembling based drugs
    長崎 幸夫
    Initiation Seminar, Ph.D. Program in Hhumanics/2019-04-19
  • Self-assembling nanodrugs for antioxidant nanotherapeutics
    長崎 幸夫
    2019 Spring American Chemical Society National Meeting/2019-04-02
  • Self-assembling nanodrugs for novel antioxidant therapeutics
    長崎 幸夫
    3rd International Conference on Translational Nanomedicine
  • Self-assembling nanodrugs
    長崎 幸夫
    CSIRO-NIMS Symposium: Materials and technologies for life science application, National Institute for Materials Science/2019-03-19
  • 分子組織化に基づく新しい治療法の開発
    長崎 幸夫
    電気情報通信学会有機エレクトロニクス研究会(OME)/2019-02-15
  • Development of a Novel Tissue Plasminogen Activator Installed Redox-Active Nanoparticles for Ischemia Stroke Therapy
    Mei Ting; Ahram Kim; Long Binh Vong; 丸島 愛樹; プエンテ...
    第28回インテリジェント・ナノ材料シンポジウム/2019-01-10
  • 虚血性脳卒中の治療を目指した組織プラスミノーゲン活性 化因子封入型レドックスナノ粒子の開発,
    Mei Ting; Ahram Kim; Long Binh Vong; 丸島 愛樹; プエンテ...
    高分子学会第68回年会/2019-05-30
  • 運動能力向上を目指した抗酸化ナノメディシンの設計と評価
    鳥海 拓都; Ahram Kim; 小峰 昇一; 三浦 征; 永山 純礼; 大...
    高分子学会第68回年会/2019-05-30
  • ポリオルニチンをベースとしたナノ粒子による高アンモニア血症治療
    Lee Yaroslav; Long Binh Vong; Yuji Nishikawa; 長崎 幸夫
    第26回肝臓細胞研究会/2019-05-24
  • Redox nano-carrier improves bioavailability and therapeutic efficacy of hydrophobic drugs in liver fibrosis model mice
    Long Binh Vong; Hao Tran Thi; Yuji Nishikawa; 長崎 幸夫
    第26回肝臓細胞研究会/2019-05-24
  • 酸化還元高分子によるナノメディシンの設計
    Nagasaki Yukio
    第30回散乱研究会/2018-11-22
  • Antioxidant nanotherapeutics on oxidative stress-related diseases
    Nagasaki Yukio
    International Conference on Healthcare Materials (ICEHM2018)/2018-11-15
  • 抗酸化ナノメディシンの設計
    Nagasaki Yukio
    第49回中部化学関係学協会支部連合秋季大会/2018-11-04
  • 抗酸化能と吸着能を有するナノ粒子、siRNPによる腹膜透析
    Nagasaki Yukio
    第27回日本次世代人工腎臓研究会/2018-09-02
  • Design of Silica-Containing Redox Nanoparticles for High-Performance Nanotherapeutics
    Nagasaki Yukio
    Gelsympo2018/2018-08-27
  • 腫瘍環境を理解し、攻めるナノメディシンの開発
    長崎 幸夫
    シンポジウム講演、「疾患環境に着目したDDS研究」、日本DDS学会学術集会/2018-06-21
  • 生体内で活性酸素・窒素を時空間制御するナノメディシンの設計
    長崎 幸夫
    シンポジウム講演「酸化ストレスと疾病メカニズムの新知見」、第71回日本酸化ストレス学会学術集会/2018-05-17
  • 抗酸化ナノメディシンの設計と評価
    長崎 幸夫
    ナノ構造ポリマー研究協会総会、第51回ナノ構造ポリマー研究会/2018-05-08
  • Nitroxide radical containing nanoparticle as a potential candidate for redox directed breast cancer therapeutics
    Babita Shashni; 長崎 幸夫
    The 12th SPSJ International Polymer Conference/2018-12-04
  • Redox polymeric nanoparticle as an effective oral nanotherapeutics for inflammatory bowel disease and cancer,
    Vong Long Binh; Nagasaki Yukio
    7th International Conference in Viet Nam on the Development of Biomedical Engineering (BME7), Translational Health Sciencce & Technology for Developing Countries/2018-06-27
  • A novel anticancer therapeutic based on ROS scavenging and NO generation by redox nanoparticles and poly(L-Arginine)-based polyion complex
    Pierre-Etienne Smanio-Besombes; Long Bính Vòng; Babita Sh...
    The 12th SPSJ International Polymer Conference/2018-12-05
  • Development of an oral drug delivery system of sorafenib for liver fibrosis treatment
    Hao Tran Thi; Long Binh Vong; Yuji Nishikawa; 長崎 幸夫
    The 12th SPSJ International Polymer Conference/2018-12-05
  • Development of a novel tissue plasminogen activator installed redox-active nanoparticles (t-PA@RNP) for ischemic stroke therapy
    Mei Ting; Ahram Kim; Long Binh Vong; 丸島 愛樹; プエンテ...
    The 12th SPSJ International Polymer Conference/2018-12-05
  • Development of metal ion chelating systems toward multifunctional theranostics device
    Kim Ahram; 長崎 幸夫
    The 12th SPSJ International Polymer Conference/2018-12-05
Teaching
2019-10 -- 2020-02Research in Chemistry and Engineering of Materials and BiomaterialsIVAUniversity of Tsukuba.
2019-04 -- 2019-08Research in Chemistry and Engineering of Materials and Biomaterials IBUniversity of Tsukuba.
2019-10 -- 2020-02Research in Chemistry and Engineering of Materials and BiomaterialsVAUniversity of Tsukuba.
2019-10 -- 2020-02Research in Chemistry and Engineering of Materials and Biomaterials IIAUniversity of Tsukuba.
2019-10 -- 2020-02Advanced Exercise on Public HealthUniversity of Tsukuba.
2019-04 -- 2019-08Advanced Exercise on Public HealthUniversity of Tsukuba.
2019-10 -- 2020-02Research in Chemistry and Engineering of Materials and Biomaterials IIIAUniversity of Tsukuba.
2019-04 -- 2019-08Research in Chemistry and Engineering of Materials and Biomaterials IIIBUniversity of Tsukuba.
2019-04 -- 2019-08Research in Chemistry and Engineering of Materials and Biomaterials IVBUniversity of Tsukuba.
2019-10 -- 2020-02Research in Chemistry and Engineering of Materials and Biomaterials IAUniversity of Tsukuba.
Other educational activities
2012-05 -- 2012-05東京理科大学大学院理工学研究科工業化学専攻学外
2011-09 -- 2011-092nd International School - Nano2011, Nannomaterials and Nanotechnologies in Living Systems, Safety and Nanomedicine学外
2011-08 -- 2011-08日本酸化ストレス学会、フリーラジカルスクール学外
2011-01 -- 2011-01名古屋大学大学院工学研究科マテリアル理工学専攻特別講義 「生体機能材料の設計と機能」学外
2010-11 -- 2010-11高校教諭のためのサイエンスセミナー学外
2010-10 -- 2010-10バイオジャパン 「抗酸化ストレス能を創り込んだナノメディシンの創出」学外
2010-09 -- 2010-09関西大学化学生命工学部特別講義 「酸化ストレスは万病のもと-活性酸素を消去するナノ粒子による最先進治療-」学外
2009-11 -- 2009-11東京女子医科大学先端生命医科学研究所DDS特別講座「刺激応答システム設計」学外
2009-11 -- 2009-11金沢大学大学院医薬保健研究域特論学外
2009-05 -- 2009-05東京理科大学大学院基礎工学研究科特別講義学外
Talks
  • 新しい抗酸化ナノメディシンの設計
    長崎 幸夫
    東北大学多元研高分子・ハイブリッド材料研究センター(PHyM)共催セミナー/2016-11-18
  • Novel NO-based Materials for Cancer and Cardiovascular diseases
    Nagasaki Yukio
    Lancheon Seminar,3rd Intrnational Symposium on Biomateirals Science (ICBS2016)/2016-11-29
  • Novel nanotherapeutics based on controlling gaseous molecules in vivo
    Nagasaki Yukio
    Bioengineering 200 Seminar/2015-09-16
  • レドックスポリマーによる新しいナノ医療
    長崎 幸夫
    BIOMEDeviceセミナー/2015-04-23
  • 抗酸化ポリマーの設計と機能
    長崎 幸夫
    大学関連携推進事業 地域連携による「ものづくり」継承支援人材育成協働事業プロジェクト講演会「ナノテクノロジーがもたらす新しい医歯工連携の風景」/2015-01
  • バイオインターフェースの設計と機能
    長崎 幸夫
    KRIクライアントカンファレンス&ワークショップ'14、ワークショップ3「医療・ヘルスケア分野のイノベーションと先端材料開発」/2014-10-24
  • 自己組織化ポリマーによる抗酸化治療と材料展開
    長崎 幸夫
    セミナー、スマートライフケア社会への変革を先導するオープンイノベーション拠点(COINS)/2014-10-02
  • バイオインターフェースの設計、パッシブ制御からアクティブ制御へ
    長崎 幸夫
    未踏科学サマー道場<次世代バイオマテリアルとその応用>/2014-08-29
  • 低酸素環境の悪性腫瘍を標的とした抗癌剤の開発
    池田 豊; 長崎 幸夫
    平成26年度知財群活用事業・新技術説明会/2014-07-22
  • 自己組織化能を有するレドックスポリマードラッグによる 新しいナノ治療
    長崎 幸夫
    佐賀大学医学部内科学、セミナー(木村晋也教授)/2014-3-20
  • バイオマテリアルにおける生体適合性表面の設計技術
    長崎 幸夫
    情報機構セミナー/2014-01-20
  • Nanotherapy of kidney Ischemia-reperfusion Injury by pH-sensitive Redox Nanoparticle
    長崎 幸夫
    International Advanced Drug Delivery System(IADDS)/2012-04-27
  • ピンポイント治療のためのナノ粒子設計
    長崎 幸夫
    第51会日本生体医工学会大会/2012-05-10
  • Fullerene as Nanobiomedicine
    長崎 幸夫
    The 6th International Workshop on Advanced Materials Science IWAMSN 2012/2012-11-01
  • レドックスインジェクタブルゲルの設計と評価
    長崎 幸夫
    第51回電子スピンサイエンス学会年会 (SEST2012)
  • Design of Biointerface for High-Performance Biodevice
    Nagasaki Yukio
    23rd 2012 International Symposium on Micro-NanoMechatronics and Human Science (MHS2012),
  • バイオインターフェースの設計
    長崎 幸夫
    有機エレクトロニクス研究会(OME)/2012-12-05
  • バイオインターフェースの設計と機能
    長崎 幸夫
    有機エレクトロニクス研究会/2013-04-25
  • バイオインターフェースの設計と機能
    長崎 幸夫
    第30回鶴田フォーラム/2013-04-13
  • Redox Polymer Therapeutics
    Nagasaki Yukio
    2nd International Conference on Biomaterials Science in Tsukuba/2013-03-21
  • レドックスポリマードラッグによる安全な治療法の開発
    長崎 幸夫
    第63回医用高分子研究会/2013-03-13
  • Novel PEGylation technologies for the developments of next generation biopharmaceuticals
    Nagasaki Yukio
    International Conference on Polymers on the Frontiers of Science and Technology/2013-02-21
  • Oral Redox Polymer Therapeutics
    長崎 幸夫
    16th International Symposium on Recent Advances in Drug Delivery/2013-02-03
  • Oral Redox Nanotechnology
    長崎 幸夫
    13th International Symposium on Biomimetic Materials Processing/2013-01-25
  • バイオマテリアル界面におけるポリエチレングリコールの役割
    長崎 幸夫
    高分子学会超分子研究会/2013-01-22
Professional activities
2016 -- (current)THE SOCIETY OF POLYMER SCIENCE, JAPAN理事
2016 -- (current)THE SOCIETY OF POLYMER SCIENCE, JAPAN関東支部長
2012 -- 2016THE SOCIETY OF POLYMER SCIENCE, JAPAN関東支部副支部長
2015 -- (current)日本DDS学会理事
2014 -- (current)BiomaterialsAssociate Editor
2014 -- (current)化学フェスタ 実行委員
2013 -- (current)日本バイオマテリアル学会理事
2013 -- (current)日本酸化ストレス学会理事
2012 -- 2013高分子学会関東支部茨城地区世話人代表
2012 -- (current)日本DDS学会評議員
University Management
2009-04 -- 2011-03学長補佐室室員
2008-04 -- (current)アイソトープ総合センター運営委員会運営委員
2005-04 -- 2007-03工学基礎学類物質・分子工学主専攻主任
2007-11 -- 2009-03数理物質科学研究科 物性・分子工学専攻学務委員
2006-04 -- 2008-03研究戦略室室員
2011-04 -- (current)総合研究棟B管理委員会委員
2011-12 -- (current)産学官連携委員会委員
2009-04 -- 2011-03学長補佐産学連携担当
2007-10 -- 2009-03学務委員物性・分子工学専攻学務担当
2005-04 -- 2007-03主専攻主任物質・分子工学担当
Message
Our laboratory is focusing on preparation of new materials, which can be utilized under physiological condition. One of the most important objectives is creation of biointerface on versatile materials. The other objectives are nanoparticle for theranostics and diagnostics. Design of suitable mateirals is the most important.

(Last updated: 2019-08-30)