You are here

Hatano Yuko

face
Affiliation
Faculty of Engineering, Information and Systems
Official title
Professor
Research fields
Environmental dynamic analysis
Research keywords
radionuclides
Fate and transport of materials in the natural environment
運命予測
Research projects
Fate and transport of pollutants in the natural environment -- (current)/
複雑系物理の手法に基づく地下水汚染予測モデルの実験的検証            2005 -- 2007Japan Society of for the Promotion of Science/基盤研究(B)7,267,000Yen
Career history
-- (current)システム情報系 教授
2012-10 -- (current)アイソトープ環境動態研究センター 環境動態予測部門 准教授
2000-04 -- (current)Associate Professor 准教授
Academic background
-- 1988The University of Tokyo Faculty of Engineering 原子力工学科
-- 1990The University of Tokyo Graduate School, Division of Engineering システム量子工学専攻
Degree
博士(工学)
Academic societies
-- (current)American Geophysical Union
-- (current)THE JAPAN SOCIETY OF HYDROLOGY AND WATER RESOURCES
-- (current)METEOROLOGICAL SOCIETY OF JAPAN
-- (current)Atomic Energy Society of Japan
Honors & Awards
2014-04教育貢献賞筑波大学システム情報系リスク工学専攻における教育貢献
1997日本原子力学会賞奨励賞
Articles
  • 大気中放射性核種濃度の揺らぎに関する数理モデル
    羽田野 祐子; 市毛 裕之(システム情報工学研究科); 佐藤 真登...
    Proceedings of the 14th Workshop on Environmental Radioactivity (KEK Proceeding)/pp.71-80, 2013-11
  • チェルノブイリ事故による大気汚染の長期予測
    羽田野 祐子
    数学セミナー/50(12)/pp.51-55, 2011-12
  • Fractal fluctuation of aerosol concentration near chernobyl.
    羽田野 祐子
    Atmos. Environ./31/p.2297-2303, 1997-01
  • Dispersive transport of ions in column experiments : an explanation of long-tailed profiles.
    羽田野 祐子
    Water Resour. Res./34/p.1027-1033, 1998-01
  • Aerosol migration near chernobyl : Long-term data and modeling.
    羽田野 祐子
    Atoms. Environ./32/p.2587-2592, 1998-01
  • 
エアースパージングのべき乗則 tailing
の invasion
percolation
による解釈
    川西 琢也; Rehan Dastagir; +羽田野 祐子
    
地下水・ 土壌汚染とその防止対策に関する研究集会講演集/14/p.4 pages, 2008-01
  • べき乗則に従う乱数発生とモンテカルロシミュレーション
    羽田野祐子
    
 統計数理研究所共同研究リポート/210/p.91-96, 2008-01
  • 
 ロシアの環境汚染データの解析」
    多田聡; 羽田野祐子
    統計数理研究所共同研究リポート/208/p.25-34, 2008-01
  • CTRW Approach to Column Adsorption Tests
    Yuko Kamio; Kohei Tabata; Yuko Hatano
    Proceedings of IAP 2008, 2008-01
  • 連続時間ランダムウォーク モデ ルに よ るエ ア ース パー ジ ング へ の適 用
    清水航士; 羽田野祐子; 蜷川幸司; 川西琢也
    
 水工学論文集/52/p.416-420, 2008-01
  • Power-law decay in rate of solute removal from ground water with various exponents associated with matrix diffusion in granular packed bed
    Rehan Dastagir Muhammad; Hatano Yuko; Kawanishi Takuya
    ADVANCED POWDER TECHNOLOGY/21(3)/pp.284-291, 2010-05
  • A wind tunnel experiment of sand transport and its comparison with the Werner model
    Hatano Y; Kanda Y; Udo K; Takewaka S; Ueki R; Hatano N; M...
    JOURNAL OF GEOPHYSICAL RESEARCH-EARTH SURFACE/109(F1), 2004-01
Books
  • エネルギーシステムの社会リスク (第5章担当)
    羽田野 祐子
    エネルギーシステムの社会リスク (第5章担当), コロナ社, 2012-05
  • エネルギーシステムの社会リスク
    羽田野 祐子
    エネルギーシステムの社会リスク, コロナ社, 2012-05
  • 21世紀安全科学技術最前線
    八坂哲雄ほか; +羽田野 祐子
    東京教育情報センター, 2003-07
  • リスク工学シリーズ第4巻 リスク工学の視点とアプローチ ---現代生活に潜むリスクにどう取り組むか
    古川宏; 佐藤美佳; 亀山啓輔; 谷口綾子; 梅本通孝; 羽田野祐子
    コロナ社, 2009-05
Conference, etc.
  • CTRWモデルを用いた吸着性物質の挙動予測のためのパラメータ設定手法
    小田桐 康; 山川 素子; 神尾 優仁; 羽田野 祐子
    日本地球惑星科学連合合同大会/2011-05-22--2011-05-27
  • 放射性物質長期拡散のモデル化と局地的風向を考慮したレヴィフライトシミュレー ション
    福地 峻(システム情報工学研究科); 佐藤 真登(システム情報工...
    日本地球惑星科学連合合同大会/2012-05-20--2012-05-25
  • LAT-PIV手法を用いた間隙流速測定とCTRWモデルのパラメータ推定
    新屋 樹(システム情報工学研究科); 田嶋 脩平(システム情報工...
    日本地球惑星科学連合合同大会/2012-05-20--2012-05-25
  • LAT-PIV 法による多孔質媒体の間隙流速測定とCTRW パラメータの関係性
    新屋 樹(システム情報工学研究科); 田嶋 脩平(システム情報工...
    日本地球惑星科学連合合同大会/2013-05-19--2013-05-24
  • 放射性物質の大気沈着・拡散過程および陸面相互作用の理解
    羽田野 祐子
    日本地球惑星科学連合合同大会/2013-05-19--2013-05-23
  • A coupled model of the airborne and surface concentration of radionuclides considering the resuspension-deposition process
    Hatano Yuko; Ichige Hiroyuki; Onda Yuichi
    European Geosciences Union (EGU) General Assembly 2014/2014-04-27--2014-05-02
  • Power law tailing associated with matrix diffusion with the exponent other than minus 1.5
    T. Kawanishi; D.M. Rehan; Y. Hatano
    __89_53_H31B-0848/2008
  • 連続時間ランダムウォークの基礎事項と研究動向
    羽田野祐子
    ____/2008
  • CTRW approach on soil and groundwater pollution
    Y. Hatano
    ____/2008
  • チェルノブイリ原発事故により放出されたCs-137の拡散挙動の長期的予測
    小林健太; 羽田野祐子
    ____/2009-03
  • LAT-PIVの結果に基づく連続時間ランダムウォークによる土壌中の汚染物質拡散予測
    瀬川紘人; 羽田野祐子
    ____/2009-03
  • 土壌中における物質移動現象の移流拡散方程式 (ADE)と連続時間ランダムウォーク(CTRW)による解析比較
    木代康丈; 羽田野祐子; 堀俊和; 毛利栄征
    ____/2009-05
  • 重金属吸着のカラム試験結果の連続時間ランダムウォークによる検討
    神尾優仁; 羽田野祐子
    ____/2009-05
  • CONTAMINANT DIFFUSION PREDICTIONS IN THE SOIL BASED ON THE LAT-PIV MEASUREMENT RESULT
    瀬川 紘人; 羽田野 祐子; 竿本 英貴
    Japan Geoscience Union Meeting 2010 Abstracts_Japan Geoscience Union___/2010-05
  • A column test of adsorptive material and study of parameter setup of CTRW
    神尾 優仁; 小田桐 康; 山川 素子; 羽田野祐子
    Japan Geoscience Union Meeting 2010 Abstracts_Japan Geoscience Union___/2010-05
Teaching
2019-10 -- 2020-02Internship B in Risk Engineering in Doctoral ProgramUniversity of Tsukuba.
2019-04 -- 2019-08Internship B in Risk Engineering in Doctoral ProgramUniversity of Tsukuba.
2019-10 -- 2020-02Internship A in Risk Engineering in Doctoral ProgramUniversity of Tsukuba.
2019-04 -- 2019-08Internship A in Risk Engineering in Doctoral ProgramUniversity of Tsukuba.
2019-04 -- 2019-08Risk Case StudyUniversity of Tsukuba.
2019-10 -- 2020-02Risk Case StudyUniversity of Tsukuba.
2019-10 -- 2020-02Advanced Research in Risk EngineeringUniversity of Tsukuba.
2019-04 -- 2019-08Advanced Research in Risk EngineeringUniversity of Tsukuba.
2019-10 -- 2019-12Theoretical Environmental AnalysisUniversity of Tsukuba.
2019-10 -- 2020-02Seminar in Risk Engineering IUniversity of Tsukuba.
Talks
  • Fate and Transport of Pollutants in the Natural Environment
    Yuko Hatano
    日本学術振興会 日米先端科学(JAFoS)シンポジウム/2010-12-03
Professional activities
1998 -- 2001Atomic Energy Society of Japanプログラム委員
2008-10 -- 2010-09内閣府政府関係委員会 委員

(Last updated: 2019-07-16)