You are here

Yasunaga Moritoshi

Researcher's full information

Articles
  • Evolutionary design of high signal integrity interconnection based on eye-diagram
    Odaira Tetsuya; Yokoshima Naoki; Yoshihara Ikuo; Yasunaga...
    ARTIFICIAL LIFE AND ROBOTICS/23(3)/pp.298-303, 2018-09
  • High Signal Integrity Transmission Line Using Microchip Capacitors and its Design Methodology
    Matsuoka Shunpei; Yasunaga Moritoshi
    Proc. 7th Electronic System-Integration Technology Conference (ESTC) 2018, 2018-09
  • 円形空洞試験体の波形データを用いた学習による打音法
    歌川 紀之; 黒田 千歳; 瀬谷 正巳; 安永 守利; 島田 拓夢
    一般社団法人 日本非破壊検査協会 コンクリート構造物の非破壊検査シンポジウム/Vol.6/pp.207-212, 2018-08
  • 自己組織化マップを用いた打音法(2)
    歌川紀之; 黒田千歳; 島田拓夢; 小松 弘人; 川原 佑宇紀; 安...
    土木学会第73回年次学術講演会/V-384/pp.767-768, 2018-08
  • 打音検査への機械学習の適用
    黒田千歳; 歌川紀之; 島田拓夢; 小松 弘人; 川原 佑宇紀; 安...
    土木学会第73回年次学術講演会/V-382/pp.763-764, 2018-08
  • コンデンサ型セグメント分割伝送線による高速ディジタル信号伝送の基本評価
    星野 裕哉; 松岡 駿平; 安永 守利
    電子情報通信学会第66回 機能集積情報システム研究会,信学技報 (FIIS2018)/(No. 481), 2018-06
  • チップコンデンサ内蔵プリント基板を用いた高品質信号配線
    松岡 駿平; 安永 守利
    電子機器トータルソリューション展2018,アカデミックプラザ, 2018-06
  • Zynq FPGAを用いた自己組織化マップのハードウェア化の基本検討
    川原 佑宇紀; 小松 弘人; 島田 拓夢; 安永 守利; 歌川 紀之; ...
    電子情報通信学会第66回 機能集積情報システム研究会,信学技報 (FIIS2018)/(No. 482), 2018-06
  • An impact-echo method using self-organizing map
    Shimada Takumu; Komatsu Hiroto; Kawahara Yuuki; Utagawa N...
    Proc. The 23th Int’l Symp. on Artificial Life and Robotics 2018 (AROB 23th’18)/pp.490-493, 2018-01
  • Hardware implementation of a self-organizing map using a zynq FPGA and its application to impact-echo testing
    Komatsu Hiroto; Kawahara Yuuki; Shimada Takumu; Utagawa N...
    Proc. The 23th Int’l Symp. on Artificial Life and Robotics 2018 (AROB 23th’18)/pp.494-497, 2018-01
  • インテリジェント実装技術の課題と展望
    白石洋一; 安永 守利; 折井靖光
    エレクトロニクス実装学会学会誌/Vol.21(No.1)/pp.84-87, 2018-01
  • 遺伝的アルゴリズムを用いたプリント基板・VLSI向け高速信号配線の設計
    安永 守利; 吉原郁夫
    第11回進化計算シンポジウム2017 講演論文集/pp.210-215, 2017-12
  • AI(人工知能)とコンクリートの検査
    安永 守利
    コンクリート工学/55(11)/pp.1008-1008, 2017-11
  • Waveform Learning Based on a Genetic Algorithm and Its Application to Signal Integrity Improvement
    Yasunaga Moritoshi; Yoshihara Ikuo
    IEEE International Conference on Soft Computing and Machine Intelligence (ISCMI 2017)/pp.145-148, 2017-11
  • High Signal Integrity Design for Transmission System Including High-Parasitic Inductance Connectors
    Matsuoka Shumpei; Akutsu Shun; Yasunaga Moritoshi
    IEEE CPMT Symposium Japan 2017/pp.133-134, 2017-11
  • 適応的に信号品質を改善できる超高速伝送線の一検討
    安永 守利
    電子情報通信学会第64回 機能集積情報システム研究会,信学技報 (FIIS2017)/(No. 462), 2017-10
  • AIを用いた打音データの解析について
    歌川紀之; 黒田千歳; 瀬谷正巳; 島田拓夢; 安永 守利
    一般社団法人 日本非破壊検査協会 平成28年度秋季講演大会講演概要集/pp.42-44, 2017-10
  • トンネル切羽観察(風化変質)のAI(自己組織化マップ:SOM)による自動評価の試み
    瀬谷正巳; 黒田千歳; 歌川紀之; 島田拓夢; 安永 守利
    土木学会第72回年次学術講演会/pp.401-402, 2017-09
  • 自己組織化マップSOMを用いた打音法
    歌川紀之; 黒田千歳; 安永 守利; 島田拓夢
    土木学会第72回年次学術講演会/pp.521-522, 2017-09
  • FPGAを用いたk-means法の高速化とチップマウンタへの応用
    中村匠吾; 安永 守利; 金澤健治; 相部範之; 江原宏紀
    電子情報通信学会技術研究報告(リコンフィギャラブルシステム研究会), 2017-09
  • Development of Technology to Improve Hammering Test
    歌川紀之; 安永 守利; 杉本恒美
    Concrete Journal/55(6)/pp.502-509, 2017-06
  • 遺伝的アルゴリズムを用いた高信号品質配線設計とその解析
    松岡駿平; 安永 守利
    電子情報通信学会第63回 機能集積情報システム研究会,信学技報 (FIIS2017)/(No. 452), 2017-06
  • A High Signal Integrity Design Based on Machine Learning
    Yasunaga Moritoshi
    Proceedings of JIEP Annual Meeting/31/pp.283-286, 2017-03
  • Evolutionary Design of High Signal Integrity Interconnection Based on Eye-diagram
    Odaira Tetsuya; Yokoshima Naoki; Yoshihara Ikuo; Yoshihar...
    Proc. International Symposium on Artificial Life and Robotics 2017 (AROB 22th '17), 2017-01
  • FPGAを用いた画像処理応用のためのMonotone Chain アルゴリズムの高速計算
    監物 香保里; 金澤 健治; 森 大和; 相部 範之; 安永 守利
    電子情報通信学会論文誌/J100-D(1)/pp.1-13, 2017-01