You are here

Kadowaki Seishi

Affiliation
Faculty of Life and Environmental Sciences
Official title
Assistant Professor
Research fields
Ecology/Environment
Forest science
Environmental engineering and reduction of environmental burden
Research keywords
Animal ecology
Forest protection science
Environmental Preservation
Research projects
宍塚大池とその周辺の里山・水田における生態系保全に関する研究---里のタカ・サシバを頂点とする食物連鎖の関係---1996 -- 1997門脇正史/企業からの受託研究2,270,000Yen
特定研究 環境負荷の少ない農畜林業生産のための物質循環に関する研究「森林内におけるアズマヒキガエルの生態的役割--体の大きさと個体数に関する研究---」1995 -- 1996遠藤織太郎/学内共同研究5,300,000Yen
Canservation of biotic community in valley-bottom paddy fields and community forest. -- (current)/
Study on conservation and management of forest animals. -- (current)/
Prey-predator interaction between Butastur indicus, and snakes and frogs. -- (current)/
水田地帯に生息する動物群集---特に爬虫両生類の生態学的研究---1994 -- 1994Japan Society of for the Promotion of Science/奨励研究(B)210,000Yen
Career history
1993-04 -- 1995-12University of tsukuba Agricultural and Forestry Reaearch Center Rersearch Associate
1996-04 -- 2003-03筑波大学 農林学系農林技術センター井川演習林 助手
Academic background
-- 1984Yamagata University Faculty of Science 生物Graduated
Degree
1995-03博士(理学)Kanazawa University
Licenses and qualifications
1983-07-29英語検定2級
1993-07-08普通自動車免許
2003-09-26第四級アマチュア無線技師免許
Academic societies
2006 -- (current)THE JAPANESE SOCIETY OF FOREST ENVIRONMENT
1995 -- (current)Japan Association for Landscape Ecology (JALE)
1995 -- (current)THE JAPANESE FORESTRY SOCIETY
1981 -- (current)ECOLOGICAL SOCIETY OF JAPAN
-- (current)THE MAMMALOGICAL SOCIETY OF JAPAN
1981 -- (current)Herpetological Society of Japan
Articles
  • 長野県における糞分析によるヤマネGlirulus japonicusの食性
    門脇 正史
    哺乳類科学 = Mammalian Science/55(2)/pp.209-214, 2015-12
  • 筑波大学農林技術センター演習林気象報告-川上演習林気象観測データ(2014年)-
    門脇 正史
    筑波大学農林技術研究/(4)/pp.15-22, 2016-03
  • 筑波大学農林技術センター演習林気象報告-川上演習林気象観測データ(2013)ー
    門脇 正史
    筑波大学農林技術研究/(3)/pp.31-38, 2015-03
  • A survey of the nationwide distribution of the Japanese dormouse Glirulus japonicus via Web-based search engines
    杉山 昌典; 門脇 正史
    Honyurui Kagaku (Mammalian Science)/54(2)/pp.269-277, 2014
  • ヤマネとヒメネズミの休眠場所の樹高について
    門脇 正史
    中部山岳地域環境変動機構 (JALPS)2013年度年次研究報告会, 2013-11
  • 筑波大学農林技術センター演習林気象報告-川上演習林気象観測データ(2011年)-
    門脇 正史
    筑波大学農林技術研究/2/pp.65-72, 2014-3
  • Origin of sika deer (Cervus nippon) observed in Yamagata Prefecture
    佐藤 真; 中村 一寛; 玉手 英利; 門脇 正史; 遠藤 好和; 高槻...
    Honyurui Kagaku (Mammalian Science)/53(1)/pp.131-137, 2013-06
  • 日本産ヘビ類の群集生態学--5年間の種構成について-予-〔英文〕
    門脇 正史
    Japanese journal of herpetology/15(4)/pp.p126-130, 1994-12
  • Body size and population density of Bufo japonicus formosus from Nobeyama Highland,Nagano
    門脇 正史
    Japanese journal of herpetology/16(3)/pp.108-113, 1996-06
  • 〈資料〉1.筑波大学農林技術センター演習林気象報告 : 川上演習林気象観測データ(2006年)
    上治 雄介; 門脇 正史
    筑波大学農林技術センター演習林報告/(24)/pp.115-128, 2008-03
  • 樹上性小型哺乳類(ヤマネ)の巣箱昇降器の開発について
    杉山昌典・門脇正史
    筑波大学技術報告 第10回筑波大学技術職員技術発表会報告集/(33)/pp.39-43, 2013-3
  • 筑波大学農林技術センター演習林気象報告 : 川上演習林気象観測データ(2011年)
    井波 明宏; 門脇 正史
    筑波大学農林技術研究/(1)/pp.71-78, 2013-3
  • A preliminary Study of the food habits of natricine snake, Amphiesma v. vibakari on Heaura-Jima Island
    門脇 正史
    Japanese Journal of Herpetology/14(1)/p.21-22, 1991-01
  • 水田地帯に同所的に生息するシマヘビ Elaphe guadnrirguta とヤマカガシ Rhabdophis tigrinus の食物重複度
    門脇 正史
    日本生態学会誌/42(1)/p.1-7, 1992-01
  • Lying in ambush for noctarnal forgs : Pield observations of the feeding behavior of three, colubrid snakes, Elaphe quadrivirgata, B. climacophora and Rhabdophis tigrinus
    門脇 正史
    Japanese Journal of Herpetology./14(3)/p.107-115, 1992-01
  • A preliminary study of the ecology of a snake community-Species composition over fire years.
    門脇 正史
    Japanese Journal of Herpetology./15(4)/p.126-130, 1994-01
  • 宍塚大池とその周辺に生息する両生類
    門脇 正史
    宍塚大池地域自然環境調査報告書, 1995-11
  • 宍塚大池とその周辺の爬虫類
    門脇 正史
    宍塚大池地域自然環境調査報告書, 1995-11
  • 日本産ヘビ類の群集生態学-同所的に生息するヤマカガシ、シマヘビ、ニホンマムシの資源利用様式について
    門脇 正史
    筑波大学農林技術センタ-演習林報告/(12), 1996-01
  • Body size and population density of Bufo japonicus formosus from Nobeyama Highland, Nagano.
    門脇 正史
    Japanese Journal of Herpetology/16(3)/p.108-113, 1996-01
  • A Study of ecology and natural history of Japanese black bear, ┣DBVrsus(/)-┫DB ┣DBthibetanus(/)-┫DB and its damage to forest trees at Tsukuba University forest at Ikawa I -A report on the status of bear damage to forest trees-
    門脇 正史
    Bulletin of Tsukuba University Forests./(13)/p.73-102, 1997-01
  • 筑波大学井川演習林およびその周辺における爬虫・両生類相(予報)
    門脇 正史
    筑波大学農林技術センター演習林報告/(15), 1999-01
  • The relationship between bark damage to chamaecyparis obtusa by the Asiabic black bear, Ursus thibetanus, and resulting trunk rot and staining : A case study of a 62-year c obtusa stand in shizuoka prefectural forest.
    門脇 正史
    Journal of Japanese Forestry Society/81(4)/p.351-354, 1999-01
  • 深田祝先生が日本産ヘビの生態研究に果たした意義
    門脇 正史
    爬虫両生類学会報/2002(21)/p.112-113, 2002-01
  • 農業土木業者のための生き物調査(その6)---爬虫類調査法---
    門脇 正史
    農業土木学会誌/71(21)/p.141-145, 2003-01
Conference, etc.
  • ごみ分別ダイオキシン問題に対する女子看護大生の意識〜1999年から2018年の経年変化を通じて〜
    門脇 正史; 丹野 恵一* 渡部(塚野) 早織.中田 康夫 本田 弘志
    第89回日本衛生学会学術総会/2019-02-01--2019-02-03
  • ごみ分別とダイオキシン問題に対する女子看護大生の意識
    門脇 正史
    第26回環境化学討論会/2017-6-7--2017-6-9
  • ゴミ減量化とダイオキシン問題に対する女子看護大学生の1999年から2016年の意識調査
    Kadowaki Seishi; 丹野恵一 渡部(塚野)早織 中田康夫 本田弘志
    第87回日本衛生学会学術総会/2017-3-26--2017-3-28
  • 有機農法と慣行農法の水田におけるカエル群集の種多様性
    門脇正史
    ____/2001-03
  • 静岡県南アルプス地域におけるニホンジカ個体群の遺伝生態的特性
    門脇 正史
    ____193/2002-03
  • サシバの産卵前後間の狩場利用状況
    門脇 正史
    ____/2005-03
  • ごみ減量化とダイオキシン問題に対する女子看護大学生の意識(第3報)
    門脇 正史
    ____288/2006
  • ごみ減量化とダイオキシン問題に対する女子看護大学生の意識(第4報)
    門脇 正史
    __63_2_523/2008-03
  • 茨城県宍塚大池における在来種クサガメと外来種ミシシッピアカミミガメの生息状況
    門脇 正史
    ____420/2009-03
  • 茨城県宍塚大池におけるウシガエルの食性
    門脇 正史
    ____419/2009-03
  • ごみ減量化とダイオキシン問題に対する女子看護大学生の意識変化(第5報)
    門脇 正史
    __64_2_541/2009-03
Intellectural property rights
  • Nest boxes for small-sized dormice
    門脇正史・杉山昌典・玉木恵理香; +門脇 正史
  • 小型ヤマネ科動物用巣箱
    門脇正史・杉山昌典・玉木恵理香; +門脇 正史
Teaching
2018-10 -- 2018-12Essential Experiments in Agrobiology and ForestryUniversity of Tsukuba.
2018-04 -- 2018-06Essential Experiments in Agrobiology and ForestryUniversity of Tsukuba.
2018-10 -- 2019-02Seminar in Conservation of Regional Resources IUniversity of Tsukuba.
2018-10 -- 2019-02Seminar in Conservation of Regional Resources IIUniversity of Tsukuba.
2018-04 -- 2018-08Seminar in Conservation of Regional Resources IUniversity of Tsukuba.
2018-04 -- 2018-08Seminar in Conservation of Regional Resources IIUniversity of Tsukuba.
2018-10 -- 2018-12Bioresource ManagementUniversity of Tsukuba.
2018-10 -- 2018-12Field Practices in Bioresource ProductionUniversity of Tsukuba.
2018-04 -- 2018-06Field Studies in Bioresource ScienceUniversity of Tsukuba.
2018-04 -- 2018-06Field Practices in Bioresource ProductionUniversity of Tsukuba.
Other educational activities
2007-06 -- 2007-06信州大学農学部演習学外
2004-09 -- 2004-09信州大学主題別ゼミ「森林を歩く」学外
Talks
  • ごみ減量化とダイオキシン問題に対する女子看護大学生の14年間の意識変化(第7報)
    門脇 正史
    第83回日本衛生学会学術総会/2013-3-25--2013-3-25
  • 中部山岳地域における小型哺乳類ヤマネの生態
    門脇 正史
    日本地球惑星科学連合2012年大会/2012-5-20--2012-5-20
  • ヤマネの巣箱観察におけるセンサーカメラの効率
    宮川景次・門脇正史・杉山昌典
    中部山岳地域環境変動機構2012年度報告会/2012-12-13--2012-12-13
  • ヤマネの日内休眠場所と周辺環境の関連
    石田茜・門脇正史・井波明宏
    中部山岳地域環境変動機構2012年度報告会/2012-12-13--2012-12-13
  • カラマツ苗における青変菌 Ceratocystis fujiensis の動態と通水阻害の関係
    鈴木美南・山岡裕一・柿島眞・門脇 正史・阿部淳一ピーター
    中部山岳地域環境変動機構2012年度報告会/2012-12-13--2012-12-13
  • Web情報に基づくヤマネの目撃情報
    杉山昌典・門脇正史
    日本哺乳類学会2012年度大会/2013-9-22--2013-9-22
  • 筑波大学八ヶ岳演習林におけるヤマネの生息状況と今後の展開
    門脇正史・杉山昌典; +門脇 正史
    信州大学・筑波大学第2回合同ワークショップ 地球温暖化センサーとしての中部山岳地域における環境変動の解明/2009-01-31
Professional activities
2017-04 -- 2018-03森林立地学会会計監事
2006-06 -- 2006-06南佐久郡南牧村中学校総合的学習「地域を知る」
2006-05 -- 2006-05ヘビ・トカゲ・カエル観察会
1995-05 -- 1995-05ヘビ・トカゲ・カエル観察会
2005-05 -- 2005-05地域施設開放「八ヶ岳・川上演習林植物散策」
2006-07 -- 2006-07現代GP「食と緑のマイスター育成講座」
2006-07 -- 2006-07大田区立糀谷中学校移動教室「林業体験学習」
2004-08 -- 2004-08南佐久郡川上村第一小学校地域開放講座「森の自然観察教室」
2006-05 -- 2006-05全国大学演習林協議会平成18年度春期総会
2006-02 -- 2006-02平成17年度 つくばマイスターフォーラム
University Management
2018-02 -- 2018-02私費留学生入学試験監督員
2018-01 -- 2018-01センター試験監督員補助
2017-04 -- 2018-03生物資源学類1年2クラス担任
2017-04 -- 2018-03山岳科学センター筑波実験林長
2017-04 -- 2018-03山岳学位プログラム入試委員
2017-04 -- 2018-03山岳科学センター運営委員
2008-04 -- 2009-03八ヶ岳・川上演習林長
2006-04 -- 2007-03農林技術センター八ヶ岳・川上演習林林長
1996-01 -- 1996-03農林技術センター八ヶ岳・川上演習林担当教員
1993-04 -- 1994-03農林技術センター八ヶ岳・川上演習林準研究員(技官)

(Last updated: 2019-06-08)