You are here

Daitoku Hiroaki

Affiliation
Life Science Center for Survival Dynamics, Tsukuba Advanced Research Alliance (TARA)
Official title
Assistant Professor
Sex
Male
Research keywords
転写制御
Research projects
ヒスチジンメチル化酵素METTL9の活性制御機構と生物学的意義の解明2020 -- 2023大徳 浩照Japan Society for the Promotion of Science/Grant-in-Aid for Scientific Research(B)15,600,000Yen
アセチルCoAを接点としたグルコース代謝とFOXO1アセチル化の制御機構の解明2017 -- 2019大徳 浩照Japan Society for the Promotion of Science/Grant-in-Aid for Scientific Research(C)4,810,000Yen
転写因子DAF-16/FOXOによる寿命延長機構のin vivoにおける解明2014 -- 2016大徳 浩照Japan Society for the Promotion of Science/基盤研究(C)5,070,000Yen
転写因子Foxo1の多重修飾制御機構に関する研究2003 -- 2005/SCF System for Establishment and Support of Center's of Excellence
寿命制御における転写因子FOXO1のDNA損傷応答機能の解明2010 -- 2012Japan Society of for the Promotion of Science/若手研究(A)26,780,000Yen
転写因子FOXO1の翻訳後修飾と寿命決定メカニズムの解明            2008 -- 2009Japan Society of for the Promotion of Science/若手研究(B)4,290,000Yen
代謝と寿命をつなぐ転写因子FOXO1の多重修飾制御機構の解明          2006 -- 2007Japan Society of for the Promotion of Science/若手研究(B)3,600,000Yen
転写因子Foxolの多重修飾制御機構に関する研究2005 -- (current)Japan Society of for the Promotion of Science/若手研究(B)3,700,000Yen
Academic background
-- 1998University of Tsukuba Second Cluster of College Agrobiological ResourcesGraduated
-- 2003University of Tsukuba Graduate School, Division of Agriculture Applied BiochemistryCompleted
Degree
ph.D.University of Tsukuba
Academic societies
-- (current)THE JAPANESE BIOCHEMICAL SOCIETY
-- (current)The Molecular Biology Society of Japan
Honors & Awards
2009-06-26内藤コンファレンス 優秀ポスター賞
2008-11-28第12回日本心血管内分泌代謝学会学術総会若手研究奨励賞
Articles
Books
  • アセチル化による転写因子の機能制御
    大徳 浩照
    細胞工学, 2002-01
  • 代謝・寿命・老化を制御する転写因子FOXO
    大徳 浩照
    生化学, 2005-01
  • 転写因子の多重修飾制御機構 –リン酸化、アセチル化、脱アセチル化–
    大徳 浩照
    最新医学, 2005-01
  • FOXO transcription factors in the regulatory networks of longevity
    大徳 浩照
    J. Biochem., 2007-01
  • FOXOとアンチエイジング医学
    大徳 浩照;
    アンチエイジング医学の基礎と臨床 改訂2版, 2008-01
  • アルギニンメチル化とリン酸化 –PRMT1によるFOXO1活性制御–
    大徳 浩照
    内分泌・糖尿病科, 2009-01
Conference, etc.
  • Molecular function and biological significance of protein histidine methyltransferase METL-18 in C. elegans
    Hiroaki Daitoku; Tajima Tatsuya; Haruki Hikari; Someya Mo...
    第43回日本分子生物学会年会/2020-12-08--2020-12-08
  • Molecular function and biological significance of protein histidine methyltransferase METL-18 in C. elegans
    大徳 浩照
    第43回日本分子生物学会年会/2020
  • 線虫における新規ヒスチジンメチル化酵素METL-18 の機能解析
    大徳 浩照; 田島 達也; 春木 陽香理; 染谷 百香; 加香 孝一郎...
    第93回 日本生化学会大会/2020
  • タンパク質メチル化修飾と臓器・個体サイズ
    大徳 浩照
    「ライフコースと個体および臓器スケーリング」ワークショップ/2019
  • 線虫(C. elegans)開始メチオニンtRNAの精製とそのメチル化解析
    加香孝一郎; 中原大輔; 大徳浩照; 深水昭吉
    第93回日本生化学会大会/2020-09-14--2020-09-16
  • 線虫における新規ヒスチジンメチル化酵素METL-18 の機能解析
    大徳浩照; 田島達也; 春木陽香理; 染谷百香; 加香孝一郎; 深...
    第93回日本生化学会大会/2020-09-14--2020-09-16
  • siRNAスクリーニングによる新規ヒスチジンメチル基転移酵素の探索
    染谷百香; 大徳浩照; 加香孝一郎; 深水昭吉
    第93回日本生化学会大会/2020-09-14--2020-09-16
  • 線虫の精子特異的タンパク質におけるアルギニンメチル化制御機構の解析
    田島達也; 張文瑜; 大徳浩照; 深水昭吉
    第93回日本生化学会大会/2020-09-14--2020-09-16
  • 線虫の新規ヒスチジンメチル化酵素METL-18の自己メチル化と生物学的意義の解析
    春木陽香理; 大徳浩照; 田島達也; 加香孝一郎; 深水昭吉
    第93回日本生化学会大会/2020-09-14--2020-09-16
  • 線虫を用いたタンパク質アルギニンモノメチル化酵素の同定と機能解析
    張文瑜; 田島達也; 大徳浩照; 染谷百香; 加香孝一郎; 深水昭吉
    第93回日本生化学会大会/2020-09-14--2020-09-16
  • 食餌性メチオニンが生体内メチオニン量及びS-adenosyl-L-methionine量へ与える影響
    山内理恵子; 廣田恵子; 徐照; 加香 孝一郎; 大徳 浩照; 深水 ...
     若手ワークショップ@伊香保/2015-02-05
  • In vivoスクリーニング系による新規ヒスチジンメチル基転移酵素の探索
    林岳宏; 大徳浩照; 中島実咲; 田島達也; 加香孝一郎; 深水昭吉
    第92回日本生化学会大会/2019-9-19
  • 線虫ヒストンにおける新規ヒスチジンメチル化基転移酵素の探索
    林岳宏; 大徳浩照; 中島実咲; 加香孝一郎; 深水昭吉
    2019年度日本生化学会関東支部例会/2019-06-22
  • 線虫初期発生におけるトリカルボン酸回路とポリアミンの役割
    加香孝一郎; 波田一誠; 大徳浩照; 深水昭吉
    日本ポリアミン学会第10回年会/2018-12-07--2018-12-08
  • 線虫におけるアセチル化スペルミジンの同定
    加香孝一郎; 波田一誠; 宮田真衣; 大徳浩照; 深水昭吉
    第22回活性アミンに関するワークショップ/2018-07-07--2018-07-08
  • 線虫C. elegansにおける開始メチオニンt RNA m1A58修飾を介した寿命調節機構の解析
    宮田真衣; 大徳浩照; 角直亮; 横山航; 廣田恵子; 深水昭吉
    第91回日本生化学会大会/2018-09-26
  • 線虫C. elegansのリボソームに対するヒスチジンメチル基転移酵素hpm-1の役割
    中島実咲; 大徳浩照; 林岳宏; 加香孝一郎; 深水昭吉
    第91回日本生化学会大会/2018-09-26
  • RNAメチル化修飾による寿命制御メカニズム
    大徳 浩照
    第72回日本栄養・食糧学会大会/2018
  • 線虫 C. elegans における開始メチオニン tRNA m1A58 修飾が寿命に及ぼす影響
    宮田真衣; 大徳浩照; 角直亮; 横山航; 廣田恵子; 深水昭吉
    2018年度日本生化学会関東支部例会./2018-06-23
  • 線虫C.elegansにおける転写因子DAF-16の活性化に働く熱センサーの同定
    深水 昭吉; 新生翔; 大徳浩照; 金子悠太
    生命科学系学会合同年次大会/2017-12-09
  • 線虫C.elegansにおける転写因子DAF-16の活性化に働く熱センサーの同定
    新生翔; 大徳浩照; 金子悠太; 深水昭吉
    生命科学系学会合同年次大会/2017-12-09
  • 線虫C.elegansにおけるアセチル化酵素SIR-2.1は転写因子DAF-16のストレス条 件下での転写活性化に必要である
    新生翔; 深水 昭吉; 大徳浩照; 金子悠太; 廣田恵子
    第89回日本生化学会大会/2016-09-26
  • 転写因子FOXO/DAF-16の高グルコースに応答したアセチル化制御機構
    大徳浩照; 深水 昭吉; 小沼久里子; 平田優介; 坂井愛理; 稲川...
    第89回日本生化学会大会/2016-09-26
  • 線虫を用いた転写因子FOXO1の飜訳後修飾制御機構のin vivo解析
    大徳浩照; 深水 昭吉
    FFDRに関する研究助成第5回研究発表会/2016-07-23--2016-07-23
  • S期紫外線DNA損傷応答におけるフォークヘッド型転写因子FOXO1/DAF16の役割
    深水昭吉; 金子悠太; 大徳浩照; 吉用賢治; 松本佳保里; 新生...
    冬の若手ワークショップ@山中湖/2016-02-06
Teaching
2021-10 -- 2022-02Dissertation in Genomic Biology IUniversity of Tsukuba.
2021-04 -- 2021-08Dissertation in Genomic Biology IUniversity of Tsukuba.
2021-10 -- 2022-02Seminar in Genomic Biology IIUniversity of Tsukuba.
2021-04 -- 2021-08Seminar in Genomic Biology IIUniversity of Tsukuba.
2021-12 -- 2022-02Fundamental Biology LaboratoryUniversity of Tsukuba.
2021-04 -- 2021-06Introduction to Agro-bioresources Science and TechnologyUniversity of Tsukuba.
2021-04 -- 2021-08Seminar in Genomic Biology IUniversity of Tsukuba.
2021-10 -- 2022-02Seminar in Genomic Biology IUniversity of Tsukuba.
2021-10 -- 2022-02Seminar in Life and Agricultural SciencesUniversity of Tsukuba.
2021-04 -- 2021-08Seminar in Life and Agricultural SciencesUniversity of Tsukuba.
Other educational activities
2018 -- (current)高校生公開講座筑波大学 生存ダイナミクス研究センター
Talks
  • PRMT1によるFOXO1のアルギニンメチル化はAkt依存的なリン酸化を阻害する
    大徳 浩照
    第2回炎症・脂質代謝・メタボリサーチフォーラム/2008-03-15
  • アルギニンメチル化による転写因子FOXO1のリン酸化阻害機構の解明
    大徳 浩照
    第12回日本心血管内分泌代謝学会学術総会/2008-11-28
  • Regulation of FOXO family by arginine methylation in response to oxidative stress
    大徳 浩照
    第31回日本分子生物学会年会・第81回日本生化学会大会 合同大会/2008-12-12
  • アルギニンメチル化による転写因子FOXO1 の機能制御機構
    大徳 浩照
    平成21年度 日本生化学会関東支部例会 「若手が担う次世代型生化学研究」/2009-06-20
  • Asymmetric arginine dimethylation determines lifespan in Caenorhabditis elegans by regulating forkhead transcription factor DAF-16
    Takahashi; Y.; Daitoku H; H.; Hirota; K.; Tamiya; H.; Yok...
    第33回内藤カンファレンス/2012-06-27
  • S-adenosylmetionine量の変化に伴ったヒストンメチル化の解析
    飯塚慧; 廣田恵子; 大徳浩照; 深水昭吉
    第34回日本分子生物学会年会/2011-12-16
  • Arginine methylation of BAD inhibits its phosphorylation by Akt
    坂巻純一; 大徳浩照; 山形一行; 深水昭吉
    第32回日本分子生物学会年会/2009-12-11

(Last updated: 2021-06-23)