You are here

Kashiwabara Shin-ichi

face
Affiliation
Faculty of Life and Environmental Sciences
Official title
Associate Professor
Sex
Male
URL
Email
 
Office
分子発生制御学研究室
Research fields
Applied molecular and cellular biology
Developmental biology
Research keywords
gametogenesis
poly(A) tail
post-transcriptional gene regulation
translation
Research projects
哺乳動物精子形成後期に特徴的な翻訳遅延と脱アデニル化の機構2018 -- 2020柏原 真一Japan Society for the Promotion of Science/Grant-in-Aid for Scientific Research(C)4,420,000Yen
リボヌクレオチド除去修復におけるRNase H2の機能2013 -- 2014柏原真一Japan Society of for the Promotion of Science/挑戦的萌芽研究3,770,000Yen
クロマトイドボディおよびmRNP構成因子の精子形成における役割2011 -- 2012柏原真一Ministry of Education, Culture, Sports, Science and Technology, Japan/特定領域研究5,900,000Yen
Argonauteタンパク質MIWIとポリA鎖結合タンパク質による翻訳制御2010 -- 2012柏原真一Japan Society of for the Promotion of Science/基盤研究(C)4,680,000Yen
生殖細胞の分化過程におけるmRNAポリA鎖の機能とその運命2007 -- 2008柏原真一Japan Society of for the Promotion of Science/基盤研究(C)4,680,000Yen
哺乳動物精巣特異的ポリ(A)ポリメラーゼTPAPによる精子形態形成制御の分子機構2003 -- 2005柏原真一Japan Society of for the Promotion of Science/基盤研究(B)12,600,000Yen
精細胞細胞質でのmRNAポリ(A)鎖伸長による遺伝子発現制御ネットワークの解析2003 -- 2004柏原真一Ministry of Education, Culture, Sports, Science and Technology, Japan/特定領域研究6,400,000Yen
癌の分子標的治療をめざした効率的アンチセンスオリゴヌクレオチドのデザイン2003 -- 2003柏原真一Ministry of Education, Culture, Sports, Science and Technology, Japan/特定領域研究3,900,000Yen
精巣特異的RNA・DNAハイブリッドの解析とアンチセンス工学への応用2002 -- 2003柏原真一Japan Society of for the Promotion of Science/萌芽研究2,000,000Yen
哺乳動物CPEBホモログによるmRNA情報の時空間的発現制御機構の解析2002 -- 2002柏原真一Ministry of Education, Culture, Sports, Science and Technology, Japan/特定領域研究2,800,000Yen
Career history
2007-04 -- (current)筑波大学 大学院生命環境科学研究科 准教授
2004-04 -- 2007-03筑波大学 大学院生命環境科学研究科 助教授
2003-04 -- 2004-03筑波大学 応用生物化学系 助教授
1999-05 -- 2003-03筑波大学 応用生物化学系 助手
1998-04 -- 1999-04筑波大学 応用生物化学系 リサーチアソシエイト
1993-06 -- 1998-03京都府立大学 農学部 助手
1993-04 -- 1993-05日本学術振興会 (筑波大学) 特別研究員PD
1992-04 -- 1993-03日本学術振興会 (筑波大学) 特別研究員DC
Academic background
-- 1988University of Tsukuba Second Cluster of College 農林学類・生物応用化学専攻Graduated
-- 1993University of Tsukuba Graduate School, Division of Agriculture 応用生物化学専攻Completed
Degree
1993-03博士(農学)University of Tsukuba
Academic societies
2001-04 -- (current)THE RNA SOCIETY OF JAPAN
1993-04 -- (current)JAPAN SOCIETY FOR BIOSCIENCE, BIOTECHNOLOGY, AND AGROCHEMISTRY
1998-04 -- (current)The Molecular Biology Society of Japan
Honors & Awards
2003ノバルティス研究奨励助成
2003上原記念生命科学財団研究助成
2003東京生化学研究会研究助成
Articles
Books
  • 精巣特異的ポリ(A)ポリメラーゼTPAPによる精子形態形成制御
    柏原真一; 馬場 忠
    実験医学, 2003-04
  • 精巣特異的ポリ(A)ポリメラーゼTPAPによる精子形態形成制御
    柏原真一; 馬場 忠
    日本疾患モデル学会誌, 2004-01
  • 半数体精細胞特異的遺伝子の発現制御
    柏原真一
    生化学, 2005-01
  • Regulation of spermatogenesis by polyadenylation and deadenylation of mRNAs
    柏原真一; 馬場 忠
    蛋白質核酸酵素・共立出版, 2009-01
Conference, etc.
  • RNA-binding protein TB-RBP/Translin is involved in mRNA degradation
    大山 可奈子; 柏原 真一; 馬場 忠
    RNAフロンティアミーティング2018/2018-09-19--2018-09-21
  • RNA結合タンパク質TB-RBPはmRNA分解に関与する
    大山可奈子; 柏原真一; 馬場 忠
    第20回日本RNA学会年会/2018-07-09
  • Acrbp pre-mRNAの選択的スプライシング機構の解析
    須郷卓也; 相田千尋; 兼森芳紀; 柏原真一; 馬場 忠
    第41回日本分子生物学会年会/2018-11-28
  • 生殖細胞特異的Y-box RNA結合タンパク質による翻訳抑制機構
    久恒 翠; 柏原 真一; 馬場 忠
    第40回日本分子生物学会年会/2017-12-06--2017-12-09
  • Functional analysis of RNA-binding protein TB-RBP
    大山可奈子; 柏原真一; 馬場 忠
    Gordon Research Conference on Fertilization and Activation of Development/2017-07
  • Translational repression by germ cell-specific Y-box RNA-binding proteins, MSY2 and MSY4
    Oyama Kanako; Saegusa Ayaka; Kashiwabara Shin-ichi; Baba ...
    Systems Biology of Reproduction SSR 49th Annual Meeting/2016-07
  • Functional analysis of RNA-binding protein TB-RBP
    大山 可奈子; 柏原 真一; 馬場 忠
    第39回日本分子生物学会年会/2016-11-30--2016-12-02
  • Testis-specific poly(A)-binding protein, PABPC2, is dispensable for spermatogenesis
    TSURUTA Satsuki; KASHIWABARA Shin-ichi; OKADA Keitaro; SA...
    Gordon Research Conference (Fertilization and Activation of Development)/2015-07-22
  • 源生林あしたばの暑熱ストレスに対する精巣保護効果
    國府 大智; 阿部 友紀子; 鈴木 望美; 鈴木 志織; 柏原 真一; ...
    日本農芸化学会2015年度大会/2015-03-17
  • 段階的脱アデニル化におけるPABPC1の役割と翻訳との関連
    岡田 渓太郎; 柏原 真一; 馬場 忠
    第38回日本分子生物学会・第88回日本生化学会合同年会/2015-12-02
  • Testis-specific poly(A)-binding protein, PABPC2, is dispensable for spermatogeneis
    鶴田 皐月; 柏原 真一; 岡田 渓太郎; 三枝 彩佳; 木村 正紀; ...
    Gordon Research Conference (Fertilization & Activation of Development)/2015-07-22--2015-07-23
  • 生殖細胞特異的Y-box RNA結合タンパク質によるポリA鎖依存的翻訳抑制
    三枝 彩佳; 柏原 真一; 馬場 忠
    第17回日本RNA学会年会/2015-07-15
  • RNA結合タンパク質による精子形成制御
    柏原 真一
    特定領域研究「生殖系列の世代サイクルとエピゲノムネットワーク」第4回公開シンポジウム/2011-11-18
  • Analysis of mice lacking testis-specific cytoplasmic poly(A) polymerase, TPAP/PAPOLB
    山岡悠太郎、柏原真一、馬場 忠
    第35回日本分子生物学会年会/2012-12-11
  • Mammalian RNase H2 is essential for ribonucleotide excision repair of chromosomal DNA
    柏原真一、豊島博子、石橋直子、中西友子、村山祐士、依馬正...
    第35回日本分子生物学会年会/2012-12-11
  • ポリ(A)鎖関連因子の精子形成における役割
    柏原 真一
    特定領域研究「生殖系列の世代サイクルとエピゲノムネットワーク」第5回公開シンポジウム/2012-11-22
  • 哺乳動物RNase H2はゲノム安定性に必須である
    柏原真一、豊島博子、石橋直子、中西友子、村山祐士、依馬正...
    第14回日本RNA学会年会/2012-07-20
  • Polyadenylation activity of testis-specific poly(A) polymerase, TPAP/PAPOLB, is essential for spermatogenesis
    鶴田皐月、柏原真一、岡田渓太朗、山岡悠太郎、馬場 忠
    第37回日本分子生物学会年会/2014-11-25
  • Mechanism of translational repression by germ cell-specific Y-box RNA-binding proteins, MSY2 and MSY4
    三枝彩佳、柏原真一、岡田渓太朗、馬場 忠
    第37回日本分子生物学会年会/2014-11-25
  • Characterization of translation- and PABPC-dependent deadenylation intermediates
    岡田渓太朗、柏原真一、三枝彩佳、鶴田皐月、馬場 忠
    第37回日本分子生物学会年会/2014-11-25
  • Functional analysis of germ cell-specific Y-box RNA-binding proteins, MSY2 and MSY4
    三枝彩佳、柏原真一、馬場 忠
    Joint Australian and Japan RNA meeting 2014/2014-11-04
  • 翻訳に伴い生成されるmRNA脱アデニル化中間体の解析
    岡田渓太朗、柏原真一、三枝彩佳、鶴田皐月、馬場 忠
    第16回日本RNA学会年会/2014-07-23
  • マウス生殖細胞特異的Y-box RNA結合タンパク質の機能解析
    三枝彩佳、柏原真一、馬場 忠
    第16回日本RNA学会年会/2014-07-23
  • 半数体特異的mRNAの翻訳と脱アデニル化との関連
    岡田渓太朗、柏原真一、三枝彩佳、馬場 忠
    第36回日本分子生物学会年会/2013-12-04
  • 精巣特異的ポリ(A)ポリメラーゼPAPOLB/TPAPの機能解析
    山岡悠太郎; 柏原真一; 浦上 愛; 木村正紀; 田中 文; 馬場 忠
    特定領域研究「生殖系列の世代サイクルとエピゲノムネットワーク」若手勉強会/2012-07-25
Teaching
2019-10 -- 2020-02Dissertation in Molecular and Developmental Biology IUniversity of Tsukuba.
2019-04 -- 2019-08Dissertation in Molecular and Developmental Biology IUniversity of Tsukuba.
2019-10 -- 2019-12Fundamental Chemistry LaboratoryUniversity of Tsukuba.
2019-10 -- 2020-02Dissertation in Molecular and Developmental Biology IIUniversity of Tsukuba.
2019-04 -- 2019-08Dissertation in Molecular and Developmental Biology IIUniversity of Tsukuba.
2019-04 -- 2019-08Dissertation in Molecular and Developmental Biology IIIUniversity of Tsukuba.
2019-10 -- 2020-02Dissertation in Molecular and Developmental Biology IIIUniversity of Tsukuba.
2019-10 -- 2020-02Research in Molecular and Developmental Biology IUniversity of Tsukuba.
2019-04 -- 2019-08Research in Molecular and Developmental Biology IUniversity of Tsukuba.
2019-04 -- 2019-07Molecular and Developmental BiologyUniversity of Tsukuba.
Other educational activities
2016-07 -- 2016-07平成28年度筑波大学公開講座「生物機能の理解と応用」筑波大学生命環境系生物機能科学専攻
Talks
  • 半数体特異的mRNAの翻訳と脱アデニル化との関連
    岡田渓太郎、柏原 真一、三枝彩佳、馬場 忠
    第36回日本分子生物学会年会/2013-12-04
  • Analysis of mice lacking testis-specific cytoplasmic poly(A) polymerase, TPAP/PAPOLB
    山岡悠太郎; 柏原真一; 馬場 忠
    第35回日本分子生物学会年会/2012-12-11
  • Mammalian RNase H2 is essential for ribonucleotide excision repair of chromosomal DNA(哺乳動物RNase H2は染色体ゲノムDNAのrNMP除去修復に必須である)
    柏原真一; 豊島博子; 石橋直子; 中西友子; 村山祐士; 依馬正...
    第35回日本分子生物学会年会/2012-12-11
  • ポリ(A)鎖関連因子の精子形成における役割
    柏原真一
    特定領域研究「生殖系列の世代サイクルとエピゲノムネットワーク」第5回公開シンポジウム/2012-11-22
  • 哺乳動物RNase H2はゲノム安定性に必須である
    柏原真一; 豊島博子; 石橋直子; 中西友子; 村山祐士; 依馬正...
    第14回日本RNA学会/2012-07-20
  • TZF遺伝子欠損マウスは雄性不妊である
    吉田 薫; 佐古典久; 石塚晶道; 大塚絵里; 井上敦人; 小高みれ...
    第34回日本分子生物学会年会/2011-12-13
  • Possible function of testis-specific PABPC, PABPC2, in translation during mouse spermatogenesis
    中本佳宏; 宮垣 祐; 木村正紀; 柏原真一; 馬場 忠
    第34回日本分子生物学会年会/2011-12-13
  • RNA結合タンパク質による精子形成制御
    柏原真一
    特定領域研究「生殖系列の世代サイクルとエピゲノムネットワーク」第4回公開シンポジウム/2011-11-18
  • Testis-specific Argonaute protein MIWI mediates translational silencing in a GW182-independent manner
    山岡悠太郎; 石田和之; 柏原真一; 木村正紀; 岩崎千恵子; 田...
    The 2nd World congress on reproductive biology/2011-10-11
  • Relationship between chromatoid body and heat stress
    山岡悠太郎; 柏原真一; 木村正紀; 馬場 忠
    The 16th annual meeting of the RNA society/2011-06-17
  • Testis-specific cytoplasmic poly(A) polymerase, TPAP/PAPOLB, enhances translation of target mRNAs
    柏原真一; 浦上 愛; 田中 文; 木村正紀; 馬場 忠
    The 16th annual meeting of the RNA society/2011-06-17
  • 精巣特異的ポリAポリメラーゼTPAPによるポリA鎖伸長機構の解析
    *浦上 愛; 柏原真一; 木村正紀; 田中 文; 馬場 忠
    第33回日本分子生物学会年会/2010-12-09
  • Translational repression by testis-specific Argonaute protein PIWIL1
    Kazuyuki Ishida; *Shin-ichi Kashiwabara; Masanori Kimura;...
    Cold Spring Harbor Meeting (Germ cells)/2010-10-06
  • マウス精巣特異的RNA結合タンパク質Miwiの機能解析
    石田和之; 木村正紀; 柏原真一; 馬場 忠
    第101回日本繁殖生物学会年会/2008-09-19
  • 子宮内因子による受精能回復機構の解析
    山下美鈴; 河野菜摘子; 康 宇鎮; 柏原真一; 馬場 忠
    第31回日本分子生物学会年会/2008-12-12
  • Acrosin-deficient epididymal sperm exhibit a delayed penetration through the cumulus matrix
    Woojin Kang; 山下美鈴; 河野菜摘子; 柏原真一; 馬場 忠
    第31回日本分子生物学会年会/2008-12-12
  • 精子形成におけるPabpc1-Paip2複合体の解析
    木村正紀; 石田和之; 田中 文; 柏原真一; 馬場 忠
    第31回日本分子生物学会年会/2008-12-12
  • Association of a testis-specific poly(A)-binding protein, Pabpc2, with Miwi and its localization in chromatoid body
    柏原真一; 木村正紀; 石田和之; 岩崎千恵子; 馬場 忠
    Keystone Symposia (RNAi)/2010-01-16
  • 精子形成におけるポリA鎖結合タンパク質PABPを介した翻訳制御機構
    木村正紀; 石田和之; 柏原真一; 馬場 忠
    第30回日本分子生物学会年会/2007-12-12
  • マウス精巣特異的RNA結合タンパク質MIWIの機能解析
    石田和之; 柏原真一; 岩崎千恵子; 浦上 愛; 田中 文; 馬場 忠
    第32回日本分子生物学会年会/2009-12-12
  • 細胞質ポリA鎖結合タンパク質PABPCによる翻訳制御機構の解析
    岩崎千恵子; 柏原真一; 石田和之; 田中 文; 馬場 忠
    第32回日本分子生物学会年会/2009-12-12
  • miRISCにおけるポリA鎖結合タンパク質の機能解析
    岩崎千恵子; 柏原真一; 石田和之; 田中 文; 馬場 忠
    第12回日本RNA学会年会/2010-07-28
  • 哺乳動物の精子形成とmRNAポリA鎖
    柏原真一; 馬場 忠
    国立遺伝学研究所研究会/2007-07-23
  • 精子形成過程におけるRNAメタボリズム
    柏原真一
    第38回精子研究会/2007-01-13
  • 精細胞細胞質でのmRNAポリ(A)鎖付加とその意義
    柏原真一; 庄天ガン; 野口純子; 小倉淳郎; 馬場 忠
    第23回日本分子生物学会年会/2000-12-14
University Management
2016-04 -- 2017-03生命環境学群生物資源学類大学説明会実施委員会委員
2014-04 -- 2016-03生命環境科学研究科大学院入試Web化・英語化WG委員
2016-04 -- 2017-03生命環境科学研究科生物機能科学専攻学生のメンタルヘルスに関する学生支援チーム委員
2015-04 -- 2016-03生命環境学群生物資源学類大学説明会実施委員会委員
2015-04 -- 2016-03生命環境科学研究科生物機能科学専攻学生のメンタルヘルスに関する学生支援チーム委員
2014-04 -- 2015-03生命環境科学研究科生物機能科学専攻学生のメンタルヘルスに関する学生支援チーム委員
2012-04 -- 2013-03生命環境科学研究科前期生物資源科学専攻・農学関連後期3専攻入試実施委員会入試実施副委員長
2013-04 -- 2014-03生命環境科学研究科前期生物資源科学専攻・農学関連後期3専攻入試実施委員会入試実施委員長
2014-04 -- 2015-03生命環境科学研究科生物資源科学専攻入試委員委員
2014-04 -- 2015-03生命環境科学研究科生物資源科学専攻運営委員会委員(応用生命化学領域主任)

(Last updated: 2019-09-12)