You are here

Nomura Nobuhiko

face
Affiliation
Faculty of Life and Environmental Sciences
Official title
Professor
Research fields
Applied microbiology
Research keywords
微生物制御
相互作用
応用微生物学
分子生物学
バイオフィルム
Research projects
複合生物系を形作るポストコッホ微生物2019 -- 2023野村 暢彦Japan Society for the Promotion of Science/Grant-in-Aid for Scientific Research on Innovative Areas90,740,000Yen
基盤研究(S)フロッキュレーション解析に基づく環境界面工学の展開2016-04 -- 2020-03足立 泰久Japan Society of for the Promotion of Science/2,500,000Yen
基盤研究(A)(一般)多剤耐性遺伝子の環境中残存機構と人への暴露リスク評価2016-04 -- 2020-03鈴木 聡Japan Society of for the Promotion of Science/500,000Yen
植物等の生物を用いた高機能品生産技術の開発/高生産性微生物創製に資する情報解析システムの開発2019-04 -- 2020-03野村暢彦国立研究開発法人新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)/45,840,000Yen
植物等の生物を用いた高機能品生産技術の開発/高生産性微生物創製に資する情報解析システムの開発2017-09 -- 2019-03野村暢彦国立研究開発法人新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)/30,696,000Yen
単一光子スペクトル計測によるイメージング技術開発と細胞機能ヴィジュアライザの創成2017-10 -- 2022-03福田大治JST 国立研究開発法人科学技術振興機構(CREST)/32,300,000Yen
細菌由来メンブランヴェシクルを利用した粘膜ワクチンの基盤的研究2016-04 -- 2018-03Nobuhiko Nomura国立研究開発法人日本医療研究開発機構(AMED)/2,500,000Yen
野村集団微生物制御プロジェクト2015-10 -- 2021-03野村暢彦科学技術振興機構(JST)/JST Basic Research Programs (Exploratory Research for Advanced Technology :ERATO)1,700,000,000Yen
微生物シグナルを利用した微生物集団制御技術の科学的基盤確立に関する研究2013-10 -- 2018-03野村暢彦日本学術振興会/基盤研究(A)
自然界から分離した細胞外小胞は、微生物へのシグナル運搬能を有するのか?2013 -- 2014野村 暢彦Japan Society for the Promotion of Science/挑戦的萌芽研究4,160,000Yen
Career history
2020-04 -- (current)JST ACT-X研究領域「環境とバイオテクノロジー」 研究総括
2018-10 -- (current)Microbiology Research Center for Sustainability Deputy Director
2015-10 -- (current)JST ERATO 研究総括
2015-04 -- (current)東京大学 生物生産工学センター 客員教授
Degree
1995-10博士(工学)Hiroshima University
Academic societies
2020 -- (current)The Iron and Steel Institute of Japan
2018 -- (current)マクロライド新作用研究会
2017 -- (current)Japanese Society of Chemotherapy
2015 -- (current)The Pseudomonas Aeruginosa Infection Society
2014 -- (current)JAPANESE SOCIETY FOR BACTERIOLOGY
2014 -- (current)日本バイオフィルム学会
2002 -- (current)American Society for Microbiology
2001 -- (current)JAPANESE SOCIETY OF MICROBICAL ECOLOGY
1996 -- (current)環境バイオテクノロジー学会
1990 -- (current)JAPAN SOCIETY FOR BIOSCIENCE, BIOTECHNOLOGY, AND AGROCHEMISTRY
Honors & Awards
2019-09日本油化学会第18回オレオサイエンス賞オレオサインスに投稿された論文のうち優れた総説に与えられる
2011-11日本微生物生態学会 論文賞
2005-11-15日本生物工学会生物工学奨励賞(斎藤賞)
2004-11-21日本微生物生態学会 論文賞
Articles
Books
  • 非破壊イメージングによるハイスループット評価技術
    八幡 穣; 野村暢彦
    スマートセルインダストリー, シーエムシー出版, 2018-09
  • Cracking Open Bacterial Membrane Vesicles
    Nagakubo Toshiki; Nomura Nobuhiko; Toyofuku Masanori
    Frontiers in Microbiology 10:3026, pp.3026-3026, 2020-1
  • グリーンエネルギー生産技術の高度化に向けたバイオフィルム制御法の開発
    野村 暢彦
    日経バイオテク, (株)日経BP社, 2017-02
  • バイオフィルムの有効利用に向けたバイオフィルム解析とその展望
    野村 暢彦
    バイオフィルム制御に向けた構造と形成過程 ー特徴・問題点・事例・有効利用から読み解くアプローチー , (株)シーエムシー出版, 2017-11
  • 微生物生態学領域におけるバイオフィルム
    野村 暢彦
    臨床と微生物 Vol.45 No.1 ㈱近代出版, 2018-01
  • 低炭素化社会に向けたバイオフィルム制御法の開発
    野村 暢彦
    特集 革新的低炭素化技術の開発 2018年2月号 化学工業, 2018-02
  • バイオフィルムの新たな展開
    野村 暢彦
    感染症 Vol.48 No.5, 2018-09
  • Anaerobic life style of Pseudomonas aeruginosa
    Nomura Nobuhiko
    Pseudomonas, Springer, 2014-03
  • 植物病原菌より分離したプラスミドの複製及び接合伝達の分子機構
    野村 暢彦
    2005-10
  • クォーラムセンシングに基づいた微生物の新機能開発
    野村暢彦
    BIOINDUSTRY シーエムシー出版, 2008-08
  • 細菌間情報伝達機構は呼吸代謝にも関与する
    豊福雅典; 内山裕夫; 野村暢彦*; +野村 暢彦
    環境バイオテクノロジー学会誌, 2008-01
  • 環境と微生物:硝化・脱窒
    野村暢彦
    微生物の辞典・朝倉書店, 2008-01
  • 新しい微生物の利用と課題:バイオフィルム
    野村暢彦
    微生物の辞典・朝倉書店, 2008-01
Conference, etc.
  • アポトーシスを誘起するシグナル伝達物質中での電解重 合による構造転写
    駒場 京花; 野村暢彦; 熊井 玲 児; 後藤 博正
    第70回高分子討論会/2021-09-06--2021-09-08
  • 深部地下圏でメトキシ芳香族化合物分解を担う新規共生細菌の生存戦略
    坂本 幸子; Nobu Masaru Konishi; 眞弓 大介; 玉澤 聡; 中原 ...
    日本農芸化学会2021年度仙台大会/2021-03--2021-03
  • 深部地下圏でメトキシ芳香族化合物分解を担う新規共生細菌の発見及び生存戦略の解明
    坂本 幸子; Nobu Masaru Konishi; 眞弓 大介; 玉澤 聡; 中原 ...
    第15回日本ゲノム微生物学会年会/2021-03--2021-03
  • Pseudomonas属細菌由来のMvaT ホモログが形成する核様体構造の解析
    津島和生; 角埜裕基; 水口千穂; 尾花 望; 野村 暢彦; 岡田...
    第15回日本ゲノム微生物学会年会/2021-03--2021-03
  • 海洋細菌FT01の金属腐食性バイオフィルム形成遺伝子の探索
    宮川 大; 尾花 望; 伊藤 菜々子; 渡辺 宏紀; 稲葉 知大;...
    日本農芸化学会2021年度仙台大会/2021-03--2021-03
  • 海洋単利株FT01の金属腐食性バイオフィルム形成による鉄飢餓応答
    伊藤 菜々子; 尾花 望; 渡辺 宏紀; 稲葉 知大; 宮野 泰...
    日本農芸化学会2021年度仙台大会/2021-03--2021-03
  • 緑膿菌細胞間コミュニケーションを制御する可動性因子の解析
    上原礼佳; 須澤由希; 遠矢正城; 吉澤晋; 小暮一啓; 野村暢彦;...
    日本農芸化学会2021年度仙台大会/2021-03--2021-03
  • 皮膚細菌の形成するバイオフィルムの時空間的解析
    中山瑞鵬; 釣流香織; 野村暢彦; UTADA ANDREW SHINICHI; 尾花望
    日本農芸化学会2021年度仙台大会/2021-03--2021-03
  • 細菌の糸状成長に必須な鞘形成メカニズムの解明
    小野絵里香; 山本達也; 杉本真也; UTADA ANDREW SHINICHI; 久...
    日本農芸化学会2021年度仙台大会/2021-03--2021-03
  • Corynebacterium glutamicumの膜小胞を介した鉄獲得の解析
    川島 花雪; 永久保 利紀; 野村 暢彦; 豊福 雅典
    日本農芸化学会2021年度仙台大会/2021-03--2021-03
  • Streptococcus mutansにおけるクォラムセンシングを介したMV産生メカニズムの解明
    山本 千佳; 永沢 亮; 尾花 望; 野村暢彦; 豊福 雅典
    日本農芸化学会2021年度仙台大会/2021-03--2021-03
  • マイクロ流体デバイスによる微小環境を制御した人工細菌凝集体の開発
    野村佳祐; 高橋晃平; 豊福雅典; 野村暢彦; 小川和義; UTADA A...
    日本農芸化学会2021年度仙台大会/2021-03--2021-03
  • 自家蛍光シグネチャーに解析による微生物の生死判別及び死因の推測
    張譯云; 高部響介; 下段千尋; 野村暢彦; 八幡穣
    日本農芸化学会2021年度仙台大会/2021-03--2021-03
  • 一細胞自家蛍光シグネチャーに基づく非破壊的な油脂生産性の予測
    平山智弘; 八幡志央美; 芹田龍郎; 風間春香; 森浩二; 高久洋...
    日本農芸化学会2021年度仙台大会/2021-03--2021-03
  • 枯草菌におけるSpo0A依存的なmembrane vesicle生産
    安部 公博; 豊福 雅典; 野村暢彦; 尾花 望
    日本農芸化学会2021年度仙台大会/2021-03--2021-03
  • 生きた細菌表面に結合した細胞外膜小胞の物性測定
    菊池洋輔; 市中佑樹; 豊福雅典; 尾花望; 野村暢彦; 田岡東
    第94回日本細菌学会総会/2021-03--2021-03
  • 皮膚常在細菌が形成する複合バイオフィルムの時空間的解析
    釣流 香織; 野村暢彦; UTADA ANDREW SHINICHI; 尾花 望
    第94回日本細菌学会総会 シンポジウム集団微生物学と細菌バイオフィルム研究の前線/2021-03--2021-03
  • 嫌気性病原性細菌におけるQSによるバイオフィルム中の不均一性制御機構の解析
    田伏 義彦; 尾花 望; 野村暢彦
    第94回日本細菌学会総会 シンポジウム集団微生物学と細菌バイオフィルム研究の前線/2021-03--2021-03
  • ウェルシュ菌が放出するメンブレンベシクルを介した宿主免疫誘導機構の解析
    奥田 真由; 尾花 望; 奥脇 響; 中尾 龍馬; 泉福 英信; ...
    第94回日本細菌学会総会 シンポジウム集団微生物学と細菌バイオフィルム研究の前線/2021-03--2021-03
  • 深部地下圏でメトキシ芳香族化合物分解を担う新規共生細菌の発見及び生存戦略の解明
    臼倉雄紀; 野村暢彦; 豊福雅典
    第15回日本ゲノム微生物学会年会/2021-3--2021-3
  • Streptococcus mutansバイオフィルム形成における細胞死と細胞外DNA産生
    永沢 亮; UTADA ANDREW SHINICHI; 野村暢彦; 尾花 望
    第94回日本細菌学会総会 シンポジウム集団微生物学と細菌バイオフィルム研究の前線/2021-03--2021-03
  • 1粒子解析による緑膿菌とメンブレンベシクルの相互作用の解析
    臼倉雄紀; 野村暢彦; 豊福雅典
    第55回緑膿菌感染症研究会/2021-02--2021-02
  • 緑膿菌バイオフィルム内における突然変異株出現要因の解析
    矢野真弓; 伊澤徹; 尾花望; 豊福雅典; 野村暢彦
    第55回緑膿菌感染症研究会/2021-02--2021-02
  • Salicylic Acid and Jasmonic Acid Pathways are Activated in Spatially Different Domains Around the Infection Site During Effector-Triggered Immunity in Arabidopsis thaliana
    Shigeyuki Betsuyaku; Shinpei Katou; Yumiko Takebayashi; H...
    大阪年会サテライトシンポジウム・学会賞受賞講演/2020-11--2020-11
  • 選択的な細菌制御のためのメンブレンベシクル模倣小胞の開発
    中嶋 勇人; 豊福雅典; 野村暢彦; UTADA ANDREW SHINICHI
    生物工学若手研究者の集い/2020-11--2020-11
Intellectural property rights
  • 消毒組成物、洗浄組成物、防汚組成物、ウイルス不活性化組成物および非殺菌性組成物並びにバイオフィルムの除去および形成抑制用組成物
    UTADA ANDREW SHINICHI; 川口 敦史; ダウイン バク ヴ ヤ...
  • 補正パラメータ設定方法及びデータ補正方法
    八幡 穣; 八幡志央美; 岡野千草; 野村暢彦
  • 洗浄および防汚組成物並びにバイオフィルムの除去および形成抑制用組成物
    野村 暢彦; Utada S. Andrew; ダウイン、バク、ヴ、ヤン
  • フィラメントの製造方法及びフィラメント
    野村暢彦; 久能 樹; Utada AS; 山本達也; 小野絵里香; 杉本...
  • パラコッカス・デニトリフィカンス細胞付着材料及びそれを含む製品、並びにそれらの製造方法
    野村 暢彦; Utada S. Andrew; 森永花菜
  • データ作成方法及びデータ使用方法
    野村 暢彦; 八幡穣; 清川達則
  • 緑膿菌バイオフィルム形成に対するワクチン抗原体
    野村暢彦; 他4名
  • 細菌の増殖を制御する化合物及びその応用
    野村暢彦; 他2名
Works
  • 生物工学会誌 –『特集』第98巻(2020年)
    野村 暢彦
Teaching
2021-10 -- 2022-02Seminar in Environmental Sciences 1FUniversity of Tsukuba.
2021-10 -- 2022-02Internship on Integrative Environment and Biomass SciencesUniversity of Tsukuba.
2021-04 -- 2021-08Internship on Integrative Environment and Biomass SciencesUniversity of Tsukuba.
2021-10 -- 2022-02Seminar on Integrative Environment and Biomass Sciences DUniversity of Tsukuba.
2021-04 -- 2021-08Seminar on Integrative Environment and Biomass Sciences DUniversity of Tsukuba.
2021-11 -- 2021-11Forum on Sustainable Environmental Studies IIUniversity of Tsukuba.
2021-10 -- 2022-02Special Research in Human Biology IIUniversity of Tsukuba.
2021-04 -- 2021-08Seminar on Integrative Environment and Biomass Sciences AUniversity of Tsukuba.
2021-10 -- 2022-02Seminar on Integrative Environment and Biomass Sciences AUniversity of Tsukuba.
2021-10 -- 2022-02Thesis Seminar in Environmental Sciences 2F [Japanese]University of Tsukuba.
Other educational activities
2019-06 -- 2019-06令和元年度サイエンスカフェ(SSH事業)「微生物も群れて会話する」茨城県立並木中等教育学校
2019-06 -- 2019-06筑波大学付属高校 大学/研究室訪問「微生物社会を垣間見る」筑波大学
2019-04 -- 2019-04キッズ・ユニバーシティ 特別授業「目に見えない小さな生き物の不思議な世界」University of Tsukuba
2018-08 -- 2018-08東京都理数研究ラボ(東京都教育庁主催)にて講演「環境・食・健康と微生物」株式会社リバネス
Talks
  • Biofilm and microbial community
    野村暢彦; 豊福雅典; 尾花望
    第94回日本細菌学会総会 シンポジウム集団微生物学と細菌バイオフィルム研究の前線/2021-03--2021-03
  • 生物界を越えた細胞間の新規コミュニケーション機構 〜腸内細菌から人まで〜
    野村 暢彦
    第21回TCカンファレンス/2021-07-17--2021-07-17
  • Membrane vesicles are for bacteria or virus (phage)?
    野村 暢彦
    Aquatic Virus Workshop(AVW10)/2021-06-30--2021-06-30
  • 細菌が細胞死を介して解き放つ言霊
    野村 暢彦
    京都大学大学院工学研究科 田畑康彦先生研究室セミナー/2021-06-28--2021-06-28
  • 21世紀は微生物の理解と制御が人類の共通課題である 〜サイエンスとテクノロジーの双輪へ〜
    野村 暢彦
    第26階生物工学懇話会/2021-05-25--2021-05-25
  • 微生物制御3.0の展開 ~微生物も群れて会話している~
    野村 暢彦
    第75回 NPO法人日本口腔科学会学術集会 第14回教育研修会/2021-05-13--2021-05-13
  • 凝集から考える微生物生態
    野村 暢彦
    高分子学会高分子と水・分離に関する研究会 界面動電現象研究会”凝集”/2021-03-05--2021-03-05
  • 界面活性剤の相乗効果を利用した革新的バイオフィルム制御の開発
    野村 暢彦
    電子情報通信学会システムナノ技術に関する特別研究専門委員会主催  第1回研究会「科学技術イノベーションを創成する先進システムナノ技術」/2021-01-29--2021-01-29
  • デバイスを用いた微生物の動きの見える化技術を未病の見える化に応用できるのか
    野村 暢彦
    日本学術振興会 食と未病マーカー委員会第2回定例研究会/2020-12-22--2020-12-22
  • 新奇細菌コミュニケーションシステムの発見と地球生態系における細菌の位置づけ
    野村 暢彦
    2020年度山口大学中高温微生物研究センター 環境微生物部門シンポジウム/2020-12-03--2020-12-03
  • 教育講演3 21世紀の重要な微生物研究課題「バイオフィルムの理解と制御」
    野村 暢彦
    第68回日本化学療法学会総会/2020-9-13--2020-9-13
  • 細菌集団における細胞不均一性と多様性
    野村 暢彦
    日本生物工学会 生物工学Webシンポジウム2020/2020-09-03--2020-09-03
  • ポストコロナ戦略シリーズ3 「微生物の「会話」から読み解く集団の制御とコロナに負けない健康生活」
    野村 暢彦
    バイオインダストリー協会 ポストコロナ戦略シリーズ/2020-08-04--2020-08-04
  • 多様性を基盤にした微生物研究の最前線
    野村 暢彦
    日本農芸化学会2020年度大会/2020-3-26--2020-3-28
  • 微生物の個・集団・共生が支える持続可能な社会
    野村 暢彦
    micsシンポジウム/2020-2-10--2020-2-10
  • 細胞が放つ細胞外膜粒子(メンブレンべシクル(MV))
    野村 暢彦
    " JST CREST「細胞外微粒子に起因する生命現象の解明とその制御に向けた基盤技術の創出」 2019年度領域会議 "/2020-1-9--2020-1-9
  • 課題創造学
    野村 暢彦
    筑波大学STEAMリーダーシッププログラム講座/2019-12-17--2019-12-17
  • "健康・食・環境に関わる微生物制御技術の新展開 〜微生物集団の全貌解明と制御に向けて〜"
    野村 暢彦
    第36回JBDAバイオベンチャーフォーラム/2019-12-16--2019-12-16
  • 食・健康・環境にかかわる微生物の制御を目指して ~微生物も群れて会話する~
    野村 暢彦
    広島醗酵会・日本技術士会/2019-11-28--2019-11-28
  • 微生物がつくる膜粒子(MV) 〜MVの形成機構と機能〜
    野村 暢彦
    日本油化学会オレオマテリアル部会 第三回オレオマテリアル交流会/2019-11-18--2019-11-18
  • サステイナブルな社会へ向けた微生物の役割と可能性 
    野村 暢彦
    住友重機械工業 基調講演/2019-11-13--2019-11-13
  • Paradigm Shift from Traditional to Advanced Biotechnology
    Nomura Nobuhiko
    TSB-JST Joint Session/2019-11-11--2019-11-11
  • "「一細胞~集団における生体機能の可視化の最前線         ---バイオフィルムから生命科学分野まで---」 "
    野村 暢彦
    花王株式会社 講演/2019-11-6--2019-11-6
  • 集団微生物制御への展開そしてポストERATOを見据えて
    野村 暢彦
    JST ERATO深津共生進化機構プロジェクト キックオフシンポジウム/2019-10-30--2019-10-30
  • Biofilms and membrane vesicles
    Nomura Nobuhiko
    ASBA Asian association of synthetic biology/2019-10-26--2019-10-30
Professional activities
2020-03 -- (current)JSTACT-X 環境とバイオテクノロジー 研究総括
2021-01 -- 2022-12日本微生物生態学会第19期評議員
2021-01 -- 2023-12日本細菌学会評議員
2020-08 -- 2023-05日本バイオフィルム学会理事長
2018 -- (current)マクロライド新作用研究会世話人
2018-04 -- 2020-03JAPANESE SOCIETY FOR BACTERIOLOGY教育委員会委員
2018-04 -- 2018-06Japan Society for Environmental Biotechnology環境バイオテクノロジー学会2018年度大会実行委員
2016-04 -- (current)The Pseudomonas Aeruginosa Infection Society運営委員
2015-04 -- (current)Microbes and EnvironmentsEditor
2015-01 -- (current)Applied Environmental Microbiology (ASM)Editorial Board Member
University Management
2008-04 -- 2009-03委員・生命環境科学研究科広報・IT委員会持続環境学専攻より選出
2008-04 -- 2009-03委員長・持続環境学専攻広報・IT委員会全体のとりまとめ

(Last updated: 2021-08-31)