You are here

Nomura Nobuhiko

face
Affiliation
Faculty of Life and Environmental Sciences
Official title
Professor
Research fields
Applied microbiology
Research keywords
微生物制御
相互作用
応用微生物学
分子生物学
バイオフィルム
Research projects
複合生物系を形作るポストコッホ微生物2019 -- 2023野村 暢彦Japan Society for the Promotion of Science/Grant-in-Aid for Scientific Research on Innovative Areas90,740,000Yen
基盤研究(S)フロッキュレーション解析に基づく環境界面工学の展開2016-04 -- 2020-03足立 泰久Japan Society of for the Promotion of Science/2,500,000Yen
基盤研究(A)(一般)多剤耐性遺伝子の環境中残存機構と人への暴露リスク評価2016-04 -- 2020-03鈴木 聡Japan Society of for the Promotion of Science/500,000Yen
植物等の生物を用いた高機能品生産技術の開発/高生産性微生物創製に資する情報解析システムの開発2019-04 -- 2020-03野村暢彦国立研究開発法人新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)/45,840,000Yen
植物等の生物を用いた高機能品生産技術の開発/高生産性微生物創製に資する情報解析システムの開発2017-09 -- 2019-03野村暢彦国立研究開発法人新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)/30,696,000Yen
単一光子スペクトル計測によるイメージング技術開発と細胞機能ヴィジュアライザの創成2017-10 -- 2022-03福田大治JST 国立研究開発法人科学技術振興機構(CREST)/32,300,000Yen
細菌由来メンブランヴェシクルを利用した粘膜ワクチンの基盤的研究2016-04 -- 2018-03Nobuhiko Nomura国立研究開発法人日本医療研究開発機構(AMED)/2,500,000Yen
野村集団微生物制御プロジェクト2015-10 -- 2021-03野村暢彦科学技術振興機構(JST)/JST Basic Research Programs (Exploratory Research for Advanced Technology :ERATO)1,700,000,000Yen
微生物シグナルを利用した微生物集団制御技術の科学的基盤確立に関する研究2013-10 -- 2018-03野村暢彦日本学術振興会/基盤研究(A)
自然界から分離した細胞外小胞は、微生物へのシグナル運搬能を有するのか?2013 -- 2014野村 暢彦Japan Society for the Promotion of Science/挑戦的萌芽研究4,160,000Yen
Career history
2018-10 -- (current)Microbiology Research Center for Sustainability Deputy Director
2015-10 -- (current)JST ERATO 研究総括
2015-04 -- (current)東京大学 生物生産工学センター 客員教授
Academic societies
2015 -- (current)The Pseudomonas Aeruginosa Infection Society
2014 -- (current)JAPANESE SOCIETY FOR BACTERIOLOGY
2014 -- (current)日本バイオフィルム学会
1990 -- (current)JAPAN SOCIETY FOR BIOSCIENCE, BIOTECHNOLOGY, AND AGROCHEMISTRY
1989 -- (current)The Society for Bioscience and Bioengineering, Japan
2001 -- (current)JAPANESE SOCIETY OF MICROBICAL ECOLOGY
1996 -- (current)環境バイオテクノロジー学会
2002 -- (current)American Society for Microbiology
Honors & Awards
2005-11-15日本生物工学会生物工学奨励賞(斎藤賞)
2004-11-21日本微生物生態学会 論文賞
Articles
Books
  • グリーンエネルギー生産技術の高度化に向けたバイオフィルム制御法の開発
    野村 暢彦
    日経バイオテク, (株)日経BP社, 2017-02
  • バイオフィルムの有効利用に向けたバイオフィルム解析とその展望
    野村 暢彦
    バイオフィルム制御に向けた構造と形成過程 ー特徴・問題点・事例・有効利用から読み解くアプローチー , (株)シーエムシー出版, 2017-11
  • 微生物生態学領域におけるバイオフィルム
    野村 暢彦
    臨床と微生物 Vol.45 No.1 ㈱近代出版, 2018-01
  • 低炭素化社会に向けたバイオフィルム制御法の開発
    野村 暢彦
    特集 革新的低炭素化技術の開発 2018年2月号 化学工業, 2018-02
  • バイオフィルムの新たな展開
    野村 暢彦
    感染症 Vol.48 No.5, 2018-09
  • Anaerobic life style of Pseudomonas aeruginosa
    Nomura Nobuhiko
    Pseudomonas, Springer, 2014-03
  • 植物病原菌より分離したプラスミドの複製及び接合伝達の分子機構
    野村 暢彦
    2005-10
  • クォーラムセンシングに基づいた微生物の新機能開発
    野村暢彦
    BIOINDUSTRY シーエムシー出版, 2008-08
  • 細菌間情報伝達機構は呼吸代謝にも関与する
    豊福雅典; 内山裕夫; 野村暢彦*; +野村 暢彦
    環境バイオテクノロジー学会誌, 2008-01
  • 環境と微生物:硝化・脱窒
    野村暢彦
    微生物の辞典・朝倉書店, 2008-01
  • 新しい微生物の利用と課題:バイオフィルム
    野村暢彦
    微生物の辞典・朝倉書店, 2008-01
Conference, etc.
  • 親和性・非親和性Pseudomonas syringae pv. tomato DC3000接種時のシロイヌナズナにおけるファイトアレキシン合成部位の比較
    岩本瑞生; 桝尾俊介; 野村暢彦; 別役 重之
    平成31年度 日本植物病理学会大会/2019-03-18--2019-03-20
  • シロイヌナズナとPseudomonas syringae pv. tomato DC3000 相互作用の時空間的ダイナミクス
    別役 重之; 別役恵理子; 天野雄太; 石賀康博; 石賀貴子; 野村...
    平成31年度 日本植物病理学会大会/2019-03-18--2019-03-20
  • 植物免疫におけるACCELERATED CELL DEATH6の機能解析
    尾形朋美; 野村暢彦; 別役重之
    第60回日本植物生理学会年会/2019-03-13--2019-03-15
  • Functional analysis of camalexin, a phytoalexin in Arabidopsis thaliana, against Pseudomonas syringae pv. tomato DC3000 carrying AvrRpt2
    Iwamoto Mizuki; Nomura Nobuhiko; Betsuyaku Shigeyuki
    第60回日本植物生理学会年会/2019-03-13--2019-03-15
  • Pseudomonas syringae pv. tomato DC3000 (AvrRpt2) に対するシロイヌナズナ免疫におけるカマレキシン合成経路の機能解析
    岩本瑞生; 野村暢彦; 別役 重之
    平成30年度 日本植物病理学会関東部会/2018-09-27--2018-09-28
  • Pseudomonas syringae pv. tomato DC3000の植物体内における挙動の可視化による解析
    尾形朋美; 野村暢彦; 別役 重之
    平成30年度 日本植物病理学会関東部会/2018-09-27--2018-09-28
  • ACCELERATED CELL DEATH 6 (ACD6) プロモーター活性化パターンの時空間観察
    尾形朋美; 野村暢彦; 別役 重之
    平成30年度 日本植物病理学会関東部会/2018-09-27--2019-09-28
  • 空間的・代謝的な相互作用を介した細菌と真菌の新たな相利共生戦略
    久知良桃花; Gayan Abeysinghe; 桝尾俊介; 萩原 大祐; 高谷直...
    2019年度日本農芸化学会/2019-03-24--2019-03-27
  • 菌糸ネットワークを介した糸状菌と細菌の相互作用の解析
    久知良桃花; Gayan Abeysinghe; 桝尾俊介; 萩原 大祐; 高谷直...
    糸状菌分子生物学コンファレンス/2018-11-15--2018-11-16
  • 微生物制御3.0
    野村 暢彦
    JRIA 研究産業・産業技術振興協会 グライコサイエンス未来産業開拓研究会 /2018-12-10--2018-12-10
  • 細菌のダイイングメッセージ
    野村 暢彦
    第41回日本分子生物学会年会/2018-11-29--2018-11-29
  • Autofluorescence signature-based screening: Pilot study with lipid producing yeast strain
    八幡 穣; 平山智弘; 八幡志央美; 川村優樹; 高部響介; 野村暢彦
    2018年度 環境微生物系合同発表会
  • 自家蛍光シグネチャー評価による新規スクリーニング法:酵母の油脂代謝性をモデルとして
    平山智弘; 八幡志央美; 高部響介; 川村優樹; 岡野千草; 野村...
    日本農芸化学会 2019年度大会
  • 自家蛍光プロファイル解析を用いた 1細胞レベルでの酸化ストレス応答評価
    岡野千草; 野村暢彦; 八幡穣
    日本微生物生態学会 第32回大会
  • 一細胞自家蛍光シグネチャー解析による油脂生産性の仮想的ラベリング
    平山智弘; 八幡志央美; 川村優樹; 野村暢彦; 八幡穣
    日本微生物生態学会 第32回大会
  • う蝕病原性細菌のスクロースに応答した細胞外DNA放出機構の解析
    井上紗智; 稲葉知大; 尾花 望; 八幡穣; 泉福英信; 野村暢彦
    第91回 日本細菌学会総会
  • 飢餓状態に応答した海洋単離株FT01のバイオフィルムによる鉄獲得機構
    渡辺宏紀; 稲葉知大; 尾花 望; 宮野泰征; 野村暢彦
    第91回 日本細菌学会総会
  • 微生物相互作用を制御しうるMV生産機構の解析
    安田まり奈; 豊福雅典; 森永花菜; 尾花 望; 野村暢彦
    日本農芸化学会2018年度大会
  • 環境に存在するメンブレンベシクルの解析
    鬼澤里奈; 豊福雅典; 森永花菜; 尾花 望; 野村暢彦
    日本農芸化学会2018年度大会
  • 乳酸菌環境単離株における莢膜合成遺伝子の相変異機構の解析
    江橋由夏; 河嶋伊都子; 尾花 望; 久保田浩美; 清川達則; 八城...
    日本農芸化学会2018年度大会
  • Paenibacillus属細菌のバイオフィルム形成が芽胞の性質に与える影響
    加藤寛子; 横山佳奈; 尾花 望; 久保田浩美; 八城勢造; 永井智...
    日本農芸化学会2018年度大会
  • 糸状菌と枯草菌の相互作用の解析
    久知良桃花; 竹下典男; 尾花 望; 野村暢彦
    日本農芸化学会2018年度大会/2018-03-15--2018-03-18
  • う蝕病原性細菌のスクロース特異的な細胞外DNA放出機構の解明
    井上紗智; 稲葉知大; 尾花 望; 八幡穣; 泉福英信; 野村暢彦
    第100回 日本細菌学会関東支部大会
  • Paracoccus denitrificansにおけるプロファージ遺伝子を介したMV生産機構の解析
    安田まり奈; 豊福雅典; 森永花菜; 尾花 望; 野村暢彦
    第100回 日本細菌学会関東支部大会
  • バイオフィルム構造体における自然突然変異株出現の可視化解析
    伊澤徹; 豊福雅典; 清川達則; 楊佳約; 尾花 望; 野村暢彦
    第100回 日本細菌学会関東支部大会
Intellectural property rights
  • 緑膿菌バイオフィルム形成に対するワクチン抗原体
    野村暢彦; 他4名
  • 細菌の増殖を制御する化合物及びその応用
    野村暢彦; 他2名
Teaching
2019-10 -- 2020-02Dissertation in Applied Microbiology IIIUniversity of Tsukuba.
2019-04 -- 2019-08Dissertation in Applied Microbiology IIIUniversity of Tsukuba.
2019-10 -- 2019-12Biological resources and the EnvironmentUniversity of Tsukuba.
2019-10 -- 2020-02Methodology on Water Environment ResearchUniversity of Tsukuba.
2019-04 -- 2019-08Methodology on Water Environment ResearchUniversity of Tsukuba.
2019-10 -- 2020-02Thesis Seminar in Environmental Sciences 1F [Japanese]University of Tsukuba.
2019-04 -- 2019-08Seminar in Environmental Sciences 1S [Japanese]University of Tsukuba.
2019-10 -- 2020-02Seminar on Integrative Environment and Biomass Sciences BUniversity of Tsukuba.
2019-04 -- 2019-08Seminar on Integrative Environment and Biomass Sciences BUniversity of Tsukuba.
2019-04 -- 2019-08Thesis Seminar in Environmental Sciences 2S [Japanese]University of Tsukuba.
Other educational activities
2019-06 -- 2019-06令和元年度サイエンスカフェ(SSH事業)「微生物も群れて会話する」茨城県立並木中等教育学校
2019-06 -- 2019-06筑波大学付属高校 大学/研究室訪問「微生物社会を垣間見る」筑波大学
2019-04 -- 2019-04キッズ・ユニバーシティ 特別授業「目に見えない小さな生き物の不思議な世界」University of Tsukuba
2018-08 -- 2018-08東京都理数研究ラボ(東京都教育庁主催)にて講演「環境・食・健康と微生物」株式会社リバネス
Talks
  • 細菌における新奇DNAの備蓄・伝播機構
    野村 暢彦
    愛媛大学 環境薬剤体制菌研究会/2019-05-31--2019-05-31
  • 微生物制御3.0に向けて 〜サイエンスとテクノロジーの双輪〜
    野村 暢彦
    早稲田大学理工学術院 竹山研究室主催セミナー/2019-05-07--2019-05-07
  • 細菌はバイオフィルム形成により多様性が促進され, 死ぬことでMVにDNAがストレージされる
    野村 暢彦
    第92回日本細菌学会総会 日本細菌学会・日本微生物生態学会共催シンポジウム/2019-04-23--2019-04-23
  • 細菌メンブレンベシクルの生態的意義を考える
    野村 暢彦
    日本農芸化学会 2019年度大会 /2019-03-24--2019-03-24
  • バイオフィルムの内部構造を探る、バイオイメージング最前線
    野村 暢彦
    日本歯科薬物療法学会・日本有病者歯科治療学会 合同学会/2019-03-02--2019-03-03
  • バイオフィルムによる環境における生存戦略と感染症との関わり
    野村 暢彦
    第34回日本環境感染症学会総会・学術集会/2019-02-22--2019-02-23
  • 微生物も群れて会話し社会を形成している 〜微生物社会学の新展開〜
    野村 暢彦
    新学術領域・炎症細胞社会の公開シンポジウム/2019-01-22--2019-01-22
  • 微生物制御3.0を目指して 〜新たな微生物制御のための分野を越えた取り組み〜
    野村 暢彦
    合成生物シンポジウム/2018-09-26--2018-09-26
  • 細菌が放つ多様な細胞外粒子
    野村 暢彦
    コロイドおよび界面化学討論会/2018-09-19--2018-09-19
  • 生物間相互作用解析からの視点
    野村 暢彦
    2018年度 京都バイオ計測センターシンポジウム/2018-08-1--2018-08-1
  • 細菌が放つメンブレンベシクル  〜細胞死と言霊〜
    野村 暢彦
    第36回物性物理化学研究会/2018-07-06--2018-07-06
  • 集団微生物学のすすめ  〜細胞の外側で起きている事象が面白い〜
    野村 暢彦
    IFO寄付講座記念シンポジウム「関わりあう微生物」/2018-06-29--2018-06-29
  • 微生物間相互作用にみられる“複雑なタペストリー”
    野村 暢彦
    日本微生物資源学会つくば大会、系統分類部会主催シンポジウム/2018-06-15--2018-06-15
  • バイオフィルム制御のための研究展開
    野村 暢彦
    TOTO株式会社社員向けセミナー/2018-05-23--2018-05-23
  • 細菌の細胞死とバイオフィルム 〜One for All, All for One?〜
    野村暢彦
    大阪大学微生物病研究所/2017-06-09--2017-06-09
  • 微生物制御3.0 ~微生物も群れて会話する~
    野村暢彦
    平成29年度(第88回)広島醗酵会総会・公開講演会/2017-07-01--2017-07-01
  • 微生物制御3.0
    野村暢彦
    第31回日本バイオフィルム学会学術集会/2017-07-07--2017-07-08
  • 微生物バイオフィルム制御の新展開
    野村暢彦
    日本セラミックス協会秋季シンポジウム/2017-09-20--2017-09-20
  • 集団微生物間ネットワークとバイオフィルム
    野村暢彦
    第66回日本感染症学会東日本地方会学術集会 第64回日本化学療法学会東日本支部総会 合同学会/2017-11-01--2017-11-01
  • 微生物制御3.0 ~集団微生物学のすすめ~
    野村暢彦
    農芸化学100シンポジウム/2017-12-10--2017-12-10
  • 複合微生物系における細胞間シグナル伝達
    野村暢彦
    JBA 発酵と代謝研究会 平成29年度第2回勉強会/2018-01-15--2018-01-15
  • 緑膿菌バイオフィルム-ワンヘルスの観点から-
    野村暢彦
    第52回緑膿菌感染症研究会/2018-02-02--2018-02-03
  • 細菌の細胞死と情報伝達
    野村暢彦
    2017年度 遺伝研研究会「単細胞システム細胞内装置の構造と機能」/2018-03-22--2018-03-23
  • マイクロデバイス技術と新規イメージング技術の融合による新しい微生物解析技術の開発-微生物のありのままの非破壊・非侵襲的かつ継時的な解析
    野村暢彦
    2011年度ゲノム微生物学会大会/2011-08-01
  • 微生物集合体バイオフィルム内の細胞外DNAの役割
    野村暢彦
    第84回日本生化学会大会/2011-09-01
Professional activities
-- (current)マクロライド新作用研究会世話人
2016-04 -- (current)The Pseudomonas Aeruginosa Infection Society運営委員
2018-04 -- 2020-03JAPANESE SOCIETY FOR BACTERIOLOGY教育委員会委員
2018-04 -- 2018-06Japan Society for Environmental Biotechnology環境バイオテクノロジー学会2018年度大会実行委員
2015-04 -- (current)Microbes and EnvironmentsEditor
2015-03 -- (current)日本バイオフィルム学会副理事長
2015-01 -- (current)Applied Environmental Microbiology (ASM)Editorial Board Member
2013-06 -- (current)日本環境バイオテクノロジー学会理事
2013-04 -- (current)Journal of Bioscience and BioengineeringEditor
2008 -- (current)JAPANESE SOCIETY OF MICROBICAL ECOLOGY評議員
University Management
2008-04 -- 2009-03委員・生命環境科学研究科広報・IT委員会持続環境学専攻より選出
2008-04 -- 2009-03委員長・持続環境学専攻広報・IT委員会全体のとりまとめ

(Last updated: 2019-06-25)