You are here

Tanaka Kenta

face
Affiliation
Faculty of Life and Environmental Sciences
Official title
Associate Professor
Sex
Male
Birth date
1974-11
KAKEN ID
80512467
URL
Office
Sugadaira Research Station, Mountain Science Center, University of Tsukuba, Laboratory for Evolutionary and Conservation Ecology
Phone
0268-74-2002
Fax
0268-74-2016
Research fields
Ecology/Environment
Evolutionary biology
Genetics/Chromosome dynamics
Research keywords
Ecology
Population genetics
Biodiversity
Evolutionary biology
Reproduction
Regeneration
Environmental variation
Environmental cline
Pollination
Forest
Research projects
植生履歴が草原の生物圏に与える影響:古い草原の歴史的価値2017 -- 2019田中 健太Japan Society for the Promotion of Science/Grant-in-Aid for Scientific Research(C)4,810,000Yen
エピジェネティクスによる累代適応を、適応幅が広いシロイヌナズナ属野生種で検証する2014 -- 2016田中 健太Japan Society for the Promotion of Science/挑戦的萌芽研究3,900,000Yen
The ecological and population-genetic responses of plants to temporal and spatial environmental variation2008-03 -- (current)/
エピジェネティクスは適応進化の素材となりうるか?-シロイヌナズナ属野生種を材料に2010 -- 2013Japan Society of for the Promotion of Science/若手研究(B)3,510,000Yen
Career history
1999-04 -- 2002-03Kyoto University Center for Ecorogical Research JSPS Research Fellow (DC1)
2002-04 -- 2005-03Hokkaido University Tomakomai Experimental Forest JSPS Postdoctoral Research Fellow
2005-04 -- 2008-03Sheffield University Department of Animal and Plant Sciences Postdoctoral Research Associate
2008-03 -- (current)University of Tsukuba Sugadaira Montane Research Center Assitant Professor
Academic background
1992-04 -- 1997-03University of Tsukuba Second Cluster of College College of Agriculture and ForestryGraduated
1997-04 -- 1999-03Kyoto University Faculty of SciencesCompleted
1999-04 -- 2002-03Kyoto University Facluty of SciencesCompleted
Degree
2002-03Ph.DKyoto University
Academic societies
1997 -- (current)ECOLOGICAL SOCIETY OF JAPAN
Honors & Awards
2000International Association for Vegetation Science, Second prize for oral presentation by young scientists
Articles
Books
  • 第5章 山岳植物生態
    田中 健太; 上條 隆志; 津田 吉晃; 出川 洋介
    2020-09
  • 筑波大学の山岳科学への取り組み
    津田吉晃; 廣田充; 山中勤; 安立美奈子; 立花 敏; 出川洋介; ...
    登山白書2017, 山と渓谷社, pp.126-129, 2017-07
  • 進化学を照らす新しい光?:エピジェネティクスによる適応的継代効果
    Tanaka Kenta
    エピジェネティクスの生態学-環境に応答して遺伝子を調節するしくみ, 文一総合出版, pp.155-164, 2017-02
  • 第15章 個体群間相互作用に生態学を応用する-有害生物防除と収穫管理
    田中 健太
    生態学-個体から生態系へ(原著第四版), 京都大学学術出版会, 2013-03
  • Pollen dispersal and genetic selection in Dipterocarpus tempehes (Dipterocarpaceae) affected by general flowering
    田中 健太
    2002-03
  • 生態学-個体・個体群・群集の科学.
    堀道雄(監訳)訳者17名(含 田中健太); +田中 健太
    京都大学出版会, 2003-01
  • 生態学事典.
    巌佐庸・松本忠夫・菊沢喜八郎・日本生態学会[編] 執筆者29...
    共立出版, 2003-01
  • 樹木の交配.
    田中健太
    森林の科学(中村太士・小池孝良 編)、朝倉書店, 2005-01
  • セイヨウオオマルハナバチは在来植物の脅威になるか?
    田中健太
    森林の生態学 長期大規模研究から見えるもの(種生物学会 編)、文一総合出版., 2006-01
  • 東南アジア熱帯雨林の一斉開花.
    田中健太・鮫島弘光; +田中 健太
    植物の進化(清水健太郎・長谷部光泰 監修)、秀潤社, 2007-01
  • 野外生態系を舞台にオミクスをどう活かすか?:オウシュウミヤマハタザオの分布と適応
    田中健太
    ゲノムが拓く生態学―遺伝子の網羅的解析で迫る植物の生きざま(種生物学会 編)、文一総合出版, 2011-07
Conference, etc.
  • 静脈血栓塞栓症予防目的に開発した床上下肢自動運動器(LEX)の実施可能性の検討
    田中 健太; 清水 如代; 鎌田 浩史; 相川 志都; 三島 初; 金森...
    第93回 日本整形外科学会学術総会/2020-6-11--2020-8-31
  • 絶滅危惧種クロビイタヤ(カエデ属)の遺伝構造
    佐伯 いく代; 平尾章; 田中健太
    68th Annual Meeting of Ecological Society of Japan/2021-03-17--2021-03-21
  • 歴史的な草原が守る⽣物多様性︓ 草原⽣態系を結ぶ全国ネットワークは可能か︖
    田中 健太
    環境研究機関連絡会研究交流セミナー/2019-12-13
  • 草原の時間的連続性が地表徘徊性甲虫群集に与える影響
    井上 太貴; 矢井田 友暉; 小粥 隆弘; 伊藤 昇; 丑丸 敦史; 田...
    第68回日本生態学会全国大会/2021-3-18
  • ドローンによる草原の花検出と植物多様性判別
    山本 裕加; 井上 太貴; 徳永 幸彦; 田中 健太
    第68回日本生態学会全国大会/2021-3-19
  • 草原の時間的連続性と空間分布が蛾類群集に与える影響
    上倉 優; 井上 太貴; 田中 健太
    第68回日本生態学会全国大会/2021-3-18
  • 湿原植生に対する土砂堆積の影響:操作実験による検証
    坂本 浩輝; 山本 裕加; 田中 健太
    第68回日本生態学会全国大会/2021-3-18
  • 草原の時間的連続性が植物群集へ与える影響:ため池堰堤の植生の歴史的価値
    滝澤 一水; 井上 太貴; 川本 晟司; 上倉 優; 關 兵陽; 山本 ...
    第68回日本生態学会全国大会/2021-3-18
  • ミヤマハタザオの生活史の遺伝的な違い:一年生と多年生の多型
    川本 晟司; 關 岳晴; 田中 健太
    第68回日本生態学会全国大会/2021-3-18
  • 草原におけるβ多様性評価のプロットサイズ依存性
    大西 麻衣; 矢井田 友暉; 川上 風馬; 平山 楽; 中田 泰地; 滝...
    第68回日本生態学会全国大会/2021-3-18
  • 絶滅危惧種クロビイタヤ(カエデ属)の遺伝構造
    佐伯 いく代; 平尾 章; 田中 健太
    第68回日本生態学会全国大会/2021-3-19
  • 造成されたスキー場の草原性植物の多様性は種子の散布制限の影響を受けるか
    矢井田 友暉; 中田 泰地; 田中 健太; 丑丸 敦史
    第68回日本生態学会全国大会/2021-3-18
  • 長期観測網は本当に必要か? 趣旨説明
    田中 健太
    第68回日本生態学会全国大会/2021-3-19
  • ドローンによる草原の花検出と植物多様性判別
    山本 裕加; 井上 太貴; 徳永 幸彦; 田中 健太
    第6回山岳学位プログラム学術集会/2020-12-12
  • 維管束植物群集の地球温暖化に対する応答:オープンデータの新規解析手法の提唱
    關 岳陽; 田中 健太
    第6回山岳学位プログラム学術集会/2020-12-12
  • 草原の時間的連続性と空間分布が蛾類群集に与える影響
    上倉 優; 井上 太貴; 田中 健太
    第6回山岳学位プログラム学術集会/2020-12-12
  • 草原の時間的連続性が植物群集へ与える影響:ため池堰堤の植生の歴史的価値
    滝澤 一水; 井上 太貴; 川本 晟司; 上倉 優; 關 兵陽; 山本 ...
    第6回山岳学位プログラム学術集会/2020-12-12
  • 草原の時間的連続性が地表徘徊性甲虫群集に与える影響
    井上 太貴; 矢井田 友暉; 小粥 隆弘; 伊藤 昇; 丑丸 敦史; 田...
    第6回山岳学位プログラム学術集会/2020-12-12
  • 湿原植生に対する土砂堆積の影響:操作実験による検証
    坂本 浩輝; 山本 裕加; 田中 健太
    第6回山岳学位プログラム学術集会/2020-12-12
  • ミヤマハタザオの生活史の遺伝的な違い:一年生と多年生の多型
    川本 晟司; 關 岳晴; 田中 健太
    第6回山岳学位プログラム学術集会/2020-12-12
  • Do forest communities experience thermophilization in Japan? – The utility and limitation of the CTI
    Seki Takeharu; Kenta T.
    Ecological Society of America Virtual Meeting 2020/2020-8-3--2020-8-6
  • Linking Stoichiometric Organic Carbon–Nitrogen Relationships to planktonic Cyanobacteria and Subsurface Methane Maximum in Deep Freshwater Lakes
    Khatun S. Iwata T. Kojima H. Ikarashi Y. Yamanami K. Imaz...
    JpGU (Japan Geoscience Union)-AGU (American Geoscience Union) Joint Meeting 2020/2020-5-24
  • 78%の日本の植物種はより寒冷地へ移動した:GBIFの在データを用いた新手法の提案
    關 岳陽; 田中 健太
    JpGU (Japan Geoscience Union)-AGU (American Geoscience Union) Joint Meeting 2020/2020-5-24
  • 草原の時間的連続性が植物と蝶類の群集に与える影響
    井上 太貴・矢井田 友暉・上原 勇樹・勝原 光希・高島 敬子・...
    JpGU (Japan Geoscience Union)-AGU (American Geoscience Union) Joint Meeting 2020/2020-5-24
  • 造成されたスキー場の草原性植物の多様性は種子の散布制限の影響を受けるか
    矢井田友暉・中田泰地・田村徹; Tanaka Kenta; 丑丸敦史
    日本生態学会第67回全国大会/2020-03
Teaching
2021-10 -- 2022-02Seminar on Ecology DIIUniversity of Tsukuba.
2021-09 -- 2021-09Extension Course of Laboratory and Field Studies in Forest EcologyUniversity of Tsukuba.
2021-04 -- 2021-08Thesis Research in Ecology SUniversity of Tsukuba.
2021-10 -- 2022-02Research in Mountain Science IUniversity of Tsukuba.
2021-04 -- 2021-08Research in Mountain Science IUniversity of Tsukuba.
2021-08 -- 2021-08Advanced Field Course in Mountain Grassland EcologyUniversity of Tsukuba.
2021-10 -- 2022-02Thesis Research in Ecology IIUniversity of Tsukuba.
2022-02 -- 2022-03Advanced Lecture in Mountain StudiesUniversity of Tsukuba.
2021-04 -- 2021-08Seminar on Ecology DIUniversity of Tsukuba.
2021-10 -- 2022-02Seminar on Ecology CIIUniversity of Tsukuba.
Other educational activities
2011-09 -- 2011-09千葉大学理学部の野外実習 1コマ担当学外
2010-06 -- 2010-06東邦大学講義「野外生態学実習I」 1コマ担当学外
2010-04 -- 2012-03修士研究指導 1名 「オサムシの集団遺伝学」University of Tsukuba.
2010-04 -- 2011-03卒業研究指導 1名「植物の生殖隔離」学外
2009-06 -- 2009-06東邦大学講義「野外生態学実習I」 1コマ担当学外
2009-04 -- 2010-03卒業研究指導 1名 「オサムシの景観生態学」University of Tsukuba.
2009-02 -- 2009-09Natureセミナー 計12回University of Tsukuba.
2000-06 -- 2000-06青山幼稚園・幼稚園児と父母を対象にした自然観察会学外
Talks
  • 峰の原高原の山野草の大切さについて
    田中 健太
    峰の原の草原をつくろう! vol.2/2016-7-10
  • 菅平湿原の⼟砂問題:経緯と課題
    田中 健太
    第三回菅平湿原シンポジウム/2017-11-6
  • 草木たちの命のリレー ~植物保全生態学~(3)
    田中 健太
    まちなか自然講座 ~昆虫・植物・菌類~/2017-7-3
  • 草木たちの命のリレー ~植物保全生態学~(2)
    田中 健太
    まちなか自然講座 ~昆虫・植物・菌類~/2017-6-26
  • 草木たちの命のリレー ~植物保全生態学~(1)
    田中 健太
    まちなかキャンパス リレー講座/2017-6-19
  • 草木たちの命のリレー ~植物保全生態学~(3)
    田中 健太
    まちなか自然講座 ~昆虫・植物・菌類~/2018-6-18
  • 草木たちの命のリレー ~植物保全生態学~(2)
    田中 健太
    まちなか自然講座 ~昆虫・植物・菌類~/2018-6-10
  • 草木たちの命のリレー ~植物保全生態学~(1)
    田中 健太
    まちなか自然講座 ~昆虫・植物・菌類~/2018-6-3
  • 草木たちの命のリレー ~植物保全生態学~(2)
    田中 健太
    まちなか自然講座 ~昆虫・植物・菌類~/2019-6-10
  • 草木たちの命のリレー ~植物保全生態学~(1)
    田中 健太
    まちなか自然講座 ~昆虫・植物・菌類~/2019-6-3
  • 歴史的な遺産である草原の生き物について
    田中 健太
    ペチャクチャナイトNAGANO Vol.40 in 長谷寺/2018-6-16
  • 根子岳 現地ミニレクチャー
    田中 健太
    求む。花の百名山根子岳での笹刈り助っ人/2018-11-3
  • 菅平と真田の草原植物:氷河期と縄文時代からの歴史遺産
    田中 健太
    第4回真田塾/2019-2-2
  • 峰の原高原の山野草の解説
    田中 健太
    峰の原の草原をつくろう!Vol.5/2019-9-7--2019-9-8
  • 根子岳 現地ミニレクチャー
    田中 健太
    求む。花の百名山根子岳での笹刈り助っ人/2019-11-2
  • 歴史的景観を地域に残す意義は何だろうか
    田中 健太
    第4回 菅平湿原シンポジウム「人が豊かにする自然」/2019-11-15
  • 菅平高原・峰の原の草原の解説
    田中 健太
    峰の原の草原をつくろう! Vol.6/2020-9-19--2020-9-20
  • 塩田平ため池群に咲く花の歴史的価値と外来植物対策
    田中 健太
    塩田まちづくり協議会・学習会/2020-10-25
  • 根子岳で笹を刈る理由について
    田中 健太
    上田市オリジナルラジオ番組「うえだ大好き!」、ミュニティFM放送局「はれラジ(FMとうみ)」/2020-10-22
  • 根子岳ミニレクチャー
    田中 健太
    求む。花の百名山 根子岳での笹刈り助っ人/2020-11-8
  • アニマルトラッキングの解説
    田中 健太
    冬のけもの塾 in 菅平高原/2021-2-20
  • ボルネオの巨木の上で見つけたこと
    田中 健太
    信州森フェスティバル2013in菅平/2013-06-29
  • 私達の命を支える植物の多様性~その利用と研究
    田中 健太
    国際植物の日イベント・「来て見て発見!多種多彩な植物」/2013-05-19
  • LTE”G”Rの展望
    田中健太
    ReSIN-II新潟会議/2012-06-11
  • 温度感受性の高い山岳森林限界部における温暖化実験
    菅平高原実験センター; +田中 健太
    第9回環境研究シンポジウム/2011-11-08
Professional activities
2013-03 -- 2018-05JaLTER科学委員
2008-04 -- (current)JaLTER情報管理委員
2008-04 -- (current)JaLTER運営委員
2008-04 -- (current)JaLTER代表者委員
2018-05 -- (current)JaLTER科学委員長
2017-05 -- 2019-05JaLTER事務局長
2009-01 -- 2012-03ECOLOGICAL SOCIETY OF JAPAN和文誌編集委員
2010-04 -- (current)ECOLOGICAL SOCIETY OF JAPAN将来計画専門委員
2011-01 -- 2014-12Population EcologyEditorial Board
2004 -- 2006ECOLOGICAL SOCIETY OF JAPANSteering committee; Commitee for LTER; Commitee for Japanese Journal of Ecology
University Management
2017-04 -- 2019-03山岳科学センター報告会準備委員長
2017-04 -- (current)山岳科学センター広報委員長
2017-04 -- (current)山岳科学センター共同利用運営委員
2017-04 -- (current)山岳科学センター運営委員
2017-04 -- (current)山岳科学学位プログラム広報委員長
2017-04 -- (current)山岳科学学位プログラム運営委員
Message
Plants live, adapt and evolve in variable environments. In spatially and temporally variable environments, is adaptive evolution going on for what traits, in what kind of ecological interactions and by changes in what genes? To address these questions, I'm studying ecologically diverse and interesting, and genetically easy to handle, several wild Arabidopsis species. My research field also involves canopy ecology and ecological genetics of Bornean tropical rainforests, ecological impact of an exotic bumblebee, landscape ecology of an endangered tree and ground-walking insects. Biological creatures show their real faces only in natural ecosystem. Natural environments and wild species, which have been hard to study, are becoming easier to tackle due to recent technical innovation and they are increasingly interested as frontier of evolutionary biology. Please contact me if you got interested in many exciting research opportunities in this field.

(Last updated: 2021-07-07)