You are here

Toyama Miki

Affiliation
Faculty of Human Sciences
Official title
Associate Professor
Research fields
Educational psychology
Research keywords
動機づけ
自己認知(ポジティブ・イリュージョン
楽観主義
防衛的悲観主義)
社会的比較
学業達成
Research projects
制御焦点とパフォーマンスの関連ー他者の影響に焦点を当ててー2019 -- 2021外山 美樹Japan Society for the Promotion of Science/Grant-in-Aid for Scientific Research(C)4,290,000Yen
楽観性と目標達成の関連−目標の追求の仕方に焦点を当てて−2016 -- 2018外山 美樹Japan Society for the Promotion of Science/Grant-in-Aid for Scientific Research(C)4,550,000Yen
オプティミズムがパフォーマンスに及ぼす影響-防衛的悲観主義との比較から-2010 -- 2012Japan Society of for the Promotion of Science/若手研究(B)3,830,000Yen
保育現場に根ざす新しい保育カウンセリングモデルの開発-保育カウンセラーの機能と役割-2008 -- 2010Japan Society of for the Promotion of Science/基盤研究(C)120,000Yen
保育現場に根ざす新しい保育カウンセリングモデルの開発-保育カウンセラーの機能と役割-2008 -- 2010Japan Society of for the Promotion of Science/基盤研究(C)120,000Yen
偏った自己認知における情報処理メカニズム2008 -- 2009Japan Society of for the Promotion of Science/若手研究(スタートアップ)3,562,000Yen
保育現場に根ざす新しい保育カウンセリングモデルの開発-保育カウンセラーの機能と役割-2008 -- 2010Japan Society of for the Promotion of Science/基盤研究(C)120,000Yen
保育現場に根ざす新しい保育カウンセリングモデルの開発-保育カウンセラーの機能と役割-2008 -- 2010Japan Society of for the Promotion of Science/基盤研究(C)120,000Yen
日本人における自己認知のあり方と精神的健康の関係について2003 -- 2005Japan Society of for the Promotion of Science/特別研究員奨励費3,300,000Yen
Career history
2000-06 -- 2003-02筑波大学 心理学系 準研究員
2003-03 -- 2003-03筑波大学 心理学系 助手
2003-04 -- 2006-03日本学術振興会 特別研究員(PD)
2007-04 -- 2008-03鹿屋体育大学 講師
2008-04 -- (current)筑波大学 心理学系 准教授
Academic background
1993-04 -- 1997-03筑波大学第二学群人間学類 Second Cluster of College 心理学専攻Graduated
1997-04 -- 2000-05筑波大学大学院博士課程心理学研究科 Graduate School, Division of PsychologyAccomplished credits for doctoral program
Degree
1999-03修士(心理学)筑波大学
2003-02博士(心理学)筑波大学
Academic societies
-- (current)JAPANESE SOCIETY OF SPORT PSYCHOLOGY
-- (current)THE JAPANESE PSYCHOLOGICAL ASSOCIATION
-- (current)The Japanese Association of Educational Psychology
-- (current)THE JAPANESE SOCIETY OF SOCIAL PSYCHOLOGY
-- (current)Japan Society of Personality Psychology
-- (current)JAPAN SOCIETY DEVELOPMENTAL PSYCHOLOGY
Honors & Awards
2007-11日本パーソナリティ心理学会第16回大会 優秀大会発表賞 受賞
2005-11日本パーソナリティ心理学会第14回大会 優秀大会発表賞 受賞
Articles
  • 制御適合はパフォーマンスを高めるのか―小学生を対象として―
    三和 秀平; 外山 美樹; 長峯 聖人; 湯 立; 黒住 嶺; 相川 充
    教育テスト研究センター年報/2/pp.41-43, 2017
  • 制御適合は小学生のパフォーマンスを高めるのか?
    三和 秀平; 外山 美樹; 長峯 聖人; 湯 立; 黒住 嶺; 相川 充
    教育テスト研究センター年報/3/pp.22-24, 2018
  • 拡散的思考課題における産出物のカテゴリー制約がパフォーマンスに及ぼす影響―制御焦点を調整変数として―
    湯 立; 黒住 嶺; 外山美樹; 長峯聖人; 三和秀平; 相川 充
    教育テスト研究センター年報/2/pp.38-34, 2017
  • 制御適合はパフォーマンスを高めるのか?―制御適合の種類とパフォーマンスのタイプ別の検討―
    外山 美樹; 長峯 聖人; 湯 立; 三和 秀平; 相川 充
    教育テスト研究センター年報/1/pp.22-24, 2016
  • 大学生における専攻分野への学習興味と専攻分野に対する価値認識との関連―大学生用学習分野価値尺度を作成して―
    湯 立; 外山 美樹
    筑波大学心理学研究/52/pp.7-17, 2016
  • 制御焦点と上方比較後の感情・動機づけ・パフォーマンスとの関連―同化と対比に着目して―
    三和 秀平; 外山 美樹; 長峯 聖人; 湯 立; 相川 充
    教育テスト研究センター年報/1/pp.37-39, 2016
  • 学業領域における制御焦点尺度の作成―信頼性・妥当性の検討―
    外山 美樹; 長峯 聖人; 湯 立; 三和 秀平; 相川 充
    筑波大学心理学研究/52/pp.19-24, 2016
  • 欲求支援行動が課題学習へのエンゲージメントに及ぼす影響―制御焦点に着目して―
    肖 雨知; 外山 美樹; 長峯 聖人; 三和 秀平; 湯 立; 相川 充
    教育テスト研究センター年報/4/pp.45-47, 2019
  • 制御焦点がパフォーマンスに及ぼす影響―目標達成の観点から―
    外山 美樹; 長峯 聖人; 湯 立; 肖 雨知; 三和 秀平; 相川 充
    教育テスト研究センター年報/4/pp.1-10, 2019
  • 基本的心理欲求支援が欲求充足を介して友人関係評価に及ぼす影響―制御焦点に着目して―
    三和 秀平; 外山 美樹; 長峯 聖人; 湯 立; 肖 雨知; 相川 充
    教育テスト研究センター年報/4/pp.41-44, 2019
  • 基本的支援欲求支援が欲求充足を介して友人関係評価に及ぼす影響-制御焦点に着目して-
    三和 秀平; 外山 美樹; 長峯 聖人; 湯 立; 肖 雨知; 相川 充
    Annual Report of Center for Research on Educational Testing/4/pp.41-44, 2019-07
  • 欲求支援行動が課題学習へのエンゲージメントに及ぼす影響-制御焦点に着目して-
    肖 雨知; 外山 美樹; 長峯 聖人; 三和 秀平; 湯 立; 海沼 亮...
    Annual Report of Center for Research on Educational Testing/4/pp.45-48, 2019-07
  • 制御適合がパフォーマンスに及ぼす影響-目標達成の観点から-
    外山 美樹; 長峯 聖人; 湯 立; 肖 雨知; 三和 秀平; 相川 充
    Annual Report of Center for Research on Educational Testing/4/pp.1-10, 2019-07
  • Is the prevention focus conserving cognitive resources?
    外山 美樹; 湯 立; 肖 雨知; 長峯 聖人; 三和 秀平; 相川 充
    The Proceedings of the Annual Convention of the Japanese Psychological Association/82/pp.1AM-092-1AM-092, 2018
  • Effects of product constraints on creative performance: Regulatory focus as a moderator
    湯 立; 外山 美樹; 長峯 聖人; 三和 秀平; 相川 充
    The Proceedings of the Annual Convention of the Japanese Psychological Association/82/pp.2PM-081-2PM-081, 2018
  • 制御適合がメッセージへの評価に及ぼす影響-熟知性に着目して-
    長峯聖人; 外山美樹; 三和秀平; 湯立; 黒住 嶺; 相川 充
    The Japanese journal of psychology/88(6)/pp.587-593, 2018-02
  • Interpersonal Behaviours Questionnaire-self(IBQs-J)の日本語版の開発および妥当性の検討
    肖 雨知; 外山 美樹
    筑波大学心理学研究/57, 2019
  • 本邦におけるノスタルジアの機能的特徴―感傷を伴う懐かしさという観点から―
    長峯 聖人; 外山 美樹
    筑波大学心理学研究/56/p.21, 2018
  • Teachers' Learning Motivation for Subject Instructions, Strategies, and Their Perception of Teaching Skills in Teacher's License Renewal Seminar
    三和 秀平; 外山 美樹
    The Japanese Journal of Personality/28(1)/pp.80-83, 2019
  • Developing the Japanese version of the Southampton Nostalgia Scale
    長峯 聖人; 外山 美樹
    The Japanese journal of psychology/90(4)/pp.389-397, 2019
  • 制御焦点とライバル関係との関連―ライバルによる理想自己の顕在化と動機づけの生起を考慮して―
    長峯 聖人; 外山 美樹; 湯 立; 三和 秀平; 肖 雨知; 相川...
    教育心理学研究/67, 2019
  • ノスタルジアが時間的態度に与える影響―本来性を媒介要因として―
    長峯 聖人; 外山 美樹
    教育心理学研究/67, 2019
  • 産出物の制約が創造的パフォーマンスに及ぼす影響―制御焦点を調整変数として―
    湯 立; 外山 美樹; 長峯 聖人; 三和 秀平; 相川 充
    ソーシャルモチベーション研究/10/pp.12-25, 2020
  • 大学運動部活動における部員の自律的動機づけが部活動への適応感に及ぼす影響―主将のリーダーシップを調整変数として―
    外山 美樹; 湯 立
    教育心理学研究/67, 2019
  • Do prevention-focused orientations conserve cognitive resources?
    外山 美樹; 湯 立; 長峯 聖人; 三和 秀平; 相川充
    The Japanese journal of psychology/90(3)/pp.242-251, 2019
Books
  • 大学生における自己のポジティブ・イリュージョンに関する心理学的研究
    外山 美樹
    2003-02
  • 日本人におけるポジティブ・イリュージョンと精神的健康
    外山 美樹
    1999-03
  • 行動を起こし,持続する力-モチベーションの心理学-
    外山美樹
    新曜社, 2011-12
  • ポジティブマインド-スポーツと健康,積極的な生き方の心理学-
    海保 博之; 中込 四郎; 石崎 一記; 外山 美樹
    新曜社, 2010-04
  • やさしい発達と学習
    外山紀子・外山美樹; +外山 美樹
    有斐閣, 2010-03
  • 現代のエスプリ-ポジティブ心理学の展開-
    堀毛一也(編集); +外山 美樹
    ぎょうせい, 2010-03
  • 保育カウンセリングの原理
    冨田久枝(偏); +外山 美樹
    ナカニシヤ出版, 2009-03
  • 教師のための学校カウンセリング
    小林正幸・橋本創一・松尾直博(偏); +外山 美樹
    有斐閣アルマ, 2008-08
  • 心理測定尺度集Ⅳ
    堀洋道(監修); 櫻井茂男・松井豊(偏); +外山 美樹
    サイエンス社, 2007-04
  • ストレスに負けないこころを育てる学校の取り組み
    伊藤美奈子(偏); +外山 美樹
    教育開発研究所, 2005-02
  • 発達臨床心理学の最前線
    杉原一昭(監修); +外山 美樹
    教育出版, 2001-04
Conference, etc.
  • 興味と動機づけ調整方略との継時的な関連―動機づけの低下状況に着目して
    湯 立; 外山 美樹
    日本パーソナリティ心理学会第28回大会/2019-8-28--2019-8-29
  • 子ども用制御焦点尺度の開発―中学生を対象として
    海沼 亮; 外山 美樹; 長峯 聖人; 三和 秀平; 湯 立; 肖 雨知
    日本教育心理学会第61回総会/2019-9-14--2019-9-16
  • 子ども用制御焦点尺度の開発―小学生を対象として
    外山 美樹; 海沼 亮; 長峯 聖人; 湯 立; 肖 雨知; 三和 秀平
    日本教育心理学会第61回総会/2019-9-14--2019-9-16
  • 動機づけ理論に基づく動機づけ調整方略尺度の作成
    湯 立; 外山 美樹
    日本教育心理学会第61回総会/2019-9-14--2019-9-16
  • Do promotion-focused people regard their rivals as important?: Relationships between regulatory focus and rivalry
    Nagamine Masato; Toyama Miki; Miwa Shuhei; Tang Li; Xiao ...
    International Congress of Psychological Science 2019/2019-3-7--2019-3-9
  • Is prevention focus poor for performance?: The role of the accessibility of superordinate goal
    Toyama Miki; Tang Li; Nagamine Masato; Xiao Yuzhi; Miwa S...
    International Congress of Psychological Science 2019/2019-3-7--2019-3-9
  • 制御適合は小学生のパフォーマンスを高めるのか?
    三和 秀平; 外山 美樹; 長峯 聖人; 湯 立; 相川 充
    日本教育心理学会第60回総会/2018-9-15--2018-9-17
  • 防止焦点は認知資源の温存効果に優れているのか?
    外山 美樹; 湯 立; 肖 雨知; 長峯聖人; 三和秀平; 相川充
    日本心理学会第82回大会/2018-9-25--2018-9-27
  • 産出物の制約が創造的パフォーマンスに及ぼす影響―制御焦点を調整変数として
    湯 立; 外山 美樹; 長峯 聖人; 三和 秀平; 相川 充
    日本心理学会第82回大会/2018-9-25--2018-9-27
  • Can regulatory fit improve elementary school students' performance and motivation?
    Shuhei Miwa; Miki Toyama; Masato Nagamine; Tang Li; Ryo K...
    19th Annual Convention of the Society for Personality and Social Psychology/2018-3-1--2018-3-3
  • Effects of Regulatory Focus on the Evaluation of Messages: Focus the Familiarity as Moderators
    Nagamine Masato; Toyama Miki; Miwa Shuhei; Tang Li; Kuroz...
    19th Annual Convention of the Society for Personality and Social Psychology/2018-3-1--2018-3-3
  • Is prevention focus good for performance?: The role of regulatory closure
    Toyama Miki; Nagamine Masato; Tang Li; Miwa Shuhei; Kuroz...
    19th Annual Convention of the Society for Personality and Social Psychology/2018-3-1--2018-3-3
  • The effects of product constraints on performance in a divergent thinking task:Regulatory focus as a moderator
    Tang Li; Toyama Miki; Kurozumi Ryo; Nagamine Masato; Miwa...
    19th Annual Convention of the Society for Personality and Social Psychology/2018-3-1--2018-3-3
  • Monetary value from regulatory fit: The difference on the effects of advertising conditions
    Nagamine Masato; Toyama Miki; Tang Li; Miwa Shuhe; Aikawa...
    31st International Congress of Psychology/2016-7-24--2016-7-29
  • The relationship between interests and academic self-efficacy in Japanese college students' learning
    Tang Li; Toyama Miki
    31st International Congress of Psychology/2016-7-24--2016-7-29
  • 制御適合はパフォーマンスを高めるのか?日常場面の学業パフォーマンスに焦点を当てて
    外山 美樹; 長峯 聖人; 湯 立; 三和 秀平; 黒住 嶺; 相川 充
    日本教育心理学会第59回総会/2017-10-7--2017-10-9
  • 大学運動部活動における部員の自律的動機づけが部活動への適 応感に及ぼす影響―主将のリーダーシップを調整変数として
    湯 立; 外山 美樹
    日本教育心理学会第59回総会/2017-10-7--2017-10-9
  • 制御適合はパフォーマンスを高めるのか?―制御適合の種類とパフォーマンスのタイプ別の検討
    外山 美樹; 長峯 聖人; 湯 立; 三和 秀平; 黒住 嶺; 相川 充
    日本社会心理学会第57回大会/2016-9-17--2016-9-18
  • 制御焦点と上方比較後内 発的動機づけ・パフォーマンスとの関連―同化と対比に着目して
    三和 秀平; 外山 美樹; 長峯 聖人; 湯 立; 黒住 嶺; 相川 充
    日本パーソナリティ心理学会第25回大会/2016-9-14--2016-9-15
  • 大学生における専攻している分野への興味の変化と専攻分野に対する価値認識の変化との関連
    湯 立; 外山 美樹
    日本パーソナリティ心理学会第25回大会/2016-9-14--2016-9-15
  • 制御適合はパフォーマンスを高めるのかⅡ?―制御適合の種類とパフォーマンスのタイプ別の検討
    外山 美樹; 長峯 聖人; 湯 立; 三和 秀平; 黒住 嶺; 相川 充
    日本教育心理学会第58回総会/2016-10-8--2016-10-10
  • プロセスフィードバックが動機づけに与える影響―制御焦点によって調整されるか?
    湯 立; 外山 美樹; 長峯 聖人; 三和 秀平; 黒住 嶺; 相川 充
    日本教育心理学会第58回総会/2016-10-8--2016-10-10
  • 学業領域における制御焦点尺度の作成
    外山 美樹; 湯 立; 長峯 聖人; 三和 秀平; 相川 充
    日本心理学会第79回大会/2015-9-22--2015-9-24
  • 大学新入生における専攻している分野への興味の変化様態―5ヶ月の縦断的調査による検討
    湯 立; 外山 美樹
    日本心理学会第79回大会/2015-9-22--2015-9-24
  • 制御適合はパフォーマンスを高めるのか?
    外山 美樹; 三和 秀平; 湯 立; 長峯 聖人; 相川 充
    日本パーソナリティ心理学会第24回大会/2015-8-21--2015-8-22
Teaching
2019-10 -- 2019-12Seminar in Educational Psychology IIUniversity of Tsukuba.
2019-10 -- 2019-12Seminar in Educational Psychology IUniversity of Tsukuba.
2019-10 -- 2019-12Advanced Seminar in Educational PsychologyUniversity of Tsukuba.
2020-01 -- 2020-02Psychology of LearningUniversity of Tsukuba.
2020-01 -- 2020-02Development of Child and YouthUniversity of Tsukuba.
2019-10 -- 2019-12Lecture on Educational PsychologyUniversity of Tsukuba.
2019-04 -- 2019-07Seminar in Educational PsychologyUniversity of Tsukuba.
2019-07 -- 2019-08Development of Child and YouthUniversity of Tsukuba.
2019-04 -- 2019-07Psychological ExperimentsUniversity of Tsukuba.
2018-04 -- 2018-07Psychological ExperimentsUniversity of Tsukuba.
Professional activities
2011 -- (current)The Japanese Association of Educational Psychology常任編集委員

(Last updated: 2019-06-25)