Toyama Miki

Affiliation
Faculty of Human Sciences
Official title
Professor
Research fields
Educational psychology
Research keywords
動機づけ
自己認知(ポジティブ・イリュージョン
楽観主義
防衛的悲観主義)
社会的比較
学業達成
Research projects
制御焦点とパフォーマンスの関連ー他者の影響に焦点を当ててー2019 -- 2021外山 美樹Japan Society for the Promotion of Science/Grant-in-Aid for Scientific Research(C)4,290,000Yen
楽観性と目標達成の関連−目標の追求の仕方に焦点を当てて−2016 -- 2018外山 美樹Japan Society for the Promotion of Science/Grant-in-Aid for Scientific Research(C)4,550,000Yen
オプティミズムがパフォーマンスに及ぼす影響-防衛的悲観主義との比較から-2010 -- 2012Japan Society of for the Promotion of Science/若手研究(B)3,830,000Yen
保育現場に根ざす新しい保育カウンセリングモデルの開発-保育カウンセラーの機能と役割-2008 -- 2010Japan Society of for the Promotion of Science/基盤研究(C)120,000Yen
保育現場に根ざす新しい保育カウンセリングモデルの開発-保育カウンセラーの機能と役割-2008 -- 2010Japan Society of for the Promotion of Science/基盤研究(C)120,000Yen
偏った自己認知における情報処理メカニズム2008 -- 2009Japan Society of for the Promotion of Science/若手研究(スタートアップ)3,562,000Yen
保育現場に根ざす新しい保育カウンセリングモデルの開発-保育カウンセラーの機能と役割-2008 -- 2010Japan Society of for the Promotion of Science/基盤研究(C)120,000Yen
保育現場に根ざす新しい保育カウンセリングモデルの開発-保育カウンセラーの機能と役割-2008 -- 2010Japan Society of for the Promotion of Science/基盤研究(C)120,000Yen
日本人における自己認知のあり方と精神的健康の関係について2003 -- 2005Japan Society of for the Promotion of Science/特別研究員奨励費3,300,000Yen
Career history
2000-06 -- 2003-02筑波大学心理学系準研究員
2003-03 -- 2003-03筑波大学心理学系助手
2003-04 -- 2006-03日本学術振興会特別研究員(PD)
2007-04 -- 2008-03鹿屋体育大学講師
2008-04 -- (current)筑波大学心理学系准教授
Academic background
1993-04 -- 1997-03筑波大学第二学群人間学類 Second Cluster of College 心理学専攻
1997-04 -- 2000-05筑波大学大学院博士課程心理学研究科 Graduate School, Division of Psychology
Degree
1999-03修士(心理学)筑波大学
2003-02博士(心理学)筑波大学
Academic societies
-- (current)JAPANESE SOCIETY OF SPORT PSYCHOLOGY
-- (current)THE JAPANESE PSYCHOLOGICAL ASSOCIATION
-- (current)The Japanese Association of Educational Psychology
-- (current)THE JAPANESE SOCIETY OF SOCIAL PSYCHOLOGY
-- (current)Japan Society of Personality Psychology
-- (current)JAPAN SOCIETY DEVELOPMENTAL PSYCHOLOGY
Honors & Awards
2007-11日本パーソナリティ心理学会第16回大会 優秀大会発表賞 受賞
2005-11日本パーソナリティ心理学会第14回大会 優秀大会発表賞 受賞
Articles
Books
  • Development of the Japanese version of Derailment Scale and investigating psychological features of the scale
    長峯 聖人; 千島 雄太; 外山 美樹
    The Proceedings of the Annual Convention of the Japanese Psychological Association/The Japanese Psychological Association/pp.2A-074-2A-074, 2019
  • 勉強する気はなぜ起こらないのか
    外山 美樹
    2021-04
  • 実力発揮メソッド-パフォーマンスの心理学-
    外山 美樹
    2020-02
  • 大学生における自己のポジティブ・イリュージョンに関する心理学的研究
    外山 美樹
    2003-02
  • 日本人におけるポジティブ・イリュージョンと精神的健康
    外山 美樹
    1999-03
  • 行動を起こし,持続する力-モチベーションの心理学-
    外山美樹
    新曜社, 2011-12
  • ポジティブマインド-スポーツと健康,積極的な生き方の心理学-
    海保 博之; 中込 四郎; 石崎 一記; 外山 美樹
    新曜社, 2010-04
  • やさしい発達と学習
    外山紀子・外山美樹; +外山 美樹
    有斐閣, 2010-03
  • 現代のエスプリ-ポジティブ心理学の展開-
    堀毛一也(編集); +外山 美樹
    ぎょうせい, 2010-03
  • 保育カウンセリングの原理
    冨田久枝(偏); +外山 美樹
    ナカニシヤ出版, 2009-03
  • 教師のための学校カウンセリング
    小林正幸・橋本創一・松尾直博(偏); +外山 美樹
    有斐閣アルマ, 2008-08
  • 心理測定尺度集Ⅳ
    堀洋道(監修); 櫻井茂男・松井豊(偏); +外山 美樹
    サイエンス社, 2007-04
  • ストレスに負けないこころを育てる学校の取り組み
    伊藤美奈子(偏); +外山 美樹
    教育開発研究所, 2005-02
  • 発達臨床心理学の最前線
    杉原一昭(監修); +外山 美樹
    教育出版, 2001-04
Conference, etc.
  • Relationships between motivational regulation strategies used in difficult situations and engagement: The role of regulatory fit
    湯 立; 外山 美樹; 三和 秀平; 長峯 聖人; 肖 雨知; 相川 充
    日本心理学会第83回大会
  • Regulatory focus and creative performance: Focusing on ego involvement with the task
    外山 美樹; 湯 立; 長峯 聖人; 肖 雨知; 三和 秀平; 海沼 亮; 相川 充
    日本心理学会第83回大会
  • Basic psychological needs in friendships: Focus on regulatory focus
    三和 秀平; 外山 美樹; 肖 雨知; 長峯 聖人; 湯 立; 相川 充
    日本心理学会第83回大会
  • 動機づけ理論に基づく動機づけ調整方略尺度の作成および信頼性・妥当性の検討
    湯 立; 外山 美樹
    日本教育心理学会第61回総会
  • 子ども用制御焦点尺度の開発:―中学生を対象として―
    海沼 亮; 外山 美樹; 長峯 聖人; 三和 秀平; 湯 立; 肖 雨知
    日本教育心理学会第61回総会
  • 子ども用制御焦点尺度の開発:―小学生を対象として―
    外山 美樹; 海沼 亮; 長峯 聖人; 湯 立; 肖 雨知; 三和 秀平
    日本教育心理学会第61回総会
  • Are the effects of need-supportive behaviors on task performance moderated by regulatory focus?
    肖 雨知; 外山 美樹; 長峯 聖人; 三和 秀平; 湯 立; 相川 充
    日本心理学会第83回大会
  • Derailment Scale日本語版の作成および心理学的特徴の検討
    長峯聖人; 千島雄太; 外山美樹
    日本心理学会第83回大会/2019-09--2019-09
  • 興味と動機づけ調整方略との継時的な関連―動機づけの低下状況に着目して
    湯 立; 外山 美樹
    日本パーソナリティ心理学会第28回大会/2019-8-28--2019-8-29
  • 子ども用制御焦点尺度の開発―中学生を対象として
    海沼 亮; 外山 美樹; 長峯 聖人; 三和 秀平; 湯 立; 肖 雨知
    日本教育心理学会第61回総会/2019-9-14--2019-9-16
  • 子ども用制御焦点尺度の開発―小学生を対象として
    外山 美樹; 海沼 亮; 長峯 聖人; 湯 立; 肖 雨知; 三和 秀平
    日本教育心理学会第61回総会/2019-9-14--2019-9-16
  • 動機づけ理論に基づく動機づけ調整方略尺度の作成
    湯 立; 外山 美樹
    日本教育心理学会第61回総会/2019-9-14--2019-9-16
  • Do promotion-focused people regard their rivals as important?: Relationships between regulatory focus and rivalry
    Nagamine Masato; Toyama Miki; Miwa Shuhei; Tang Li; Xiao ...
    International Congress of Psychological Science 2019/2019-3-7--2019-3-9
  • Is prevention focus poor for performance?: The role of the accessibility of superordinate goal
    Toyama Miki; Tang Li; Nagamine Masato; Xiao Yuzhi; Miwa ...
    International Congress of Psychological Science 2019/2019-3-7--2019-3-9
  • 制御適合は小学生のパフォーマンスを高めるのか?
    三和 秀平; 外山 美樹; 長峯 聖人; 湯 立; 相川 充
    日本教育心理学会第60回総会/2018-9-15--2018-9-17
  • 防止焦点は認知資源の温存効果に優れているのか?
    外山 美樹; 湯 立; 肖 雨知; 長峯聖人; 三和秀平; 相川充
    日本心理学会第82回大会/2018-9-25--2018-9-27
  • 産出物の制約が創造的パフォーマンスに及ぼす影響―制御焦点を調整変数として
    湯 立; 外山 美樹; 長峯 聖人; 三和 秀平; 相川 充
    日本心理学会第82回大会/2018-9-25--2018-9-27
  • Can regulatory fit improve elementary school students' performance and motivation?
    Shuhei Miwa; Miki Toyama; Masato Nagamine; Tang Li; Ryo ...
    19th Annual Convention of the Society for Personality and Social Psychology/2018-3-1--2018-3-3
  • Effects of Regulatory Focus on the Evaluation of Messages: Focus the Familiarity as Moderators
    Nagamine Masato; Toyama Miki; Miwa Shuhei; Tang Li; Kuroz...
    19th Annual Convention of the Society for Personality and Social Psychology/2018-3-1--2018-3-3
  • Is prevention focus good for performance?: The role of regulatory closure
    Toyama Miki; Nagamine Masato; Tang Li; Miwa Shuhei; Kuroz...
    19th Annual Convention of the Society for Personality and Social Psychology/2018-3-1--2018-3-3
  • The effects of product constraints on performance in a divergent thinking task:Regulatory focus as a moderator
    Tang Li; Toyama Miki; Kurozumi Ryo; Nagamine Masato; Miwa...
    19th Annual Convention of the Society for Personality and Social Psychology/2018-3-1--2018-3-3
  • Monetary value from regulatory fit: The difference on the effects of advertising conditions
    Nagamine Masato; Toyama Miki; Tang Li; Miwa Shuhe; Aikawa...
    31st International Congress of Psychology/2016-7-24--2016-7-29
  • The relationship between interests and academic self-efficacy in Japanese college students' learning
    Tang Li; Toyama Miki
    31st International Congress of Psychology/2016-7-24--2016-7-29
  • 制御適合はパフォーマンスを高めるのか?日常場面の学業パフォーマンスに焦点を当てて
    外山 美樹; 長峯 聖人; 湯 立; 三和 秀平; 黒住 嶺; 相川 充
    日本教育心理学会第59回総会/2017-10-7--2017-10-9
  • 大学運動部活動における部員の自律的動機づけが部活動への適 応感に及ぼす影響―主将のリーダーシップを調整変数として
    湯 立; 外山 美樹
    日本教育心理学会第59回総会/2017-10-7--2017-10-9
  • more...
Teaching
2021-10 -- 2021-12Advanced Seminar in Educational PsychologyUniversity of Tsukuba.
2021-04 -- 2021-09English Practicum in Psychology Research (General) 1University of Tsukuba.
2021-04 -- 2021-06Basic Research in Psychology D3University of Tsukuba.
2021-10 -- 2022-03English Practicum in Psychology Research (General) 2University of Tsukuba.
2021-10 -- 2021-12Seminar in Educational Psychology IIUniversity of Tsukuba.
2021-10 -- 2021-12Seminar in Educational Psychology IUniversity of Tsukuba.
2021-10 -- 2021-12Research Seminar in Psychology (General) IIUniversity of Tsukuba.
2021-04 -- 2021-06Advanced Course on Psychology (Educational Psychology)University of Tsukuba.
2021-10 -- 2021-12Lecture on Educational PsychologyUniversity of Tsukuba.
2021-10 -- 2021-12Research Seminar in Psychology (General) IVUniversity of Tsukuba.
more...
Professional activities
2011 -- (current)The Japanese Association of Educational Psychology常任編集委員

(Last updated: 2022-06-22)