You are here

Kato Katsunori

Affiliation
Faculty of Human Sciences
Official title
Associate Professor
Birth date
1958-07
Email
 
Office
2E棟212-2, 総合研究D棟D411
Phone
029-853-4881
Fax
029-853-4881
Research fields
Experimental psychology
Research projects
Study on the behavior induced by stress in rats2001 -- 2001/企業からの受託研究350,000Yen
活動性の個体差に関する遺伝因子の探索:筑波高・低活動系マウスにおける検討2006-04 -- 2009-03加藤克紀国立遺伝学研究所/国内共同研究
オープンフィールド行動の個体差に関わる遺伝因子の探索:高・低活動系分離におけるセロトニン神経系の関与2009-04 -- 2012-03加藤克紀国立遺伝学研究所/国内共同研究
The study on spatial cognition in mice -- (current)/
The studies on the mechanisms of social behavior in mice -- (current)/
実験室マウスの社会行動発達における親和行動の役割に関する研究2011 -- 2014Japan Society of for the Promotion of Science/基盤研究(C)2,600,000Yen
社会的経験が実験室マウスの社会行動発達に影響を及ぼす機序に関する研究2007 -- 2010Japan Society of for the Promotion of Science/基盤研究(C)4,290,000Yen
実験室マウスの社会行動に対する隔離飼育の影響を媒介している機構に関する研究2002 -- 2005Japan Society of for the Promotion of Science/基盤研究(C)3,500,000Yen
マウス・ラットの活動性と情動性に関する生理薬理的・遺伝的機構2002 -- 2003Japan Society of for the Promotion of Science/基盤研究(B)13,100,000Yen
マウスにおける事態対処方略に関する行動遺伝学的研究1999 -- 2001Japan Society of for the Promotion of Science/基盤研究(B)12,000,000Yen
Career history
1988-04 -- 1994-08三共株式会社 研究員
1994-09 -- 2004-03筑波大学 心理学系 講師
2004-04 -- 2011-09筑波大学 大学院人間総合科学研究科 助教授
2011-10 -- (current)University of Tsukuba Faculty of Human Sciences Associate Professor
Academic background
1977-04 -- 1981-03筑波大学 第二学群 人間学類心理学主専攻Graduated
-- 1988-03筑波大学 心理学研究科 心理学専攻Accomplished credits for doctoral program
Degree
1993-03博士(心理学)筑波大学
1985-03教育学修士筑波大学
Licenses and qualifications
2003-02-01実験動物技術師二級
Academic societies
-- (current)THE JAPANESE PSYCHOLOGICAL ASSOCIATION
-- (current)THE JAPANESE SOCIETY FOR ANIMAL PSYCHOLOGY
Articles
  • CBA/Caマウスにおける視覚弁別 — 縞および線分を用いた検討 —
    加藤 克紀
    動物心理学研究/p.185, 2013
  • マウスの移動活動と空間構造(5):ループの長さと配置の影響
    加藤 克紀
    動物心理学研究/63/p.180, 2013
  • 長期自由放置場面における近交系マウスの活動様相
    牧野順四郎・堤幸一・加藤克紀; +加藤 克紀
    日本心理学会第48回大会発表論文集/p.267, 1984-01
  • マウスの個体行動の対系列構造に対する隔離飼育の影響
    加藤克紀
    動物心理学年報/36/p.11-22, 1986-01
  • 場面「オープンフィールド」におけるマウスの行動の系列構造に対する隔離飼育の影響
    加藤克紀
    動物心理学年報/37/p.51, 1987-01
  • RS-8359, a reversible and selective inhibitor of MAO-A, ameliorates ischemia-induced brain damage
    Iwata; N.; Kobayashi; K.; Kozuka; M.; Kato; K.; Tonohiro;...
    Society for Neuroscience Abstracts/15/p.44, 1989-01
  • Effects of RS-8959, a reversible type-A MAO inhibitor, on memory deficits induced by transient forebrain ischemia in Mongolian gerbils
    Kato; K.; Kozuka; M.; Minakawa; F.; Iwata; N.; +加藤 克紀
    Abstracts of 17th Congress of Collegium Internationale Neuro-Psychopharmacologicum/p.362, 1990-01
  • Temporal structure of open field behavior in inbred strains of mice
    Makino; J.; Kato; K.; Maes; F.W.; +加藤 克紀
    Japanese Psychological Research/33/p.145-152, 1991-01
  • 雌と同居させた雄マウスの社会行動の解析
    加藤克紀
    日本心理学会第59回大会発表論文集/p.937, 1995-01
  • 直線走路における近交系マウスの行動変容
    加藤克紀
    日本心理学会第60回大会発表論文集/p.944, 1996-01
  • 受動的回避場面における近交系マウスの行動の構造的記述:電撃強度の影響
    加藤克紀・森俊之; +加藤 克紀
    動物心理学研究/46/p.122, 1996-01
  • Effects of isolation and cohabitation with a female on social behavioral structure in male mice.
    kato K.
    International Journal of Psychology/31/p.198, 1996-01
  • 人間学類心理学主専攻の教育課程の変遷
    加藤克紀・岩崎庸男; +加藤 克紀
    筑波大学心理学研究/19/p.187-196, 1997-01
  • レバー押し反応学習場面における近交系マウスの行動
    加藤克紀
    日本心理学会第61回大会発表論文集/p.955, 1997-01
  • マウスにおける個体行動成分の構造的記述:単独個体場面と2個体場面での比較
    加藤克紀
    筑波大学心理学研究/19/p.59-64, 1997-01
  • 近交系マウスにおける新奇環境への慣れと社会行動との関係
    加藤克紀
    動物心理学研究/48/p.115, 1998-01
  • 近交系マウスの社会的相互作用に対する隔離飼育の影響:相手個体のsniffingに対する反応
    加藤克紀
    筑波大学心理学研究/20/p.9-14, 1998-01
  • Measuring behavior : integrating behavior and physiology
    Koolhaas; J.M.; De Boer; S.F.; Sgoifo; A.; Buwalda; B.; M...
    Proceedings for 2nd International Conference on Methods and Techniques in Behavioral Research/p.190-191, 1998-01
  • レバー押し反応消去過程における近交系マウスの行動
    加藤克紀
    日本心理学会第63回大会発表論文集/p.823, 1999-01
  • 高・低活動系マウスのオープンフィールド行動に対する隔離飼育の影響
    加藤克紀・牧野順四郎; +加藤 克紀
    日本心理学会第64回大会発表論文集/p.950, 2000-01
  • 高・低活動系マウスの社会行動に対する隔離飼育の影響
    加藤克紀・牧野順四郎; +加藤 克紀
    動物心理学研究/50/p.306, 2000-01
  • 新奇場面における6系統のラットの行動特性
    和田由美子・加藤克紀・森 俊之・谷内 通・細川裕士・乙部貴...
    動物心理学研究/50/p.305, 2000-01
  • Recognition of cagemates and social behavior in laboratory mice.
    Kato K.
    International Journal of Psychology/35/p.235, 2000-01
  • マウスの毛づくろい行動の心理学的意味
    加藤克紀
    日本心理学会第65回大会発表論文集/p.601, 2001-01
  • 隔離飼育によるマウスの社会行動変容における嗅覚刺激の役割
    加藤克紀
    動物心理学研究/50/p.90, 2001-01
Books
  • 隔離飼育マウスの行動の構造
    加藤 克紀
    1993-03
  • わかりやすい心理学
    徳田克己・高見令英 (編); +加藤 克紀
    文化書房博文社, 1996-01
  • 行動の構造に埋め込まれた攻撃 : マウスとラットの雄間攻撃
    加藤克紀
    動物心理学研究, 2000-01
  • 活動性を規定する情動因子
    加藤克紀・牧野順四郎; +加藤 克紀
    体育の科学, 2001-01
  • 心理学ワールド入門
    櫻井茂男(編著)
    福村出版, 2001-01
  • 社会性の比較発達心理学
    岡野恒也 (監)・牧野順四郎・南徹広・小山高正・田中みどり・...
    アートアンドブレーン, 2001-01
  • マウスとラットにおける行動の構造と攻撃行動の遺伝
    加藤克紀
    アニテックス, 2002-01
  • 初期社会環境が成長後の社会行動に及ぼす影響
    加藤克紀
    アニテックス, 2006-01
  • 発達心理学(朝倉心理学講座3巻)
    南徹弘(編); +加藤 克紀
    朝倉書店, 2007-05
Conference, etc.
  • 他個体遭遇時における隔離飼育マウスの脳内c-Fos発現パターンの解析
    内海奈緒子・加藤克紀・一谷幸男; +加藤 克紀
    __25__278/2005
  • 雄マウスにおける若齢期の社会的経験剥奪が他個体遭遇時の脳内神経応答に及ぼす影響
    内海奈緒子・一谷幸男・加藤克紀; +加藤 克紀
    __27__268/2007
  • 敗北経験後のペア飼育が雄ラットの不安・恐怖関連行動に及ぼす影響
    中易知大・石井澄・加藤克紀; +加藤 克紀
    __58__177/2008
  • ラットにおける既知個体との同居は敗北後の不安亢進を抑制する
    中易知大・加藤克紀; +加藤 克紀
    __60__165/2010
Teaching
2020-10 -- 2021-02Advanced Research Project in Behavioral SciencesUniversity of Tsukuba.
2020-04 -- 2020-08Advanced Research Project in Behavioral SciencesUniversity of Tsukuba.
2020-10 -- 2021-02"Special Lecture in Kansei , Behavioral and Brain Sciences 2"University of Tsukuba.
2020-04 -- 2020-08"Special Lecture in Kansei , Behavioral and Brain Sciences 2"University of Tsukuba.
2020-10 -- 2021-02"Special Lecture in Kansei , Behav ioral and Brain Sciences 4"University of Tsukuba.
2020-04 -- 2020-08"Special Lecture in Kansei , Behav ioral and Brain Sciences 4"University of Tsukuba.
2020-10 -- 2021-03Advanced Research Project in Behavioral Sciences BUniversity of Tsukuba.
2020-10 -- 2021-02"Special Lecture in Kansei , Behavioral and Brain Sciences 6"University of Tsukuba.
2020-04 -- 2020-08"Special Lecture in Kansei , Behavioral and Brain Sciences 6"University of Tsukuba.
2020-10 -- 2021-02Advanced Research Project in Kansei SciencesUniversity of Tsukuba.
Professional activities
1997 -- 1998THE JAPANESE SOCIETY FOR ANIMAL PSYCHOLOGY幹事
2000 -- 2004THE JAPANESE SOCIETY FOR ANIMAL PSYCHOLOGY幹事
University Management
2016-04 -- (current)学生生活支援室員室員
2006-05 -- 2008-03教育企画室室員
2004-04 -- (current)動物実験委員会委員
2008-04 -- 2010-03教養教育推進室室員
2006-04 -- 2010-04全学学群教育課程委員会委員
2010-05 -- 2013-03教養教育機構構成員

(Last updated: 2017-06-29)