You are here

Nagata Michio

face
Affiliation
Faculty of Medicine
Official title
Professor
Birth date
1955-12
URL
Email
 
Phone
0298-53-3171
Fax
0298-53-3938
Research fields
Human pathology
Human pathology
Experimental pathology
Research keywords
Human Pathology
Renal Pathology
Experimental Pathology
podocyte
glomerulosclerosis
experimental nephropathy
Research projects
ポドサイト病の発症進展機序2017 -- 2019長田 道夫Japan Society for the Promotion of Science/Grant-in-Aid for Scientific Research(C)4,550,000Yen
ポドサイト障害連鎖機構の解明と阻止2014 -- 2016長田 道夫Japan Society for the Promotion of Science/基盤研究(C)4,810,000Yen
Pathophysiology of the progression of glomeruloselerosis -- (current)/
Pathogenetic mechanism for abnormal Renal Development -- (current)/
Regulation of Podocyte differentiation -- (current)/
ポドサイトのノッチシグナル修飾による糸球体硬化の治療2010 -- 2012Japan Society of for the Promotion of Science/基盤研究(C)4,420,000Yen
CNV解析による先天性腎尿路奇形の新規原因遺伝子同定と遺伝子診断システムの確立2008 -- 2009Japan Society of for the Promotion of Science/基盤研究(B)7,935,330Yen
糸球体の修復機構の解明と応用                          2007 -- 2008Japan Society of for the Promotion of Science/基盤研究(C)4,420,000Yen
硬化糸球体の再生:糸球体上皮細胞の脱分化および形質変換機構の解明と再分化誘導  2005 -- 2006Japan Society of for the Promotion of Science/基盤研究(C)4,100,000Yen
Glomerulosclerosis2004 -- 2008Japan Society of for the Promotion of Science/基盤研究(S)107,380,000Yen
Career history
2013-04 -- (current)Kyoto University 非常勤講師
2012-04 -- (current)University of Tsukuba Faculty of Medicine Professor
2005-04 -- 2009-04北海道大学 医学部 非常勤講師
2004-04 -- (current)University of Tsukuba Graduate School of Comprehensive Human Science Professor
2003-04 -- (current)昭和大学 医学部 客員教授
2003-04 -- (current)筑波大学 基礎医学系病理学 教授
1998-01 -- 2011-03筑波大学 臨床医学系病理部 助教授
1994-07 -- 1998-02筑波大学 基礎医学系病理学 講師
1989-04 -- 1992-05ハイデルベルク大学 解剖学細胞生物学 研究員
1985-04 -- 1994-03東京女子医科大学 腎臓病総合医療センター小児科 助手
Licenses and qualifications
1997-07日本病理学会病理専門医
Academic societies
1984 -- (current)THE JAPANESE SOCIETY OF PATHOLOGY
1986 -- (current)JAPANESE SOCIETY OF NEPHROLOGY
1986 -- (current)The Japanese Society for Pediatric Nephrology
2003 -- (current)Japanese Renal Pathology Society
2004 -- (current)THE JAPANESE SOCIETY OF CLINICAL CYTOLOGY
1993 -- (current)発達腎研究会
2003 -- (current)International Renal Pathology Society
1992 -- (current)International Society of Nephrology
1994 -- (current)American Society of Nephrology
Honors & Awards
2016-02Basic Science Award 2016, Japan Nephrology OrganizationPodocyte disease and glomerulosclerosis, perspectives.
2008-06日本小児腎臓病学会学会奨励賞
2003日本小児腎臓学会 森田賞
1998日本小児腎臓学会 森田賞
1997日本小児腎臓病学会奨励賞
Articles
Books
  • 第4部 非腫瘍性・全身性疾患への応用 3. 糸球体腎炎
    川西 邦夫; 長田 道夫; 原 重雄
    免疫組織化学 実践的な診断・治療方針決定のために, pp.307-313, 2020-04
  • 【尿細管間質障害-最新の知見】尿細管間質障害の病因・病態(解説/特集)
    川西 邦夫; 長田 道夫
    腎と透析, pp.165-170, 2019-08
  • Direct Effects of Immunomodulatory Agents on Podocytes in Immune-Mediated Glomerular Diseases
    Manabe Shun; Nitta Kosaku; Nagata Michio
    RECENT ADVANCES IN THE PATHOGENESIS AND TREATMENT OF KIDNEY DISEASES, KARGER, pp.131-142, 2018
  • Pediatric Nephrology, 6th edition Immune mediated glomerular injury
    Nagata M
    Springer, Heidelberg,, 2009-01
  • 腎臓の発生に関わる分子機構 腎臓の器官形成と成長
    長田道夫
    日本臨床 64, 2006-01
  • 膠原病関連糸球体疾患―腎生検ABC-臨床に役立つ病理診断法の手引き-
    長田道夫
    病理と臨床24, 2006-01
  • ループス腎炎の組織活動性評価と改訂国際分類
    長田道夫
    医学のあゆみ 8, 2006-01
  • 糸球体内の上皮増殖
    長田道夫
    腎と透析, 2006-01
  • HIV関連腎症 :.
    鈴木大成; 相田久美; 長田道夫
    腎と透析 59, 2006-01
  • 再発性、de novo 腎炎
    相田久美; 鈴木大成; 長田道夫
    腎と透析 59, 2005-01
  • びまん性メサンギウム硬化
    相田久美; 中原千恵子; 長田道夫
    腎と透析 ネフローゼ症候群のすべて 臨時増刊号, 2005-01
  • ループス腎炎の新しい病理診断基準
    槇野博史; 長田道夫
    Annual Review 腎臓, 2005-01
  • 腎尿路奇形の発生病理―臨床への基礎研究―
    長田道夫; 粟津 緑
    小児科臨床 58, 2005-01
  • 硬化糸球体の修復と機能再生
    長田道夫
    腎と透析 59, 2005-01
  • 巣状糸球体硬化症の病理診断:Variantと最近の動向.
    長田道夫
    腎と透析 ネフローゼ症候群のすべて 臨時増刊号, 2005-01
  • ループス腎炎病理診断の新しい分類―ISN/RPS 2003 年改訂分類の要点と診断マニュアル
    長田道夫; 槇野博史; 秋草文四郎; 今井裕一; 北村博司; 重松...
    日腎誌 46, 2004-01
  • 腎疾患における血管炎の位置づけー病理形態学の立場からー
    長田道夫
    Nephrology Frontier, 2004-01
  • 腎生検の見方―病理医からのアドバイス
    菊池和徳; 長田道夫
    Medical Practice 21, 2004-01
  • ポドサイトの分化と特性
    長田道夫; 臼井丈一; 金本勝義
    腎と透析 55, 2003-01
  • Podocytes and parietal cells in the glomerular sclerosis: role of cell cycle molecules
    Nagata M; Tomari S; Kanemoto K; Usui J; Lemely K
    Pediatr Nephrol 18, 2003-01
  • Pathogenesis of human renal dysplasia: An alternative scenario aside from the major theories
    Shibata S; Nagata M
    2003-01
  • 腎硬化症
    長田道夫; 上田典司; 渡辺照男
    腎と透析 52, 2002-01
  • Morphogenesis of dysplastic kidney associated with urinary tract obstruction in utero
    Nagata M; Shu Y; Shibata S
    Nephrol Dial Transplant 17[suppl 9], 2002-01
  • Cell cycle molecules and differentiation of glomerular epithelial cells
    Nagata M; Shu Y; Tomari S
    Microsc Res Tech 57, 2002-01
  • 炎症
    長田道夫
    わかりやすい病理学・廣川書店, 2002-01
Conference, etc.
  • IGA NEPHROPATHY COMPLICATED WITH RHEUMATOID ARTHRITIS: CLINICOPATHOLOGICAL FEATURES AND RENAL OUTCOME, RETROSPECTIVE ANALYSIS OF SINGLE CENTER DATABASE
    Imai Eri; Usui Joichi; Kaneko Shuzo; Kawamura Tetsuya; Na...
    54th ERA-EDTA congress/2017-6-3--2017-6-6
  • 高齢発症のimmunotactoid glomerulopathyによるネフローゼ症候群の一例
    秋山知希; 甲斐平康; 金子修三; 森戸直記; 臼井丈一; 斎藤知...
    第49回日本腎臓学会東部学術大会/2019-10-04--2019-10-05
  • 糸球体濾過による力学的負荷は障害ポドサイトを剥離に進展させる
    佐賀 信之; 井藤 奈央子; 坂本 和雄; 川西 邦夫; 松阪 泰...
    第62回日本腎臓学会学術総会/2019-06-21--2019-06-23
  • ポドサイト障害におけるボウマン嚢壁側上皮細胞の遊走メカニズム
    井藤 奈央子; 坂本 和雄; 佐賀 信之; 川西 邦夫; 長田 道夫
    第62回日本腎臓学会学術総会/2019-06-21--2019-06-23
  • 腎生検病理診断に必要な臨床情報
    佐賀 信之; 井藤 奈央子; 坂本 和雄; 川西 邦夫; 長田 道夫
    第62回日本腎臓学会学術総会/2019-06-21--2019-06-23
  • 高齢発症のimmunotactoid glomerulopathyによるネフローゼ症候群の一例
    秋山 知希; 甲斐 平康; 金子 修三; 森戸 直記; 臼井 丈ー...
    第49回日本腎臓学会東部学術大会/2019-10-04--2019-10-05
  • 特発性MPGNの経過観察中に感染を契機として腎所見が増悪し、再腎生検から治療に結びついた一例
    石橋 駿; 本村 鉄平; 加瀬田 幸司; 臼井 丈ー; 川西 邦夫; 長...
    第49回日本腎臓学会東部学術大会/2019-10-04--2019-10-05
  • ポドサイト障害におけるボウマン嚢壁側上皮細胞の遊走メカニズム
    井藤 奈央子; 坂本 和雄; 佐賀 信之; 川西 邦夫; 長田 道夫
    The 54th Annual Meeting of the Japanese Society for Pediatric Nephrology/2019-06-07--2019-06-08
  • Loss of Ubiquitin-Specific Protease 40 in Podocyte Enhances Kidney Injury
    Naoaki Mikami; Taiji Matsusaka; Tanaka Eriko; Kawanishi K...
    American Society of Nephrology, Kidney Week 2019/2019-11-07--2019-11-07
  • 非典型的な経過で診断に苦慮した急性間質性腎炎の一例
    松永宇広; 田原 敬; 齋藤知栄; 角田亮也; 藤田亜紀子; 金子...
    第48回日本腎臓学会東部学術大会/2018-10-20--2018-10-21
  • 慢性骨髄性白血病(CML)患者に対しダサチニブ(DSA)投与後、蛋白尿が出現した一例
    西田嶺美; 田原 敬; 森戸直記; 角田亮也; 藤田亜紀子; 金子...
    第48回日本腎臓学会東部学術大会/2018-10-20--2018-10-21
  • 中高年で発症した溶連菌感染後急性糸球体腎炎の一例
    野村惣一朗; 甲斐平康; 長田道夫; 藤田亜紀子; 金子修三; 森...
    第48回日本腎臓学会東部学術大会/2018-10-20--2018-10-21
  • 好酸球性多発血管炎性肉芽腫症(EGPA)の腎病変の臨床・病理学的特徴
    秋山 知希; 金子 修三; 角田 亮也; 河村 哲也; 藤田 亜紀子; ...
    第61回日本腎臓学会学術総会/2018-06-08--2018-06-10
  • A review of clinical characteristics and genetic backgrounds in Alport syndrome
    Nozu Kandai; Nakanishi Koichi; Abe Yoshifusa; Udagawa Tom...
    60th Annual Meeting of the Japanese-Society-of-Nephrology
  • ステロイド、シクロスポリン併用療法により完全寛解に至ったAAアミロイドーシスの一例
    打田健介; 森戸直記; 甲斐平康; 萩原正大; 臼井丈一; 斎藤知...
    第38回日本腎臓学会東部学術大会/2008-10-11--2008-10-12
  • 鼻腔内NKT細胞リンパ腫の寛解・再発と並行し活動性を呈したIgA腎症の1例
    佐藤ちひろ; 臼井丈一; 甲斐平康; 萩原正大; 森戸直記; 斎藤...
    第38回日本腎臓学会東部学術大会/2008-10-11--2008-10-12
  • 多様な糸球体病変を呈したCastleman病の1例
    宇内景; 臼井丈一; 甲斐平康; 萩原正大; 森戸直記; 斎藤知栄;...
    第38回日本腎臓学会東部学術大会/2008-10-11
  • B型肝炎の治療により寛解に至った治療抵抗性ネフローゼ症候群の一例
    坂井健太郎; 森戸直記; 田中宏明; 荒川洋; 甲斐平康; 萩原正...
    第38回日本腎臓学会東部学術大会/2008-10-11--2008-10-12
  • 多様な糸球体病変を呈したCastleman病の1例
    宇内 景; 臼井 丈一; 甲斐 平康; 萩原 正大; 森戸 直記; 斎藤...
    日本腎臓学会第38回東部学術大会/2008-10-11--2008-10-12
  • B型肝炎の治療により寛解に至った治療抵抗性ネフローゼ症候群の一例
    坂井 健太郎; 森戸 直記; 田中 宏明; 荒川 洋; 甲斐 平康; 萩...
    日本腎臓学会第38回東部学術大会/2008-10-11--2008-10-12
  • ステロイド、シクロスポリン併用療法により完全寛解に至ったAAアミロイドーシスの一例
    打田 健介; 森戸 直記; 甲斐 平康; 萩原 正大; 臼井 丈一; 斎...
    日本腎臓学会第38回東部学術大会/2008-10-11--2008-10-12
  • 急速に腎機能が悪化しIgA腎症と抗GBM型腎炎併発の半月体形成性腎炎を認めた一例
    野口和之; 斎藤知栄; 臼井丈一; 鈴木創; 森戸直記; 上杉憲子;...
    第39回日本腎臓学会東部学術大会/2009-10-02--2009-10-03
  • Chronic systemic capillary leak syndromes (CSCLS)で病理学的に膜性増殖性糸球体腎炎を呈していた一例
    永井 恵; 甲斐平康; 臼井丈一; 萩原正大; 樋渡 昭; 相田久美;...
    第46回茨城腎研究会/2009-06-23
  • 針腎生検検体に微小腫瘍を認めたIgA腎症の1例
    磯下理恵子; 臼井丈一; 樋渡昭; 甲斐平康; 森戸直記; 斎藤知...
    第40回日本腎臓学会東部学術大会/2010-09-01
  • IgA腎症と抗GBM抗体型腎炎を合併し、治療前後で興味ある腎病理経過を示した1例
    野口和之; 斎藤知栄; 永井恵; 鈴木創; 臼井丈一; 鶴岡秀一; ...
    第40回日本腎臓学会東部学術大会/2010-09-01
Teaching
2019-10 -- 2020-02Advanced Exercise on Public HealthUniversity of Tsukuba.
2019-04 -- 2019-08Advanced Exercise on Public HealthUniversity of Tsukuba.
2019-10 -- 2019-12History of MedicineUniversity of Tsukuba.
2019-04 -- 2019-08Internship IUniversity of Tsukuba.
2019-10 -- 2020-02Internship IUniversity of Tsukuba.
2019-04 -- 2019-07Human Pathology: LectureUniversity of Tsukuba.
2019-10 -- 2020-02Practice of HistopathologyUniversity of Tsukuba.
2019-10 -- 2020-02Lecture and Discussion in Human Medical Biology IIUniversity of Tsukuba.
2019-04 -- 2019-08Internship IIUniversity of Tsukuba.
2019-10 -- 2020-02Internship IIUniversity of Tsukuba.
Other educational activities
2019-06 -- 2020-06Pathogenesis of Alport syndromeUniversity of Tsukuba
Talks
  • FSGSの病理診断、腎病理標準化委員会2010年の取り組み
    長田道夫
    第53回日本腎臓学会総会/2011-06-18
  • Lupus腎炎の病理
    長田道夫
    第53回日本腎臓学会総会/2010-06-18
  • ポドサイト障害と糸球体応答
    長田道夫
    第53回日本腎臓学会総会/2010-06-18
  • Post infectious acute glomerulonephritis and variants
    Michio Nagata
    1st international meeting for renal pathology/2010-06-12
  • FSGSのcolaborative study
    長田道夫
    日本腎病理協会総会/2010-01-09
Professional activities
2004 -- 2010International Renal Pathology Societycomittee (membership, financial, communication)
2006 -- 2010International Renal Pathology Societycomittee (membership, financial, communication)
2010 -- 2016International Renal Pathology Societycomittee (membership, financial, communication)
1998 -- (current)The Japanese Society for Pediatric Nephrology代議員
2006 -- 2016The Japanese Society for Pediatric Nephrology理事, 学術委員
2012 -- 2016The Japanese Society for Pediatric Nephrology理事, 学術委員、教育委員長
2010 -- 2016JAPANESE SOCIETY OF NEPHROLOGY理事
2004 -- (current)JAPANESE SOCIETY OF NEPHROLOGY学術評議員、腎病理標準化委員会、編集委員会
2003 -- (current)Japanese Renal Pathology Society運営委員
2010 -- 2016Japanese Renal Pathology Society代表世話人
University Management
2017-04 -- (current)社会連携委員会
2014-03 -- (current)大学院入試委員会(2015年委員長)

(Last updated: 2020-07-22)