You are here

Yasuhiro Shinkai

Affiliation
Faculty of Medicine
Official title
Associate Professor
Research fields
Environmental and hygienic pharmacy
Research projects
カドミウムの毒性防御を担う小胞体ストレス応答系と活性イオウ分子産生系の協調的役割2015 -- 2017新開 泰弘Japan Society for the Promotion of Science/Grant-in-Aid for Scientific Research(C)4,940,000Yen
大気中親電子物質1,4ーナフトキノンに対する細胞の生存シグナル制御機構2012 -- 2014Japan Society of for the Promotion of Science/基盤研究(C)1,950,000Yen
重金属毒性に対する転写因子Nrf1の防御的役割とその応答機構の解析2010 -- 2011Japan Society of for the Promotion of Science/若手研究(B)4,030,000Yen
カドミウムの血管毒性防御の分子機構を担う転写因子Nrf22008 -- 2009Japan Society of for the Promotion of Science/若手研究(B)4,420,000Yen
Career history
2007-04 -- 2009-10北陸大学 学術フロンティア 博士研究員
Academic background
2003-04 -- 2007-03University of Tsukuba Graduate School of Comprehensive Human Sciences Doctoral Program in Life System Medical SciencesCompleted
Degree
2007-03Ph.D.University of Tsukuba
Academic societies
2003 -- (current)THE PHARMACEUTICAL SOCIETY OF JAPAN
2007 -- (current)The Japanese Society of Toxicology
2010 -- (current)THE JAPANESE SOCIETY FOR HYGIENE
Honors & Awards
2015-09平成27年度日本薬学会環境・衛生部会賞・金原賞環境化学物質の生体内運命とそれに対する防御応答の分子機構
2013-12-11平成25年度メチル水銀研究ミーティング 若手研究奨励賞受賞メチル水銀とそのグルタチオン抱合体によるKeap1/Nrf2経路の活性化
2012-07-18日本毒性学会奨励賞
2008-08第27回チョークトーク 生体と金属・化学物質に関する研究会 櫻井賞受賞
2008-06第35回日本トキシコロジー学会学術年会 優秀研究発表賞受賞
2005-10フォーラム2005:衛生薬学・環境トキシコロジー 優秀若手研究者賞受賞
Articles
Books
  • Intracellular Accumulation of Arsenic, Resulting in its Cytotoxicity and a Cellular Defense System Against Arsenic
    新開 泰弘
    2007-03
Conference, etc.
  • Nrf2 とCSE はメチル水銀中毒症状を抑制する鍵分子である
    秋山雅博; 鵜木隆光; 新開泰弘; 石井功; 山本雅之; 赤池孝章;...
    フォーラム2018:衛生薬学・環境トキシコロジー/2018-09
  • CSEとNrf2は異なる経路を介して親電子性重金属毒性を抑制する鍵分子である
    秋山雅博; 鵜木隆光; 新開泰弘; 石井功; 山本雅之; 熊谷 嘉人
    メタルバイオサイエンス研究会2018/2018-11
  • 活性イオウ分子によるカドミウムの不活性化を介した肝毒性の防御機構
    新開泰弘; 秋山雅博; 鵜木隆光; 石井功; 熊谷 嘉人
    第91回日本生化学会大会/2018-09
  • Nrf2およびCSE は環境中親電子物質によるマウス肝細胞毒性の抑制に必須である.
    鵜木隆光; 秋山雅博; 新開泰弘; 石井功; 山本雅之; 赤池孝章;...
    フォーラム2018:衛生薬学・環境トキシコロジー/2018-09
  • メタロチオネイン-3の意外な機能:可動性イオウによるメチル水銀の捕獲・不活性化
    Yunjie Ding; 新開泰弘; 熊谷 嘉人
    フォーラム2018:衛生薬学・環境トキシコロジー/2018-09
  • Nrf2 とCSE はメチル水銀中毒症状を抑制する鍵分子である
    秋山雅博; 鵜木隆光; 新開泰弘; 石井功; 山本雅之; 赤池孝章;...
    フォーラム2018:衛生薬学・環境トキシコロジー/2018-09
  • 無機亜鉛の内皮細胞毒性に対する活性イオウ分子産生酵素の役割
    毛塚彩; 吉田映子; 新開泰弘; 熊谷 嘉人; 鍜冶利幸
    メタルバイオサイエンス研究会2018/2018-11
  • サルフェン硫黄(sulfane sulfur)結合タンパク質としてのメタロチオネイン-3の同定とその機能解析.
    新開泰弘; Yunjie Ding; 熊谷 嘉人
    メタルバイオサイエンス研究会2018/2018-11
  • Nrf2 and CSE act as critical molecules in parallel pathways for regulation of electrophilic stress in mice.
    Akiyama Masahiro; Unoki Takamitsu; Shinkai Yasuhiro; I Is...
    Gordon Research Conference/2019-02
  • Identification and characterization of metallothionein-3 as a pesulfide binding protein.
    Ding Yunjie; Yasuhiro Shinaki; Kumagai Yoshito
    Society of Toxicology 58th Annual Meeting/2019-03
  • 活性イオウ分子によるカドミウムのイオウ付加体の生成を介した毒性防御
    新開泰弘; 秋山雅博; 鵜木隆光; 熊谷 嘉人
    生理学研究所 研究会「生命のエネルギー獲得戦略における多様性と共通原理の理解にむけて」/2018-04
  • The capture of cadmium by reactive polysulfides attenuates cadmium-induced hepatotoxicity
    新開 泰弘; 秋山 雅博; 鵜木 隆光; 石井 功; 熊谷 嘉人
    第45回日本毒性学会学術年会/2018-07
  • Reactive sulfur species: protective role against electrophilic stress and reductive stress mediated by its intracellular excess accumulation
    秋山 雅博; 鵜木 隆光; 蕨 栄治; 新開 泰弘; 石井 功; 赤池 ...
    第45回日本毒性学会学術年会/2018-07
  • Polysulfide Na2S4 regulates the activation of PTEN/Akt/CREB signaling
    安孫子 ユミ; 新開 泰弘; 鵜木 隆光; 広瀬 玲子; 上原 孝; 熊...
    日本毒性学会学術年会/2017
  • Role of reactive sulfur species in regulation of health risk of methylmercury
    秋山 雅博; 外山 喬士; 吉田 映子; 鵜木 隆光; 安孫子 ユミ; ...
    日本毒性学会学術年会/2016
  • An atmospheric electrophile activates heat shock factor 1 through S-arylation of heat shock protein 90
    Hirose R.; Unoki T.; Abiko Y.; Shinkai Y.; Sha R.; Kumaga...
    International Congress on Toxicology/2016
  • Reactive sulfur species and their producing enzymes diminish the activation of HSP90/HSF1 signaling
    広瀬 玲子; 安孫子 ユミ; 新開 泰弘; 鵜木 隆光; 土屋 幸弘; ...
    日本毒性学会学術年会/2017
  • Polysulfide Na2S4 regulates the activation of PTEN/Akt/CREB signaling
    安孫子 ユミ; 新開 泰弘; 鵜木 隆光; 広瀬 玲子; 上原 孝; 熊...
    日本毒性学会学術年会/2017
  • カドミウムによるHSP90の化学修飾を介する転写因子HSF1の活性化と活性イオウ分子によるその制御
    鵜木隆光; 新開泰弘; 増田章; 秋山雅博; Xian Ming; 熊谷 嘉人
    第70回日本酸化ストレス学会/2017-06
  • 1,4-NQ曝露によるPTEN/Akt/CREBシグナルの活性化はポリサルファイドモデル化合物Na2S4により抑制される
    安孫子ユミ; 新開泰弘; 鵜木隆光; 広瀬怜子; 上原孝; 熊谷 嘉人
    第70回日本酸化ストレス学会/2017-06
  • 活性イオウ分子を介したカドミウムの肝毒性の防御機構
    新開泰弘; 秋山雅博; 鵜木隆光; 石井功; 熊谷 嘉人
    第70回日本酸化ストレス学会/2017-06
  • 親電子リガンドによるIL-11産生機構とその生体における役割の解明
    仁科隆史; 出口裕; 三浦亮介; 山﨑創; 新開泰弘; 小島裕子; ...
    第44回日本毒性学会学術年会/2017-07
  • カドミウムによるHSP90の化学修飾を介した転写因子HSF1の活性化と活性イオウ分子によるその制御
    鵜木隆光; 新開泰弘; 増田章; 秋山雅博; Ming XIAN; 熊谷 嘉人
    第44回日本毒性学会学術年会/2017-07
  • 活性イオウ分子およびその産生酵素は1,4-NQ曝露によるHSP90/HSF1シグナルの活性化を抑制する
    広瀬玲子; 安孫子ユミ; 新開泰弘; 鵜木隆光; 土屋幸弘; 渡邊...
    第44回日本毒性学会学術年会/2017-07
  • ポリサルファイドモデル化合物Na2S4は1,4-NQ曝露によるPTEN/Akt/CREBシグナルの活性化を抑制する
    安孫子ユミ; 新開泰弘; 鵜木隆光; 広瀬玲子; 上原孝; 熊谷 嘉人
    第44回日本毒性学会学術年会/2017-07
Teaching
2018-04 -- 2018-06Field and Laboratory Works on Environmental Sciences [Japanese]University of Tsukuba.
2018-04 -- 2018-06Exercises in Environmental Sciences [Japanese]University of Tsukuba.
2018-10 -- 2019-02Dissertation in Medical SciencesUniversity of Tsukuba.
2018-10 -- 2019-02Internship IUniversity of Tsukuba.
2018-10 -- 2019-02Internship IIUniversity of Tsukuba.
2018-10 -- 2019-02Seminar on Basic Medical SciencesUniversity of Tsukuba.
2018-10 -- 2019-02Advanced Exercise on Public HealthUniversity of Tsukuba.
2018-04 -- 2018-08Dissertation in Medical SciencesUniversity of Tsukuba.
2018-04 -- 2018-08Internship IUniversity of Tsukuba.
2018-04 -- 2018-08Internship IIUniversity of Tsukuba.

(Last updated: 2018-11-16)