You are here

Inomata Shinichi

Affiliation
Faculty of Medicine
Official title
Associate Professor
Research fields
Anesthesiology
Research keywords
麻酔薬の効果と遺伝多型
麻酔薬の効果と性差&年齢差
麻酔方法と悪性腫瘍の制御
痛み治療の開発
超音波診断装置の応用
気道確保など
Research projects
オピオイドシステムメカニズムにおけるメチル化とSTR解析を用いた革新的遺伝子研究2020 -- 2022猪股 伸一Japan Society for the Promotion of Science/Grant-in-Aid for Scientific Research(C)4,290,000Yen
オピオイドシステムのメカニズムと癌発現に関する多角的遺伝子研究2017 -- 2019猪股 伸一Japan Society for the Promotion of Science/Grant-in-Aid for Scientific Research(C)4,550,000Yen
磁気共鳴画像(MRI)を用いた慢性疼痛病態特異性の研究2013 -- 2016猪股伸一/筑波大学産学連携推進プロジェクト・共同研究プロジェクト4,950,000Yen
Genetic analysis for anesthetic metabolism and emergence from anesthesia2001 -- 2001/国内共同研究
新しいテーラーメイド医療:麻酔の質向上のための遺伝学的薬物相互作用の解明とその制御2002 -- 2004猪股伸一/学内共同研究4,500,000Yen
α<sub>2</sub>-adrenergic agonist clonidine -- (current)/
Genetic analysis of anesthetic potency -- (current)/
Minimum Alveolar Concentration(MAC) -- (current)/
レンチウイルスベクターを用いた難治性疼痛に対する遺伝子治療の基礎的研究     2005 -- 2007猪股伸一Japan Society of for the Promotion of Science/基盤研究(C)5,104,000Yen
吸入麻酔薬セボフルランとその類以体の代謝動態と毒性発現のメカニズムの解明1998 -- 1999Japan Society of for the Promotion of Science/基盤研究(C)3,000,000Yen
Academic background
-- 1987Asahikawa Medical College Faculty of Medicine 医学科Graduated
Degree
1995(医学)博士筑波大学
Academic societies
-- (current)JAPANESE SOCIETY OF ANESTHESIOLOGISTS
-- (current)THE JAPAN SOCIETY FOR CLINICAL ANESTHESIA
-- (current)Japan Society of Pain Clinicians (JSPC)
-- (current)American Society of Anesthesiologists
-- (current)International Anesthesia Research Society
Honors & Awards
2014-05-15日本麻酔科学会第61回学術集会優秀演題賞
2012-06-08日本麻酔科学会第59回学術集会優秀演題賞
2011-05-19日本麻酔科学会第58回学術集会最優秀演題賞
2008-06日本麻酔科学会第55回学術集会優秀演題賞
Articles
Books
  • ゼッケル症候群
    猪股 伸一
    まれな疾患の麻酔 A to Z, 文光堂, pp.396-397, 2015
  • 複合性局所疼痛症候群(CRPS)
    猪股 伸一
    膠原病•リウマチ•アレルギー 研修ノート, 診断と治療社, 2016
  • セボフルランの最小肺胞濃度と気管内挿管可能濃度
    猪股 伸一
  • 全身麻酔 臨床医学のMinimun Essential
    猪股 伸一
    2000-01
  • 小人症 : Seckel症候群を含む 麻酔科診療プラクティス まれな疾患の麻酔
    猪股 伸一
    2001-01
  • 動脈血酸素飽和度 麻酔のHow to技術編
    猪股 伸一
    2001-01
  • Day Surgeryにおける麻酔管理 整形外科のDay Surgery
    猪股 伸一
    2001-01
  • 全身麻酔後: 譫妄・不穏
    猪股 伸一
    麻酔科診療プラクティス, 文光堂, 2004-01
  • 術後痛・がん性疼痛の治療テクニック 小児の硬膜外鎮痛
    猪股 伸一
    イラストでわかる麻酔科必須テクニック 正しいロジックとスマートなアプローチ, 合併症の予防・対策, 2006-01
  • 第3章 代表的な薬物の薬物動態 8. 遺伝子とPONV
    猪股 伸一
    麻酔薬の薬物動態, 真興交易医書出版社, 2006-01
Conference, etc.
  • 三尖弁閉鎖症を有する新生児に対する非心臓麻酔の1症例
    猪股 伸一
    日本臨床麻酔学会第38回大会/2018-11-01--2018-11-03
  • 腹部大動脈瘤の術中に大量出血を来し循環維持に難渋した開腹手術歴のある1例
    猪股 伸一
    日本臨床麻酔学会第38回大会/2018-11-01--2018-11-03
  • 開頭・経鼻同時腫瘍摘出後の大量髄液鼻漏により術後再挿管を要した1症例
    猪股 伸一
    日本臨床麻酔学会第38回大会/2018-11-01--2018-11-03
  • i-NTER LENS(TM)を用いi-Phone(TM)を気管支鏡モニタとして使用し気道熱傷を迅速に診断した1例
    猪股 伸一
    日本臨床麻酔学会第38回大会/2018-11-01--2018-11-03
  • 三尖弁閉鎖症を有する新生児に対する非心臓麻酔の1症例
    猪股 伸一
    日本臨床麻酔学会第38回大会
  • 三尖弁閉鎖症を有する新生児に対する非心臓麻酔の1症例
    猪股 伸一
    日本臨床麻酔学会第38回大会
  • i-NTER LENS(TM)を用いて i-gel(TM)で換気中の声門を気管支鏡で持続観察した1例
    猪股 伸一
    日本臨床麻酔学会第38回大会/2018-11-01--2018-11-03
  • Brain connectivity of fibromyalgia patients.
    猪股 伸一
    日本麻酔科学会 学術総会/2018-05-17--2018-05-19
  • Progesterone decreases isoflurane requirement for equilibrium disturbance in male mice
    Shimizu Takeru; Nakamura Shoko; Inomata Shinichi; Tanaka ...
    Anesthesiology 2018/2018-10-13--2018-10-17
  • A new device which enables us to use a smartphone as a monitor of a bronchoscope, i-NTER LENS™( Micronet Corporation).
    Inomata Shinichi
    Euroanaesthesia 2017
  • The MAC-BIS50-tetanus of desflurane decreases by aging.
    Inomata Shinichi
    Euroanaesthesia 2017
  • The ropivacaine concentration required for ultrasound-guided rectus sheath block in pediatric patients undergoing laparoscopic inguinal hernia repair surgery.
    Inomata Shinichi
    Euroanaesthesia 2017
  • Iliac fossa block is useful for postoperative analgesia of total hip arthroplasty.
    Inomata Shinichi
    Euroanaesthesia 2017
  • Brain connectivity of chronic pain patients.
    Inomata Shinichi
    Euroanaesthesia 2017
  • スマートフォンを気管支鏡モニターとして使うためのデバイス•スマートレンズの開発
    Inomata Shinichi; 梅崎健司
    日本臨床麻酔学会第36回大会/2016-11-3--2016-11-5
  • 放射線治療後の気管変形がある患者でLMAプロシールと気管支ブロッカーを用いて分離肺換気に成功した1例
    Inomata Shinichi; 猪狩亜沙美
    日本臨床麻酔学会第36回大会/2016-11-3--2016-11-5
  • 18トリソミー新生児に対するトラキライト挿管の優位性
    Inomata Shinichi; 矢作武蔵
    日本臨床麻酔学会第36回大会
  • 両側巨大気腫性嚢胞に対し両側同時に胸腔鏡下肺嚢胞切除術を行った1症例
    Inomata Shinichi; 吉田美伽
    日本臨床麻酔学会第36回大会/2016-11-3--2016-11-5
  • 侵害刺激におけるデスフルランのMAC-BIS50
    Inomata Shinichi; 藤田将英
    日本麻酔科学会第63回学術集会/2016-5-26--2016-5-28
  • 侵害刺激中にBIS値が50未満となるセボフルランの最小肺胞濃度
    Inomata Shinichi; 楠本篤弘
    日本麻酔科学会第63回学術集会/2016-5-26--2016-5-28
  • A118G遺伝子多型と婦人科悪性腫瘍手術の術後鎮痛におけるフェンタニル必要量
    Inomata Shinichi; 石垣麻衣子
    日本麻酔科学会第63回学術集会/2016-5-26--2016-5-28
  • 手術開始直前に心肺停止となった可動性肺動脈腫瘍の症例
    猪股 伸一
    日本蘇生学会/2015-11-5--2015-11-7
  • 先天性グルコシル化異常症の麻酔管理
    猪股 伸一
    第35回日本臨床麻酔学会/2015-10-21--2015-10-23
  • 一側肺換気を契機に発見された肺塞栓とATⅢ欠損症
    猪股 伸一
    第35回日本臨床麻酔学会/2015-10-21--2015-10-23
  • Optimal Levobupivacaine Concentration for Ultrasound-Guided Rectus Sheath Block in Pediatric Patients
    猪股 伸一
    第62回日本麻酔科学会総会/2015-5-28--2015-5-30
Intellectural property rights
  • 視床痛を有する非ヒト霊長類モデル動物
    猪股 伸一
Teaching
2021-10 -- 2021-12Outline of Surgical DisordersUniversity of Tsukuba.
2021-10 -- 2022-02Advanced Seminar in Medical SciencesUniversity of Tsukuba.
2021-04 -- 2021-08Advanced Seminar in Medical SciencesUniversity of Tsukuba.
2020-10 -- 2021-02Internship IIUniversity of Tsukuba.
2020-04 -- 2020-08Internship IIUniversity of Tsukuba.
2020-04 -- 2020-08Seminar on Basic Medical SciencesUniversity of Tsukuba.
2020-10 -- 2021-02Seminar on Basic Medical SciencesUniversity of Tsukuba.
2020-10 -- 2021-02Advanced Seminar in Medical SciencesUniversity of Tsukuba.
2020-04 -- 2020-08Advanced Seminar in Medical SciencesUniversity of Tsukuba.
2020-10 -- 2021-02Internship IUniversity of Tsukuba.
Professional activities
-- (current)THE JAPAN SOCIETY FOR CLINICAL ANESTHESIA評議員
2012-07 -- (current)Japan Society of Pain Clinicians (JSPC)評議員
2018-05 -- (current)JAPANESE SOCIETY OF ANESTHESIOLOGISTS代議員
2001-11 -- (current)THE JAPAN SOCIETY FOR CLINICAL ANESTHESIA評議員
Other activities
2012-04 -- (current)日本医師会、茨城県医師会予備代議員

(Last updated: 2021-05-20)