You are here

Matsumoto Isao

face
Affiliation
Faculty of Medicine
Official title
Associate Professor
Birth date
1965-07
URL
Email
 
Office
学系棟 706号室
Phone
0298-53-3186
Fax
0298-53-3186
Research fields
Collagenous pathology/Allergology
Research keywords
Autommunity
Arthritis
Collagen Disease
Immunology
Research projects
関節リウマチにおけるシトルリン化ITIH4蛋白の病因的意義の探索2018 -- 2020松本 功Japan Society for the Promotion of Science/Grant-in-Aid for Scientific Research(C)4,420,000Yen
関節炎における炎症性サイトカインと自己免疫応答相互の制御2015-04 -- 2018-03松本 功Japan Society for the Promotion of Science/Grant-in-Aid for Scientific Research(C)4,810,000Yen
自己免疫誘導性関節炎の人為的制御2005 -- 2007/学内共同研究1,800,000Yen
自己免疫誘導性関節炎の生物学的製剤による制御機構の解明及び新規治療薬開発2007 -- 2008松本 功/学内共同研究800,000Yen
関節炎を誘導できる抗GPI抗体とその自己抗体産生制御機構の解明2002 -- 2005松本 功/学内共同研究7,700,000Yen
Mechanisms of Autoantibody Induced Arthntis2001 -- (current)/JST Target Oriented Research for Embryonic Science and Technology (TOREST)
関節炎におけるマクロファージと自己免疫応答相互の制御機構の解明2012 -- 2014Japan Society of for the Promotion of Science/基盤研究(C)1,950,000Yen
自己免疫誘導関節炎における新規制御分子の病因的意義2009 -- 2011Japan Society of for the Promotion of Science/基盤研究(C)4,550,000Yen
自己免疫誘導性関節炎の制御機構と治療                      2007 -- 2008Japan Society of for the Promotion of Science/基盤研究(C)3,250,000Yen
自己抗原および関節炎誘導分子修飾による自己抗体産生制御2004 -- (current)Japan Society of for the Promotion of Science/その他2,500,000Yen
Career history
1992-09 -- 1994-08成田赤十字病院 内科 医師
2008-01 -- (current)筑波大学 大学院人間総合科学研究科 准教授
Academic background
-- 1991Hokkaido University Faculty of Medicine 医学科Graduated
-- 2001Chiba University Graduate School, Division of Medicine Internal MedicineCompleted
Degree
Doctor (Medicine)Chiba University
Licenses and qualifications
2014-04日本免疫学会評議員
2015-10-01日本臨床免疫学会理事
2002-06-01日本リウマチ財団登録医
2003-03-01日本リウマチ学会認定医
2005-04日本内科学会認定内科医
2007-03-01日本リウマチ学会指導医
2007-04-27日本リウマチ学会評議員
2010-01-01日本臨床免疫学会評議員
Academic societies
1996 -- (current)日本シェーグレン症候群学会
-- (current)JAPAN COLLEGE OF RHEUMATOLOGY
2003 -- (current)日本再生炎症学会
-- (current)THE JANPANESE SOCIETY OF INTERNAL MEDICINE
-- (current)JAPANESE SOCIETY FOR IMMUNOLOGY
2006 -- (current)THE JAPAN SOCIETY FOR CLINICAL IMMUNOLOGY
Honors & Awards
2017-04日本リウマチ学会学会賞
2011-11第1回ブリストルマイヤーズ関節リウマチ研究助成金
2011-04ノバルティス・リウマチ医学賞(平成23年度)
2008-09筑波大学附属病院臨床研究奨励賞
2005-04-01フラテ研究奨励賞
2004-04-01上原記念財団研究奨励金
2003-04-01日本リウマチ財団研究奨励金
2003-04-01藤沢薬品工業研究奨励金
2003-04-01日本内科学会奨励賞
2003-01-01難病医学財団医学研究奨励助成金
2000アメリカリウマチ財団リサーチ・フェローシップ
1999内藤財団海外留学助成金
Articles
Books
  • 抗リウマチ薬・生物学的製剤の副作用と対策
    松本 功
    今日の治療指針 私はこう治療している TODAY'S THERAPY208, 2018-01
  • サルコイドージス(内科)
    松本 功
    今日の治療指針 私はこう治療している, pp.893-894, 2016
  • 早期関節リウマチの評価と治療戦略
    松本 功
    分子標的/Bio時代のリウマチ・膠原病治療ストラテジー, pp.16-23, 2015-04
  • 分子標的/Bio時代のリウマチ・膠原病治療ストラテジー
    松本 功
    文光堂, 2015-4
  • Systemic autoimmune diseases signature
    松本 功
    リウマチ科, pp.309-313, 2015-04
  • Sjögren’s症候群
    松本 功
    内科, pp.403-406, 2015-04
  • 間質性肺炎合併全身性強皮症におけるCD161陽性V𝛿1陽性𝛾𝛿T細胞の解析
    松本 功
    厚生労働省科学研究補助金 難治性疾患等克服研究事業(難治性疾患克服研究事業) 強皮症における病因解明と根治的治療法の開発平成25年度総括・分担研究報告書(佐藤班), 2014-01
  • シェーグレン症候群患者に関する全国疫学調査(一次調査、二次調査)
    松本 功
    厚生労働省科学研究補助金 難治性疾患等克服研究事業(難治性疾患克服研究事業) 自己免疫疾患に関する調査研究 平成25年度総括・分担研究報告書(住田班), 2014-01
  • M3Rを分子標的とした自己免疫性唾液腺炎に関する研究Ⅲ
    松本 功
    厚生労働省科学研究補助金 難治性疾患等克服研究事業(難治性疾患克服研事業) 自己免疫疾患に関する調査研究 平成25年度総括・分担研究報告書(住田班), 2014-01
  • 関節炎におけるFormyl peptide rexeptor 2(FPR2)発現T細胞サブセットの解析に関する研究
    松本 功
    厚生労働省科学研究補助金 難治性疾患等克服研究事業(免疫アレルギー疾患等予防・治療研究事業) 免疫疾患におけるT細胞サブセットの機能異常とその修復法の開発 平成24年度総括・分担研究報告書(山本班), 2014-01
  • T細胞分化制御による関節炎治療
    松本 功
    リウマチ科 51(5):559-563, 2014-4
  • TNFα-induced adipose related protein(TIARP)の関節炎における新作用機序
    松本 功
    最新関節リウマチ学 –寛解・治癒を目指した研究と最新治療– 日本臨牀72(3):299-304, 2014-03
  • 関節リウマチにおける抗環状 シルトリン化GPIペプチド抗体
    松本 功
    リウマチ科 51(3):326-330, 2014-03
  • 自己抗体と自己免疫疾患
    松本 功
    EXPERT 膠原病・リウマチ改訂第3版, 2013-04
  • サイトカインに対する生物学的製剤
    松本 功
    Pharma Medica 31(1):41-44, 2013-04
  • マウス関節炎発症におけるTNFα-induced adipose-related protein (TIARP)の役割
    松本 功
    リウマチ科 50(1):132-137, 2013-04
  • シェーグレン症候群に対するアバタセプトの有効性と安全性
    松本 功
    リウマチ科 50(6):722-729, 2013-04
  • Hightlight Series1 Basic Highlight
    松本 功
    Keynote R・A (1):33-36, 2013-04
  • 基礎研究はどう臨床にいかされていくか
    松本 功
    Keynote R・A (1):11-15, 2013-04
  • 関節リウマチ治療の使い方、使い分け1)疾患修飾性抗リウマチ薬(DMARDs)-メトトレキサートを中心に-
    松本 功
    PROGRESS IN MEDICINE 9:45-47, 2013-4
  • 関節リウマチの動物モデルとその臨床的意義
    松本 功
    Medical Practice 30(4):564-567, 2013-04
  • サイトカインに対する生物学的製剤 自己免疫疾患の最近の話題と展望 
    松本 功
    Pharma Medica , p.41-44, 2013-01
  • 関節リウマチにおける解糖系酵素に対するシトルリン化自己抗体  
    松本 功
    リウマチ科, p.594-597, 2012-07
  • 関節リウマチ診療update IL-17阻害は有効か?  
    松本 功
    内科, p.659-663, 2012-04
  • 関節リウマチにおけるTh17細胞と抗IL-17, 23抗体療法 
    松本 功
    最新医学, p.275-280, 2012-04
Conference, etc.
  • 日本人集団における全身性エリテマトーデスおよび全身性強皮症とGTF2I遺伝子多型との関連.
    横山 望; 川﨑 綾; 松下 貴史; 古川 宏; 近藤 裕也; 松本...
    第63回日本人類遺伝学会/2018-10-10--2018-10-13
  • INCREASED FOLLICULAR HELPER T CELL REGULATES AUTOANTIBODY HYPOSIALYLATION IN GLUCOSE-6-PHOSPHATE ISOMERASE INDUCED ARTHRITIS
    Kurata I.; Matsumoto I.; Osada A.; Ebe H.; Kawaguchi H.; ...
    Annual European Congress of Rheumatology 2018/2018-06-13--2018-06-18
  • Analysis of the Role of ROR gamma t+Foxp3+T Regulatory 17 (Tr17) Cells in Murine Autoimmune Arthritis Model
    Furuyama Kotona; Kondo Yuya; Shimizu Masaru; Akira Iizuka...
    2018 ACR/ARHP Annual Meeting/2018-10-19--2018-10-24
  • RORγt antagonist suppresses Sjögren’s syndrome like sialadenitis in RORγt-transgenic mice
    Yuko Ono; Tsuboi Hiroto; Moriyama Masafumi; Asashima Hiro...
    第47回日本免疫学会学術集会/2018-12-12--2018-12-12
  • Analysis of the role of RORγt+Foxp3+ regulatory T cells in the regulation of autoimmune arthritis
    Furuyama Kotona; Kondo Yuya; Yokosawa Masahiro; Seiji seg...
    第47回日本免疫学会学術集会/2018-12-11--2018-12-11
  • Analysis of suppressive ability and its mechanisms of rice seeds expressing altered peptide ligands against M4R induced sialadenitis
    Kudo Hanae; Tsuboi Hiroto; Asashima Hiromitsu; Takahashi ...
    第47回日本免疫学会学術集会/2018-12-11--2018-12-11
  • IgG4関連疾患の病変局所におけるCCL18-CCR8シグナルの発現解析
    坪井 洋人; 浅島 弘充; 髙橋 広行; 工藤 華枝; 小野 由...
    第62回日本リウマチ学会総会・学術集会/2018-4-28--2018-4-28
  • 成人発症Still病における重症度分類の臨床的有用性に関する検討
    寺崎 真由; 近藤 裕也; 寺崎 俊彦; 東光 裕史; 清水 優;...
    第62回日本リウマチ学会総会・学術集会/2018-4-28--2018-4-28
  • シェーグレン症候群の診断と治療の最前線:2018 Up Date ~診療ガイドラインを踏まえたベストプラクティスを考える~
    坪井 洋人; 萩原 晋也; 髙橋 広行; 浅島 弘充; 本田 文...
    第62回日本リウマチ学会総会・学術集会/2018-4-28--2018-4-28
  • マウス自己免疫性関節炎におけるRORγt+Foxp3+制御性T細胞の機能解析
    古山 琴菜; 近藤 裕也; 横澤 将宏; 金子 駿太; 瀬川 誠...
    第62回日本リウマチ学会総会・学術集会/2018-4-27--2018-4-27
  • 関節リウマチ合併二次性シェーグレン症候群に対するアバタセプト長期投与の有用性
    寺崎 俊彦; 坪井 洋人; 寺崎 真由; 東光 裕史; 清水 優;...
    第62回日本リウマチ学会総会・学術集会/2018-4-27--2018-4-27
  • Efficacy and safety of hydroxychloroquine (HCQ) in Japanese SLE patients in daily clinical practice.
    Shimizu Masaru; Kondo Yuya; Terasaki Mayu; Toko Hirofumi;...
    第62回日本リウマチ学会総会・学術集会/2018-4-27--2018-4-27
  • 自己抗体産生におけるAllergin-1の機能解析
    飯塚 晃; 瀬川 誠司; 近藤 裕也; 金子 駿太; 横澤 将宏;...
    第62回日本リウマチ学会総会・学術集会/2018-4-27--2018-4-27
  • 日常臨床下のループス腎炎寛解導入療法におけるタクロリムスの有用性
    横澤 将宏; 近藤 裕也; 萩原 晋也; 寺崎 俊彦; 寺崎 真...
    第62回日本リウマチ学会総会・学術集会/2018-4-27--2018-4-27
  • 関節リウマチ患者におけるSTEAP4変異体の臨床的及び機能的意義
    江辺 広志; 松本 功; 長田 侑; 藏田 泉; 川口 星美; 近...
    第62回日本リウマチ学会総会・学術集会/2018-4-27--2018-4-27
  • トシリズマブによる臨床的寛解達成後のRA症例における低磁場手専用MRIを用いた滑膜炎の解析
    萩原 晋也; 寺崎 俊彦; 寺崎 真由; 東光 裕史; 清水 優;...
    第62回日本リウマチ学会総会・学術集会/2018-4-27--2018-4-27
  • DNAマイクロアレイを用いた成人Still病由来単球の遺伝子発現解析
    瀬川 誠司; 近藤裕也; 飯塚 晃; 金子 駿太; 横澤 将宏; ...
    第62回日本リウマチ学会総会・学術集会/2018-4-27--2018-4-27
  • 関節リウマチにおける新規シトルリン化蛋白質inter-α-trypsin inhibitor heavy chain 4 (cit-ITIH4) の臨床的意義
    川口 星美; 松本 功; 長田 侑; 藏田 泉; 江辺 広志; 梅...
    第62回日本リウマチ学会総会・学術集会/2018-4-27--2018-4-27
  • M3ムスカリン作働性アセチルコリン受容体(M3R) 誘導性唾液腺炎に対するaltered peptide ligand (APL)発現米の抑制効果と 作用メカニズムの解析
    工藤 華枝; 坪井 洋人; 浅島 弘充; 髙橋 広行; 小野 由...
    第62回日本リウマチ学会総会・学術集会/2018-4-26--2018-4-26
  • シェーグレン症候群患者のCD4陽性T細胞におけるNR4A2発現亢進とTh17分化
    大山 綾子; 坪井 洋人; 栁下 瑞希; 本田 文香; 東光 裕...
    第62回日本リウマチ学会総会・学術集会/2018-4-26--2018-4-26
  • 当施設における一次性シェーグレン症候群の肺病変の臨床的検討
    大山 綾子; 坪井 洋人; 栁下 瑞希; 本田 文香; 東光 裕...
    第62回日本リウマチ学会総会・学術集会/2018-4-26--2018-4-26
  • RORγtトランスジェニックマウスに自然発症する唾液腺炎に対するRORγtアンタゴニストの唾液腺炎抑制効果と作用メカニズムの解析
    小野 由湖; 坪井 洋人; 森山 雅文; 浅島 弘充; 工藤 華...
    第62回日本リウマチ学会総会・学術集会/2018-4-26--2018-4-26
  • 一次性シェーグレン症候群における治療介入とESSDAIの変化に関する解析
    本田 文香; 坪井 洋人; 寺崎 俊彦; 寺崎 真由; 清水 優;...
    第62回日本リウマチ学会総会・学術集会/2018-4-26--2018-4-26
  • 実臨床下における関節リウマチに対するイグラチモドの有効性,安全性の検討
    近藤裕也; 萩原 晋也; 寺崎 真由; 寺崎 俊彦; 東光 裕史;...
    第62回日本リウマチ学会総会・学術集会/2018-4-26--2018-4-26
  • メトトレキサート関連リンパ増殖性疾患における臨床的特徴の検討
    柳下 瑞希; 近藤 裕也; 寺崎 真由; 東光 裕史; 清水 優;...
    第62回日本リウマチ学会総会・学術集会/2018-4-26--2018-4-26
Intellectural property rights
  • 関節リウマチ診断薬
    松本 功; 住田 孝之; 川口 星美
Teaching
2018-10 -- 2019-02Dissertation in Medical SciencesUniversity of Tsukuba.
2018-10 -- 2019-02Internship IUniversity of Tsukuba.
2018-10 -- 2019-02Internship IIUniversity of Tsukuba.
2018-10 -- 2019-02Seminar on Basic Medical SciencesUniversity of Tsukuba.
2018-10 -- 2019-02Advanced Exercise on Public HealthUniversity of Tsukuba.
2018-04 -- 2018-08Dissertation in Medical SciencesUniversity of Tsukuba.
2018-04 -- 2018-08Internship IUniversity of Tsukuba.
2018-04 -- 2018-08Internship IIUniversity of Tsukuba.
2018-04 -- 2018-08Seminar on Basic Medical SciencesUniversity of Tsukuba.
2018-04 -- 2018-08Advanced Exercise on Public HealthUniversity of Tsukuba.
Talks
  • Increased Follicular Helper T cell Regulates Autoantibody Hyposialylation in Glucose-6-phosphate Isomerase Induced Arthritis
    Kurata Izumi; Matsumoto Isao; Osada Atsumu; Ebe Hiroshi; ...
    JCR International Scool 2018/2018-08-02--2018-08-04
  • The Role of Follicular Helper 17 T cells and Desialylation of Autoantibody in Glucose-6-phosphate Isomerase Induced Arthritis
    Kurata Izumi; Matsumoto Isao; Osada Atsumu; Ebe Hiroshi; ...
    2017 日本免疫学会総会・学術集会/2017-12-12--2017-12-14
  • The Role of Follicular Helper 17 T cells in Glucose-6-phosphate Isomerase Induced Arthritis
    Kurata Izumi; Matsumoto Isao; Ebe Hiroshi; Kawaguchi Hosh...
    第61回日本リウマチ学会総会・学術集会/2017-04-20--2017-04-22
  • Increased Follicular Helper T cell Regulates Autoantibody Hyposialylation in Glucose-6-phosphate Isomerase Induced Arthritis
    Kurata Izumi; Matsumoto Isao; Osada Atsumu; Ebe Hiroshi; ...
    Annual European Congress of Rheumatology 2018/2018-06-13--2018-06-16
  • The Role of Follicular Helper 17 T cells in Glucose-6-phosphate Isomerase Induced Arthritis
    Kurata Izumi; Matsumoto Isao; Osada Atsumu; Ebe Hiroshi; ...
    第62回日本リウマチ学会総会・学術集会/2018-04-26--2018-04-28
  • セクキヌマブを投与した乾癬性関節炎の一例
    清水 優; 高橋 広行; 寺崎 真由; 東光 裕史; 本田 文香; 大山...
    第23回茨城リウマチ/2017-11-22
  • 関節炎におけるInter α tripsin inhibitor heavy chain 4(ITIH4)の発現解析
    長田 侑; 松本 功; 藏田 泉; 江辺 広志; 川口 星美; 近藤 裕...
    第6回筑波大学・東京理科大学合同リトリート/2018-03-17--2018-03-17
  • GPI誘導関節炎におけるTfhによる自己抗体低シアル化の制御
    藏田 泉; 松本 功; 長田 侑; 江辺 広志; 川口 星美; 近藤 裕...
    第6回筑波大学・東京理科大学合同リトリート/2018-03-17--2018-03-17
  • 自己抗体産生におけるAllergin-1の機能解析
    飯塚 晃; 瀬川 誠司; 後藤 大輔; 松本 功; 渋谷 彰; 柴山 史...
    第6回筑波大学・東京理科大学合同リトリート/2018-3-17
  • 関節リウマチにおける生物学的製剤 –TNFα阻害の独自性-
    松本 功
    第20回阪神リウマチ性疾患症例検討会/2017-09-13
  • 関節リウマチ治療におけるTNFα阻害の新たな視点
    松本 功
    Clnical Immunology Web Seminar/2017-09-04
  • リウマチ性疾患の鑑別診断
    松本 功
    平成28年度関東・甲信越地区リウマチ教育研修会/2017-09-04
  • 関節リウマチ診療の過去、現在、未来
    松本 功
    第1回軽井沢リウマチセミナー/2017-08-04
  • 関節リウマチにおけるT細胞、自己抗体と治療戦略
    松本 功
    西北五免疫研究会/2017-07-21
  • 関節リウマチの自己抗体から考える治療戦略
    松本 功
    第2回長野・篠ノ井関節リウマチ研究会/2017-07-07
  • 関節リウマチとその臓器合併症から考える最新治療戦略
    松本 功
    リウマチT2Tセミナー2017/2017-06-14
  • 関節リウマチの自己抗体とバイオ反応性
    松本 功
    Expert Seminar in Niigata/2017-06-08
  • 関節リウマチにおける個々の予後不良因子からバイオ治療選択を考える
    松本 功
    広島リウマチカンファレンス/2017-05-19
  • 当院におけるBechet病に対するレミケードの使用経験関節リウマチの病態におけるTNFα-その阻害療法の新たな視点-
    松本 功
    第23回石川リウマチ薬物治療研究会/2017-05-13
  • 関節リウマチにおける自己抗体プロファイルとバイオ反応性
    松本 功
    第5回静岡県東部リウマチセミナー/2017-03-16--2017-03-16
  • 自己抗体プロファイルから想定する関節リウマチ病態とバイオ使い分け
    松本 功
    上州リウマチ研究会/2017-02-16--2017-02-16
  • 自己抗体プロファイルから考える関節リウマチ病態とバイオ使い分け
    松本 功
    第6回アバタセプトクリニカル懇話会/2017-02-10--2017-02-10
  • 関節リウマチ診療の現状と課題
    松本 功
    三重サイトカイン療法ネットワーク研究会/2017-01-28--2017-01-28
  • 関節リウマチにおける自己抗体とバイオ製剤効果予測
    松本 功
    内科医・整形外科医の両立場から関節リウマチ治療を考える会/2016-12-08--2016-12-08
  • 関節リウマチ・膠原病における自己抗体とバイオ使い分けを考える
    松本 功
    関節リウマチセミナーin山口/2016-11-24--2016-11-24
Professional activities
2013-09 -- (current)日本臨床免疫学会常設プログラム委員
-- (current)JAPAN COLLEGE OF RHEUMATOLOGY基礎研究推進委員会委員
-- (current)第12回 国際シェーグレン症候群シンポジウム事務局長
-- (current)Rheumatology Clinical Reserach編集委員
2012-04 -- (current)THE JANPANESE SOCIETY OF INTERNAL MEDICINE将来計画検討ワーキンググループ委員(日本リウマチ学会代表)
2011-04 -- (current)JAPAN COLLEGE OF RHEUMATOLOGY関東支部運営委員
2007 -- (current)JAPAN COLLEGE OF RHEUMATOLOGY評議員
2010 -- (current)THE JAPAN SOCIETY FOR CLINICAL IMMUNOLOGY評議員
2009-04 -- (current)JAPAN COLLEGE OF RHEUMATOLOGYニュースレター小委員会
2010-04 -- (current)T cell camp 世話人
University Management
2003-10 -- (current)外来診療委員会
2003-10 -- (current)安全管理委員会
2007-10 -- (current)遺伝子組み換え実験安全主任者
2009-04 -- (current)(全学)バイオセーフティー委員
2010-04 -- (current)フロンティア医科学専攻教務委員
2010-04 -- (current)フロンティア医科学専攻広報委員

(Last updated: 2019-05-14)