You are here

Sumida Takayuki

Affiliation
Faculty of Medicine
Official title
Professor
Research fields
Collagenous pathology/Allergology
Research keywords
臨床免疫学
Research projects
シェーグレン症候群発症の分子機構と制御2017 -- 2019住田 孝之Japan Society for the Promotion of Science/Grant-in-Aid for Scientific Research(C)4,550,000Yen
関節リウマチの「ドラッグホリデー」と関節破壊「ゼロ」を目指す治療法の確立に関する研究2016-04 -- 2017-03田中良哉The Japan Agency for Medical Research and Development (AMED)/1,500,000Yen
IgG4関連疾患の病因病態解明と新規治療法確立に関する研究2016-04 -- 2017-03三森 経世The Japan Agency for Medical Research and Development (AMED)/1,200,000Yen
自己免疫疾患のイノベーション研究2014-04 -- 2015-03住田孝之Japan Society of for the Promotion of Science/厚生労働科学研究委託費(難治性疾患実用化研究事業)40,000,000Yen
自己免疫疾患に関する調査研究2014-04 -- 2015-03住田孝之Japan Society of for the Promotion of Science/厚生労働科学研究費補助金(難治性疾患等政策研究事業(難治性疾患政策研究事業))29,400,000Yen
自己免疫疾患のイノベーション研究2015-04 -- 2016-03住田 孝之The Japan Agency for Medical Research and Development (AMED)/30,400,000Yen
自己免疫疾患に関する調査研究2015-04 -- 2016-03住田 孝之厚生労働省科学研究費補助金/22,724,000Yen
自己免疫疾患のイノベーション研究2016-04 -- 2017-03住田孝之The Japan Agency for Medical Research and Development (AMED)/27,300,000Yen
自己免疫疾患に関する調査研究2016-04 -- 2017-03Takayuki SUMIDA厚生労働省/厚生労働科学研究費補助金(難治性疾患等政策研究事業(難治性疾患政策研究事業))23,952,000Yen
免疫性血管炎モデルを用いた薬剤性血管炎の発症機序およびバイオマーカーの探索に関する研究2007-04 -- 2007-12ノバルティスファーマ株式会社/国内共同研究10,000,000Yen
Career history
1992-03 -- (current)千葉大学 医学部第二内科 助手
1995-05 -- (current)聖マリアンナ医科大学 難病治療研究センター 講師
1995-12 -- (current)聖マリアンナ医科大学 難病治療研究センター 助教授
1998-04 -- (current)筑波大学 臨床医学系内科 教授
Academic background
-- 1979-03Chiba University Faculty of MedicineGraduated
1982-04 -- 1986-03Chiba University Graduate School, Division of MedicineCompleted
Degree
1986-03医学博士Chiba University
Licenses and qualifications
1979-05医師免許
日本リウマチ財団登録医
日本リウマチ学会専門医、指導医
日本内科学会認定医
Academic societies
-- (current)JAPAN COLLEGE OF RHEUMATOLOGY
-- (current)THE JANPANESE SOCIETY OF INTERNAL MEDICINE
-- (current)JAPANESE SOCIETY FOR IMMUNOLOGY
-- (current)日本シェーグレン症候群学会
-- (current)American College of Rheumatology
-- (current)THE JAPAN SOCIETY FOR CLINICAL IMMUNOLOGY
-- (current)日本臨床リウマチ学会
-- (current)JAPANESE SOCIETY OF ALLERGOLOGY
-- (current)JAPANESE SOCIETY OF MOLECULAR MEDICINE
-- (current)JAPANESE SCOLIOSIS SOCIETY
Honors & Awards
2010-09-10第二回日本シェーグレン症候群学会賞
1996-05日本リウマチ学会賞
1994-04日本内科学会奨励賞
Articles
Books
  • 第19章過敏症
    浅島 弘充; 安部 沙織; 近藤 裕也; 髙橋 広行; 坪井 洋人; 住...
    分子細胞免疫学, pp.439-457, 2018-03
  • シェーグレン症候群
    住田 孝之
    診療ガイドライン UP-TO-DATE 2018-19, pp.627-631, 2018-01
  • 副腎皮質ステロイド
    住田 孝之; 堀越 正信; 近藤 裕也
    Pocket Drugs 2018, pp.439-457, 2018-01
  • 成人スチル病診療ガイドライン2017年版
    岩本 雅弘; 太田 晶子; 大田 明秀; 岡本 奈美; 沖山 奈緒子; ...
    成人スチル病診療ガイドライン2017年版, pp.1-100, 2017-11
  • 巨細胞性動脈炎
    住田 孝之
    1336専門家による私の治療2017-2018, pp.834-835, 2017-08
  • Sjögren症候群
    住田 孝之
    内科学 第11版, pp.1246-1250, 2017-04
  • シェーグレン症候群に関する調査研究
    坪井 洋人; 住田 孝之
    平成28年度厚生労働科学研究費補助金 難治性疾患等政策研究事業 総括・分担研究報告書, pp.65-198, 2017-03
  • 自己免疫疾患に関する調査研究
    住田 孝之
    平成28年度厚生労働科学研究費補助金 難治性疾患等政策研究事業 総合研究報告書, 2017-03
  • 自己免疫疾患に関する調査研究
    住田 孝之
    平成28年度厚生労働科学研究費補助金 難治性疾患等政策研究事業 総括・分担研究報告書, pp.3-6, 2017-03
  • 副腎皮質ステロイド
    住田 孝之; 近藤 裕也; 堀越 正信
    Pocket Drugs 2017, pp.602-603, 2017-01
  • Sjögren’s症候群
    住田 孝之; 近藤 裕也
    膠原病・リウマチ・アレルギ― 研修ノート, pp.562-564, 2016-04
  • Sjögren’s症候群
    住田 孝之; 坪井 洋人
    ポケット判 カラー内科学, pp.1261-1264, 2016-04
  • ④免疫とドライシンドローム  第3章ドライシンドローム医学の基礎
    浅島 弘充; 坪井 洋人; 飯塚 麻菜; 住田 孝之
    ドライシンドロームの基礎と臨床, pp.1113-1118, 2016-03
  • シェーグレン症候群
    住田 孝之
    診療ガイドライン UP-TO-DATE 2016-2017, pp.1261-1264, 2016-02
  • 改訂3版 COLOR ATLAS 膠原病・リウマチ
    住田 孝之
    2016-12
  • シェーグレン症候群診療ガイドライン2017年版
    住田 孝之
    2017-04
  • ドライシンドローム医学の基礎
    浅島弘充; 坪井洋人; 飯塚麻菜; 住田 孝之
    ドライシンドロームの基礎と臨床, メディカルレビュー社, pp.1113-1118, 2016-01
  • シェーグレン症候群
    住田 孝之
    診療ガイドライン UP-TO-DATE 2016-2017, メディカルレビュー社, pp.1261-1264, 2016-02
  • 病態と治療アプローチ(概略)
    住田 孝之; 坪井 洋人; 浅島 弘充; 廣田 智哉
    分子標的/Bio時代のリウマチ・膠原病治療ストラテジー, 文光堂, pp.272-281, 2015-10
  • リウマチ学のすすめ -分子リウマチ治療「私とリウマチ学」から−
    住田 孝之; 木村 友厚; 竹内 勤; 山本 一彦
    先端医学社, 2015-09
  • 副腎皮質ステロイド
    住田 孝之; 堀越 正信; 近藤 裕也
    Pocket Drugs 2016, 医学書院, pp.687-688, 2016-01
  • 膠原病の理解のために第13版
    住田 孝之
    2013-09
  • 膠原病の理解のために第12版
    住田 孝之
    2012-09
  • 膠原病の理解のために第11版
    住田 孝之
    2011-09
  • 膠原病の理解のために第10版
    住田 孝之
    2010-09
Conference, etc.
  • 自己抗体産生におけるAllergin-1の機能解析
    飯塚 晃; 瀬川 誠司; 近藤 裕也; 金子 駿太; 横澤 将宏;...
    第62回日本リウマチ学会総会・学術集会/2018-4-27--2018-4-27
  • 日常臨床下のループス腎炎寛解導入療法におけるタクロリムスの有用性
    横澤 将宏; 近藤 裕也; 萩原 晋也; 寺崎 俊彦; 寺崎 真...
    第62回日本リウマチ学会総会・学術集会/2018-4-27--2018-4-27
  • 関節リウマチ患者におけるSTEAP4変異体の臨床的及び機能的意義
    江辺 広志; 松本 功; 長田 侑; 藏田 泉; 川口 星美; 近...
    第62回日本リウマチ学会総会・学術集会/2018-4-27--2018-4-27
  • 関節炎におけるInter α trypsin inhibitor heavy chain 4(ITIH4)の臨床的意義
    住田 孝之
    第62回日本リウマチ学会総会・学術集会/2018-4-27--2018-4-27
  • トシリズマブによる臨床的寛解達成後のRA症例における低磁場手専用MRIを用いた滑膜炎の解析
    萩原 晋也; 寺崎 俊彦; 寺崎 真由; 東光 裕史; 清水 優;...
    第62回日本リウマチ学会総会・学術集会/2018-4-27--2018-4-27
  • DNAマイクロアレイを用いた成人Still病由来単球の遺伝子発現解析
    瀬川 誠司; 近藤裕也; 飯塚 晃; 金子 駿太; 横澤 将宏; ...
    第62回日本リウマチ学会総会・学術集会/2018-4-27--2018-4-27
  • 関節リウマチにおける新規シトルリン化蛋白質inter-α-trypsin inhibitor heavy chain 4 (cit-ITIH4) の臨床的意義
    川口 星美; 松本 功; 長田 侑; 藏田 泉; 江辺 広志; 梅...
    第62回日本リウマチ学会総会・学術集会/2018-4-27--2018-4-27
  • M3ムスカリン作働性アセチルコリン受容体(M3R) 誘導性唾液腺炎に対するaltered peptide ligand (APL)発現米の抑制効果と 作用メカニズムの解析
    工藤 華枝; 坪井 洋人; 浅島 弘充; 髙橋 広行; 小野 由...
    第62回日本リウマチ学会総会・学術集会/2018-4-26--2018-4-26
  • シェーグレン症候群患者のCD4陽性T細胞におけるNR4A2発現亢進とTh17分化
    大山 綾子; 坪井 洋人; 栁下 瑞希; 本田 文香; 東光 裕...
    第62回日本リウマチ学会総会・学術集会/2018-4-26--2018-4-26
  • 当施設における一次性シェーグレン症候群の肺病変の臨床的検討
    大山 綾子; 坪井 洋人; 栁下 瑞希; 本田 文香; 東光 裕...
    第62回日本リウマチ学会総会・学術集会/2018-4-26--2018-4-26
  • RORγtトランスジェニックマウスに自然発症する唾液腺炎に対するRORγtアンタゴニストの唾液腺炎抑制効果と作用メカニズムの解析
    小野 由湖; 坪井 洋人; 森山 雅文; 浅島 弘充; 工藤 華...
    第62回日本リウマチ学会総会・学術集会/2018-4-26--2018-4-26
  • 一次性シェーグレン症候群における治療介入とESSDAIの変化に関する解析
    本田 文香; 坪井 洋人; 寺崎 俊彦; 寺崎 真由; 清水 優;...
    第62回日本リウマチ学会総会・学術集会/2018-4-26--2018-4-26
  • 実臨床下における関節リウマチに対するイグラチモドの有効性,安全性の検討
    近藤裕也; 萩原 晋也; 寺崎 真由; 寺崎 俊彦; 東光 裕史;...
    第62回日本リウマチ学会総会・学術集会/2018-4-26--2018-4-26
  • メトトレキサート関連リンパ増殖性疾患における臨床的特徴の検討
    柳下 瑞希; 近藤 裕也; 寺崎 真由; 東光 裕史; 清水 優;...
    第62回日本リウマチ学会総会・学術集会/2018-4-26--2018-4-26
  • The Role of Follicular Helper 17 T cells in Glucose-6-phosphate Isomerase Induced Arthritis.
    Kurata Izumi; Matsumoto Isao; Osada Atsumu; Kawaguchi Hos...
    第62回日本リウマチ学会総会・学術集会/2018-4-26--2018-4-26
  • 関節リウマチ血清における新規シトルリン化蛋白質の同定とバイオマーカーとしての意義
    川口 星美; 松本 功; 長田 侑; 藏田 泉; 江辺 広志; 梅...
    第115回日本内科学会総会・講演会/2018-4-14--2018-4-14
  • TAFRO症候群が強く疑われた前縦隔腫瘤、両側胸水貯留の1例
    田口真人; 中澤健介; 重政理恵; 秋山達也; 大澤 翔; 塩澤利...
    第174回日本結核病学会関東支部学会、第231回日本呼吸器学会関東地方会合同学会/2018-09-01--2018-09-01
  • 強皮症における日本人特異的疾患感受性HLA 領域の同定
    寺尾知可史; 小寺雅也 斎藤和義 川口鎮司 赤星光輝 長谷川稔 ...
    平成30年度 厚生労働科学研究費補助金 難治性疾患等政策研究事業 「強皮症・皮膚線維化疾患の診断基準・重症度分類・診断ガイドライン に関する研究」研究班・平成30年度日本医療研究開発機構(AMED) 難治性疾患実用化研究事業「全身性強皮症に対する新規低分子化合物の 有効性に関する研究」研究班・第22回強皮症研究会議/2019-01-26--2019-01-26
  • 間質性肺炎モデルマウスにおける新規化合物HPH-15 の作用機序の検討
    近藤裕; 清水優; 瀬川誠司; 後藤 大輔; 松本功; 大塚雅巳; 住...
    平成30年度 厚生労働科学研究費補助金 難治性疾患等政策研究事業 「強皮症・皮膚線維化疾患の診断基準・重症度分類・診断ガイドライン に関する研究」研究班・平成30年度日本医療研究開発機構(AMED) 難治性疾患実用化研究事業「全身性強皮症に対する新規低分子化合物の 有効性に関する研究」研究班・第22回強皮症研究会議/2019-01-26--2019-01-26
  • 自己抗体産生におけるAllergin-1の機能解析
    飯塚 晃; 瀬川誠司; 近藤裕也; 金子駿太; 横澤将宏; 古山琴...
    第62回日本リウマチ学会総会・学術集会/2018-04-26--2018-04-28
  • DNAマイクロアレイを用いた成人Still病由来単球の遺伝子発現解析
    瀬川誠司; 近藤裕也; 飯塚 晃; 金子駿太; 横澤将宏; 古山琴...
    第62回日本リウマチ学会総会・学術集会/2018-04-26--2018-04-28
  • 多彩な感染症を合併し,大量ステロイドに免疫グロブリン大量静注療法(IVIg)の併用が寛解導入に有用であった顕微鏡的多発血管炎の1例
    田村友木穂; 横澤将宏; 西山泰平; 柳下瑞希; 近藤裕也; 坪井...
    第647回日本内科学会関東地方会/2018-12-08--2018-12-08
  • Sjögren症候群
    住田 孝之
    平成29年度AMED斎藤班拠点運営会議/2018-02-13
  • 間質性肺炎モデルマウスにおける新規化合物HPH-15の有用性の検討
    瀬川 誠司; 後藤 大輔; 飯塚 晃; 松本 功; 大塚 雅巳; 住田 孝之
    平成29年度厚生労働省科学研究補助金 難治性疾患等政策研究事業 第20回強皮症研究会議(尹班)/2018-01-13
  • IgG4関連疾患発症におけるCCL18-CCR18系路の解析と新規治療戦略の開発
    住田 孝之; 坪井 洋人
    平成29年度日本医療研究開発機構難治性疾患実用化研究事業  IgG4関連疾患の新規バイオマーカーと治療ターゲット開発に 関する研究班/2017-12-16
Intellectural property rights
  • 関節リウマチ診断薬
    松本 功; 住田 孝之; 川口 星美
Teaching
2018-10 -- 2018-12Clinical MedicineUniversity of Tsukuba.
2018-10 -- 2019-02Dissertation in Medical SciencesUniversity of Tsukuba.
2018-10 -- 2019-02Internship IUniversity of Tsukuba.
2018-10 -- 2019-02Internship IIUniversity of Tsukuba.
2018-10 -- 2019-02Seminar on Basic Medical SciencesUniversity of Tsukuba.
2018-10 -- 2019-02Advanced Exercise on Public HealthUniversity of Tsukuba.
2018-04 -- 2018-08Dissertation in Medical SciencesUniversity of Tsukuba.
2018-04 -- 2018-08Internship IUniversity of Tsukuba.
2018-04 -- 2018-08Internship IIUniversity of Tsukuba.
2018-04 -- 2018-08Seminar on Basic Medical SciencesUniversity of Tsukuba.
Other educational activities
2016-10 -- 2016-10第257回平成28年度東京薬科大学卒後教育講演東京薬科大学
Talks
  • Increased Follicular Helper T cell Regulates Autoantibody Hyposialylation in Glucose-6-phosphate Isomerase Induced Arthritis
    Kurata Izumi; Matsumoto Isao; Osada Atsumu; Ebe Hiroshi; ...
    JCR International Scool 2018/2018-08-02--2018-08-04
  • The Role of Follicular Helper 17 T cells and Desialylation of Autoantibody in Glucose-6-phosphate Isomerase Induced Arthritis
    Kurata Izumi; Matsumoto Isao; Osada Atsumu; Ebe Hiroshi; ...
    2017 日本免疫学会総会・学術集会/2017-12-12--2017-12-14
  • The Role of Follicular Helper 17 T cells in Glucose-6-phosphate Isomerase Induced Arthritis
    Kurata Izumi; Matsumoto Isao; Ebe Hiroshi; Kawaguchi Hosh...
    第61回日本リウマチ学会総会・学術集会/2017-04-20--2017-04-22
  • Increased Follicular Helper T cell Regulates Autoantibody Hyposialylation in Glucose-6-phosphate Isomerase Induced Arthritis
    Kurata Izumi; Matsumoto Isao; Osada Atsumu; Ebe Hiroshi; ...
    Annual European Congress of Rheumatology 2018/2018-06-13--2018-06-16
  • The Role of Follicular Helper 17 T cells in Glucose-6-phosphate Isomerase Induced Arthritis
    Kurata Izumi; Matsumoto Isao; Osada Atsumu; Ebe Hiroshi; ...
    第62回日本リウマチ学会総会・学術集会/2018-04-26--2018-04-28
  • 関節炎におけるInter α tripsin inhibitor heavy chain 4(ITIH4)の発現解析
    長田 侑; 松本 功; 藏田 泉; 江辺 広志; 川口 星美; 近藤 裕...
    第6回筑波大学・東京理科大学合同リトリート/2018-03-17--2018-03-17
  • GPI誘導関節炎におけるTfhによる自己抗体低シアル化の制御
    藏田 泉; 松本 功; 長田 侑; 江辺 広志; 川口 星美; 近藤 裕...
    第6回筑波大学・東京理科大学合同リトリート/2018-03-17--2018-03-17
  • 自己抗体産生におけるAllergin-1の機能解析
    飯塚 晃; 瀬川 誠司; 後藤 大輔; 松本 功; 渋谷 彰; 柴山 史...
    第6回筑波大学・東京理科大学合同リトリート/2018-3-17
  • MRI画像による生物学的製剤中止および導入の予測基準に関する研究
    住田 孝之; 廣田 智哉; 萩原 晋也
    H28AMED田中班班会議/2016-12-21
  • シェーグレン症候群の発症機構と制御
    住田 孝之
    福島県立医科大学 大平弘正教授 開講十周年記念講演会/2016-10-01
  • リウマチ・膠原病診療のトピックス2016
    住田 孝之
    第5回地域連携講演会/2016-09-12
  • リウマチ治療革命 〜早期診断と治療戦略〜
    Sumida Takayuki
    運動器疾患/骨・関節フォーラム/2016-07-09
  • 関節リウマチ患者nおける細胞表面マーカーを用いたCD4+T細胞サブセットの解析
    大山 綾子; 坪井 洋人; 東光 裕史; 高橋 秀典; 柳下 瑞希; 安...
    Rheumatology Conference 2016/2016-06-04
  • 関節リウマチ患者における細胞表面マーカーを用いたCD4+T細胞サブセットの解析
    金子 駿太; 近藤 裕也; 横澤 将宏; 古山 琴菜; 瀬川 誠司; 坪...
    Rheumatology Conference 2016/2016-06-04
  • シェーグレン症候群の発症機構と制御
    住田 孝之
    第6回T-cell Camp/2016-05-29
  • シェーグレン症候群・・・Topics2016・・・
    住田 孝之
    アッヴィ合同会社社内講演会/2016-05-19
  • リウマチ治療革命 〜早期診断と治療戦略〜
    住田 孝之
    第1回東信IL-6研究会/2016-04-15
  • 関節リウマチにおけるT細胞の意義とその制御ポテンシャル
    坪井 洋人; 近藤 裕也; 松本 功; 住田 孝之
    ORENSIA Small Seminar/2013-09-20
  • 関節リウマチにおける画像診断
    住田 孝之
    群馬リウマチアカデミー/2013-12-19
  • 関節リウマチにおける画像診断
    住田 孝之
    群馬リウマチアカデミー/2013-12-19
  • 自己免疫疾患における抗体療法:現状と展望
    住田 孝之
    産学連携セミナー/2013-11-25
  • リウマチ診療におけるMRI画像の有用性
    住田 孝之
    関東・甲信越地区 リウマチ教育研修会/2013-11-23
  • 関節リウマチにおける画像診断:MRI vs 関節エコー
    住田 孝之
    Meet The Specialist in Tsukuba/2013-11-17
  • シェーグレン症候群 vs IgG4関連疾患
    住田 孝之
    第15回岐阜生活習慣病談話会/2013-11-07
  • シェーグレン症候群 vs IgG4関連疾患
    住田 孝之
    第2回沖縄リウマチ・膠原病診療フォーラム/2013-09-28
Professional activities
2013-04 -- (current)Modern Rheumatology編集長
2017-04 -- (current)JAPAN COLLEGE OF RHEUMATOLOGY理事
2006 -- 2014-09日本シェーグレン症候群学会理事長
-- (current)JAPAN COLLEGE OF RHEUMATOLOGY評議員
-- (current)JAPANESE SOCIETY OF MOLECULAR MEDICINE評議員
2009-04 -- 2015-04JAPAN COLLEGE OF RHEUMATOLOGY理事
-- (current)THE JAPAN SOCIETY FOR CLINICAL IMMUNOLOGY理事
-- (current)日本シェーグレン症候群学会理事
-- (current)THE JAPAN SOCIETY FOR CLINICAL IMMUNOLOGY評議員
-- (current)THE JANPANESE SOCIETY OF INTERNAL MEDICINE評議員
University Management
2013-03 -- 2015-03筑波大学附属病院副病院長
2009-04 -- 2012-03学長補佐
2012-04 -- 2014-03人間総合科学研究科 疾患制御医学専攻長
2012-04 -- 2014-03医学医療系 臨床医学域長

(Last updated: 2019-05-16)