You are here

Takemasa Tohru

face
Affiliation
Faculty of Health and Sport Sciences
Official title
Professor
Research fields
Sports science
Molecular biology
Cell biology
Research keywords
骨格筋の肥大
骨格筋の遅筋化
骨格筋の萎縮
運動
有酸素代謝
遺伝子
マイクロアレイ
Research projects
運動による骨格筋の質的・量的変化に関わる分子機構2000 -- (current)武政徹/
メカニカルストレスと細胞の反応に関する分子細胞生物学的研究2000 -- 2001武政徹/日本学術振興会/挑戦的萌芽研究3,000,000Yen
運動による骨格筋の筋線維分化、および筋代謝機構におよぼす遺伝子発現の検討2003 -- 2006武政徹Japan Society of for the Promotion of Science/基盤研究(A)26,370,000Yen
筋の可塑性を牛耳る遺伝子の探索2005 -- 2006武政徹Japan Society of for the Promotion of Science/萌芽研究2,900,000Yen
サルコペニアの進行を運動負荷が抑制するメカニズムの解明             2007 -- 2008武政徹Japan Society of for the Promotion of Science/基盤研究(B)20,150,000Yen
アスリートの薬剤および遺伝子によるドーピングを検出する技術創成のための基盤研究2009 -- 2012武政徹Japan Society of for the Promotion of Science/基盤研究(A)46,930,000Yen
機能性RNAを介した運動による筋萎縮抑制メカニズムの解明2011 -- 2012武政徹Japan Society of for the Promotion of Science/挑戦的萌芽研究3,380,000Yen
Career history
2012-10 -- (current)University of Tsukuba Professor
2005-04 -- 2007-03University of Tsukuba 助教授
2007-04 -- 2012-09University of Tsukuba 准教授
Academic background
-- 1983University of Tsukuba Second Cluster of College College of Biological Science, Biomedical ScienceGraduated
-- 1990-03University of Tsukuba Graduate School, Division of Biological Science 生物物理化学Completed
Degree
1998-02Doctor of medical sciencesNippon Medical School
1990-02PhDUniversity of Tsukuba
Licenses and qualifications
2006-04-01日本ライフセイバー協会・ベーシックサーフライフセイバー
2007-04-01日本ライフセイバー協会・CPR
Academic societies
2000 -- (current)Japan Society of Exercise and Sports Physiology
2000 -- (current)THE JAPANESE SOCIETY OF PHYSICAL FITNESS AND SPORTS MEDICINE
2007 -- (current)JAPAN SOCIETY OF PHYSICAL EDUCATION,HEALTH AND SPORT SCIENCES
Honors & Awards
2001平成13年日本体力医学会プロジェクト研究助成金 「ヒトの骨格筋における遺伝子発現とその変化に対する運動の影響」
Articles
Books
  • Studies on the genes for three kinds of calcium-binding proteins in Tetrahymena テトラヒメナに存在する3種類のカルシウム結合蛋白質の遺伝子の研究
    武政 徹
    1990-02
  • Amplitude-dependent stress fiber reorientation in early response to cyclic strain 律動的伸縮刺激に対する細胞内ストレスファイバーの再配置に関する研究
    武政 徹
    1998-02
  • Calcium as an Intracellular Messenger in Eukaryotic Microbes (Ed. Danton H. O'Day)
    Yoshio Watanabe; Junko Hirano-Ohnishi; Tohru Takemasa
    American Society for Microbiology; Washington DC, 1990-01
  • Novel Calcium-binding Proteins. Fundamentals and Clinical Implications (Ed. C. W. Heizmann)
    Tohru Takemasa; Takashi Takagi; Yoshio Watanabe
    Springer-Verlag; Berlin Heidelberg, 1991-01
  • Guidebook to the Calcium Binding Proteins (Ed. M. R. Celio)
    Yoshio Watanabe; Kazuko Hanyu; Tohru Takemasa; Osamu Numata
    Sambrook & Tooze Publication at Oxford University Press; Oxford, 1996-01
  • 細胞の形と運動(日本生物物理学会編) Series ニューバイオフィジックス II, 第5巻
    武政 徹
    共立出版; 東京, 2000-01
  • Clinical Application of Computational Mechanics for the Cardiovascular System (Ed. Takami Yamaguchi)
    Hiroshi Yamada; Tohru Takemasa; Takami Yamaguchi
    Springer-Verlag; Tokyo, 2000-01
  • 身体活動の科学における研究方法(分担翻訳本: 田中喜代次・西嶋尚彦監訳)
    武政 徹
    NAP Limied; Tokyo, 2004-01
  • レーヴン/ジョンソン生物学 分担翻訳本: R/J Biology 翻訳委員会監訳 42章;動物のからだと運動の仕組み.
    武政 徹
    培風館; 東京, 2007-01
  • 運動と免疫-からだをまもる運動の不思議- 4章7項:運動と骨格筋と免疫
    町田正直 ; 武政 徹;
    ナップ; 東京, 2009-09
Conference, etc.
  • 紅茶高分子ポリフェノールはマウスの代償性過負荷時に骨格筋肥大を促進する
    青木祐樹; 沼田治; 武政 徹
    生体運動合同班会議/2018-01-05--2018-01-07
  • PA摂取が除神経に伴う骨格筋ミトコンドリアの適応に及ぼす影響
    武田紘平; 北岡祐; 渡部厚一; 宮川俊平; 武政 徹
    第72回日本体力医学会大会/2017-09-16--2017-09-18
  • コンカレントトレーニングを構成するトレーニング順序がオートファジーに与える影響
    白井隆長; 小林怜央; 武政 徹
    第72回日本体力医学会大会/2017-09-16--2017-09-18
  • ケルセチンが骨格筋のエネルギー代謝に及ぼす影響
    北岡祐; 武田紘平; 丸田優人; 石川修平; 笹川克己; 八田秀雄;...
    第72回日本体力医学会大会/2017-09-16--2017-09-18
  • 不活動が筋衛星細胞の機能に与える影響
    太田雄也; 藤巻慎; 武田紘平; 武政 徹
    第72回日本体力医学会大会/2017-09-16--2017-09-18
  • Effect of Lactate on Mitochondrial Respiratory Function in Skeletal Muscle. Physiological Bioenergetics
    Kitaoka Yu; Tamura Yuki; Takeda Kohei; Takemasa Tohru; Ha...
    Mitochondria from Bench to Bedside/2017-08-27--2017-08-30
  • 高強度インターバルトレーニングが骨格筋のミトコンドリア新生ならびにダイナミクスに及ぼす影響
    武政 徹
    第25回運動生理学会大会/2017-07-29--2017-07-30
  • The difference of the order of concurrent training on muscle hypertrophy and metabolism
    Shirai Takanaga; Takemasa Tohru
    European College of Sport Science/2017-07-05--2017-07-08
  • コンカレントトレーニングを構成するトレーニングの順序がミトコンドリア呼吸鎖複合体に与える影響
    白井隆長; 武政 徹
    第169回日本体力医学会関東地方会/2017-03-18--2017-03-18
  • 筋萎縮時におけるリボソームRNAの合成とmTOR経路の変化.
    町田正直; 武田紘平; 横野裕行; 武政徹
    ____/2012-1
  • High-Frequency Acupuncture Represses the Atrophy of Fast-Fiber Rich Skeletal Muscle.
    Shin Fujimaki; Masanao Machida; Kohei Takeda; Tohru Takemasa
    ____/2012-6
  • ドーピング研究最前線 迫りくる危機に研究者はどう立ち向かうのか?周辺研究領域の専門家がアスリートのドーピングの今と今後を考える(シンポジウム3)
    武政徹
    ____/2012-7
  • スプリントトレーニングと持久性トレーニングが乳酸脱水素酵素に及ぼす影響.
    駒形康文; 北岡祐; 菊池デイル万次郎; 武田紘平; 武政徹
    ____/2012-9
  • 高分子ポリフェノールを含有する紅茶抽出物E80の非アルコール性脂肪肝に対する効果.
    佐藤海斗; 武政徹; 小澤哲夫; 沼田治
    ____/2012-12
  • 繊毛膜分画のカルモデュリン結合タンパク質 I Ca2+チャンネル欠陥突然変異株についての検討
    武政 徹; 平野淳子; 高橋三保子; 渡辺良雄
    ____/1984
  • テトラヒメナCa2+結合タンパク質(TCBP)の遺伝子のクローニングとシークエンシング
    武政 徹; 大西和夫; 小林智芳; 高木 尚; 小西和彦; 渡辺良雄「
    ____/1987
  • テトラヒメナCa結合タンパク質(TCBP)の遺伝子のクローニングとシークエンシング
    武政 徹; 大西和夫; 小林智芳; 高木 尚; 小西和彦; 渡辺良雄
    ____/1987
  • テトラヒメナCa2+結合タンパク質(TCBP)の遺伝子について
    武政 徹; 大西和夫; 小林智芳; 高木 尚; 小西和彦; 渡辺良雄
    ____/1988
  • テトラヒメナ14nm繊維形成タンパク質の遺伝子のクローニング
    沼田 治; 武政 徹; 渡辺良雄; 千葉 丈
    ____/1989
  • テトラヒメナ14nm繊維形成タンパク質はミトコンドリアのタンパク質か?
    沼田 治; 武政 徹; 渡辺良雄; 千葉 丈
    ____/1989
  • Are Tetrahymena 14-nm filament protein and citrate synthase identical?
    Osamu Numata; Tohru Takemasa; Ibuki Takagi; Yoshio Watana...
    ____/1989
  • 繊毛虫テトラヒメナに存在する2種の新しいCa結合蛋白質
    武政 徹; 小林智芳; 高木 尚; 小西和彦; 渡辺良雄
    ____/1990
  • テトラヒメナCa結合蛋白質(TCBP-25)の局在
    武政 徹; 大西 和夫; 高木 尚; 渡辺 良雄
    ____/1990
  • Some approaches to ascertain the functions of three Ca-binding proteins from Tetrahymena
    Tohru Takemasa; Kazuko Hanyu; Yoshio Watanabe
    ____/1991
  • 血管内皮細胞における辺縁ストレスファイバーの発現
    杉本啓治; 藤井幸子; 吉田和美; 武政 徹; 山下和雄
    ____/1993
Intellectural property rights
  • シリコンベルトを使った培養細胞用伸縮刺激負荷装置
    武政徹 市川正雄
Teaching
2019-10 -- 2019-12Trendy Sport Sciences Maximizing Human High Performance(2)University of Tsukuba.
2019-09 -- 2019-09PhysiologyUniversity of Tsukuba.
2019-10 -- 2019-12Phisical Education VaUniversity of Tsukuba.
2019-04 -- 2019-07Phisical Education VaUniversity of Tsukuba.
2020-01 -- 2020-02"Symposium on Physical Education, Health and Sport Sciences"University of Tsukuba.
2019-09 -- 2019-09Molecular Exercise Physiology of Skeletal MuscleUniversity of Tsukuba.
2019-10 -- 2019-12Seminar for Exercise Physiology IUniversity of Tsukuba.
2019-04 -- 2019-07Seminar for Exercise Physiology IUniversity of Tsukuba.
2019-10 -- 2019-12Phisical Education IIaUniversity of Tsukuba.
2019-04 -- 2019-07Phisical Education IIaUniversity of Tsukuba.
Professional activities
2006 -- (current)Japan Society of Exercise and Sports Physiology評議員、監事
2009 -- (current)THE JAPANESE SOCIETY OF PHYSICAL FITNESS AND SPORTS MEDICINE役員、理事、総務委員会委員長
2008 -- (current)JAPAN SOCIETY OF PHYSICAL EDUCATION,HEALTH AND SPORT SCIENCES代議員
University Management
2019-04 -- 2020-03全学大学院共通科目委員会委員長
2017-04 -- 2019-03論述小委員会委員長
2002-04 -- (current)全学遺伝子組換え実験安全委員会組換えDNA実験安全主任者
2006-04 -- (current)全学動物実験委員会
2013-04 -- (current)全学大学院共通科目委員会
2014-04 -- 2015-03体育系研究倫理委員会委員長
Other activities
2015-04 -- 2016-03首都大学東京自己評価書外部評価委員
2014-04 -- (current)日本学術振興会特別研究員等審査会専門委員会委員および国際事業員会書面審査委員

(Last updated: 2019-10-06)